面白情報の最近のブログ記事


わら、木材、レンガで家を創った三匹の子豚とおおかみの件。日頃から備えはしっかりしておきましょうとの教訓を持つお話ではあるのだけど、大本の話ではわらと木材の家を創った子豚は食べられてしまう(近年の差し換え版では食べられないことになっているようだけど)。

で、それでは子豚は不幸になってしまうし、最後のオチでおおかみも不幸になる。そこで皆が不幸にならないようにしつつ、大本のコンセプトを維持したら......ということで、ちょっと現代風にアレンジしたお話。日本風も加味されているかな。


ネットスラング化したのは姫騎士とオークの掛け合いではあるのだけど、こちらは女騎士とオークによって繰り広げられる会計物語。まぁ「姫」というと会計が出来る元々のスキルっていうか潜在能力があるのかというツッコミが入るのを避ける意味もあったのだろう。ただノリ的には姫騎士とオークとのやりとりと何ら変わるところは無し。


上山先生の粋な発想のイラスト。ああ、なんかギャグ系劇場劇で登場しそうなキャラクタの体裁だよね。見た目も「おっ」と驚かせてくれるし、ちょっと邪魔な感じはするけれど、なんだかお茶目で面白いものはある。

でも近しいものはすでに実在していた。


川俣シャモまつりってのが毎年展開されるほどの特産品ってこともあって、福島県の川俣町ではシャモを題材にしたゆるキャラ「シャーモくん」ってのが存在するらしい。ただ、キャラを設計する際によほどリアリティにこだわる人がいたようで、造形としては非常にリアルなため全然ゆるくないどころか怖い位な感じに。楳図かずお先生の「14歳」という漫画に出てくる、チキン・ジョージ博士を想起させられる。

いやあ、でも、もしかしたらコラかもしれないし。


先日当方のツイッターにおけるタイムラインで見かけた、ドラゴンボールのメインキャラクタの一人、フリーザ様の握手会・写真撮影会のお話。最初見かけたのはいわゆるパクツイな写真で、大本の人はツイート自身を消してしまったのでツイナビの記録しか残っていないのだけれど、イオンの公式際にはちゃんとその旨が掲載されている。

4月18日から公開予定の映画、『ドラゴンボールZ 復活の「F」』では鳥山明氏が脚本を務める完全新作で、フリーザ様が活躍なされるということもあり、ちまたでもフリーザ様があちこちに登場されている。今件もその一つ......ではあるのだけど、握手会やら記念撮影やらとなると、やはりギャップの大きさがあり、それがまた面白さをかもしている。「え!?」とか思っちゃうよね。

恐らくはこの話を受けてのイラストだとは思うのだけど。


「黒ギャル」という一般的にありがちなイメージに反する、あるいは逆に遠慮や配慮もせずにダイレクトな物言いをしそうだな、というキャラクタを呈し、皆が良く知っている場面を大いにひっくり返す。話の切り口としては結構面白い。ドリフなどで観られる寸劇「もしも」のシリーズに良く似ている。ましてや事例として挙げられたのが暗い場面で、それちゃぶ台返ししてしまう世界観のコペルニクス的発想が興味深い。確かにこんな人物が一人主要キャラの中に居れば、話は随分と別のものになるだろうし、作品の魅力も変わってくる。あくまでも原作があり、その上での話だけど(アンソロジー的な考え方なのかな、あるいは)。


先日歌詞の中に登場するバイクの種類が結構お茶目なタイプのものだったらしいということで、再び注目を集めた、尾崎豊氏の「15の夜」。その中でも一番有名なフレーズ「盗んだバイクで走り出す 行き先も分からぬまま云々」って部分をちょいと変えて、ワンフレーズでオチを創ってみたという試み。元々やっちゃいけないことを歌詞にしているわけだから、その辺を注意した上で「オチ」を付けるってのは、簡単なようで意外に難しい。言い回し的にも引っかかると何だかアレだから、語呂が良いのでないとダメだし、ね。


最近だと「ワールド・ウォーZ」関連で一種のムーブメントっぽいものが出来て、猫も杓子もゾンビ状態となり、アメリカのネタモノ系サイトでは毎日複数本のゾンビ関連のネタが登場し、「アメリカにゾンビ関連のトレンドが生じているけど、一体何があったんだろう」と不思議がったことがある。今ではある程度鎮静化しているけど、思い返してみれば確かにアメリカはゾンビ好き。「バイオハザード」が受けたのも納得がいく。


社会人として、あるいはもっと前、対人コミュニケーションが出来るようになり、集団生活をするようになってから(具体的には学生生活を始めてから)、必要不可欠な行動の心構えについて、「ほうれんそう」という形で説明することがある。つまり「報告」「連絡」「相談」を欠かさずに、ということ。独断専行で判断したり、誰にも相談せずにドツボにはまるのは、集団生活においては良くないよ、ということ。

......ではあるのだけど。まるで川柳や狂歌のように、こんな話が持ち上がったりする。実際に社会人で「ほうれんそう」をすると、こうなってしまうだろうな、という哀愁ただようお話。


昨今では魔法少女が大売出し状態で、それこそ月に数本はその類のアニメやラノベが登場し、新作漫画でもそれらしい舞台背景を有するものが掲載開始となる。タイトルにも「魔法少女」とつくものも結構多く、検索でソートしたらえらいことになるのは、実際やってみればお分かりの通り。

で。「魔女」と「魔法少女」って同じだよね、魔法が使える女の子だよね。でも何だか違う扱いを受けている......という疑問に答えてくれたのがこの解釈。


参加表明時には賛否両論渦巻いたけど、いざフタを開けてみたら本人に関する問題はほとんど見られず、むしろ観客側のマナー問題(無断撮影など)の方が露呈したという、コミケ86における小林幸子嬢の参加。今後「幸子完売」なる言葉も登場しそうだし、一つの歴史、流れを作ったことには違いない。頒布されたコンテンツの中身もさることながら、特に注目されたのが、この事前の用意周到さをはじめとした各場面での対応ぶり。

↑ 保温 保冷 できる ミニボックス ! USBミニ 温冷庫 USBCMSH3
↑ 保温 保冷 できる ミニボックス ! USBミニ 温冷庫 USBCMSH3


先日別件で色々と探し物をしていた時に見つけた、「なにこれ」的なアイテム。パソコンのUSB端子を用いて、ペットボトルやマグカップを温める小型の保温器スタンド的なものは結構見かけるけど、保冷器的な役割も果たすものは初めて見た。

説明によれば機能は保温で50度位、保冷で10度ぐらいに数分で調整が可能。本体サイズは73×80×80ミリ、USB2.0ポートから給電。保温・保冷の切り替えは10分位の間をおくことが必要、と。

もう少しサイズが大きければ中華まんを温めておくなんてこともできたんだろうけど、写真を見る限りでは精々チロルチョコや目薬、折りたたんだウェットティッシュが関の山。実用......とまではちょっと難しいかもしれない。

冬場に保温、夏場に保冷の機能を、ちょっとお遊び程度に使うって感じかな? 何か他にもっと面白い、有益な使い方が出来そうな気はするのだけど。例えば固まったノリを温めたりとか、ね。

最近の記事25件

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち面白情報カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは面白動画です。

次のカテゴリは面白画像です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31