LEGO等の最近のブログ記事


よく見かけるスズキ・エブリィをベースにしたクロネコヤマトの宅急便用の軽自動車が結構お気に入りになり、レゴで再現しようとしたら特定の部品が国内では調達困難であることが分かり、それは留保するにしても同じ型を使って他の車両を作れないかと四苦八苦した結果が、この軽救急車。

「軽救急車」ってあまり聞きなれない車両ではあるけど、実のところ救急車ってのは色々な要件を満たす必要があり、そのためには大きなサイズでなくちゃいけない。でも地域の実情に合わせて、状況次第ではその規則にマッチしないものでもいいよということになり、軽自動車をベースにした救急車も作られるようになった......という話を【注目の消防車両 CLOSE-UP! 軽救急車】などで確認し、それを参考にした次第。実のところ、軽自動車で救急車は作れないか、実在しないのかと調べたら軽救急車の存在を知ったってところなんだけど。

ともあれ、エブリィだかハイジェットだかバモスだか、その辺りの軽バンをベースにした軽救急車が完成した。総パーツ数は129。フィギュアと並べてみた限りでは、大体同スケール。幅が少々短いけどね(単純計算だと4.6~4.8幅なんだけど、今作は4幅)。

レゴの新作と発売前レビューと

| コメント(0)


こちらでも何度か紹介した、レゴのニンジャゴーシリーズの新作の一つ、【レゴ(LEGO)ニンジャゴー ニンジャゴーシティの街角 70607】。魅力的な商品の一つなだけに、要チェックということで海外の記事も色々と見て回っているのだけど、気になる記事があった。

日本での発売前に海外では発売を開始して、その購入レビューが掲載されるってのはよくある話なのだけど、タイミング的にはちょいと早すぎるかなという感じ。とはいえ、会社自らの記事ではないし......と記事の最後まで目を通して、気になる記述があった。

曰く、「レゴの営業さん、サンプル送ってくれてありがとう。(でも)このレビューは会社に指示されたものではなく、自分の意見のものです。またサンプルをもらったからといって太鼓持ちはしてません」とのこと。利害関係者か否か、それらしい関係がある場合にはその明記をするってのが海外では当たり前になっているのだけど、その旨がしっかりと書かれていた。

ああ、つまりこれは、有名どころのサイトに発売前の完成品をサンプルとして提供して、レビューを書いてねってことなのね。ただ、ヨイショ記事を書け云々とすると色々と問題になるので、サンプルを贈るけどどのような書き方をしてもノープロよ、的な感じなんだろう。


東京駅のレゴストアに足を運んで、せっかくだからとお台場のディスカバリーセンターの6階のレゴショップに新設されたという「ピックアブリック」(ブロックのばら売り)も確認。種類は16×7-4(真ん中の部分)で、東京都内の「ピックアブリック」では一番の多種類かも。ただしラインアップは結構微妙で、好き嫌いが分かれるなあという感じ。当方はビビビとくるものは無かった。ちなみに3階のと同じく量り売りで1グラム10円。


25日にオープンだったのでその日に顔を出そうかと思ったら居住地で点検作業があって拘束されてしまい、泣く泣くもう一日時間をとって足を運んだ、東京駅のキャラクターストリート内に新設された、レゴストア。改札から出てさほど歩かずに行ける場所なので、今後東京駅周辺で用事がある時には立ち寄ることもできるなあ、というステキナイスな場。

好きな色や形のパーツを選んで量り売りで購入することができる、ピック・ア・ブリック「Pick A Brick」が、デックス東京ビーチアイランドモール6F レゴランド・ディスカバリー・センター東京ショップ内にもOPENしました。


※パーツは1g10円~の販売となります。
この機会にぜひご来場くださいませ。

Pick A Brickショップ(デックス東京ビーチ6F)
レゴランド・ディスカバリー・センターショップ
営業時間: 平日11:00~20:00/土日祝11:00~21:00

Pick A Brickショップ(デックス東京ビーチ3F)
営業時間: 平日11:00~18:00/土日祝10:00~19:00


ピックアブリックってのは説明の通り、好きなパーツを量り売りとか専用の容器売りでより取り見取りで購入できるシステム。セットをばらして好きなものを集めるとかしないので便利なんだけど、本来は米国などの公式サイトにある、オンライン上のピックアブリックのリアル体験版みたいな感じなので、全部のパーツが取得できるわけじゃない。オンライン版の一部が置かれているってところ。

で、そのピックアブリックは東京周りだと、六本木のレゴストア、7月25日オープンの東京駅のレゴストア、そして東京のレゴランド・ディスカバリー・センターのレゴランドの隣のお店の3か所だったんだけど、今回告知されている通り、レゴランドの入っているビルの上にある、大きなレゴストアにも配されるようになった。


トイザらスオンラインがアニバーサリーセールをしているってことで、実店舗でもそれに連動して何かやってないかなと足を運んだところ、見かけたのがこのキャンペーン。レゴのフレンズシリーズで3200円以上一度に購入すると、景品などとして使われるポリーバック入りのレゴセット「ウサギとネズミのミニゲーム」がもらえるという。ああ、これは以前から欲しかったんだよな、ゲームそのものというよりは、コマとして使われるウサギやネズミの小さなフィギュアが。

でもこれのためだけに3200円以上を使うってのはちょいと気が引ける。商品ラインアップを見ると、どうもいつもより値引き率が低い感はあるし......。まぁ、例の手に入らなかったパーツが使われているとかいうのなら話は別だけど、血の涙を流すほどの欲しさではないので、パス。


以前も何度か紹介した、レゴの公式サイトにおけるパーツ単位での通販サービス。レゴランドはオープンしたけど、いまだにこちらは日本未対応。ツッコミ入れても返事すら来なくなっちゃって、やる気がないのか法的な問題があるのか、色々と考えてしまう。

コメントした通り、MOC(My Own Creation。自作のレゴ作品)を創る時に、パーツを私企業のパーツショップで購入するとなると、在庫切れのリスクが多々あるのだよね。せっかく設計図を作っても、パーツが手に入らずに断念ってケースが結構あったりする。なんか理不尽。


先日海外のレゴサイトで見かけた、とびきりナイスなお話。シティシリーズとフレンズシリーズ向けの、小物アイテムを集めた公式のセットが発売予定に挙がったとのこと。箱の形が台形とちょいとばかり変形タイプだけど、黄色いパッケージでは無いので公式店のみでの限定販売品ではないようだ。

元記事で確認すると、シンガポールのレゴ専門店のFacebookに挙がった情報とのことで、そちらも見てみたけど、公式レベルでの確証はなし。ただ、フェイクで創るにしても手が込み入りすぎているし、作って何の意味があるのかと考えると、確証度は高いような。


先日通販で購入した品物を確認したところ、色々同梱されていたチラシの中で目に留まったのがこれ、レゴライフの紹介チラシ。使っているビジュアルはレゴのアイテムで、会話も文字では行えず、絵文字やスタンプに限定するというもの。残念ながらiOSとアンドロイドOSのみ対応で、パソコンでは利用できない。色々と興味関心はそそられるのだけど。


「迷う理由が値段なら買え。買う理由が値段ならやめろ」という言い回しを改めて考えさせられることになった、アマゾンのプライムデー。今回当方はプライム会員のお試し期間を使ってはじめて参加した。例のポメラニアンとかも良い思い出になったけど、色々と分かったこともあった。

レゴ系に限った話だけど、人気のある商品はすぐに限定数が降り切れてキャンセル待ちになるのに対し、そうでないものはなかなか買われない。見方を変えると、その商品の客観的な人気ぶりが把握できてしまう。値引き率も多分に影響するけど、レゴ系に限れば、過去の履歴で一番の安値からさらにちょっと値引きが原則。その商品が元々全然売れていなかった場合などの特異な事例に限り、さらなる値引きがされることもあるのだけど。

最近の記事20件

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちLEGO等カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはJust For Laughs Gagsです。

次のカテゴリはnoindexです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年7月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31