行政・外交・政治の最近のブログ記事


例のムサシだの鉛筆書きの書き換えだのという陰謀論とは別の話。某所で発表された投票結果である候補者の得票数がゼロという結果が出ていて、これは統計上おかしな値ではないかというツッコミが山ほど出た件。しかも間違えた先と思われる候補者の値も、イレギュラー的な盛り上がりを示している。

自治体レベルの投票結果は個々の自治体で公開されているので、全部の自治体の分を精査し直す必要が出てきているのかもなと思ったけど、さすがにそれはムリ。気になった人がそれぞれ自分の居住する自治体の公開結果を見ていくという、草の根的なチェッカーをするしかないみたい。思惑通りの結果が出なかったから、では無く、統計的におかしいだろうレベルでのお話だからねえ......とはいえ、これ、選管自身がおかしいとは思わなかったのだろうか。

「スマホで投票」はムリ

| コメント(0)


先日の選挙でも一部で意識だけ高い系、特にデジタル系のその界隈で「インターネット投票、特にスマホ投票ができるようになればもっと若年層も投票するようになる。それが出来ないのは日本が遅れているからだ」的なご論調を目に留めたのだけど。日本が云々では無く、選挙そのものの性質を考えると、現状の概念では不可能と言ってよい。

むしろ、投票所での投票の際のデジタル化の促進は可能ではあるし、それによる各方面の負担の軽減も考えられる...けど、例の特殊な紙を用いた投票の味わいもあるし、デジタル化はデジタル化でそれ特有のトラブルが多分に生じるので、必ずしも一律な改善化とは言い難いのが実情だというのが個人的見解。


どこぞの国のトップを選ぶ選挙のように、100%が現状のトップを支持する選挙結果が出たとかいう話ならともかく、国連の選挙監査弾も送られてこないような状況では、日本の選挙は正当な民主主義の体現化手法として機能していることに違いは無い。時折投票やら選挙運動の違法行為で逮捕者が出るのもまた、ルールが守られている証。

にもかかわらず毎回選挙が終わるたびに「民主主義は死んだ」と嘆いたり、「ムサシが悪用された」「鉛筆で書いたから投票用紙が書き換えられた」さらには「投票棄権者が投票していれば結果は変わったはずだ」という話が出てる。IF話は架空戦記で十分だ。

投票用紙のユポ紙という素材

| コメント(0)


先日行われた選挙に絡んだお話。投票用紙に使われているユポ紙ってのは使われる場面の特性上、色々な特殊性能を持っていたりする。つまりレアペーパー。レアものが好きな人にとっては触るだけで価値が出そうだし宝くじに当たりそうだし彼女が出来そうだし財布を落とさずに済んだりしそうだし(どこぞのインチキラッキーアイテムでは無い)。

特に物書き界隈にとっては、その珍しい紙に触れるっていう経験を得られるだけで、選挙に行く価値はある。うん、これ、昨日記事にしておくべきだった。


現在絶賛サルベージ掃除中とか、メディアの変遷に伴い再生が難しくなる情報集約アイテムとかいう話は何度となくしていたけど。そういうこの発想は無かったな、ということで良いお話なので覚え書き。

再生を可能とするツールについて、公的機関が動く状態で保存をしておくってのはとても良いアイディアに違いない。できるなら、次の世代との橋渡しができるツールも合わせて保存。そうでないと再生は出来ても、現行機器へのデータへの転送ができないってこともあるからね。


参議院議員選挙も終盤に入り、選挙の関連法に違反する行為がもりもりとソーシャルメディア上で指摘されるようになった。中にはフェイクやコラの類もあるので油断は禁物だけど、まさに一億総記者時代であるという感じ。なにしろスマホがあれば写真はおろか映像ですら取得して公知することが可能なのだから。

指摘された行為をした張本人やその関係者、そしてそれを統括する組織側の反応は多分に、指摘行為に反省をして謝罪をし、もうしません的な表明をして、自分のしたことが悪いという認識を持つことは無い。聞く耳を持たない、違法行為ではない、さらには自分達は正論を主張しているのだからこのような行為は正当化される、さらには文句言うのならかかってこい的なヤクザも驚く脅迫行為に走るパターンすらある。


先日このフローチャートが回ってきた時に、すぐに同じような指摘をしたのだけど、危惧している人は当方だけじゃなかったので覚え書き。どうも元ツイートのアカウントをたどると、色々ときな臭いのだよねえ。

で、危惧している内容は大よそ指摘の通り。世論調査などにおける誘導尋問の類と同じで、選択肢のつくり方や順序だてて、いくらでも回答を誘導させることができるようなものとなっている。お昼ご飯に何を食べるかぐらいならこの類のものでもいいけど、選挙でこれを使うのはリスクが大きすぎる。

そもそもこの類の話をやるのなら、採点法(減点法では無く)でやるべきだ。例えば最初のフローチャートに上がっている項目をそれぞれポイント化し、該当するものについて加算していき、その合計点で判断する。ただし各項目ごとのウェイトをどのように決めるかとか、書かれている物事について本当にやる気があるのか、それとも単に口にしているだけなのかの判断も必要となる。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち行政・外交・政治カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは自作動画です。

次のカテゴリは試食です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31