知識はとりあえず頭に入れておけば楽になるし活用もできる

| コメント(0)


詰め込み学習とか、小中学校の授業の内容とかは往々にして、この類の話が出てきたりする。単に暗記しろとか覚えておけというのはあまりにも強引だし、覚えても意味がないじゃないかという反発の声も多々あるものだ。特に人文系の科目はその類のが多い。

けれどこの類の知識はとにかくぶちこんで、自分の頭の中の素材として貯めておくのが重要となる。指摘されている通り、まるきりまったく同じというわけにはいかず、記憶違いが生じることもあるんだけど。記憶としてストックできれば、後で必要になった際に取り出すのが容易となるし、必要な事案の内容に応じて整理をするのにも楽で済む。イメージ的には図書館とか博物館に近いかな。

頭に入れたものすべてを丸ごとすべて詳細に覚えておくのはムリ。けれどトリガーさえ認識しておけば、そこから芋づる式に引き出して、たどることはできる。引き出しにぶちこんでおいてもその引き出しにラベリングをしておけば、どこから探せばよいか分かりやすいし、すぐにチェックができるようなもの。

「「スマホ見れば分かるし」に対しては「調べる手間をかける暇がいつもあると思うな」」という指摘についてはその通りではあるのだけど、それに加えて「知識がなければそもそもどうやってスマホを使って調べるのか、調べるきっかけすらつかめない」というのが実情だったりする。調べるためにも、つまり道具を使うためにも、相応の知識は必要なのだな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年11月 2日 07:57に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「戦後の「賠償金払ったけど100%の税率で税金かけるね」の話」です。

次の記事は「「うぽつ」の意味」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31