マスコミ・報道の最近のブログ記事

京都アニメーションの放火殺人事件で、京都府内の報道12社でつくる在洛新聞放送編集責任者会議は20日、犠牲になった35人のうち25人の身元を発表していない府警に対し、速やかな公表を求める申し入れ書を提出した。

京アニのテロ事件に関しては関係者や企業トップが犠牲者の実名を(遺族当事者が認めない限り)差し止めを希望しているし、警察庁(警察機構の実質的なトップ官僚組織)も遺族側の了承が欠かせないとしている。一方で京都府警は了承無くても公表したいとし、さらに今回報道各社が「事件の全体像が正確に伝わらない」などという理由で速やかに公表しろとのお話。さらに今回公開されていない状況を「過去の事件に比べても極めて異例」として、これを先例としないよう、つまり今後もさっさと実名を公開するようにしろという要請をしたとの話。

【新たな報道名言「匿名発表だと、被害者の人となりや人生を関係者に取材して事件の重さを伝えようという記者の試みが難しくなります」が誕生しました】【事件報道における「人となり」の必要性の有無は報道サイドが勝手に決めているけれど】などをはじめ、実名報道に関しては以前から繰り返しツッコミを入れているけど、情報の品質が大きく変化した現在では、昔のルールは通用しない。得られる便益と生じる損失のバランスが大きく変わっている以上、昔と同じ感覚でやられたのでは、被害が大きくなるばかりである。


無論全部が全部ってわけではないのだけど、震災以降は特にこの類の話が増えてきたなという実感はある。専門家やら有識者やら肩書を持つ、デタラメ三昧な人達が公共の電波やら新聞でヒドイ内容の情報提供を行い、人心を惑わすというもの。...ってああ、よく考えたら震災云々以前に、みの●んた氏のアレとかもあるな。

「メディア側も「誰にお願いすれば良い」のかわからない」ってのは調べる位の労力は費やしましょうってことだし、「仕事の依頼を、まともな人があまり受けてくれない」ってのはまともな人が引き受けるだけの十分な対価を提示しましょうってことだし、「真偽定かならぬ事を言う人に依頼が回る機会が増える」ってのは自分達が配信する情報に責任を持とうよ、というツッコミをせざるを得ない。


ここ数年は定期的に上がってくるようになったこの話題。具体的に、顕著な形で体現化したのは、例の「私たちは怒っています」が初めてなんだろうけど。【「息苦しくなった」のは社会や環境が悪くなったのではなく、自分達の姿勢が問われるようになったから】とか【「物言えぬ社会」って「RTやいいねしてもらえない」ってことだよね】など多数の記事で挙げてるように、結局はこれまでの一方向性、一方的に語れていた状況が、多方面から意見が挙げられるようになったし、自分の語りにツッコミが入るようになったまでのお話。環境の変化で特権をはく奪されたので、あの特権がほしいよー、とだだをこねている。

そもそも「言いたい事が言えない」と、言いたい事を言っているからこそ他人がそれを見聞きできるわけで。かの語りが伝えられている時点で、矛盾しているってことなんだよね。「言いたい事が言えない」ってのは隣国のような独裁国家とか、極端な人治主義の国のことを言うのではないかな、とは思うのだけど、その辺りにはなぜか少しも触れられない。

若い世代の医療費が伸びている。1人当たりの年間費用の変化を2000年度から16年間でみると、65歳以上の高齢者は10%増だった一方、65歳未満は24%増えた。特に子どもは4割も伸びており、地方自治体の助成によって受診回数が増えたとみられる。医療費の公的負担の膨張を抑えるには、高齢化以外の要因についての詳しい分析も必要だ。

先日ちょいと話題に上っていたお話。登録会員でなくても読める部分だけで判断しなきゃならないから(自分も含め登録していない人でも読める部分で判断するのが「報道」記事の精査の手立てに違いなく)ちょいと大変だけど、これだけを読むと「子供の医療費は超増えていて、高齢者の医療費云々って叫ばれてるけどそんなの後回しにして子供のを考えなきゃ」という主張がもりもり出てくる。

ただ、具体的な総額の話はちっとも出てこないし、1人あたりの絶対金額の話も無い。これはちょっときな臭い。

毎年この時期に出る「新発見」

| コメント(0)


当方自身はもうテレビを見ない状態で長年過ごす形となっているのだけど、毎年終戦記念日近くになると、戦争関連の新発見とか新事実とか真実というフレーズがバーゲンセール状態となった番組なり特集記事が展開される。テレビなどは観なくても番組の宣伝や、番組へのツッコミで大体実情は把握できるのだよね。

で、恐らくは以前からこういうことは生じていて、最近になってよく指摘されるようになったのは、結局のところ可視化されるようになったからなんだろうな、と思う次第。確かに番組やら特集記事としては、新しい発見とか真実とかいうフレーズを使った方が、注目は集まるしお金をゲットしやすい。インスタント系食品とか健康食品で、よくリニューアルして新発売ってやるのも、多分にそれが影響している。

食品ならば別にいいんだけど、テレビ番組だの記事のようなコンテンツでは、新とか真実などのフレーズに見合わない実情が多々あったりする。指摘されているような焼き直しとか現場が知らなかっただけってのはまだいい方で、間違っていたり、スットコな所見の持ち主を太鼓持ちする形で紹介するような内容になっていたりもする。


これはニュースサイトに限らず報道系のサイトとか新聞社サイトでもありうる話で、注目の記事とかラインアップされていて、お、こんな話があったのかとクリックしてみると、数年前の話だったりする。時々ソーシャルメディアで数年前の記事が突然話題に上って何でだろと思う事もあるのだけど、こういうトラップに引っかかってしまった結果なのかもしれない。

「注目記事」云々はアクセス数で単純計算されているのかもしれないけど、内部的にやんちゃなことをして調整しているのかもしれない。どちらにせよ、過去の記事の場合はそれが一目でわかるような工夫を願いたいものだ。タイムスタンプなどを記事タイトルに含めるとかね。

多分にアクセス稼ぎ的な要素、ぶっちゃけると半ば騙すような形でもアクセスを集めたいという思惑があるのだろうけど。せめて「注目されている過去の記事」的な表現をしてほしい。


一部報道が昨今のあれこれの事案に関して、この類のフレーズを結構な頻度で使っていて、しかも報道自身では無く「国民がそう思っているから」と責任を転嫁するスタイルを取っているので、色々とこのような卑怯な手口がテンプレ化しているのだなあと思いつつ。

「説明が足りない」との意見は時として本当に説明そのものが足りない、あるいは対象の理解度を考慮した上で難易度を下げていないという場合もあるけど、多分は、特に報道が用いる場合は、自分が望む結論を見せろという主張のすり替えではないか、という感じではある。

要はそういう場合における「説明」とは、実情を理解できるような解説ではなく、実情が自分にとって都合のよい、希望する結果であるようなもの。つまり現状への不満を「説明が足りない」にすり替えている。ヤクザが説明に対して「んー? 分からんなぁ」と反応して望む結果を強要しているのと同じ。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちマスコミ・報道カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはノウハウです。

次のカテゴリは事件・事故です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31