この発想は無かったわの最近のブログ記事

ロート製薬株式会社(本社:大阪市、社長:吉野俊昭)は疲れ目に冷たくて気持ちの良い清涼感の'爽快系'目薬「ロートジー®」ブランドを1987年に発売し、今年で30周年を迎えます。そこで、30周年を記念して、誕生から30周年を迎えた国民的人気ゲーム「ドラゴンクエスト」とコラボし、『「ロートジー」スライム型目薬』(限定品)を2017年5月27日(土)に全国の薬局・薬店にて発売します。発売以来、使いやすさと「スクエア(四角)ボトル」で多くのお客様にご好評いただいているロートジー容器が、ドラゴンクエストといえばおなじみのモンスター「スライム」に変身!コラボを機に初めてその姿を四角から変えて、可愛らしいスライムの姿を目薬容器で初めて忠実に再現させました。その愛らしい姿、容器からは想像できないロートジーの爽快感と気持ちよさを「かいしんの一滴!」と言うキャンペーンメッセージでお客様にご提案してまいります。

ブランドが30周年を迎えるから何か面白い企画をして盛り上げたいって気持ちは分かるけど、なぜか突然ドラクエとのコラボを決めて、それを実行に移せるってのは素晴らしいの一言。内部に頭の回転が速い人がいて、すぱっと企画を決めてぐいって押し通してしまったんだろうな。大絶賛。


当方は現在はプラモづくりをしているわけではないのだけど、この発想はダイナミック素晴らしいものであるし、何か細かい作業をする時には大変役に立つ、便利過ぎるアイテムに違いないということで、覚え書きも兼ねて。

写真を見ればほぼすぐに理解できると思うのだけど、ダイソーなどの100均ショップで売っている大型の洗濯ばさみ(布団などをはさむやつだね)と、普通のピンセットが材料のすべて。洗濯ばさみは写真にあるように、はさむ中身の部分が丸っこく変形しているのを選ぶ事。


非難にしてもアドバイスにしても批判にしても、それを自分の糧として吸収し、良いものとして取り入れ、間違いならば正すためのトリガーとできれば、それが一番良いし圧倒的感謝の意でしかない。

しかしながら人は十人十色であるから、的外れだったり単なる攻撃目的だったり、対論としての主張をつぶすためだけに批判をしてくる筋合いもある。複数の並列する主義主張がありいずれも正しくても、他のを認めないとか(異端裁判みたいな感じ)。さらには何となくとか機嫌が悪いからとか気に食わないからだとか、あるいは批判行為を通して自分の益を確保しようとか。

そのような批判やアドバイスの類には従う必要はないのだけど、押しに弱かったりスルー力に欠けていると、余計な気遣いをしてしまったり、相手の勢いに負けて自分の気持ちを曲げてしまうことになる。でもそのような結果導き出された物事で結局マイナスが生じると、後悔の度合いは大きなものとなる。

上海問屋は、子供も大人も大好きなおもちゃのブロックで遊べる、フルサイズのUSBキーボード(英語配列/109キー)の販売を開始しました。通常のキーボードの上部に、ブロックをはめるスペースがあります。ブロック文字やフィギュアをレイアウトするなど、楽しみながら好みのデザインにカスタマイズ出来、デスクが常に癒しの空間になります。縦サイズは約15cmと、通常のキーボードと変わりません。キーピッチは約19mmで打ちやすく、キーストロークは約2mmと、軽快に文字入力ができる薄型デザインのパンタグラフキーボードです。109キーのフルサイズで、自宅用、オフィス用どちらにもおすすめです。便利なショートカットキーも搭載。ブラウザやメールソフト、電卓などをボタン一つで起動できます。

作業場の机の上に色々なフィギュアやミニチュアを置いて癒し的効果を期待したり、ちょいと疲れた時に触れて気分転換のツールとしたりってのはよくある話だけど、キーボードの上に造形を置くスペースを作り、しかもそれがレゴ、もといブロック玩具の企画に合わせてあるとは。色々な意味で「その発想は無かったわ」というツッコミをしたい。

ファンクションキーの上側に幅4ポッチのブロック玩具向けのスペースが用意されており、そこに自由にブロック玩具を配する事ができる。先日レビューした名刺立てのような実用ツールを作ってもいいし、色々なミニ情景を構築しても良い。レゴに関しては基幹部分の特許はすでに切れているので、権利周りは問題無し。

魔改造なコンビニは実在した

| コメント(0)


先日真隣りに引っ越ししたコンビニのことについて触れたけど、昨今のコンビニラッシュは色々と考えさせられるものがある。数自身は増えているのは違いないけど、段々と無茶な場所とか元々別の店舗があった場所に強引な形で建てられていたり......建築費節約の意味合いもあるのだけど、以前はどんな建物だったのかなと考えてしまうコンビニを見つけると、古代遺跡に遭遇したような雰囲気を覚える事もある。

今件は元倉庫のファミマ。いかにもトラックが出入りするような、大型の倉庫がベースになっている感じ。改装費用も安くて済むし、駐車場も広く採れるからこのままにしたのだろうけど......なんというか、アレだな。歴史を感じさせる。

Photoshopなどのソフトウェアを手掛けるアドビが、予想外のコラボを実施中です。サイトをひらくと、トップページでいきなり福本伸行さんの漫画「カイジ」に出てきた利根川幸雄(トネガワ)が黒服たちとともにドーンとお出迎え。開いた瞬間にざわ......とさせてくれます。

ツイッター上のツイートで目に留まり確認したところ単なるネタやコラでは無くてざわ・・・ざわ・・・してしまった話。一コーナーとして独立したものとか特設ページならともかく、アドビがトップページでこれをやるとは普通は想像できないよなあ、的な。

「カイジ」そのものではなくそのスピンオフ作品「中間管理録トネガワ」とのコラボってのも、色々とアドビは分かっている感は強い。ネタとして絡ませやすいってのもあるのだろうけど、同時に読者層とサービス利用層の年齢階層が多分にだぶっているという読みもあるんだろうな。


先日ツイッターのタイムライン上で見かけ、個人の創作かイベントでの配布品の類かなと思って確認したら、一般販売されていたので驚いたアイテム。画像検索などで確認した限りでは、実際の国鉄コンテナはもう少し寸足らずだけど、これはティッシュボックスを入れるためだから仕方がない。むしろコンテナをティッシュのがわにしてしまうという発想に驚いた......まぁ、話によると以前は同じコンセプトで一般コンテナの類もあったとのことだけど。


ちょっと前にツイッター上で「指図した側の思惑が上手く伝わらない、抽象的すぎて受け取り側が上手く対応できない」といった問題を、ある病症に関わる話と絡めたり、むしろそれは汎用的にありがちなことだよねということで話題に登ったことがあった。それに近しいものではあるし、相手との間柄がテレパシーを使っているのではと思うほどのツーカーの中で無ければ、具体的に指図するのが一番無難で分かりやすく、しかももめごとも起こらない方法なのだなと実感させられるお話。

写真やツイート内容を見ればすぐに理解はできると思うのだけど。要は「単に片付けろと指図しても具体的にどのような状態かを理解しがたいし、指図側と受け手側の解釈にギャップがある」「だから『片付ける』という抽象的な表現では無く『このようにしろ』と具体的な例を示すことで、それをなぞる形で実践できる」というもの。


敬語は一般的に自分の目上の人に対して使うと教えられているけど、指摘されてみると確かにそのような使い方もあり、なぜそう使うかと考えると、やはり指摘の通り相手との距離感を意味するものだなという感はある。怒った時や相手と距離を置きたい時も敬語を使うってのは結構あるよね。逆にタメ口ってのはそれなりに親しい人、つまり(物理的ではなく心境的に)距離が近い人でないとできないもの。


以前からページを開くと折込仕掛けがもりっと飛び出してくる絵本とか、音声が流れる絵本(?)の類はあったけど、これはいったいなんだろう......的な。動画を出力する液晶が埋め込まれているわけではないし、何らかの映像投影の仕組みが画面外にあるわけでも無い。実態のスピード感との違いはともかく、ちゃんとそれっぽく動いているように見えるよね。絵本というよりは動本って感じ。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちこの発想は無かったわカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはお礼です。

次のカテゴリはゲーム(類)です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31