今件当方も何度か経験しているし、原因が分からないと指摘されている通り無茶苦茶重たくなるバグが生じたのかと誤認識してしまう。で、よく調べてみるとインターネットの利用率とかも高くなっているので、項目を見てみたらウィンドウズのアップデートが進行中だったというまでの話。当方の場合はそれとは別に、セキュリティソフトの大型アップデートが進行していたっていうオチもあった。

インフルエンザによる死亡者数

| コメント(0)


新型コロナウイルスによる新型肺炎で色々と騒がれている中で、インフルエンザの怖さ云々という話があったので、統計的な実情を確認しておこうということで、ふと人口動態統計のデータを引っ張り出してきてグラフ化。直近の確定数は2018年だけど、その1年だけで3325人が亡くなっている。罹患ではなく死亡。

グラフを見れば分かる通り、高齢者の数が異様に多い。65歳以上で9割以上を占めている。老化などで体力、抵抗力が低下している高リスク者への危険度が高いということが改めて分かる次第。


先日発売されたジャンプスクエア3月号で掲載されていた、デスノートの最新作。以前ネームの全ページが公開されていたことで話題になったけど、今回の発売で再び注目を集めたわけで。

ネタバレをするとアレなのでぼかすけれど(ネームが全部ネット上で公式公開されていて、ネタバレも何もあったものではないけど)、主人公たちが確保した、米国からのお金って税金的にはどのような扱いになるのかな、とふと思ったりする。作品では振り込まれたお金が使われて好景気になったということぐらいしか書いてないけど。

今年創業215年目を迎える老舗くず餅屋「船橋屋」は、2月22日(土)の"猫の日"にちなんだシーズナル商品「ねこカップくず餅」を、2月16日(日)〜3月3日(火)の期間、「船橋屋」エキュート立川店にて発売する。

残念ながらごくごく一部の店舗での発売で一般流通はされないのだろうけど、アイディアそのものは非常に優れていて技術的にもさほど難しくないように見えるので、恐らくは似たような商品が出てくるだろうな、というにゃんこなくず餅。

元記事を見ればすぐに分かるけど、くず餅が猫の形をするように切られている。ただそれだけなんだけど、非常に愛らしくて食べるのがもったいない。型抜きで切り取ればこんな感じのは自前でも作れるのかな。フルーツポンチとかで寒天が猫型だったりしたら、ちょっとどころではないぐらい嬉しくなるかも。こういう発想の商品は素直に高く評価したいところではある。

手持ちわらび餅という発想

| コメント(0)
「わらびもち」は「もっちりぷるん」とした食感が楽しい人気の定番和菓子です。しかし市販のわらびもちは内容量が多く、チルドの場合は日持ちがしません。そこでわらびもちを食べたいときに手軽に楽しんでいただけるよう、食べきりサイズ・商品の中央部を押すだけで開封できる本商品を企画しました。


賞味期間は1年間(常温で保管可能)
● 食べたい分だけ食べられる個包装7本入り
※「ギュッと押すだけパッケージ(特許)」を使用、下記に詳細有)


正直なところ似たようなスタイルの羊羹はすでに市販化されているので、コロンブスの卵的にこの発想に気が付けば実用化まではさほど苦労は要らなかったのかもしれないけど、それでもわらび餅をこのスタイルにしたってのは個人的に高く評価したいと思う。しかも賞味期限が1年となると、非常食としても使うことができるわけで、これはポイントが高い。

他方、説明にある通り「内容量が多く、チルドの場合は日持ちがしません」というのが弱点だったことに違いは無く、この弱点を持つ和菓子って結構多いよな、とも思うわけで。見方を変えればこの部分を上手くこなすことで、今件のように飛躍できそうな商品となる可能性は多分にある。まぁ、生ものの類は難しいだろうけど。

報道の意義と現場主義の本質と

| コメント(0)


例の隔離状態にあるクルーズ船の件。テレビや新聞などでは必死に悲観的地獄絵図のような状態で、それこそバイオハザードのラクーンシティみたいな状況すら想像できる伝え方だったんだけど、一方で中の人というか実際にいる人達がネットを使ってもりもり実情を伝えているのを見るに、なんか世界線が食い違っているよね、という感を覚えさせる。

無論、色々な「考え」を持つ方もいて、必死にヤバいよヤバいよと芸人さんのような語りを続けているケースもあって、そういうのは報道がめちゃくちゃスポットライトを当てているけど、時系列的にずらりと並べると違和感を覚えたりとか、発信者の実情を探られて納得させられてしまうとか。

当然、ゼロかイチでしかないってことはないので、まったく整然としているとも、混乱の極みにあるともいえないのだけど、報道が伝えている内容と実情との間で、これまで大きな差が生じているのがリアルタイムで把握できるのも珍しい機会だな、というのが正直な感想。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29