「ツイッターで話題」の功罪

| コメント(0)


テレビのワイドショーなどネタやら時間つぶしの存在でしかないから別になんだってかまわないじゃないかと言われればそれまでなんだけど、公共の電波を用いて繰り返し人の意識に働きかける構造は、たとえそれが明確にネタとかフェイクであると宣言されておいてですら、事実であると、本当の話であるとの誤解を人に刷り込ませるだけの力はある。洗脳とかテレビ学習とかが良い例で、構造としてはそれと同じだからね。

そのような構造を持つテレビ番組で、ツイッターでのネタ話、炎上ネタを拾ってきて話題にして、さらに炎上させるってのは、確かに構造としてはおかしい。犬の話はともかく。

新聞のネタを解説するような番組が定番化してるけど、要はそれと同じ感覚なのだろう。情報源の一つでしかないといえばそれまでだし。ただ、構造そのものが大きく異なるメディアのネタをそのまま持ってきて流布するってのは、その構造による差異を無視したもので、大きな問題をはらんでいる。

そもそも別メディアの話をわざわざ転送して再度着火させる意味はどれほどあるのか。その炎上ネタの信ぴょう性への裏取りはどれほど行っているのか。

新聞と軽減税率と定期購読と

| コメント(0)


日経新聞が直近半年期で思いっきり部数を下げていて、これは押し紙を内部的に減らしているのではというわけでは無く、先の値上げが原因なんだろうなあ、とグラフを見返しながら思ったこと。因果関係を立証することは不可能なんだけど(新聞購読を止めた方に聞きました。なぜ止めたのですかなんていうアンケートを取るわけにもいかないし)、相関関係についてはダイナミック当てはまる次第。他の新聞社の時系列的な価格動向を取得できれば、面白い話が展開できそうなんだけど。

で、昨今の軽減税率に関して、何で突拍子もない形で新聞が対象になったのか。某党が半ば公約的に云々って話は別として、新聞社がそれを求めているのは、多分に新聞の値上げと大きな繋がりがあるからだろうなあ、という推論。適用されたら値上げも止む無しという状況に追い込まれるだろうし、そうなったら単価の増加による総売上のアップ期待以上に、部数が減ってしまう。部数が減れば集客効果も減るから広告の単価も下がるので、新聞の直接的な売上だけでなく広告費まで減ってしまう。そして影響力も当然落ちる。


タイトルの話は消費税率の引上げ、さらには消費税の存在そのものに関する論議の際に必ずといってよいほど上がってくるし、経済関連の専門家や著名人がドヤ顔して主張するので、頭を抱えているものではある。複数の調査結果や統計結果で、それを裏付けるものってのは出てこず、というよりむしろ否定される結果ばかりが見受けられるのだけどね。

どこの世界に自分の生活が苦しくなって安心する人がいるのか。マゾかいな。

そして指摘もしてるけど、実際に税率の引き上げで生活が苦しくなるわけだから、安心感は実体化しない。これはもっと引き上げる必要があるとの話に誘導すれば、いくらでも税率を引き上げられる。そう、悪質な新興宗教の勧誘と同じ。お布施しろ、それでも不幸になるのならお布施が足りぬだけだからもっとお布施しろ。それと同じ。

結局のところは全部税金として徴収して再分配という、完全な社会主義国家を形成するしかなくなるという話。馬鹿げてる。


この類のネタ話をリアルで耳にしたことは一度二度ぐらいしかないのだけど、ギャグ的な話としてはよく使われる言い回し。コーヒー作るのに今から豆を調達してくるとか、コロッケを作るのに種イモ植えてくるとか、牛丼作るのにアメリカまで調達してくるとかいう感じ。

もちろん深い意味は無く、単に時間がかかっているのを皮肉ったネタ。内容的に「んなわけあるかい」というツッコミが容易に入る位に本心で語っているわけではないってのが分かるけど、そのツッコミが入るからこそ笑いが出てしまう。いやむしろ、真面目にそれを考えたら、精神が疑われてしまう。

↑ 税務署への案内看板
↑ 税務署への案内看板


今日は時間を確保して確定申告の手続きに税務署へ。練馬東税務署は耐震工事のために今年の6月まで仮事務所での営業で、今年も結局そちらでの申告。最寄駅からは随分と歩くので、自転車の方が早いってことで自転車で。

手続そのものは滞りなく終了。いつもの如く窓口で要領を得ない高齢者の方の押し問答がいくつか確認できたけど、耳を傾けた限りではその係の人に聞いたって分からないでしょうとか、同じような相談をしたい人がたくさんいるのだから待ち時間が長くても仕方ないでしょうとかいうレベルのツッコミが獅子舞状態。公的機関だから何をしてもいいってわけじゃないのだけどね。

逃げ場所はあらかじめ作っておく

| コメント(0)


しんどい時ってのは色々な表現で言い換えられる状況。例えば追い詰められた時、何となく疲れた時、やる気が出なくなった時、絶望感を覚えた時、もやもやとした不安感があった時、モチベーションが落ちて何も手に付けられなくなった時、鬱を覚えた時。ともあれ、日々の生活に何かストッパーがかかった時、という感じかな。

で、そのような時に無理やりいつも通りのことをしようとすると、ますます自分を追い詰めてしまうことになってしまいかねない。多分にそのような状況は、自分の中のエンジンが摩耗していたりエンジンオイルが切れていたりする。

そんな時にはブレーキをかけて一休み。気分転換をするしかない。その場に立ち止まっても環境を変えることはできないので、別の環境に足を運んでみるのが一番......ではあるのだけど。

前のめりでいつも突き進んでいる人は、そういう状況を考えたことがあまり無いので、当然そのような逃げ場所的環境など持っていない。すると「社長、いいところありまっせ」的に、怪しげな声をかけてくるひどい人がいる。そして食い物にされてしまう。今件ではそういう事例は多々あるので、あらかじめ自分の退避場所を作っておきましょうというお話で、まったく同意しかない。鉄道なら待避線みたいなもの。


先週の土日も相変わらずサルベージ。ただ一日丸ごと使えるわけでは無いので、作業は遅々として進まず。まぁ、確実に前進している、物理的な分量は減っているのは事実ではあるのだけど。

で、今回見つかったのはゲームラボ。一部は捨ててしまったはずだけど、古い方が残っていた。号の並びを見るに、昔は隔月刊だったなという。また、そのゲームラボの増刊的ポジションとしてB-GEEKSなるものもあった。内容はもっと過激。色々な意味で噂の真相的なレベルのもので、とてもじゃないけど今じゃ商業誌でこれは出せないだろうというもの。まぁ、当時のこの方面の実情を知る資料にはなるけどね。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28