おそロシアの最近のブログ記事


先日ツイッター上で見かけて飲んでいた紅茶を噴いた事案。リアルな顔立ちなだけに、2枚目まではともかく、3枚目以降の写真はなんか違うだろう、的な。まさに面白真面目なファニーさ。

大元のネタを探してみると、どうも元々海外のフィギュアを輸入したところのものらしいんだけど、アマゾン経由で探すとその大元のところのサンプルはごく普通のポーズなので、日本で展開したところがより見栄えをよくするために加えたサンプル画像らしい。いいけど、ダメだ、笑いが止まらない。


先日【レゴのフィギュアでスターリンが容易にできるとの情報】で、現在発売されているセットでソ連のスターリンが容易にできるとの話の補完的な情報。将来的にはちょび髭伍長はともかく、チャーチルやルーズベルトも作りたいよねと思っていたこともあり、すでにあるいは組合せを考案している人もいるのではと検索してみたら、結構容易に出てきたので覚え書き。

一番左のスターリンは先のものとはまったく別で、他のセットからの組合せとなっている。なんとなくわかる気はするけれど、どうもスターリンというよりは単なる高級将校な感じがする。やはりここは帽子を外した方がそれっぽさそうだ。服装ももっとシンプルなものの方が良いかも。

真ん中のチャーチルは帽子が決め手。杖もそれっぽい。顔はもう少しふっくらとしていた方がいいのかな。最後の右、ルーズベルトは正直特徴があまりないので、こんなものかなという気がする。もう少しおでこが広い方が本当はいいのだけど。


わらの家に木の家にレンガの家。三匹の子豚がそれぞれ作った家にオオカミがアタックをかけて、結局一番用心深く努力家だった子豚が作ったレンガの家がオオカミ避けには適した的な、「三匹の子豚」。物事をいい加減にやっているとしっぺ返しを受けるよとか、正しい努力は報われるとか、そんな感じの教訓がある感じ。

タイトル名からはその「三匹の子豚」のパロディ的な作品であることは大よそ想像がつくのだけど。引用されている画像でコーヒー噴いた。まだ鼻息でガラスを割るってのは分かるけど、工事用ハンマーでレンガを叩き壊したり、ドリルで穴を開けたり、さらにはダイナマイトで家そのものを吹き飛ばしている。ダイナマイトの絵は、これどうやって逃げ出せたのかとちょいと不思議に。

画像の端々に書かれている文字がロシア語っぽいので、海外のものの香りがするのだけど、単なるネタ的なものとしてはちょいと手が凝り過ぎているので、やはり絵本としては実在するのだろうな。

昨年末に【スターリンやレーニンの判子「スターリ印」「レーニ印」は実在する】で紹介した、スターリンやレーニンの肖像を用いたゴム印の数々。ロシアの人達の名前の「●×イン」と判子の意味での「■▲印」をかけた、ステキナイスな発想の品々で、多分に意味合いとしてもジョーク感の強い(言葉通りスターリンジョーク的な)ものだったのだけど、それが先日再販を開始したとの話。


【「マルセスキー」を調べていくうちに日本でのロシアパンの謎が解けていく】などでも紹介した、中村屋で戦前に発売されていた不思議パンの「マルセスキー」。今ではどこの店にも売っておらず、思い当たる節もなく、しかも中村屋自身も資料を喪失してしまい正体不明。戦前の日本のパン食の実情や、ロシアと日本とパンの関係などがおぼろげながらサルベージできて、それはそれで興味深かったのだけど。

で、今件に関して実際にロシア語の教鞭を取り、現地にも足を運ぶ人も興味を持たれたようで、機会があればサーチをしておくとのお話があり、その結果の一部を先日教えてもらった次第。「フランスのマルセイユっぽい」という話に、頭の中で電球が浮かんで、バチューンとはじけた感じ。なるほど、マルセイユか!


元記事の説明は自動車とトラックの交通事故に巻き込まれ、奇跡的に死を免れたロシアの自転車乗りの情景。そんなオーバーな表現をしなくても......と思い動画を再生したところ、その表現がオーバーでも何でもないことが分かり、かえってぞっとした。説明によると2014年9月14日にロシアの交差点で起きた事故。交通監視システムのカメラがとらえた映像とのこと。

画面右側から横断歩道を渡ってくる自転車......だけど視点がどうも下側、ハンドル部分を見たきりで少々不自然なので、もしかするとスマートフォンをしながらの運転かもしれない(後で高画質で見返したところ、そのような様子はなく、単に止まっていたトラックの陰に隠れてしまって奥手から走ってくるトラックの発見が遅れただけみたい)......が、画面奥から走ってきたトラックに気が付かずにそのまま前進。


昔は「海外での話で日本ではあまり気にしなくてもいいかなあ」と思っていたけど、ここ数年日本国内でも発生事例を結構耳にするようになって(この感覚が事実かどうか、後で調べた方がいいかな)きた、「竜巻」。【竜巻接近時に身を守る方法とは】にもある通り、とにかく安全な屋内に退避することが最優先事項ではある。


はじめ観た時何かのトリックか、あるいはドッキリか、はたまたキャンペーン用のフェイク画像かと思ったけど、宣伝にしてはアピールする対象がちっとも見えてこないし、概要部分の説明も「似たような動画があるから登録してね」ってことで関係は無さげ。ただ他の動画投稿内容を見るに、これはマスターではなくてオリジナルがどこかにある模様(現時点では見つからず)。


スマートフォンをはじめとする動画撮影機材の普及に伴い、多種多様な日常生活の風景、でも実は結構他人から見ればレアな情景が不特定多数の人の目に触れ、感銘を覚えさせる機会が増えてきた。その中でも結構多いケースとして存在するのが、特定の音楽や音に対して特殊な反応を示したり、人間のような反応を示す動物達。今件もその類の映像。

ベッドの上で寝そべる飼い主(?)がスマートフォンを操作している。その横で飼い猫と思われる白い猫も何気なくそばに付き添うという感じ。しかし飼い主がスマホを操作し、ロシア連邦の国家が流れ始まると、そそくさと近づき、そして人間のような直立不動の姿勢を示し、その上でスマホの方に顔を向けて、じっと聴き入ってしまう。

さすがに猫なだけに時々あちこちを見渡すものの、姿勢はほぼそのまんま。曲を厳粛な姿勢で聴いているのか、あるいは単なる条件反射なのか分からないけれど、傍から見れば「さすがロシア、猫に至るまで国歌に敬意を払っている」と思われるかもしれない。

この動画がさらに広まれば、もしかしたら将来的にはロシア政府から勲章の類をもらえるんじゃないかとすら思えてくる...ってのは冗談に近いけど、案外有り得るからなあ。


(ソース:【ツイッター】)

)


以前紹介した、妙なロシア人が生活の知恵的ノウハウを解説していく映像......だけと最初は母親が出てきて妙な話に。

ともあれ10のノウハウっては指摘されてみれば「ああ、にゃるほど」的なものから、よく知られているワンポイントアドバイス的なもの、さらには「便利かもしれないけど、そんなことする人いないでしょ」的なものまで多種多様。主に金銭的に大変そうな学生向けということで、おチープなライフスタイルを楽しむためのノウハウが込められている。

中には特に新たな材料、道具を用意することなく、手持ちにありそうなものを使ってすぐに使える技もある。チップス系の袋を立てる方法ってのは「頭いいな」的なものがある。一方、バナナを傷めにくくする方法とか、冷蔵庫の中の瓶を速攻で冷やす方法は、以前紹介したことがあるかな。コーヒーメーカーでウインナーをボイルしたり、コーヒーのバッグを作るってのは「いやあ、便利だけど、やらんでしょそれ」的な感じ。ノートパソコンを安全に持ち運ぶ、トレーナーを使ったバッグ作りは面白いね。

残念なのは(このタイプの動画にありがちな話だけど)、語っている内容に一貫性があまりないこと。「大学生向けに」とはあるけど、内容的には大学生に限定されているわけじゃない。料理編とか服飾編とか台所編とかデジタルアイテム編とかに分けると、分かりやすかったかもしれないね。

あと、最初のおばさんは要らない(笑)。


どこかの家の中での出来事。大きさや模様を見るに、恐らくは兄弟姉妹と思われる二匹の猫。一匹がドア側に向かってたたずんで、もう一匹の猫が背後に位置し、お互いじっとしている。そして後ろの猫が左手を上げ、前の猫の背中をすりすり。動画投稿主は「ごめんよ、ねえ、ごめんってばさ」と謝っているっぽいと解説している。

詳しい説明はないけど、投稿主の動画を観るとここ一週間にこの二匹の猫に関する動画を相次ぎ投稿しているので新たにこれらの猫を飼いはじめたか撮影する機会に恵まれたのかもしれない。動画そのものも「一匹の猫が『もう知らない』とばかりにそっぽを向き、もう一匹が『ごめんねぇ』と謝っている」との解釈をしているけど、これだってたまたま偶然二匹が並んでいて、後ろの猫が前の猫にちょっかいを出しているだけなのかも。

ほんの一瞬のできごとに過ぎないけれど。そして猫自身にとっては他愛もない時間の経過でしかないのかもしれないけど、観ている人には色々な想いを起こさせるよね、これは。この後二匹の猫がどんな行動を...

...と思ったら最後にちゃんとオチがついている。でもこれはこれで、「単にちょっかいを出していただけで、もっと大胆な行動に出た」とも、「謝ったけど無視されたので逆切れした」とも読み取れる。気まぐれでアタックしただけかもしれないけど。

やっぱり猫は面白い。


(ソース:【Most Watched Today】)

自称比類なき卵焼きの作り方

| コメント(0)


動画タイトルからして「君らは今まで間違った方法で卵焼きを創っていたんだよ!!」という、非常に挑発的なタイトル。それを言い切るだけのものなのか否か、ちょいと確認してみた。いやぁ、このタイトルで再生回数が100万件超してるし、いいね/だめだねの比率が20対1位でポジティブ。

で、話としてはサンドイッチ的なものを創るのに欠かせない卵焼きをステキングに作る方法として、玉葱を横にスライスして輪っかになるように括りぬき、それを卵のホルダーとして使う方法を紹介している。あー、これは確かに便利だ。玉葱のサイズにもよるけど、大体卵1個分位のサイズのホルダーができるし、ひっくり返す際に端が破れることもない。

動画では玉葱は仕上げの際に取り払い、再度焼くよう指示しているけど、卵の味を拡散してしまうからなんだろうね。見方を変えれば、玉葱も一緒にいただきたいのなら、そのままぽんっと、パンの上に置いてしまえばよい。......挑発されるほどのものではないけども。

最近の記事25件

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちおそロシアカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはPRCです。

次のカテゴリはお知らせです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31