LEGO等の最近のブログ記事

レゴ ガリガリドリルカー(60186)完成

| コメント(0)


先日アマゾンのほしい物リストで贈呈を受けたレゴのガリガリドリルカー(60186)がようやく完成。平日は時間が採れなくて土日にちまちまと作っていたのだけど、写真撮影とかも併せると結構時間がかかってしまうのだな、これが。

レゴ ミクセル ハイドロ(41565) 取得

| コメント(0)


最近出先とか帰りにトイザらスとかデパートなどに立ち寄り、乳幼児向け商品とかおもちゃ売り場とか医薬品コーナーに目を通す機会が増えた。子供向け、高齢者向け商品の動向をいち早く知ることができるし、客層を目にして何か気配を感じ取れることもあるからだ。昨今ではマスクが増えてきたとか、花粉症対策の話が早くも始まっているとか、ランドセルのセールがいつにも増して凄いなあとか。

で、先日のトイザらスで見つけたのがこれ。レゴのミクセルという擬人ロボットシリーズの一品。シリーズそのものはあまり人気が無かったようで廃版になってしまったのだけど、パーツの品ぞろえが結構よい物が多いので、機会があればちょいちょい手にしている。今回はどうやら在庫処分だったようで、定価の半額ぐらいの価格。とりあえず1つ調達。


先日の【LEGO Digital Designerがアップデートしたという話】でお伝えした、レゴの公式CADソフトLDD(LEGO Digital Designer)の話の続報。最新版の4.3.11.が出たということでダウンロードはしたけど、その後公式サイトのページからたどってリンク先を見てみたら、バージョンが4.3.10.だったんだよね。今まで使っていたのが4.3.9.だったのでどっちにしても古いものだったからいいんだけど、なんで公式サイトのダウンロードページでは最新の4.3.11.のリンクが張っていないのだろう......と不思議に思い、とりあえずは4.3.10.の方をインストール。

海外のフォーラムでの指摘を受けて確認したら、4.3.11.も正規のサーバー内でアップロードされているので個人が勝手に改造したものでは無い。でもどうやら4.3.11.がアップロードされた後に差し戻しがあり、4.3.10.に戻されたらしい。で、4.3.11.はまだ消されていないので、直接リンクを張ってダウンロードしようよ、的な話となっている。

そこで公式のアカウントに「公式ダウンロードページからたどると4.3.10.が最新だけど、直接リンクをたどるとさらに新しい4.3.11.が手に入る。正しい最新版はどちらですか」との質問を投げてみた。


一時期アマゾンでもりもり価格が下がって「カタログ落ちでは無いのに何があったのかな、価格は確かにお買い得なんだけど汎用パーツが少ないしパス」としていた、ドキドキウォーターパーク。在庫がはけてまた再入荷した際に価格はそれなりに戻ってしまったけど、ちょいと違和感。よく見たら「この商品はプライム会員専用です」になっていた。少なくとも当方は、レゴのアマゾン販売において、プライム会員専用ってのは初めて見た。アマゾンのみでの販売で、店頭売りなどが無いってのは直近のネックスナイツなどであったけどね。

他にプライム会員専用ってのとなると、例えばネイチャーメイドなどのタブレットで一部がその適用を受けていた。けれど、レゴで専用のが出てくるとは......何が対象判断基準なのだろう。無茶苦茶値を下げたもの? 在庫の上で不安があるもの? それをあえて専用にして、希少価値をつけるようにしたとか?

レゴのミニフィグの頭部の整理方法

| コメント(0)


先日からちらほらと既存のレゴのうち分解してパーツに戻したものの整理をしているのだけど、どうやって区分分けをしようかとか、分かりやすい収納の仕方はなどと、試行錯誤を続けている。分からないものは全部まとめて一か所に放り投げてもいいんだけど、それだと後でパーツを選択する際に時間がかかりすぎるし、必要なパーツの有る無しを精査するのが面倒すぎる。

で、その模索の中で懸案事項の一つだったのが、ミニフィグ(レゴのフィギュア)の頭部をどうやって整理づけようかというもの。実に多種多様な表情のものがあり、色合いも複数存在している。色別に分けてオシマイでは雑過ぎるし、こんな表情のが欲しいなという時に探すのが面倒くさすぎる。できれば一覧の形で可視化する方法は無いものか、板の上に積み重ねてもいいのだけど、高さがありすぎるとバランスが崩れるし、下の物を取り出しにくい。ひな壇みたいに階段風の台を作ってもいいけど、それはちょっと大げさすぎる気もする。それに、後ろと前の双方に顔がある頭部が分からなくなる。


レゴのデザインをパソコン上で行える、いわばレゴCADソフト「LEGO Digital Designer(LDD)」。当方は今じゃこれが無いとオリジナルの作品のデザインができないほどになってしまったのだけど、レゴそのものでは色々と新しいパーツが登場しているにも関わらず、その反映がしばらくされておらず、結構頭が痛い状態が続いていた。

で、話をたどって確認したら、つい先日にアップデートが成されたという。最新バージョンは4.3.11で、過去1年分におけるパーツデータ400個以上追加されたのとこと。「もうバージョンアップされないよ」という告知もあったそうだけど(2016年1月の話)、結果として「あれはウソだ」だったということになる。でも嬉しい嘘だから許す。


先日アマゾンのほしいものリスト経由で賜った、レゴの スーパーヒーローガールズ バンブルビーのヘリコプター(41234)が完成したのでご報告。DCスーパーヒーロー・ガールズを題材にした作品の一つではあるのだけど...正直原作をほとんど知らなかったりする。米国ではそれこそドラえもんとか仮面ライダーシリーズぐらいの知名度があるのだろうけど、日本では今一つ二つな状態だから仕方が無い。「ああ、スーパーマンなどのDCコミックスの一作品ね」ぐらいの認識だったり。

他方レゴではありがちな、版権ものということで版権料分が上乗せされているらしく、価格は通常のレゴと比べるとコスパが今一つ二つ。原作に合わせるために色々と工夫したパーツ構成なので、その点ではポイントが高いのだけど......。

で、スーパーヒーローガールズは女性が活躍するという事で、女性向けのカテゴリのフレンズスタイルでの展開。これが日本では幸いしたのか災いしたのか、価格の上下感を見る限り、需要が結構ナニでアレ。結果として実売価格が落ちてしまっているので、それはありがたいのだけど。

それはともかく。今件のバンブルビーのヘリコプターはミニヘリコプターと、それに搭載しているクリスタルを奪おうとするクリプトマイトとのバトルを描いた作品。って設定あまり知らないからその辺はよく分からない(笑)。ただ、サイドバイサイドローター式のヘリはユニークで素晴らしい。ただ、原作のバンブルビー(Bumblebee)を検索しても、こんな感じのヘリに乗っていたという記録は無いのだよね。Bell 407/Bell 407GXあたりのヘリで黒と黄色に着色したものが、その色合いからBumblebeeと呼ばれているってのはあったけど。

最近の記事25件

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちLEGO等カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはJust For Laughs Gagsです。

次のカテゴリはnoindexです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31