元々教育施設への「適切な教育環境の整備」という基本的な観点をないがしろにして、古臭い経験則とか面倒くさいからだとかやれとは言われていないからという、俗にいう「大人の事情」で吹き飛ばし、普通の判断が出来ない人たちによる問題環境が、今夏の酷暑で問題が顕著化したという図式なのが、昨今の熱中症やら教育施設へのエアコン問題。どなたかが指摘していたけど、光化学スモッグとか放射線関連で大騒ぎする界隈が、熱中症ではシバキ根性でおダンマリってのも理不尽なお話ではある。

で、教育施設へのエアコン導入云々ってのは、熱中症を避けるためという以前の問題で、適切な教育環境を構築するためには欠かせない整備問題の一つであるわけなんだけど、その裏付けがいくつかあるので、それを覚え書き。熱中症の搬送者数は校内よりも校外での方が多いから、校内に気を配る必要は無いとか、詭弁でしかないのだけどねえ。

二つ目の資料の方では、エアコンに関して生徒と教師陣との間には認識の違いがあるって指摘もされている。生徒は素直に喜んで実績も上がっているけど、教師は何だかしぶしぶというか生徒との間の認識の乖離が見て取れる。これは後ほど熟読する必要があるのだろうなあ、と。

日本で何でも略して表現する理由

| コメント(0)


実のところ省略する文言を使うのは日本に限った話では無いので、これは多分にネタとしての話ではあるのだろうけど。略する理由を聞かれて俳句(や短歌)に納めるために短くするってのはシャレが利いている。それが事実か否かは別として、相手も大いに納得するだろう。挨拶をあまりしてこないのは、日本人の多くは実はニンジャなので、素性を明らかにしたくないからだとか説明しても大丈夫そうだぞ(それは違う)。


当方の行動領域にもあるのかもしれないけど、あまりにもシャレオツな場所なのと、そもそも当方はコーヒーを飲まなくなったので足を運ぶ機会が無くなった喫茶店、タリーズ。そのタリーズでイメージとは随分とかけ離れた、けれどある意味最強にオシャレな手ぬぐいがあるとのこと。

タリーズと鳥獣戯画との関連性を見出す事は出来ないのだけど、イラストをよく見ると鳥獣戯画のタッチでタリーズを堪能している動物たちが描かれている。今風の情景を鳥獣戯画で描くってのは結構トレンドではあるけど、やはりいいよね、これ。


先日バンダイから発表された子供の食生活に関する調査結果。保護者同伴で子供に答えさせているので、保護者が嫌う回答を子供が避けるリスクは否定できないけど、まぁ確証度は高めということで。

環境の事情にもよるのだろうけど、朝飯は特に子供一人によるひとり飯、という状況が多いのだなあという実感。「その他」ってのは朝飯そのものを食べていないのも多分に含まれているのだろうか。

まんが4コマぱれっと 2018年9月号読了

| コメント(0)
↑ まんが4コマぱれっと 2018年9月号
↑ まんが4コマぱれっと 2018年9月号


定期購読刊の4コマ誌のうちの1つ。一迅社発行。表紙は「すのはら荘の管理人さん」。アニメ放送中ということで大プッシュ。今回はなんかちょっとタッチが違ってて気合の入り方もけた違い、的な。でも付録は要らぬ。

乾電池の液もれ、結構あるよね

| コメント(0)


電気製品の長期放置などで遭遇することが多い、電池の液もれ。ぱっと見ではカビが生えたとかさび付いたのかなというような錯覚を覚えるのだけど、実は液もれでずいぶんとヤバい状態だったりする。健康リスクの観点でまずいのはもちろん、使っている電気製品そのものが壊れたり、さらには発熱とか破裂などのトラブルが生じる可能性も。

エアコンの設置と酷暑の原因と

| コメント(0)


先日の某大手デパートに続き、某大手家電量販店でのエアコン設置の工期事情。やはり中型のエアコンを中心に飛ぶように売れていて「品切れ」のシールがもりもり貼ってあったのを横目に見ながら工期確認をしたところ、7月20日時点で最短日が7月末日。まぁ、最短日なので実際にはもう数日後ろにずれ込むかなあという気もする。先日の15日間と大体同じ。やはりこの類は利用時期に差し掛かる前に、あらかじめ用意しておくのが肝要だよね、と。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31