この発想は無かったわの最近のブログ記事

土用の丑の日の代替品、新たな道が

| コメント(0)


今年は昨日で終わった土用の丑の日......ってしまった! うなぎ関連の菓子パンを探すのを忘れてしまった、という個人的な話はさておくとして。うなぎの代替品で楽しもうという話は色々と出ていたのだけど、その中でも大いに注目をしたのがこれ。食感がやや硬めというか切れ味がちょいと悪い気がするけど、それはじっくりと火を通せば食べやすくなるのかな? 味はかなり近い気がするし、何より手軽さとお値段が魅力的。


ぱっと見で「しまった、この発想は無かったわ」と驚嘆させられた、ステキナイスなアイディアの定規。5ミリ・10ミリの間隔の目盛りは通常の定規と変わらないのだけど、1ミリ間隔のところが少しずつ段差ができていてせりあがるような形となっている。

実際に普通の定規を使ったことがある人なら分かるのだけど、ミリ単位の区切りってじっと見ているとゲシュタルト崩壊を起こすというか、間隔が分からなくなって読み難いんだよね。でもこれならちゃんとすぐに読み取ることができる。スゴイな、これ。


これは指摘されてああ、なるほどと実感したし、自分は絵は描かずに演出家の立場でもないけど、例えばレゴで何か住宅の類を作る時とか、あるいは作る側じゃなくて演出されているものを読者や視聴者として見る側に立った時に、このような考え方が頭に入っていると、もやっとしているものがすっきり感を覚えるなという圧倒的感謝感。

「涼宮ハルヒの憂鬱」に出てくる長門の部屋のように、テーブルとテレビしかないってのは極端に過ぎるところがあるけど、確かに本当のお金持ちってのはすっきりした部屋の構成をしているような雰囲気があるし、お金が大変な状態だと片づけができていないしモノがあちこちにぎっしりと詰まっている感はある(と、自分の部屋を見渡して後者であることを実感しながら)。


左側は何らかの固形物。そして右側はお湯でそれを戻した結果。カップラーメンなどカップ系のインスタント食品の具材でよく見かけるものだけど、これって合成か何か、あるいはまったく別物を並べて撮っただけじゃないのかな、とすら思ってしまう。でもそういうことをしそうなアカウントの人ではないし、第一それをする意味が無い。


単独のアイスクリーム屋さんとか、デパートの軽食コーナーでアイスクリームが販売されているような場所ではよく見かける、子供の背丈ぐらいの大きさの巨大アイスクリームの造形。中にはランプがセットしてあって明かりが点くのもあるのだけど、これが日常生活に入り込むと、なんだか異様な感じ。

カーネルサンダースの置物が自室にあったらどうする? 的な感じ。まぁ、確かに明かりは点くので間接照明としての役割は果たすのだけど。常夜灯として使って、毎朝目が覚めるとこれがあるって日常は、それはそれでステキかも。

忍者や神社が活躍しそうな炭酸飲料

| コメント(0)


先日ツイッターのタイムライン上に出現した、思わずお茶ふいたサイダー。コカ・コーラ的なロゴと配色だけど、商品名は甲賀コーラ。忍者の里で知られている甲賀で創られたコーラ......というかサイダーだからこうがコーラ。卑怯。こんなのツッコミせざるをえないじゃないか。

その『IKEA』が食材を上に「置くだけ」で簡単に料理が出来てしまう紙を発表!本当に食材をただ置くだけ。後は紙を丸めてオーブンに入れれば美味しそうな料理が出来上がります。

確か以前イケアは料理の原材料を一覧にした辞典みたいなものを作ったような記憶があるのだけど(別の会社だったかな?)、今件はそれをさらに発展させたもの。いや、コロンブスの卵的なものかな。

仕組みとしては非常にシンプル。カレンダーみたいなものがクッキングペーパー的紙で構成されていて、そこからペーパーを切ってテーブルに置く。ペーパーには色々な材料の置き場所が描いてあって、指示通りに食材を配していく。それが済んだらぐるりと巻いて、そのままオープンで加熱すれば料理ができるというもの。

鍵のセキュリティを上げるシール

| コメント(0)
「SL-5H-5」は、剥がしたことが分かる連番入り鍵専用セキュリティシールです。本製品は鍵に貼って使用する鍵専用のセキュリティシールで、シールを剥がすと「VOID」の文字が残り、残った文字は手でこする程度では落ちないため、剥がされたことが一目で分かります。鍵に刻印または印刷されている番号とメーカー名を隠すことで鍵の複製を防止できます。


また、シールには連番が記載されているため、シールを剥がした後に上から同じシールを貼るという成りすましを防止します。連番でシールを管理できるので、セキュリティレベルが高く偽造がしづらい製品になっています。


ソーシャルメディアへの不用意な投稿で鍵をコピーされる事案が懸念されているけど、それに限らずちょっとした不注意で鍵をコピーされてしまうリスクは存在する。鍵の番号とメーカーさえわかれば、極論として同じ種類の鍵を複製することは不可能じゃない。銀行口座と暗証番号みたいなものだから。

で、それを防ぐために鍵の番号記載の部分にシールを貼って見えないようにしてしまおうという、コロンブスの卵的な発想のシールがこれ。単なるシールならそれこそ文房具店や100均で適当なシールを買ってつければそれでオシマイなんだけど、それでは剥がしてまた取り付けるって事案が生じるかもしれない。そこでお店の値引きシールのような仕組みとして一度剥がしたら剥がし跡が生じるようなタイプにして、しかもシールそのものに連番を振っておくことで、仮に新しいシールを貼り直しても、同じシールではないってことが分かるようになっている。同じ番号の宝くじは複数存在しないってのと同じだな。

mp3、mp4と来たら......次はアレだよね

| コメント(0)


音楽データなどのフォーマットとして知られているmp3やmp4。携帯電話で多用されたことから、いまだにパソコンの中にはこの形式のファイルがごっつりと入っている人も多いはず......というかいまだに主流の形式の一つだな。

で、mp3、mp4があるのならmp5があってもいいじゃないか......という感はあるのだけど、実のところはまだ無い。mp5といったら今ではH&K MP5という短機関銃。対テロ部隊などが使うものとして結構メジャーで、写真や映像でそれっぽいのを見た人は多いはず。

今件シャツのデザインのネタもそこから。mp3、mp4と音楽データのフォーマットが続いてるけど、mp5は短機関銃だよ、的な。分かる人にはピンとくる、一発芸的なデザイン。猫が雷を放出していたり、アニメの有名なせりふが描かれているのと同じ方向性で、個人的には高く評価したい。分からない人には単なるデザインシャツにしか見えないだろうけど。


勤め仕事をしている場合は、自分に課せられた、上司からの依頼事は基本的に断れない。けれどフリーとか、創作業、自由・自営業の場合、自分が受ける仕事は選択の幅が広がる。契約を結んでいる、受注した仕事をこなさねばならないプレッシャーは勤め仕事よりきついけど、そこに至るまでの受ける・受けないを選択することは可能だ。無理な仕事は「無理だな」とどこかのアスキーアートみたいな感じにお断りができる。労働の流動性を活かせるポイント。

この受注する・しないの選択、判断の際の基準は多種多様。忙しかったり私事が立て込んでいたり体調不良だったり。そして何よりコストパフォーマンスが悪かった時。何もしていないよりはこれをした方がお金が入る分だけましかな、という程度のローパフォーマンスの仕事も目の前に提示されることだってある。これで受けるか受けないかは人によりけり。不動産業なら、空き部屋にするよりは安い賃貸料で貸した方がマシかな、という感じ。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちこの発想は無かったわカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはお礼です。

次のカテゴリはゲーム(類)です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年7月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31