行政・外交・政治の最近のブログ記事


新型コロナウイルスの世界的な流行で、一変してしまった世界観。なんかアルペジオの世界みたいだよな(いや、物流は動いているからまだマシなのか)という感はあるのだけど。外務省の渡航情報のページでは、指摘されている通り、ほとんどの国がレベル3の渡航中止勧告状態。戦争とか治安悪化とかではなく、疫病でというのもまた特異感。

指摘もしたけど、渡航情報の世界地図でここまで色が紫系統に染まるのは滅多にない。というか見たことが無かった。まぁ、現状が現状ではこうなるのも仕方がない。

国勢調査の入力が終わりました

| コメント(0)


書類は結構前にもらっていたけど、色々とドタバタしていて手続きが延ばし延ばしになっていた国勢調査。連休最後の日にようやく手をつけることができて、さくりと入力。いや、まじでさくりという表現が適切なぐらいに気軽にできた。

個別IDとかパスワードを入力し、問われている内容を一つ一つ答えていく。これはどちらだろうという疑問が生じるのもあったけど、用語解説のところでチェックをして難なくクリア。

5分で終わったという話も結構聞くけど、当方も10分はかからなかっただろう。問題となりそうなところもなかったし。これぐらいの入力で、あれほど多岐多様にわたる結果が出てくるのはありがたい。


以前から告知されていた話でもある、マイナンバーカードと他の公的証明書の紐付けの話が本格的になってきたこともあり、お騒ぎなされる方々の声も大きなものとなっている。その声の中で「マイナンバーカードって何のためにあるの? 目的なんて分からん」的な話もあるようで、こういうツッコミ的指摘が。

まぁ、公的身分を証明するだけなら、運転免許証や保険証でいいじゃんという意見も分からなくもない。身分証明のための提示ってことで指示されるのは、大抵運転免許証や保険証だからだ。

ただ指摘されている通り、それはあくまでも選択肢の一つでしかないし、保有資格を持っていない人もたくさんいる。また、保険証の方は記載データが少ない。他の類似証明書では高価なもので面倒くさかったりする。


引越し時のマニュアルというかやらなくちゃいけないリストに必ず入っているはずの住民票の移動。引越し元と引越し先の双方で手続きをする必要があるので面倒くさいのは分かるのだけど、そもそも住民票というのはその自治体に実際に住んでいるとの証明になるものなので、移動させていない、引越し先で登録をしていないと、住民として認識されない。何かあった時に住民票を提出した記憶がある人は多いと思うのだけど。

先日の国勢調査の件と同じように、粋がったり社会の仕組みに反発することが正義とかカッコイイとかいう軽い気持ちで拒否をする人が出てくる可能性があるんだけど、後々後悔するのは自分なんだよねえ、と。


当方の手元にも国勢調査の書類が届いて、連休中にでも前回同様にインターネット経由で入力する予定ではあるけど、どうも一部界隈では反社会とか反体制という思惑で、国勢調査なんて知ったこっちゃない、誰が回答するものか、回答しない方がカッコイイ的な意見を述べられている人がいるらしい。

けれどこれって選挙同様に、自分の行為が直接ダイレクトに紐づけが見える形で返ってくるわけではないので自分ぐらいやらなくてもいいだろうと思うかもしれないけど、指摘されている通り自分が回答しなかった分は確実にその地域や属性に影響が生じてしまう。自分がパーツをかすめ取ると、そのパーツは確実に失われて、プラモデルが完成予想図通りのものにならなくなるという感じ。あるいは砂糖をちょろまかしたら、甘くないケーキができてしまうとか。

気象庁の広告の件

| コメント(0)


そもそも気象庁に配分される予算が少ないからこんな事態になっているのであって、さっさと予算を増額しろスットコドッコイという話はさておくとして。

今件に関して問題広告を事前に精査パージできなかった気象庁が悪いとドヤる声もあるけれど、どのような配信システムを用いても、直接契約の直貼り広告でない限り、好ましくない広告は配信されうる。これが現実。

配信システム上それを防ぐ手立ては用意されているけど、スパムメールと同じで対応が追い付かない。リソースをいくら投入しても足りない。


なぜ単純に国民とか大人ではなく「有権者」としているのかを考えると、BLMデモの本質がちらりと見えて以下文字数。

Pew Researchでも似たような調査はやっていそうな感はあるのだけど、先の大統領選挙の件といい、同調圧力的なものが強く作用する、選択肢の片方を選ぶともう片方から弾圧を受けるリスクがあるような状況の場合、例えそれがネット調査であってもリスクの観点で自分の実情を語ることは無いという状況である以上、騒いでいる側を肯定する意見が多勢になっているのは、ちょっと引いてみる必要がある。

そのような状況下でも、BLMデモを広義......じゃなくて抗議だな、ツイートのは変換ミスだ、ではなく暴動の類、暴力行為、さらには犯罪行為であると認識している人が増えているとのこと。全体ではすでに48%が暴動扱い。興味深いのは民主党支持者の方が暴動との認識を示す人は少ない。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち行政・外交・政治カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは自作動画です。

次のカテゴリは試食です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30