そもそも「相貌失認」という言葉は知らなかったけど、この症状というか傾向はずいぶんと前から知っていた......というか、当方自身も実はそれ。ドラマや映画で登場人物が増えてくるとだれがだれだか分からなくなって面白みが無かったのをよく覚えている。その顔を持つ人を以前見た事があるって思い出すこともあるけど、それがどのような人だったのかという記憶に紐づけが出来ないとか、ね。で、【相貌失認】を調べてみると結構メジャーな傾向で、その一方で多くは顔以外のパターンと合わせて判断するので自他共に気が付きにくいとの話。

要は顔の認証の仕方の上で、フィルタが雑なのか、窓口が狭いって感じなのだろうなあ。逆に一度覚えてしまうとずっと覚えていたりもするから。人をどのように認識するかの仕組み、構造が多少異なっているのかもしれない。

23日午前11時5分ごろ、東京都千代田区のJR秋葉原駅の駅員から「トイレに不審なものがある」と110番通報があり、駆けつけた警視庁万世橋署の警察官が駅構内の多目的トイレで、リード線と乾電池の付いた基板を発見した。


機動隊の爆発物処理班などを出動させて内部を調べたが、爆発物ではなく、小さなごみ箱のふたを自動的に開閉する装置とみられる。同署は悪質ないたずらとみて、トイレに出入りした人物を詳しく調べる。


先日ツイッターのタイムライン周りを確認していたところ秋葉原で結構な騒ぎがあり、実態としてはいたずらに見えるようなものだったということで実害はなかった、のだけど......。色々と思い返されるものはあるし、想わざるを得ないものもあるので、合わせて覚え書き。


先日もお伝えした、半島情勢の緊迫化に伴うJアラートの発動可能性と、それが生じた時の対応の話。当方は指摘されるまで気が付かなかったのだけど、政府やら自治体やら官公庁の説明内容を揶揄して、社会的批判に当てている界隈がある。「被害がゼロになるようにしないから無能」「そんなやり方しか対処できないのか」などなど。しかも市井の人だけでなく相応の肩書や経験、地位のある人、他人に教鞭を成すような人たちまでもが。ちょっと、というかかなり唖然としてしまった。

「政治的色眼鏡で曲解」との表現があるけど、むしろさらにそこから「何でも政治批判に結び付ける」と解釈した方がよいのかな、という感はある。


公明正大であることが大前提であり社会的使命である報道(プレス)をはじめ、世の中にはさまざまな思惑や主張、主観に惑わされることのない情報が求められる。それらの意図に影響を受けた情報は、第三者が手に取る時に本来ある価値とは別の方向性が生じてしまい、真っ新な事実を受け取れない可能性が出てくる。

他方指摘されている通り、人が介在した情報である以上、どうしても方向性が加味される。未編集の生映像(いわゆるRAWデータ)であっても、その映像の取り手の思惑が絡んでくるから、アングルなどの見せ方で印象が変化する可能性は否定できない。そして真っ新な事実を知りたいのなら、その思惑を考慮した上で受け取り、見定める必要がある。


任意抽出型のアンケートはそれをどのようにして取捨選択したかは語られること無く、それがまるで不特定多数の代表としているかのように伝えれる。以前は個々の間の声が第三者に伝わり、それが結び付けられる機会は無かったのだけど、今ではインターネット、特にソーシャルメディアのおかけで、それが容易に可能になった。無論多分にフェイクリスクを勘案する必要もあるのだけど、当方もこの類の話は実体験をしているので、全部が全部ウソとも言い難い。またフェイクリスクの精査もある程度個人ベースでもできるし。

で、テレビ等で見かける「街の声」が「任意抽出」の問題の代表例。番組構成的には不特定多数の意見の代表であるかのように取り上げられているけど、それが果たして多数意見であるか否かを立証するものは何もない。最近個人個人の情報交換が容易になり、テレビ側が伝えたい内容で無い場合はインタビューの類は無かったことになるってことが確認できるようになった。昔からこのようなケースは多々あったのだろうな、という感はある。恐らくは以前から同じ手法を使い続けていたのだろう。

要は台本があり、その台本に従った、都合の良い「街の声」が採用される。あれはデータでも何でもない。

麻生副総理兼財務相は19日、ニューヨーク市内で講演し、2019年10月に予定される消費税率の10%への引き上げについて、「上げやすい景気状況になりつつあることは確かだ」と語った。

記事が掲載されていたのは木曜日の話で、さらに語られた場所を考慮するとリップサービスの可能性も無きにしも非ずなんだけど、同記事のコメントでFPの人が「消費税引き上げ賛成、資産所有の高齢者からも公平に徴取するのには一番」的なことを解説していたので、違うよ、全然違うよ的なツッコミも合わせ。

消費税は8%という高率になった時点で「薄く広く」の大義名分は無くなっているし、10%に上げる際の軽減税率の導入で「個別課税の面倒くささを無くすため」の利点も無くなるんだよね。加え、多様な異論もあるけど、押しなべて課税の仕組みは結局富裕層の方が負担は軽くなる。なので、消費税は廃止して、物品税などの復活をした方が、税制度の公平感はより充足される。

消費税を廃止して物品税を導入すると、例えば自動車のような対象品目の高額商品が売れなくなるとの話もあるのだけど。逆に消費税が導入され物品税が廃止されて以降、自動車の売上が伸びた、普及台数の上昇率が増加したとの記録はないのだよね。


先日のJアラートやミサイル飛翔に絡んだ警戒で、窓から離れたり身を低くするべしとの話を揶揄したり嘲り笑う話もあるけれど(子供っぽい人だけじゃなくて大の大人とかそれなりの肩書を持つ人までやっているので始末が悪い)。実際には指示されている通り、窓からの退避とか身を屈めるとかいう行動は、ごく当たり前の話。

指摘されている通り、ミサイル飛翔のリスクだけでなく、何らかの落下物でも似たような話はある。さらにいえば落下物だけでなく、爆発でも同様の注意が必要。


そういや新学期が始まって朝方に再び子供の声を聞くようになったなとか、昼間の出回りでも下校中のランドセル装備な子供を見かけるようになったとかいうのを思い出しながら。当方は自動車を運転する機会はほとんど無いけど、自転車は結構あるので、やはりこのようなドキドキ体験をしたことはあったりする。自分が直接接触未遂的な状態に遭遇しただけでなく、飛び出しでヤバい状態になったのが目に留まり、声が出そうになったとか。

で、度胸試し云々だけど直接小学生に聞いたわけでは無く新聞記事などでも確認できないので、いわゆる都市伝説的なものの可能性も否定できない一方、小学生ぐらいの分別が付かない歳なら、そういう遊びもやりかねないなあと完全否定することもできないのが実情。


セルフサーチをしていたところ当方の電子レンジの話の記事が引っかかったのでさかのぼったところ、興味深い内容だったので覚え書きも合わせ。昭和の時代の描写から転じて、その時代に電子レンジが気軽に使える、ありきたりの情景として描写できるぐらいに普及していたか否かという問題。「昔」ってだけで色々な時代の話が混ざって語られていることがあるからね。

ひざガードを調達、使ってみました

| コメント(0)


先日【「草刈りをする時にはひざをつく形で四つん這いになる姿勢でないと体を痛めるよ」】という話。アマゾンに色々と該当商品はあったのだけど、出回り先のそばにホームセンターがあったことを思い出し、帰りに寄ったところベストマッチなものを見つけたので調達。

価格は大体1000円ぐらい。特段変わった構造では無く、ひざの部分がプラ製で、他の部分はポリエチレン......かな? マジックテープで固定する形。


先日LDD(レゴのCADツール)で設計図を作り上げた、オシャレないすとかパイプいすっぽいもの。パーツを整理して探し出したり足りないものは注文して、ようやく試作品が完成。設計図ができている以上、不具合はないはずなのだけど、実物を見ないと分からない部分ってのもあるからね。

で、作ってみた限りでは特に問題もなく、そこそこよくできてる。パイプ椅子の背もたれの部分が吹き抜けにできなかったのは、まぁ仕方がないかな、と。最初はパイプだけで作られているっぽい感じとか、さらには可動式のも考えたのだけど、やはりフィギュアのサイズに合わせるとなると、それは不可能っぽい。


タイトルが長くなった上にそれだけでほぼ内容が完結してしまっているのだけど、先日某掲示板で話題に登った話を確認するために、トイザらスに足を運んで「やっぱりあったー」とはしゃいだ件。例のアレを買ってゲットしようかなと思ったけど、購入優先順位が低いものをわざわざ買う必要もないかなと思いとどまり、お財布のひもを締めた次第。

ポリーバッグってのは以前【トイザらスの体験会でもらえるレゴのクラシックカーが欲しいな】でも紹介したような、非売品・販促アイテムのレゴのミニセット。特段変わったパーツが使われているわけではないのだけど、少ないパーツでなかなかイケてるセンスなので、ちょっと心がゆらいでしまう。まぁ、説明書は公開されているのでパーツを取り寄せて自作するという手もあるのだけど。

最近の記事25件

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30