模型・食玩類の最近のブログ記事


この「おもしろけしごむ」なるもの、昨日いくつか廻った100均ショップの限りでは、ダイソー自身だけでなくダイソー系列店でも販売中。そして普段はお寿司とかお弁当とか動物とかといった、日常生活のあれこれを精度の高い造形で再現した消しゴムとして販売している。本当に鉛筆の文字が消えるのか、消えたとしてもこれはもったいなくて使えないのではないかなどの疑問もあるけど、要はその辺はどうでもよく、カッコイイものとかカワイイものが適度なミニサイズで、しかもやわらかくて安全なゴムでできているってのがポイントなのだろう。

で、色々と探したのだけど、残念ながらこれ自身は発見できず。今後もう少し足を延ばして他のダイソーも探してみる予定。その時に見つける事が出来れば、改めて紹介したい。

株式会社タカラトミーアーツは、日本信号株式会社とコラボレーションしたガチャ(カプセル玩具)商品、『日本信号 ミニチュア灯器コレクション』<1回300円/税込>を、2017年3月下旬より全国のカプセル自販機設置店舗にて順次発売いたします。


全ての種類に「ON/OFF」スイッチがあり、本物の信号機のように光ります。「車両用信号灯器」、「歩行者用信号灯器」の他に、ボタンを押すと歩行者用信号機が青に変わる「歩行者用押ボタン箱」をラインアップしております。「歩行者用押しボタン箱」は、中央の赤い押しボタンをカチッと押すことができ、さらに「おまちください」の文字板が光る嬉しい仕様。


昨今のカプセル玩具は技術の進歩をまざまざと見せつけられるような出来栄えで、単に造形の精度が高いだけでなく、多様なギミックの実装で「もう少し大きめのにすれば1000円ぐらいでも売れるよね」という出来栄えのものもちらほら見受けられるようになってきた。逆に言えばそのような価格帯とサイズでは市場形成が難しいから、カプセル玩具にしてるのかもしれない。まぁ、食玩で作るという手もあるけど。

で、今回の信号機のカプセル玩具は、その発想と見た目の格好良さ、そして何よりもギミックの素晴らしさに脱帽もの。単純に見た目がそれっぽいだけでなく、本物の信号機のように光を放つってのが素晴らしい。まぁ多分、電池は埋め込み式で交換不可能なんだろうけど(マクドナルドのハッピーセットみたいなもの)。


少しでも時間のある時にお掃除をしていかないと部屋がモノで埋まってしまうってことで、ちまちまと休みの日は時間を取ってストック品の再整理。なんでこんなものを保存しておいたのだろう的なものとか、歴史的価値はあるのだろうけど換金化はどうすれば的なものとか、まあ色々と。

今回見つかったエアリスのに続きティファのフィギュアもその類。当時としては随分と斬新なスタイルのフィギュアだったけど、今となってはアクションフィギュアの先駆けだったのかなあという程度で、特に目新しいものでは無し。年代物には違いないけど、価値があるのか否かというと正直微妙。とはいえ廃棄するのはさすがにもったいない。


先日外回りの際に立ち寄ったイオンのカプセル玩具コーナーに、ちょいと目に留まるものが。少し前から話題に登っていた、ディテールの良さが注目を集めている、カブのガチャモデル。ここのガチャコーナーは結構早く新商品にも対応するのだなと感心しながら、せっかくなので1回だけチャレンジ。何が出るかな。


先日のお掃除の際に発掘したオールドアイテム。随分と汚れていた......というか油汚れがひどくて、洗剤をしみこませた雑巾でガッツリと拭いて、それでようやくここまできれいにできた。買った時の記憶が無いぐらいに古いものなので、なんで買ったかはまったく分からない。衝動買い的なものなのだろうなあ。

今流行りのアクションフィギュアの先駆けみたいなもので、ごく一部分が稼働するけど、実質的にはディスプレイをするだけのフィギュア。造形もぶっちゃけると今一つ二つで、エアリスの顔は鉄仮面状態。でも当時としては萌えたんだろうな。


以前たいこ持ち的なせりふを語らせて、自分のモチベーションを高める啓蒙的アイテムを紹介したけれど、この方法論は色々な使い方ができるということで、類似系アイテムが出ていた。ダイエットをしている人向けのもので、ちょっと心が揺らいだなと思ったら押すと、色々なツッコミをしてくれるというもの。

...うん、まあ、その。ダイエット中でこれを耳にすると、色々と考えたくはなるわな。かえってヤケになる可能性も無きにしもあらずなんだけど。しかし豚の格好をしていてシャツに「アイラブミート」ってのはあまりにも自虐的かと(汗)。


レゴの棚のラベリングのために強力磁石を調達しようと立ち寄ったダイソー。ちょいと時間があったので色々と物見遊山をしていたところ、何か強烈な視線の雰囲気。ふと目をやると、なんだか巨大な猫の顔。なにこれスゴイ。

商品名は「猫クッション」。いや、もう、そのまま名は体を表すとしか表現のしようがない。

今回のハッピーセット「ドラえもん」は、3月4日(土)公開の「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」にちなんだおもちゃが全6種登場します。映画に登場するひみつ道具「極地探検スーツ」を着たドラえもんや、氷をモチーフにしたおもちゃ、また映画のキャラクターである「パオパオ」など、映画の世界観を楽しめるハッピーセット限定のおもちゃです。ドラえもんの頭のタケコプターが飛び出す「飛べ!タケコプター2017」や、ボタンを押してドアを開くと絵が変わる「マジカル!どこでもドア」、ドラえもんが回転する「グルグルまわるよ!ダブルリング」など、すべてのおもちゃにはお子様の好奇心を刺激するふしぎな仕掛けがついています。今回は、「ドラえもん」と「ドラミちゃん」が両面にデザインされたスペシャルボックスにお食事とともに入れてご提供します。

すでに放映が始まっているドラえもんの新作映画。なんかこれまでの映画とは違った盛り上がり......というか注目のされ方をしているような感じで、ちょいと不思議感。じわりというのかな。作品のセンスがこれまでとは異なるとの指摘もある。

で、今回のハッピーセットはそのドラえもんの映画つながり。こちらもちょっと驚いたのは、ハッピーセットの玩具の提供方法としては極めて珍しく、3回に分けての展開となる。普段は良くて2回分けなんだけどね。開発・生産が間に合わないのか、それとも映画放映に合わせてキャンペーンを長期的に行いたいからなのか......。玩具そのものは造形的には良さげだけど、驚かされるものは特になし。


多種多様な発想で新しいカプセル玩具を世に送り出してくれるエポック社の新作。ちょいとマジでコーヒー吹いた、的な切り口のものが、この「タコさんウインナーと仲間たち 大集合!」。確かになじみ深くて一目で「ああ、これね」と理解できる造形であり、ウケはいいのだろうし、これなら実物大のものも容易に作れるのだろうけど、なぜそれをカプセル玩具のネタにしようという発想に至ることができたのか。その切り口ができる柔軟性に感服してしまう。

しかしたこやかにはまだしも、くじらとかうさぎとかぶたさんとか、さらには象さんとかはあまり見た事が無い。というか象さんってこれ、ウインナーで造形つくることできるのかな?

本キャンペーンは、「ダイドーブレンド 香るブレンド微糖 世界一のバリスタ監修」 「ダイドーブレンド コクと香りのブレンドBLACK 世界一のバリスタ監修」を対象に、3月13日(月)より展開するグッズ付きキャンペーンです。幅広い層に大人気の「キン肉マン」の中でも特に人気の高い"7人の悪魔超人編"から、オリジナルのフィギュア全7種をご用意。対象商品を1本ご購入していただくと、名勝負を再現したフィギュアが必ず1個ついてくるキャンペーンです。

一時期は毎週のように新作が登場してコンビニ通いが楽しかった、飲料水のオマケ玩具。最近では費用対効果の観点で今一つとの結果が出てしまったからなのか、それともコンビニ側のコストの問題なのか、むしろ「二つ買うと一つもらえる」的な感じで棚に飾るスタイルの方が増えている雰囲気がある。まぁ、おまけ付きの飲料水は高い頻度でしばらく間を置いて、ディスカウントストアに並ぶのが常だからねえ...(でも軍系は見たことが無い)。

で、今回はそのような状況下でも定期的に新作を展開してくる、頼もしいダイドー様の新作。テーマはキン肉マンで色々な名シーンを再現したもの。造形的には正直今一つな感もあるし、サイズは......少し前に展開したスト2のと同じタイプかな。でも躍動感は結構ありげ。

おかげさまで、株式会社シャノアールのカフェ・ベローチェは30周年を迎えました。日頃の感謝の気持ちを込めて、カフェ・ベローチェ30周年ふちねこキャンペーンを2月1日よりスタートします。シャノアールの全業態「コーヒーハウス・シャノアール」「カフェ・ベローチェ」「カフェ・ラ・コルテ」「カフェ・セジュール」のドリンク3杯分のレシートで、ふちねこか対象商品限定クーポン券がもらえます。

先日足を運んだイオンでふと視界に留まり、眺めてみたらダイナミックほしいモードに突入した、ふちねこなアイテム。要は「シャノアール」がフランス語でクロネコを意味していることから、その黒猫のアイテムをプレゼントするキャンペーンを展開してしまおうというもの。ふちもの系のアイテムは色々あるけど、この黒猫のはポーズのチョイスもすぐれたもので、造形もしっかりとしており、すぐに全部ほしくなった。

とはいえ、いきなり15杯分のドリンクを飲んで「全部ください」というわけにもいかず、とりあえず覚え書きをしておくことに。キャンペーンは2月から実施しているので、すでに1か月が経過している。うーん、もう今からでは遅いかなあ...もっと早く気が付いていれば。


自由な発想で作られた造形を披露する場の一つ、ワンフェス。当方もいつかは足を運んでこの目で色々な造形と遭遇してにやにやしたり驚いたり感動したいものだけど、投稿される写真を見るたびに、その思いが強くなってくる。

で、今件のはその思いがマックスメーターを振り切った感じがする作品。インターネットミームキャットと表現しても良い、ネットの文化象徴的なものとして登場した猫たちをそのまま立体造形化したもの。いや、確かに今では多くの人に知られた猫ではあるけど、それが本当に立体化されるとは。版権云々ってのは特にないから、これって逆に大量生産による商品化しやすいかも?

最近の記事25件

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち模型・食玩類カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは株主優待です。

次のカテゴリは猫・犬です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31