先日の人材不足話とか、以前言及した「最初だから、お付き合いはじめということで、今回は特別ボランティアみたいなものとしてというそれっぽい理由をつけて単価を値切ってアプローチしてくる界隈は、その後条件を引き上げた上で依頼をしてくることは滅多にないし、依頼があっても最初のチープな単価のままで交渉してくる」というのと連なるお話。

結局人材不足の少なからずってのは、人的コストを引き上げるのを嫌がった結果ではある。短期的なお話では無く、中長期的な意味で。これは結局のところ、投資概念が欠けているってことでもある。種は蒔かなきゃ生えてこない。人材も呼び寄せる環境を整備しないとダメ。池に水も張らずに魚がやってこない、水草も生えないとうなっているようなもの。昔なら勝手に雨水がたまって、近所の人が魚を放流してくれたけど、周辺環境が変わってそういう事が生じなくなったら、本来の手立てである「水を入れるか川を誘導する」「魚が住みやすい環境を作る」「魚を調達して放流する」をしなきゃ。

で、そのようなやり取りにはコストがかかる。利益を圧縮したり、売上を伸ばすために商品の価格を上げる必要がある。指摘されているのはこの点「値上げなんて絶許」という元受け顧客がいる可能性もある。例えば人材派遣業者。派遣先でコストの引き上げを渋るとなると、業者側も募集の際の提示賃金を上げることが難しくなる。そんなのぶっちぎればよいのだけどね。


ドラマや漫画だと専門家会議とか研究機関に何故か素人が紛れ込んでいて、その素人の思い付きで事態が一気に打開するという場面が結構あったりする。「思いも寄らなかった方法だ」「その発想は無かったわ」的な。その方が話の流れとしては面白いし、専門家の集団が押しなべて間違った考えの集まりだったり、特定の結論を導き出すための意図的なモノだった場合にはそういうこともありえるだろうけど(今の経済方面では特によくあるパターン)。

たいていにおいてはその類の話は、専門家のサイドではるか以前に通り過ぎた道だったりする。指摘されてる通り、別の分野の専門家による、新たな切り口的な助言や方法論は必要だけれどね。「新しい血が必要だ」という感じ。


例えば経済的軟調さとか物価高といった、ある程度自身で防衛ができるものとかリスクを軽減できるものに関しては、その対応にかかるリソースと、リスクが体現化した時のデメリットに発生確率をかけて期待値を算出し、どちらがより損をしないかを勘定して、対応することができる。賞味期限が数年前に切れた100円の缶ジュースを飲むか否かの判断の際に「100円分のジュースで得られる満足感、勿体なさをクリアした自負」と、「ジュースを飲んで腹を壊し、体調をおかしくしてしまう、さらには服薬や入院が必要になるかもしれない」×「飲用でそれらのリスクが生じる確率」を計算して、飲むか否かを決めればよい。まぁ大抵は「100円程度でリスクを犯してたまるか」で廃棄なんだけど。

一方で今件指摘されたような事案は、自分ではリスク軽減は不可能に近い。年中宙に浮いている特殊な住宅に住むとか、放射線防御装置を完備した住宅に住み、外出時は放射線を防ぐタイプの防染服を着こなすとかぐらいしか方法が考えられない。一番楽で確実なのは、騒いだ地域から別の場所に移動すること。でも騒いだ界隈は一切そのような動きをしていない。なんでだろう。

それを考えると、かの報道やお騒ぎは、単に自己満足やら承認欲求やらガセネタ・妄想での商売のためのモノでしかないことが分かってしまう。まぁ、オオカミ少年みたいなもの。

例として挙げられているのはタブロイド紙の類なのだけど、自称全国報道紙や電波媒体も似たようなことをしているのでたちが悪い。

トレンドマイクロ株式会社は、スマートフォンやタブレットでのウェブサイト閲覧時に突然表示される「ウイルスに感染」警告メッセージについて、その実例を交えて注意を促している。対処法としては、表示しているブラウザーのタブを終了させることを挙げている。


こうした偽の警告表示は11月に入って確認されたもの。特にアダルトサイトなどの閲覧時に遭遇する場合が多いが、国内のいわゆる"まとめサイト"やブログ、Wiki、掲示板のほか、各種メディアサイトや海外ニュースサイトといった正規のサイト閲覧時に遭遇したケースも報告されている


似たような話は以前「OSのバージョンが古いのでマシンが遅い。アップデートが必要です」的な感じで警告すると共に「ここからアップデートファイルを」「スキャンはこちら」的に誘導するタイプの広告があってびっくりするけど、それらは全部ウソだよ、という内容で書いた記憶がある。ウィルスに感染しているよ云々ってのもあったかな。

今件記事は、そのような悪質なお話がいまだに続いているというもの。しかもスマートフォンやタブレット型端末のように、表示画面が狭くて警告ウィンドウで埋め尽くされてしまう......ってこれはアレか、埋め込み指定タイプのタイル広告ではなく、ポップアップで出てくる広告を悪用したのか。

両足で踏まないと鳴り止まないというアラーム機能付きの目覚ましマットに新モデルがサンコーから登場、「二度寝を防ぐ!目覚ましマット"ニドネン"mini(ALMCAR02)」がサンコーレアモノショップ秋葉原総本店で販売中。


従来モデル同様に、両足で約5秒間踏み続けることでアラームを止められる仕組みで、同社によると「片足を乗せたくらいでは止まらないので、しっかりと体重をかける必要がある」そう。ちなみに、同店では「最強の二度寝防止アイテム!!」とうたっています。


寝起きの善し悪しは人それぞれで、目覚まし時計どころか何かイレギュラーな音などでもすぐに起きてしまう人もいるけど、寝起きが悪い人になると目覚まし時計がずっとなりっぱなしで大音響を響かせても起きない人もいる。それどころが時計を止めてまた寝てしまうことも。

そういう目覚めの苦手な人向けの目覚まし時計が今件商品。要はベッドや布団から抜け出て両足で一定時間踏み続けないとアラームが止まらないというもの。発想としては転がってしまって布団から出ないと止められない円筒形目覚ましとか、エアガンを命中させないと止まらない標的目覚ましと似たようなもの。

コンセプトとしては悪くないけど、例えば逆に枕元に引き寄せて、頭を乗せてしまったらどうなるのかな......と思ったら、どうやら踏むエリアが足の感じにならないとだめらしい。頭が二つあればいいのか(違う)。

なおMP3データを用いることでアラーム音を好きなように変更できるとの話。ただしボリュームの変更はできないから、データの上であらかじめ調整しておくのが必要。


先日の【少し前まで加害側でやりたい放題だったのに、被害側になると大騒ぎというのは...】に連なるお話。商工会発表の人材不足による倒産レポートを見ても、実質的には後継者不足によるもので事前準備ができていないケースが多分であるのだし、昨日今日に始まったお話ではない。夏が過ぎて秋が来て冬が迫っているのに、未だに半袖半ズボンで冷房効かせたままで、「寒いからどうにかしてくれ」と騒いでいるようなもの。環境が変わる気配はいくらでもあったのだから、それに応じた対応をすればよいまでの話であり、今からでもその動きを成せばいいのに、自分が半袖半ズボンで冷房を使いたいから「地球を温暖化させて一年中夏にしろ」と騒いでいるような滑稽さではある。

今件も多分に、人材雇用環境が大きく変化して、これまでの条件では雇用が難しくなったから、これまで通りの条件で雇えそうな人材をどこかから持ってこよう、シンプルに表現すれば「これまで通りの低賃金で雇用できる奴隷を確保したい」との思惑でしかない。人材不足は奴隷不足と同じ。タダ働きをサービス残業と言い換えるのと同じぐらいの詭弁。


リリースそのものは11月9日にプレス向けに出されていたようだけど、UAゼンセンの公式サイトでは未掲載、16日に厚労省に提出した時も報道の限りでオシマイかなと思っていたら、当方が寝た後にアップされていたようで、ご指摘があり確認したら掲載されていた。まぁ、速報版ということで結構雑なまとめられ方で、再計算の必要もあるのだろうなあという点もちらほら見受けられたし、この類のアンケートにはあまり慣れていないのかなという雰囲気も否定しないけど。

ともあれ素のデータが取得できたのはありがたい。上記項目はあくまでも過去に一度でもあったかの割合なんで、全体としてどれほど存在するのかという事しかわからない。あと割合は複数回答(項目)の累積合計に対する比率という、あまり意味のない値になっている。回答者総数に対する割合を算出すればいいのに......。

各行為は受け手側の判断次第で解釈が異なるので判断が難しいところもあるけど。いわゆるモンスタークレーマーのイメージに合致するようなお話ばかりではある。SNSなどでの誹謗中傷の数が少ないのは、それができない人がクレームをしているケースが多分なのと、小売業側が掌握しきれていないのだろうな。

最近の記事25件

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30