情報の最近のブログ記事

新作の情報はSNSで流れてくる記事の見出しや、メーカー公式の生放送などで拾うもので十分に感じる。最近は公式サイトがとても充実しているし、体験版を出すという施作も多い。発売前のこの作品のココが面白いみたいな記事を読んでも、公式サイト以上の情報が得られるものなんてほとんどない。定期的にゲームソフトの発売日カレンダーを見て、欲しいソフトを早めに予約するだけで十分だし、見慣れないタイトルは公式サイトに飛んで内容をざっと確認してから買う

ゲーム業界の流れの一つとして、直接の一次情報を云々するのはメーカー自身がやっているしその方が確証性は高いから、専門誌などの雑誌の一部には二次情報ならではの価値を盛り込んで読み応えのあるものを提示するようになってきた、と。ビジネスモデルとしてそれがそろばん勘定的に成り立つのか否か不安だというのは、それはまさに然り状態。ゲームをコンテンツの一つと見据え、そこから派生した新たなコンテンツとして提供できれば、それはそれで面白いのだけど。その最終形態の一つがゲームをバックボーンとしたラノベとか漫画とか、なのかなとも思ったり。

で、指摘されている通り、昨今においてゲームの公式サイトや情報が充実してるのは、ネットで悪質に歪められて伝わってしまう対策ではある。無論メーカー側にそれなりの意識と体制が整っていないと、アレでナニなものになってしまうけど。分かっているところはしっかりとやっていたりするから頼もしい。米大統領の直接的な情報提供も、概念的には同じものだろう。下手に丸投げすると勝手解釈で間違った認識が公知されてしまうから、だったら確かな情報を直接投げてしまおう。......えーと、不特定多数に情報を分かりやすく簡素に伝えるという、メディアの役割が果たされていないってことでもあるのだな、これ。与えられた仕事しろ、と。


現在の中堅層ぐらいの人達における、子供の頃の共通認識的な話題。例えばガンダムとかドラクエとかピンクレディーとかドリフターズとか、そんな感じの社会風俗というか一般的な娯楽としてのネタもの。同じ時期を同じ年齢階層の中で過ごしていた人たちで共有できるネタ。それが今の子供達の間では薄らいでいるのでは、将来大人になった時に今の中堅層のような「その世代の子供達はみんな熱中していた、見聞きしていた」という共通の話題が少なくなっているのではないかという指摘があった(引用不可とあるので概要を解説)。

で、それに対するお話として、その指摘は間違っていないというもの。まぁ実際にアンケートを取って云々するわけにもいかないし、例えばバンダイの子供向けアンケートの結果を見ても好きなアニメや漫画のキャラクタが分散しすぎて傾向が見いだせないなんてことはないから、そこまで希薄化していないとは思うのだけど。

ただ、強い信奉というか熱中しての注力は無いような雰囲気は感じられる。タイアップ系の商品展開も昔と比べたら勢いが弱い。選択肢が増えたのでみんながみんな、より自分の感性に近しいものに寄り添ってしまい、結果として1つ1つの信者が減少している。「流行が薄い」ってのは非常にシンプルで分かりやすい表現。ゲームソフトの売上が落ちている傾向の一つとも近しい。

カルビーがポテチなどを大幅増量

| コメント(0)
カルビーは4月4日、「お客さまへの感謝の気持ちをこめて」と、ポテトチップスを含む全23商品を4月から順次増量するとを発表しました。2017年に発生した「ポテトチップス休売」に対して、ファンから温かい激励の言葉が寄せられたことなどを受けて。

2年前に発生した北海道での台風被害でじゃがいもが不作となり、そのあおりを受けてじゃがいも系アイテムが結構な種類数で休売したカルビー。色々文句もつけられたけど、材料が少ないんじゃ仕方ないよねということで、バッシングはさほど無かった感はある。

で、今回は体制がどうにか立て直しをしたということで、お礼の意味も込めて増量をするよということ。

松屋でカルビ増量キャンペーン実施

| コメント(0)
2018年4月10日(火)10時から4月17日(火)15時まで、「カルビ焼肉定食」と「キムカル丼」のお肉を増量する「春のカルビ増量キャンペーン」を開催いたします!「カルビ焼肉定食」は長年多くのお客様からご愛顧いただいている商品で、ジューシーで柔らかな牛肉が味わえるこだわりの逸品です。

週に一度は新商品やらイベントを展開しているような感のある松屋。最近では業績の伸びが今一つ状態であることは否定できないので、少々焦りってのもあるのかもしれないけど。その松屋で今回実施されるのは、カルビ系メニューのカルビ大幅増量。

カルビ焼肉定食の30%増量ってのはおかず部分のカルビが1列増えるってことなのかな。一方でキムカル丼のカルビ50%増量ってのは明らかにもりもりになるのに違いない。元々大盛りだと30%増量に留まるようだけど。


例のデータ関連の話は世間が扇動されて騒いでいるうちは、いくら正論や事実を呈したところで勢いだけでぶん殴られるという理不尽な想いをするだけなので、ホールドしているのだけど(表紙の事案とかエンゲル係数とかで何度となく体験している。当方にもそれなりの肩書なりがあれば、その場ですぐに殴り返せるけど)。

元ツイートは消されてキャッシュにも残っていないのだけど、例の調査に対して某立憲議員が調査票を見せろと騒いだとの件(内容そのものは非公式引用ツイートでいくつかたどって確認済み)。これは調査の様式を思い返せば言語道断でしかない。企業に対する社員の秘匿告発制度に関して、その告発者を企業に告知させるのに等しい暴挙。どこが「立憲」なんだかなあ、と。

基本的にこの類の調査は匿名によるものであり、回答者の素性が特定されてはいけないし、そのリスクを覚えさせるようなこともしてはいけない。それをやってしまうと回答者は自分の身の危険を覚え、正直な回答をしなくなる、あるいは回答に応じなくなってしまうから。対面調査や電話調査によるもので、先の米大統領選挙においてトランプ氏支持を回答すると何をされるか分からないという懸念があって、データがおかしな結果となることがしばしばあったという問題が好例。


今件は統計を取っているわけではなくて、またデータが公式に発表されているのでもないので、あくまでも実経験的なお話としてのなるほど感。

文字単価で考えるとそんな高値で売れるのかと驚くという話だけど、5000文字というと原稿用紙で12.5枚。当方の本家サイトならちょいと長めの記事1本文ぐらい。それが500円とか1000円で売れるという。ショートショート1本文ぐらいかな。感覚的には500円玉1枚か2枚を差し出して、ちょいとお得なお話とかすき間時間つぶしをしたいかな、というところなのだろうか。あるいは駅売店とかコンビニで見かける、人気作品の安手の紙を使った圧縮版みたいな。


クリスマスの前週末ぐらいにおもちゃ屋さんやデパートに出かけてお目当ての商品を買うとか子供と一緒に足を運んで選ばせるというスタイルは、今や昔のお話で。そのようなタイミングだともうほしいものが品切れをしており、テンバイヤーから高値で買うしかなかったりするのが落ち。嗜好が多様化して商品も多種多様になっているのもあるし、企業側もよほどのモノでない限り大量生産はしない施策のようだから(なんちゃらスピナーのようにあっという間にブームが去って大量在庫を抱えるリスクは避けたいってのは分かる)。

で、そういうリスクを抱えないために、昨月末ぐらいからすでに買う側も売る側もクリスマスセールモードに突入している。実店舗に足を運ぶと熱気がもりもり伝わってくる。アマゾンでもその類の値の動きとかキャンペーンとかも色々と確認できるので、年の瀬を11月末ぐらいから感じてしまうという、なんだか奇妙なお話に。

そのクリスマス向けのプレゼントとして、何がほしいかを尋ねたのがこの調査結果。親としてはやっぱりゲームソフトよりも知育玩具の方がいいかなあ、どうせ遊ぶのならば賢くなってくれれば一石二鳥だし、的な思惑は理解できる。でも子供自身の方は、やっぱり欲しいのはゲームソフトとかぬいぐるみとか。勉強とかも同じで、親と子供の思惑が合わないってのは良くある話。

最近の記事25件

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち情報カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは後日談・補足です。

次のカテゴリは料理・食品です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31