この発想は無かったわの最近のブログ記事


異世界ラノベが流行っている...というか一大ジャンルとして生成されたのは、話の構成が比較的容易(書き手の作りたい世界へのアプローチの説明が楽、異世界なので現世界との差異の説明やつじつま合わせをさほど気にしなくてよい)な方法論としてあるからだろうなという感じがする。昔話の枕詞「むかしむかしあるところに」とか、スターウォーズの「遠い昔、はるか彼方の銀河系で」とかと同じ。

中でも単なる異世界では無く、主人公が何らかの形で命を落として(特にトラックに跳ねられるケースが多い)転生する異世界転生ラノベが多い。これは容易に異世界に飛ばす方法論として流行ったからってのもあるのだろうけど、昨今では過労死とか爆発事故に巻き込まれてとかいうのもあったりする。大抵は主人公が疲れ果て、人生に絶望した形でなんだけど(中には大往生の末にってのもある)。

で、そのような風潮に対して、こんな考え方があるとのお話。実はこれより前に「マニア系の人の年齢層が高齢層にも広がってきたので、そういう需要が増えてきたのも異世界転生ラノベが流行る理由では」との話があったのだけど、それは失念してしまった。それも併せ、宗教観という観点で、異世界転生ラノベが流行るという考え方は興味深い。極楽浄土を求めて人があの世の存在を強く信じる、その様式の一つが異世界転生ものだという発想は、ネタとか冗談話にしておくのは惜しい、というか真面目に考えるだけの価値はある。

ドライアイスで地中のねずみ退治

| コメント(0)
穴の中からとがった鼻の先と2つの小さな黒い目が見えたが、もう遅い。足でふさがれていた穴に素早くドライアイスが押し込まれた。駆除チームのメンバーは各ネズミ穴にペレット状のドライアイスを入れていく。ドライアイスは気体の二酸化炭素になり、中で眠っているネズミたちは窒息死する。この手法で通常90~100%のネズミが死に絶えるという。

そういや先日読んだラノベコミックの「駆除人」でも似たような話があったよなぁというのを思い出した、頭がいいように思えるねずみの対峙方法。もっともこれ、地面に穴を開けて生活しているねずみに限られるのだけど。

要はドライアイスが常温だと二酸化炭素になるのを利用して、穴の中にドライアイスをぶち込み、穴の中を二酸化炭素で充満させて呼吸ができないようにするもの。直接二酸化炭素を投入するよりもはるかに合理的で安価で容易にできる。自然への負荷もほとんど無いように見える(少なくとも薬物を使うよりは)。

暑い夏を担々風呂で更にHOTに! 担々麺の香り入浴剤を1,700名様にプレゼント!!「冷凍 日清具多 辣椒担々麺」「冷凍 日清中華 汁なし担々麺 大盛り」いずれかの商品を2個購入いただいた方を対象に、購入レシートの写真を撮っていただき、指定応募フォームに応募いただきます。

要は該当商品を購入して入浴剤をゲットしようというキャンペーンで、その入浴剤が担々麺の香りがするよ、というもの。残念ながら個別商品として販売されるわけでは無い。

まぁ、これまでにも食品の香りがする、それっぽいイメージが楽しめる的な入浴剤は多数登場しているし、実売もされているけど、食品メーカーが該当食品のセールスキャンペーンとして、その商品の香りがする入浴剤をプレゼントするってのは、発想が斜め上でちょいと驚かされる。でも、思い付きだけならまだしも実現する行動力は素直に評価をしたい。

10日午後3時55分ごろ、群馬県渋川市行幸田のスーパーマーケット「とりせん渋川店」で、乗用車が店舗入り口に突っ込んだと119番通報があった。県警や消防によると、店内にいた買い物客や従業員など6~78歳の男女14人が負傷し、うち5人が重傷。

先日ダース以上の人が負傷した、コンビニへの車両ツッコミ事件。運転手の身体的トラブルで発生した事故であるだけに責任問題云々は色々と論議をかもしそうではあるのだけど。考えてみれば最近増えてきた駐車場付きのコンビニって「車の移動方向の先に店舗がある」「店舗の壁の部分は窓が広いので耐久性が低い」「駐車場と店舗の間隔が短い」「コンビニの自動車による利用客は年齢層が幅広い」など、通常のデパートなどの駐車場と比べると、突入リスクが高い要素が結構あったりする。


で、指摘されて確かにそうだなと気が付いたのが、コンビニ駐車場と店舗の間にある、太い鉄製の柵。そういやいつのまにかそんな感じの柵が設置してあるコンビニが増えてきたな、と。特にコンビニ側からプレスリリースが出されているわけでは無いけれど。あの柵ってそういう意味合いがあったのか。単に駐車場を利用しているお客が店舗に足を運ぶための誘導路的な意味合いかと思っていたのだけど。

「文字だけユーチューバー」とは

| コメント(0)


大元のネタは某漫画家先生のネタ的な漫画。ユーチューバーになると宣言した子供を否定せずに頑張れと応援した親が、その子供の動画を見てみたら、掲示板の書き込みをコピペしたりウェブ上の記事をトレースして煽っただけの、いわゆるパクリ動画だったというオチ。

で、そういう類の動画をもりもり挙げているような動画主を「文字だけユーチューバー」と表現しているのだそうな。まぁ、何か色々と定義的にずれが生じている気がするのだけど、細かいことは気にしない。

そういう動画の存在目的ってのも指摘の通りで、掲示板の内容を動画で流して検索ノイズを走らせようとか、あちこちに広めて事実であるかのように浸透させようという陰謀論的なモノでは無く、単純に検索結果として表示させてアクセスさせ、広告収入を得ようとするもの。いわばワードサラダによる検索詐欺サイトの動画版。

「溶岩でマシュマロ焼くのは駄目」

| コメント(0)
火山から流れ出る溶岩でマシュマロを焼いて食べても大丈夫?長さが十分にある串に刺した場合の話だけど。

「うーん...その質問には駄目だと答えなきゃいけませんね。安全ではないからです(試さないで!)」と


火山の噴火で大変なことになっているハワイ。そのハワイでのネタなのかマジなのか分からない質問に、当局側がマジレスしたという話。「長さが十分にある串」って1キロメートルぐらいかよ、というツッコミもしたくなるけど、安全な長さ云々以前の問題で、溶岩はガスくさいので風味も台無しになるよ、とのお返事。

火があれば何かしたくなるのは人の性ではあるのだけど、昔と違い今ではユーチューバー問題があるから、ウケを狙って「溶岩でマシュマロ焼いてみた」的なことをやらかすスットコが出てくるリスクがある。自己責任云々いっても、当局側は戒めなきゃならない。


「#にわかには信じられない玩具」という大喜利ハッシュタグに登場した奇妙なアイテム。アメリカンな人形に複数のカラスがかみついている。なんだこりゃと思ったけど、パッケージのタイトルを見てなるほど感。ヒッチコックのホラー映画「鳥」と、バービー人形とのコラボ的アイテムだ......って、どうしてその二つを掛け合わせたのか。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちこの発想は無かったわカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはお礼・贈呈品感想です。

次のカテゴリはゲーム(類)です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30