面白画像の最近のブログ記事


そういや夏のコミケの締め切りに向けて、色々と作家の絶叫や「まだ慌てるような云々」という話が出てきた昨今。ベストタイミング的にこんなイラストがいらすとやさんに挙がってきた。これは別にコミケに限ったシーンでは無いのだけど、やはりこの時期だとやっぱり締切に慌てるコミケ作者だよねえ、的な。

送迎用ピカチュウバスに遭遇

| コメント(0)


携帯端末内の画像データを抽出整理していた時に出てきた写真。出張先で偶然遭遇した、ピカチュウの形をした送迎バス。トトロバスでは無く、ピカチュウバスなら実在したんだという驚きとか、これ何かのネタというかドッキリものじゃないよねとか、個人がマネして作ったとしてもよくできてるなという奇妙な感想とか。よく見るとピカチュウの本体以外に、屋根の部分にも色々なポケモンが乗っかっている。

残念ながらクラクションがピカーとかピッカピカチューとかいう音では無かったけれど(笑)。

「世界マナー美術館」の新作確認

| コメント(0)


普段は使っていない都市交通の地下鉄線だけど、先日は通院のために利用し、その際に目に留まったマナー啓蒙ポスター。以前も紹介したけど、世界の名作をパロってマナーを伝えようという粋な企画。考える方も大変だろうなあ、これ。

医療のチラシにもイラストやさんが

| コメント(0)


先日内視鏡検査をした時の受付に貼ってあったチラシ。練馬区の医療関連のイベント一覧が書かれている。なんか見たことがあるようなタッチだなと思ったら、これはまさにイラストやさん。院内では写真撮影はアウトなのでどうしようかなと思っていたら、チラシそのものが持ち帰り自由状態でスタンドに置いてあったので一枚ゲット。

この類の公共機関のイメージカットってのは多種多様なタッチのものがあったり、配信元の人が自分で描いたり、どこかで見たような写真が使ってあったりするのだけど、いらすとやさんのが使われているってのが増えてきた。当方のようにいらすとやさんだと分かる人も少なからずいるだろうけど、「なんだか知らないけど見たことがあるような。でもこれだけあちこちに使われているのだから、何か汎用的なものなんだろうな」という認識で受け止めてしまうのだろう。

ダ鳥獣ギ画がステキナイスすぎる

| コメント(0)


先日紹介した、鳥獣戯画をベースにしたフリー素材のサイト【ダ鳥獣ギ画】。ブックマーク一覧に収めてイメージカットが必要な時の検索先として登録済みなんだけど、定期的に新作が登録されるので、例のいらすとやさん同様に要注目な感じ。あの独特の筆タッチを活かしたまま現代のさまざまなビジュアルを再現していて、アクションフィギュアで作ったような面白さを覚えさせる。

これなんか元の鳥獣戯画じゃ絶対あり得ないシーンだけど、彼ら(!?)がバーに居たら絶対こんな情景になるよね、的な。黄昏うさぎとちょいと粋なバーテンのかえる。いいよね、これ。


汎用的で時節に敏感なフリーイラスト集、いらすとやさん。日々の更新が楽しみな今日この頃ではあるのだけど、ここしばらくの間「人工知能」に目覚めたようで、人工知能周りのイラストが連発されていることに気が付いた。

イメージカットということもあり、実際にはこんな形の人工知能は無いよね、むしろSFなどで見かける生体脳培養容器でしょそれ、的なものなんだけど、ぱっと見ではすぐに人工知能と分かる、さすがなデザイン感覚によるもの。今後人工知能の活動領域が広まるに連れて、色々と使う場面も出てくるだろうなあという感はある。


「FF外から失礼します」とはツイッター上で使われる独自用語。「FF」ってのはフォロー・フォロワーの略で、要はフォローしていないしされていないけれど、お話させていただきます、話に割り込ませていただきます、ご意見しますといったような感じ。フォローする・されることではじめて意見を語れる立ち位置にあるという認識を持っていたり、相手がそのような想いを抱いているかもしれないからとの配慮によるもの。まぁ、特殊な文化には違いない。

ただ、ツイッターの1ツイートって140文字までの制限があるので、「FF外から失礼します」の文字数がもったいない。他方、先のシステム変更で、添付画像は文字数制限から除外されたので、ならば画像で「FF外から失礼します」を語れば、文字数が節約できるよね...ということでざっくりと作ったのがこのカット。まぁ、LINEのスタンプみたいなものだ。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち面白画像カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは面白情報です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31