この発想は無かったわの最近のブログ記事


第一印象は上手くできたコラージュネタだな、第二印象は自作にしてはよくできた造形だな、と。確かに食パンでカレーパンをはさむというのは不可能ではないどころか比較的容易にできるものだし、カレーパンを食べる時のべた付きとか具のカレーの零れ落ちも食パンでサポートできるから安心して食べられるという合理性もあるので、理にかなった総菜パンではあるのだけど......。なんだかちくわパンとかチャーハンライスみたいな不条理感もある。あるいは焼きそばパンのようなコロンブスの卵的発明なのか?


仏前用として用意する御料具ってのは色々としきたりがあって、味見をしちゃいけないとか作った時に使った素材は他の料理に使ってもいいけど仏前に上げた後でないとダメだとか。元々量が少ないものであるだけに、作る方も何かと気を遣うし手間もかかったりする。で、そのようなあれこれをシンプルにこなせるというのが、このフリーズドライ「ご先祖さま」。ご飯は別途用意する必要があるのと、お盆やお茶碗などは自前のものということではあるのだけど、時代の変わり映えを再認識させてくれる。


飲食店などではお馴染みの食品サンプル。最近ではキーホルダー的な形で100均でもよく見かけるようになったので、随分と身近な存在となった気はするのだけど。それを用いたネックレスなるものが。

いや、食品サンプルをネックレスにするってのは間違っちゃいないとは思うのだけど、よりによってなぜマグロの刺身を題材にしたのか、という感は否めない。ドレスコードのあるお店でこれをつけたら、やっぱりパージされてしまうのだろうか。

レオパレス21は、ひとり暮らしの女性の多くが不安に思う、女性を狙った住居侵入犯罪を軽減することを目的とした防犯施策「Man on the Curtain」を開発。新たなセキュリティ施策として発表した。また、その内容を紹介するWEBムービーも先日よりWEBにて公開中だ。これは、スマートフォンとプロジェクターだけを用いて、動く男性のシルエットを窓に投影するシステム。動く男性のシルエットは、シャドーボクシングをしているものや、筋トレをしているもの、バットで素振りをしているものなど全部で12種類あり、どれも強そうな男性が生活している様子を写し出す。

4月1日にはまだちょっと早いよなとカレンダーを確認した上で。確かに女性の賃貸料金は男性よりも高めとなる、防犯などの気配りが必要だからってのはよく聞く話だし、女性の一人暮らしでは男性が同居しているような仕掛けが色々と必要だよねってのは漫画などでもよく描写されている。米国ならば拳銃などを所有して対処ってことになるんだろうけど、ここは日本だからねえ。

で、説明されている通り、カーテンに男性っぽい影を投影して、外から見たらいかにも男性がいそうな部屋に見せるという仕組みを防犯対策の一環として提供するとのこと。スマホとプロジェクターを利用するという、仕組みとしてはシンプルなものだけど、それだけにソフトの面で色々と気配りというか工夫がされている。


何をたわけたことを、と思って動画を再生したら、このたわけぶりは大いに評価できるよね、的なもの。銃の形をしているけど、引き金を引くと中から札が次々と弾き飛ばされる。射程距離はさほど長くはないようだけど、お金をばらまくという行動をするツールとしては、非常にイケている。まぁ、実生活の上で何か役立つのかというと何の役にも立たないけど(笑)。これで新居の除幕式とかお年玉を配ったりしたら、色々と問題視されるだろうし、ね。


この類の話は論文を掘り出せばあるいは近しいものも出てくるのだろうなあとは思うのだけど、経験則としてとてもよく分かる、的な内容には違いなく、自分自身の覚え書きも兼ねて。

要は人の脳には一定のキャパシティがあり、その多分をツイッター上に流れてくる多数の情報の処理に使われてしまっているので、他の事をするだけのパワーが十分に得られず、処理が中途半端になってしまうというもの。ウェブで色々と作業をしている時に、一つのタスクにメモリやCPUパワーを食われまくっていると、他のアプリの挙動が遅くなったりトラブルを起こしてしまうってのと同じ。あるいは気合を入れて本を読んでいると、空腹や眠気すら吹き飛んでしまったり、宿題を忘れてしまうのと同じこと。


サラリーマンと表記すると男性だけだから就業者と表記しろとか、性別と書くと一般的で無いから男女別と書けとか、ポリティカルコレクトネスの暴走というか、モラルハラスメントの悪用というか、頭を抱えるような話が生じているのだけど。今件もどこまでマジ話なのかネタ話なのか判断が難しいところだけど、一昔前ならともかく現在ではこのような暴走話もありえるのだろうなあ、と。

最近の記事25件

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちこの発想は無かったわカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはお礼です。

次のカテゴリはゲーム(類)です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30