情報の最近のブログ記事


謎の粉がアクセントとなっているスナック菓子ハッピーターン。色々な商品とコラボすることでも知られているけど、今度はメロンパンとの合わせ技との話。ハッピーパウダーを使っていないのにどこがハッピーターンなのかとか、「ハッピーパーン」ってハッピーパンに勢いつけただけかよというツッコミをしたくなるけど、美味しそうなものには違いない。

でもこれ、見たこと無いんだよなあ。フジパンだし、これだけ目立つデザインなら、目に留めていてもおかしくはないのだけど。

特設公衆電話(事前設置)なるもの

| コメント(0)


時折見かけてネタにもしている、公衆電話。実のところ漸減を続けているのだけど、それとは別に特殊公衆電話(事前設置電話)なるものも存在するということを、先日初めて知ったので覚え書き。

公衆電話そのものは法令で一定面積の地域内に必ず一定数置かねばならないってのはよく知られた話だけど、それとは別にお役所などで災害時に使ってもらおうとの思惑のため、設置されているものが、特殊公衆電話。

これは普段から普通の公衆電話同様に使えるわけじゃなく、回線のみが設置されている。そして端末はその施設の管理人が保管していて、何か非常時にはその端末を持ってきて接続し、無料で使えるようにするというもの。管理をする人になにかあったらどうするのかとか端末がダメージを受けたらアウトだとかいうのがあるけど、公衆電話を常設しているよりはコストがはるかに低く抑えられるし、面積単位での設置義務云々とは関係がないので気楽。

日本列島の広い範囲で気温が上昇し、名古屋では今年初めて最高気温が35℃以上の猛暑日となりました。全国で一番気温が高かったのは山梨県の勝沼と大分県の日田でいずれも36.7℃で、15時までに九州から東北にかけての60地点で猛暑日になっています。

7月中は長雨が続くどころか豪雨状態で、経験則からは今夏は超暑くて水不足になるのでは思っていたのだけど...という感じだったのだけど、暦の上で8月に入ったとたんに夏を思い出したかのように暑くなり、日々真夏日や猛暑日が多数地域で観測される状態。まぁ、夏が寒いとかいうよりははるかにマシではあるけど。「オリンピックがスケジュール通り開催されていたら涼しかったよね」というのも無かったことになりそうで。

ただ今年の場合、例の新型コロナウイルスの関係で夏休みが短縮されているところが多いし、日中もマスク着用が当たり前の状態となっているし、クールシェア的なものも難しくなっている。幸いにも記録の限りでは前回週までは熱中症による搬送者数は前年と比べて随分と少なくなっているけど、今後どうなることやら。

すき家の新作は横濱オム牛丼

| コメント(0)
「横濱オム牛丼」は、とろ~りチーズとほうれん草をたまごで包んだ‟オム"を牛丼に合わせた商品です。たまごと牛肉でたんぱく質を、ほうれん草で鉄分やビタミンがしっかり摂れる、栄養バランスのよい商品に仕上げました。ふわとろのたまごと、とろ~りとのびるコクのあるチーズが牛肉を優しく包み込み、ほうれん草の食感がアクセントを加えます。別添えのケチャップを加えることで、より洋風の味わいをお楽しみいただけます。

調べてみると確かに横浜では多様な種類のオムレツが人気ではあるっぽいのだけど、なぜ牛丼でオムレツをいただかねばならないのかという素朴な疑問が脳内で大運動会状態。いや、確かに写真を見る限りでは、オムレツと牛肉の組み合わせって悪くないし、ケチャップの味わいと牛肉って意外に行けるかもと思ってしまうわけなのだけど。

というかホウレンソウまで入ったオムレツとなると、これって家庭料理っぽくなるよね。すき家の名物となった単発イメージキャラも素朴な着飾りモードだし、そういう感じのを狙っているのかな。あるいは明治あたりのこじゃれた洋風レストラン的なものとか。一応説明に「オムライス屋さんで食べた」云々とあるので、そういう感じなのかな。


このサイズのミニなカップ麺は結構見かけるし、スープ代わりに食べる人も多いだろうけど、ドリンク用のプラカップに麺と汁を入れ、持ち運びできるラーメンにするとは、ちょっとした発想の転換ではあるけど、ステキナイスに違いない。これなら楽に食べられるし、各種ホルダーに納めることもできる。

アイスやドリンクバーのように、色々と汁を変えたりトッピングを加えられるようにすれば、かなりイケてるものになるんじゃないのかな。量もさほど多くないので、小腹満たしとしてもいいかもしれない。


その名前から商品そのものにはまったく非がないにもかかわらず酷い風評被害を受けているコロナビール。アマゾンでその在庫が復活したとの話があったので確認。うむ、確かにある。しかもあのロゴがどかんと入ったクッションがおまけでついてくる。当方はビールが飲めないので、このクッションだけほしいんだけど。ダメかな。ダメだな。

佐川急便を名乗り「伝票がぬれて読めない」といって個人情報を聞き出す電話を受けたという体験談が、ツイッターに投稿されています。佐川急便でも、宅配事業者の社名を名乗る不審な電話について注意を呼びかけています。


ツイッターに投稿された内容によると、"080"で始まる電話番号から着信があり、佐川急便だと名乗ったそうです。「伝票がぬれていて見えない」「送り先と差出人が同一」などといって、家族構成を聞き出す内容でした。不審に思った投稿者は、電話を切り、佐川急便の営業所に連絡。かかってきた電話番号は、同社のドライバーのものではありませんでした。


インターネットによる情報の本質の劇的な変化については何度となく解説しているけど、情報の紐付けが容易にできることになったことで、ヒントのパーツの組み合わせで完成図を作り上げる、少なくとも全貌を認識することが可能になった。昔ならそれぞれ単独の情報として「なんだそんなもの」程度の話だったのが、ネットで調べて組み合わせると、あら不思議、そういうことだったのね、というもの。この類の話、本来はその筋の専門家が時間とお金と足をかけてじっくりとやって初めてできるものだったのだけど。

で、そのような情報の本質を悪用する形で、個人情報を盗取しようとする筋がいて、そのような人達は手を変え品を変え何でもやらかすよ、というもの。今回の宅配便の業者のふりをするってのもその一つ。書かれているような個人情報を取得すれば、そのまま犯罪にも利用できるし、他の情報と組み合わせてヤバいものも見出せるし、そういう情報をセットにすれば高値で買い取るところもある。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち情報カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは後日談・補足です。

次のカテゴリは料理・食品です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30