マスコミ・報道の最近のブログ記事

アナ雪2の「ステマ」疑惑の件

| コメント(0)


11/22に公開された「アナと雪の女王2」。どうも前作と違って世の中全般としてのムーブメントの気配がないし、鑑賞した人の感想も(大人だけじゃなく子供も含めて)首を傾げるようなものが多いし、いったい何が起きているんだろうという気配はしていたけど。当方のタイムライン上にもいわゆるファンアートの類がまったく上がって来なくて、逆にネタバレの類がまったく無くなり寂しさすら覚えたりしていた時のこんな騒動。

要は12/3の午後7時に複数の絵師によるアナ雪2の感想を述べたファンアート的な漫画が掲載され、そのタイミングの一致ぶりに色々と疑念が寄せられ、翌日には「実は自身で足を運んだのでは無くて招待された上での話でした」という暴露がされたという流れ。

実際に金銭などのやり取りがあったかどうかは不明だけど、詳細が絵師から語られていないところを見るに、NDA(守秘義務契約)が結ばれているのか、良識の上で口をつぐんでいるのかもしれないな、と。


先日話題に上った、空母加賀の発見の記事。一見した時にはスゴイと思ったけど、その直後に「これって先月聞かなかったっけか」という既視感。そこで調べて見ると10月19日にすでに発表されていたし、告知された共同通信の記事を見ると、「続きを読む」の先にあるのは10月19日付の記事。なぜ10月19日付の記事が11月24日になって速報的に伝えられるのか。


先日のポスターの件。実のところ当方自身もポスターが訴えかけている事案に関して当事者的なポジションにあったので、お気持ちマフィアの策動で台無しになってしまったことに色々ともやもや感があるのだけど。さらにこういう話が出てくると、やはり社会の弊害となっている存在の一つが、今の体質における報道、マスメディアなのだな、という認識を改めて行わねばならなくなった。

「マスメディアの取材を受ける事自体をリスク」というフレーズは大げさに思えるかもしれないけど、この類の話がソーシャルメディアを通じて定期的に、多方面から実情として語られるに、日常茶飯事的に行われているものとみて間違いない。まるでオレオレ詐欺のような。彼らは道端の石を拾い上げるような感覚でいるのだろう。


テレビにしても新聞にしても雑誌にしてもラジオにしても、多かれ少なかれ公共財・インフラという存在には違いないし、ラテに関しては放送法などの法的な縛りすらある。そのようなポジションにある存在が、怪しげな話とか問題のある論説をあたかも事実であるかのように推し広めるツール的に使われ、ツッコミが入らないように免罪符的に使うのが「諸説あります」。この公知している内容が絶対事実じゃありませんよー、というてへぺろ免罪符をぺたりと貼り付ければ、何でもアリ的な自己ルールがまかり通っているのが実情。

それでいいのか。

公共の場で虚偽の内容で罵詈雑言を行い皆の前で恥をさらさせた後に、そう思わない人もいるかもねー、と一言ちょろりと語れば、免罪されるってことには......ならないよね。


先日ツイッターのタイムライン上に上がって来た、空母加賀発見のニュース。すわ大事件と思いきや、そういや先月同じような話が無かったっけと調べてみたら、やはり10月19日に各紙が伝えている。改めて共同通信の記事をたどると、11月24日付で報じたニュースの先にある「続きを読む」のリンク先は、10月19日付配信のニュース。

要は、10月19日付で配信されたニュースをそのまま、11月24日に新たなニュースであるかのように伝え、詳細は10月19日付の記事のままな次第。詐欺というかページビュー稼ぎというか、インチキというか。

一方で、かつてであれば当然、内閣支持率の低下につながったであろう首相や閣僚の不祥事、政策の問題などが相次いでいる。にもかかわらず世論調査の数字に反映されない最大の理由は、新聞やテレビなどの伝統的なメディアと国民の間に以前はなかったような乖離が起きているためだろう。


新聞やNHKニュースは、多少の濃淡はあっても、安倍首相が絡む不祥事や閣僚の辞任、政策の大きな失敗などを詳細かつ批判的に報じている。こうした姿勢に大きな変化はない。ところがこうした「硬派メディア」のメッセージが、今の時代、国民にどれだけ伝わっているのであろうか。

若者を中心に情報源の中心はスマホを使ったSNSなどに移っている。電車の中など移動中に、ツイッターなどを使って断片的な情報を片手間に得ている。仕事を終えてじっくりと新聞を読んだり、テレビのストレートニュースを注視することなどほとんどないだろう。


昨日ちょっと話題に上り、実際に目を通してみたら色々と頭が頭痛で神経痛が慢性鼻炎状態となった記事。要は現政権の支持率が下がらないのは、新聞やテレビといった従来型のマスコミ(この記事では硬派メディアと定義している)に目を通さず、チャラチャラとスマホでSNSなどを見ている人が増えたからだと断ずるもの。そして硬派メディアを利用して支持率を落とせ的な話にまとめている。SNSを使う国民は馬鹿であると。馬鹿はどちらだ。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちマスコミ・報道カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはノウハウです。

次のカテゴリは事件・事故です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31