最近話題の象印の加湿器

| コメント(0)


最近話題に上っている象印の加湿器。構造的に電気ポットと同じなのでメンテが超楽ちんで効率もよいとのことで気になっていたのだけど、実際に使った方のお話。そうか、加熱スチーム式の加湿器なら、単純に湿度を上げるだけではなく室内温度の維持・加熱にもプラスとなるのか。

そう考えると非常に合理的ではあるのだけど、問題は消費電力。加湿時で400W超、湯沸かし時には1000W近い値が出るんだよね。まぁ電気ポットと同じなのだから仕方ないのだけど。電気ストーブをフル活用しているのとさほど変わらない。合理的ではあるけど。


ただ、今年は新型コロナウイルスの件もあるし、室内の状態管理とか健康維持とか風邪リスクを考慮すると、この類のを調達した方がよいのかもな、と考えるようになった。象印ではこのスタイルのスチーム式加湿器がいくつかあるようだから、もうちょっと検討してみることにしよう。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年12月12日 07:34に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「通勤電車にかかわるリスク計算」です。

次の記事は「ハーゲンダッツのオリジナルデザインメーカー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年1月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31