クソゲーガチャという表現はどうだろうかとは思うけど、同時に言い得て妙には違いないという思いも否定できない。テレビCMやゲーム専門誌の紹介記事などでそれなりに事前情報は得られるし、運がよければ先行して購入した知人の意見を見聞きしたりプレイさせてもらえるかもれないけど、家庭用ゲーム機ソフトの選択は基本的にはガチャというか五里霧中状態からソフトを引き当てる状態に違いない。メーカーや商品が提示しているジャンル、クリエイター名などである程度知ることはできるけれど、自分自身の感想、相性までは分かるはずもない。

ところが今のソシャゲなら、無料プレイである程度感覚、相性はつかむことができる。もちろん有償化の部分でゲームスタイルが分かってくる、面白さが変化する可能性はあるけど、それならばそれはそれで、ムリムリダメだと判断した時点でさようならをすればいい。そういう意味では今のソシャゲは、お試しが自在にできるという観点で、随分と親切なものに違いはない。

まぁ、この「無料部分で自分との相性を確認できる」ってのは、ゲーム機ではなくパソコンのゲームならば昔からサンプルゲームの提供でよく行われているのだけどね(ゲーム機ソフトでも無料体験版の配布とかは昔からCDなどで提供されていたし、最近ではネットで落とせるものも出て来た)。それでもお気軽さ、利用ハードルの低さは、やはりソシャゲの方が上ではある。


発掘した昔のカートリッジスタイルのゲーム機を使って色々と昔のゲームソフトを遊びながら、当然今のゲーム誌に関連する情報はないため、ネットの情報をあちこちから探っているわけなんだけど。断片的なものだったり間違いなどに多々遭遇しながらも、それなりに情報をつかみ取ることができると、色々とそのゲームに対する評価が違ってきたりする。

発売当時はゲームの情報などそのゲームについてきた説明書以外では、せいぜい専門ゲーム誌で知ることができるぐらい。友人知人と情報交換をしたり、ジャンプなどの一般誌でもたまに情報が出ていたりするけど、大したものではない。中には公式の攻略本に掲載されている情報が無いとまともに遊べない、ゲーム付属の説明書からしていい加減・中途半端だったというレベルのものもある(良い例だとコー●ーのロイヤ●ブラッドとか)。

そういう情報の断絶というか孤立感というか独歩状態だからこそ、そのゲームの真意とか面白さとかが伝わりにくく、理解されにくかったというのもあるんじゃないだろうかというのが昨今感じている事。ネットで検索した情報を基にプレイしていると、かつて発売されていた当時に散々な評価だったものが、それなりに面白く遊べる場合が結構あるからだ。何で発売当時はこんなに叩かれていたのだろう、低い評価だったのだろう、と。

無印から糖質10グラム以下のカレー

| コメント(0)
肉や野菜の旨味や食感、ボリューム感を生かすことで、糖質を抑えながら、満足感のある食べ応えに仕上げました。糖質を抑えるため、小麦粉やでんぷん、砂糖を減らし、おからペーストや野菜ペーストを使用しています。 あわせてカロリーも一袋で150kcal以下にしました。

体に悪い負担をかけないレベルでの糖質制限をしてダイエットすることをロカボというそうだけど、そのロカボには低糖質の食材が求められる。そういうニーズに応えるレトルトカレーとして登場したのが、この「糖質10グラム以下のカレー」シリーズ。今回チキンの豆乳クリームカレーとチーズときのこのカレーが加わったとの話。

普段売りしているレトルトカレーも量を調整すれば容易に一食分は10グラム以下に抑えることができるのだろうけど、やはり量は相応のものを食べたいよね、ということなのだろうな。あとは味が問題だけど、こればかりは知ることができない。

18650リチウムイオン電池の充電

| コメント(0)


最近アマゾンでもよく見かけるようになった電池として、18650電池なるものがある。見た目は単三電池とよく似ているけど、一回り大きくて、当然規格は別物の充電式電池。電圧が3.7ボルトと高め(単三電池は1.5ボルト)ということもあり、パワフルな家電に使われることが多い。また、使い続けていくことで生じる電池容量が減る事も無い(いわゆるメモリー効果が無い)。

で、先日お仕事でこの18650リチウムイオン電池を電源として用いている懐中電灯を調達したのだけど、予想をはるかに超えた光量で正直驚いた。その光量での驚きは別として、もう一つ驚いたのは、この懐中電灯にはUSB経由による充電機能がついていること。電源としては18650電池のみなので、実質的に18650電池への充電をUSBで行える充電器の役割も果たしているということになる。

ローソンが外食企業とのコラボを強化

| コメント(0)
株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役 社長:竹増 貞信、以下「ローソン」)は、お客様に専門店の美味しさを身近な店舗で楽しんでいただくため、全国各地の有名外食企業35社とコラボした商品を全国のローソン店舗または各地域限定にて順次発売致します。

先行する記事にある通り、新型コロナウイルスの流行で外食産業は大変な目にあっている。その窮地を救おうという意図があるのか、あるいはこれ幸いに集客のネタにしてしまおうということなのかはともかくとして、ローソンが外食産業とのコラボ商品を強化実施するとの話。

コラボ商品は大抵が監修していたり素材を使っていたりするけど、名前が売れるのだからタダでいいよねということは考えにくく、それなりにペイメントが発生しているはず。購入が間接的にその企業の後押しとなるのなら、色々な意味で素晴らしい話ではある。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で雇用環境が厳しさを増す中、25~34歳の女性の完全失業率(季節調整値)が8月に4.7%に上昇し、年代別・男女別でみて顕著に悪化したことが28日、総務省の労働力調査で分かった。2015年7月以来、約5年ぶりの高水準。不安定な非正規雇用の割合が高く、就業者が多い宿泊業・飲食サービス業がコロナ禍の直撃を受けたためとみられる。

新型コロナウイルスの流行で客が減ったり店舗が閉じたりなどで非正規が解雇され、その少なからずが若年女性だったことから、その層の完全失業率がぐいぐい上がっているという話。共同通信は特に、この類の特定属性での動きのみを伝える報道には注意をしなきゃならない。

で、この値ってすでに10月頭に出ているものなのに、なぜ今頃騒ぎ出したのか謎であるという話はさておくとして。「女性の活躍ガー」というコメントがニュースのところにあったのでツッコミ。女性の完全失業率が高くなった、目立つというのは、非正規が女性に多いため、そして非正規が人員調整の矢面に立ったため。女性だから解雇された、というわけではない。また多くの年齢階層で、完全失業率は男性の方が高い。


毎月の外食業界における営業報告で居酒屋やパブなどはいまだに半減以上の売上減状態にあり、マジで壊滅五分前状態になっている。年末のかきいれどきにどうにかしないとどうにもならないよな、と思っていたのだけど、どうもかなり危うい状態だと認識できたのが、この話。

冬になると感染が再拡大するリスクが高まるということで警戒を強めているし欧米ではまさにその通りの状況と化しているので、冗談話にすらならない。感染リスクが高まる5場面として挙げられている「飲酒を伴う懇親会など」「大人数や長時間におよぶ飲食」「マスクなしでの会話」「狭い空間での共同生活」「居場所の切り替わり」って、モロ忘年会とか新年会のような飲み会がもろ被りだよね。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31