面白画像の最近のブログ記事

ダ鳥獣ギ画がステキナイスすぎる

| コメント(0)


先日紹介した、鳥獣戯画をベースにしたフリー素材のサイト【ダ鳥獣ギ画】。ブックマーク一覧に収めてイメージカットが必要な時の検索先として登録済みなんだけど、定期的に新作が登録されるので、例のいらすとやさん同様に要注目な感じ。あの独特の筆タッチを活かしたまま現代のさまざまなビジュアルを再現していて、アクションフィギュアで作ったような面白さを覚えさせる。

これなんか元の鳥獣戯画じゃ絶対あり得ないシーンだけど、彼ら(!?)がバーに居たら絶対こんな情景になるよね、的な。黄昏うさぎとちょいと粋なバーテンのかえる。いいよね、これ。


汎用的で時節に敏感なフリーイラスト集、いらすとやさん。日々の更新が楽しみな今日この頃ではあるのだけど、ここしばらくの間「人工知能」に目覚めたようで、人工知能周りのイラストが連発されていることに気が付いた。

イメージカットということもあり、実際にはこんな形の人工知能は無いよね、むしろSFなどで見かける生体脳培養容器でしょそれ、的なものなんだけど、ぱっと見ではすぐに人工知能と分かる、さすがなデザイン感覚によるもの。今後人工知能の活動領域が広まるに連れて、色々と使う場面も出てくるだろうなあという感はある。


「FF外から失礼します」とはツイッター上で使われる独自用語。「FF」ってのはフォロー・フォロワーの略で、要はフォローしていないしされていないけれど、お話させていただきます、話に割り込ませていただきます、ご意見しますといったような感じ。フォローする・されることではじめて意見を語れる立ち位置にあるという認識を持っていたり、相手がそのような想いを抱いているかもしれないからとの配慮によるもの。まぁ、特殊な文化には違いない。

ただ、ツイッターの1ツイートって140文字までの制限があるので、「FF外から失礼します」の文字数がもったいない。他方、先のシステム変更で、添付画像は文字数制限から除外されたので、ならば画像で「FF外から失礼します」を語れば、文字数が節約できるよね...ということでざっくりと作ったのがこのカット。まぁ、LINEのスタンプみたいなものだ。


似たようなネタは昔から色々とあったような気もするけど、それが体現化されるとやっぱり感無量だよね、という感じの一品。言葉では語らず、体が語る的なスペシャルアイテム。ただし常に自分の左に最低でも一人、誰かを配しておかねばならない。


先日出先のスーパーの、店頭前のお買い得品的なコーナーで見かけた商品掲示。一瞬目を疑った......というか、リアルコラかと思ったけれど、よく見てみたら当たり前のことを書いてあるだけだった。要は、形が定型でないなどの「訳有な梨」。それが全部平仮名なので「わけありなし」となってしまった次第。


一昨日外回りの出先で見かけた、公園の入り口の貼り紙の注意書き。他の注意事項の看板と共に、比較的新しいものとして......えーと、どこかで見たような。これ、例のいらすとやさんのドローンやラジコンヘリのイラストに禁止マークを上書きしたものだよね。ほほぉ、なるほど。


ステキナイスでトレンドにマッチした、さらにはツボをつくフリーイラストを続々量産するいらすとやさん。一時期ちょっとしたドタバタがあったけれど、そんな話はもう前世紀の物だったかのように忘れ去られ、今はもうこれまで通りのノリとペースで色々と使い勝手の良いイラストを提供してくれている。

教育関係のチラシなどで使われそうな、独特の個性というか汎用性のあるタッチは、他のフリーイラスト集では、やもすると場に合わないかもしれないなあということで敬遠される場面でも顔パスレベルで使える優れもの。特に教育や福祉、公的機関関係でも容易に使えるのはありがたい。

しかしよもや在日米軍の横須賀基地の公知ポスターでも使われるようになるとは......。


少し前にネット界隈でちょっとした話題となり、ここでも何度か取り上げた、人間の脳の柔軟性のある補完機能。具体的には本当は間違っているのだけど、過去の経験や知識でその内容を勝手に解釈し、正しいものとして補正してしまうもの。ネットを用いた文字校正でミスが見つかりにくいとか、時間をおいて校正するとこれまで見つからなかったミスが見つかるとかも、多分にこの自動補正の能力が影響している気がする。

で、その自動補正的な性質で、確かにそう見えてしまうよね、というのがこのいなばの豆の缶詰。「ガルパンはいいゾ」と読めてしまうとのことだけど、確かに視界にぱっとこれが入ってきたら、「ガルパンはいいゾ」と認識してしまうかもしれない。「い」があって「ガルパン」っぽく見えて、「ゾ」がある。うん、まさに。


先日の記事掲載の際にイメージイラストとして、例のいらすとやさんで検索をして適切なものを見つけ出してアップ。一応本題は青い鳥。ツイッターのに似てるけどアレそのものじゃないよ。流用できるけどね、的な。まぁ、童話にもあるし、青い鳥。

で、それを探した際に類似イラストとして色々な、非常に使い勝手のよさげな(!?)ものがいくつか確認できたので覚え書き。


先日紹介したフリー素材を創生提供する「いらすとや」さん。毎日一度は更新情報をチェックするようになり、巡回リストの最優先カテゴリに収めてしまったぐらいではあるのだけど、先日からこのいらすとやさんで提供されている素材を用い、色々な情景を再現する遊びが流行りはじめたようだ。

この類のムーブメントはノリによるところが大きく、数日も経てば他の話に話題が移るのだろうけど、複数のハッシュタグが用意され、そのタグに収録されるネタが結構できのよいものばかりで、驚いたり感心したりなるほど感を覚えたり。

最近の記事20件

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち面白画像カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは面白情報です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31