リボ払いの危険性

| コメント(0)


当方もここ一、二年の間に随分とクレジットカードを使うようになった。利用できるサービスが増えてきたのも一因だけど、銀行振り込みと比べて手間と手数料がかからないとかスピーディーな取引ができるってのはポイントが高い。銀行振り込みの場合は、銀行口座にアクセスして手数料を支払って振り込みをして、翌日以降に受け取り側が入金を確認した時点でようやく注目が確定して配送手続きに入るのだからね。まぁ、何だか理不尽な感はある。

一方でクレカ利用の際にしつこく言われているリボ払いは厳禁の話。現金支払いじゃないけど厳禁っていうシャレが出てくるぐらいに厳禁(当方は常に1回払い)。リボ払いってのは簡単に説明すると、クレカでどれだけ借りていようが(クレカ払いってのは要するにクレカ会社に先行して支払ってもらって、後でそれを穴埋めする仕組みだからね)毎月の支払額が一定で済むというもの。借入残高が増えると毎月の支払額も段階的にアップしていく残高スライド方式と、いくら借りても毎月支払額が変わらない定額方式ってのがあるけど、後者の方がより一層火だるまになる可能性が高い。

リボ払いが怖いのは、いくらクレカで買い物をする=借り入れをしても、支払額が一定額に留まるので(残高スライド方式だと借入額が増えると底上げされるけど)、自分が総額でいくら借りているのか把握しにくくなること。もちろんクレカ会社からは毎月各種資料が送られてくるけど、それをちゃんと見て把握できる人は、そもそもリボ払いなどは選ばない。「クレカで色々買物したけど、毎月の支払いはこれで済むのか」から「いくらクレカで使っても、毎月の支払いはこれだけで済むんだ」さらには「クレカで買えばいくら買い物をしても毎月の支払いはこれで済むんだ」へと容易にシフトしてしまう。カードの利用上限が、自分のお財布の中身と同じような錯覚に陥ってしまう。これって米国でのカード破産問題でよく言われていた構図とまったく同じ。


人は多分に感情に流される生き物だから、目の前で実際の物事に遭遇すると、その印象を強く受けてしまう。また、それを自分の理解の中で取り込もうとするので(それができなければパニックになる)、より強い印象の部分のみが強調されて記憶されることになる。事故現場の様子をその場にいた人に聞くと、それぞれ違った証言が出てくることがあるけど、それがよい例。

生の声は大切だけど、それが本当に生のままで第三者に伝えられているとの保証はない。人を介した以上、そこにはフィルタリングが成されている。映像や画像ならば......とも思うけど、編集やカメラアングルで、それすら情報は容易に塗り替えられる。

さらにその現場にいた人が、明確な意図を持ち、情報をフィルタにかけていたら。そう考えると、確かに現場の声、現地の声、現地取材、体験による言及や報告は価値が高いけど、それをうのみにするのは、崇拝するのは非常に危険が高い。現地にいた人が何の偏向も無しに語っているとの保証はどこにもない。

しかしながら昨今では特に、現場の声とか現地の人の話はすべて事実で公明正大ですべてうのみにしてよいとの風潮があり、非常に危険だと思っている。容易に判断を違えてしまいかねないし、それを悪用する人たちが(意識的・無意識は別として)多数いるのもまた事実。米大統領選でのあれこれが極めて良い例だ。

創作物を手助けする一つの方法

| コメント(0)


神社の境内にある玉垣とか灯篭とかに刻まれている名前。あれってその神社に寄進した人の名前なんだよね。お祭りの際のぼんぼりにもよく書かれていたりするけど。それと同じようなことを漫画にやってみては、というパトロン方式のお話。

発想としては他の媒体からの流用で目新しくは無いけど、コロンブスの卵的な切り口でなるほど感はある。単行本の巻末にスペシャルサンクスとかサポーターの形でずらりと一覧を描き記すとか...ってああ、これって要は映画と同じだよね。


先日任天堂から発表された、各方面に衝撃を与えまくっているNintendo Labo。用意されているものだけじゃなくて、自前の段ボールでも色々できるってことから、今まで片付けや引っ越しの時以外は邪魔者扱いされていた段ボールが一躍ヒーローになりそうな予感ではあるのだけど、要注意事項。当方も指摘されるまでは気がつかなかった。

段ボール箱は色々な場所で取得できるけど(事前に許可をもらうのは当然の話)、何を入れるのに使っていたのかには要注意。正直なところ、食品系は押しなべてハイリスクなので避けた方がいいかなあ、というのが結論。ドラッグストアとかホームセンターとか雑貨屋系のに限った方がよさげ。

レゴ ミクセル ハイドロ(41565) 取得

| コメント(0)


最近出先とか帰りにトイザらスとかデパートなどに立ち寄り、乳幼児向け商品とかおもちゃ売り場とか医薬品コーナーに目を通す機会が増えた。子供向け、高齢者向け商品の動向をいち早く知ることができるし、客層を目にして何か気配を感じ取れることもあるからだ。昨今ではマスクが増えてきたとか、花粉症対策の話が早くも始まっているとか、ランドセルのセールがいつにも増して凄いなあとか。

で、先日のトイザらスで見つけたのがこれ。レゴのミクセルという擬人ロボットシリーズの一品。シリーズそのものはあまり人気が無かったようで廃版になってしまったのだけど、パーツの品ぞろえが結構よい物が多いので、機会があればちょいちょい手にしている。今回はどうやら在庫処分だったようで、定価の半額ぐらいの価格。とりあえず1つ調達。

中卒・高卒の内定率の話

| コメント(0)


先日【1.0%ポイント前年同期から改善、過去最高水準に...大学生の2017年11月末時点での就職内定率は86.0%に】で挙げた大卒内定率の話。鋭い人はもう分かっていると思うけど、実は昨年度分までは記事内で併せてあげていた中卒・高卒に関するデータが無い。昨年度分は大卒の内定率と同日に中卒・高卒の内定率も発表されていたので、一つの記事にまとめていたのだけど......。

...ということで厚労省に問い合わせをしたのが昨日までの話。返事が来るにしても一週間ぐらいはかかるかなあと思っていたら翌日届いた。早い、早いよスレッガーさん。回答としては元々大卒は文科省と厚労省との合同調査なのだけど、中卒・高卒の分は別々。なので今年度からはリリースとして告知はせずに、直接公知・データ収録ページに納めることにしましたとのこと。確かめてみたらホント、中卒・高卒の分も別途昨年度までと同様に調査報告されている。


世の中には有象無象の人がいるし、情報もつかみきれない量がある。自分が一生涯のうちで会える、付き合える、話ができる人の数は限られているし、使う情報源も限定されてしまう。世の中の神羅万象を掌握できるのは神様だけ。そう考えると、自分にとってメリットが無い、ヤバいというオーラを発している、デメリットがある人に、無理に近づく必要は無い。さくっと距離を置き、見なかったことにするという習慣を身に着ける必要がある。触らぬ神にたたりなし、というやつだ。

無論学校や企業などの組織の中では、それが難しい場合もある。けれどもそれでも、出来る限り距離を取るような行動を心掛けたい。遠慮したり「自分は大人だからそういうことはしない」とか「相手が可哀想かもしれないし」と情けをかけたりすると、自分自身が大きな、要らぬダメージを受けることになる。概してそういう困ったちゃんにおいては、本人は「自分は困ったちゃんである」という認識を全くしていないのである。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31