noindexの最近のブログ記事

↑ 国債等の保有者内訳(比率)(一部)(国庫短期証券+国債・財融債) (参考図表より)
↑ 国債等の保有者内訳(比率)(一部)(国庫短期証券+国債・財融債) (参考図表より)

↑ 国債等の保有者内訳(兆円)(一部)(国庫短期証券+国債・財融債) (参考図表より)
↑ 国債等の保有者内訳(兆円)(一部)(国庫短期証券+国債・財融債) (参考図表より)


先に本家サイトで内容の更新をした【日本の国債の保有者内訳をグラフ化してみる】。記事作成の際に使ったデータ「主要部門・取引項目残高表」と同じタイミングで、日銀では関連情報の参考図表を公開している。その図表の中には国債関連のデータもあり、国債・財融債に国庫短期証券(償還期間が1年未満の短期債権)を含めた場合の保有者内訳や額面状況を公開している。

こちらのオマケ的な参考図表の方は、本家で使っているデータのフォーマットが変更されてもそのまま継続公開されている。せっかくなので本家記事の様式が変わっても、こちらは引き続き同じスタイルで覚え書きを継続。

↑ 国債等の保有者内訳(比率)(一部)(国庫短期証券+国債・財融債) (参考図表より)
↑ 国債等の保有者内訳(比率)(一部)(国庫短期証券+国債・財融債) (参考図表より)

↑ 国債等の保有者内訳(兆円)(一部)(国庫短期証券+国債・財融債) (参考図表より)
↑ 国債等の保有者内訳(兆円)(一部)(国庫短期証券+国債・財融債) (参考図表より)


先に本家サイトで内容の更新をした【日本の国債の保有者内訳をグラフ化してみる】。記事作成の際に使ったデータ「主要部門・取引項目残高表」と同じタイミングで、日銀では関連情報の参考図表を公開している。その図表の中には国債関連のデータもあり、国債・財融債に国庫短期証券(償還期間が1年未満の短期債権)を含めた場合の保有者内訳や額面状況を公開している。

↑ 国債等の保有者内訳(比率)(一部)(国庫短期証券+国債・財融債) (参考図表より)
↑ 国債等の保有者内訳(比率)(一部)(国庫短期証券+国債・財融債) (参考図表より)

↑ 国債等の保有者内訳(兆円)(一部)(国庫短期証券+国債・財融債) (参考図表より)
↑ 国債等の保有者内訳(兆円)(一部)(国庫短期証券+国債・財融債) (参考図表より)


先に本家サイトで内容の更新をした【日本の国債の保有者内訳をグラフ化してみる】。記事作成の際に使ったデータ「主要部門・取引項目残高表」と同じタイミングで、日銀では関連情報の参考図表を公開している。その図表の中には国債関連のデータもあり、国債・財融債に国庫短期証券(償還期間が1年未満の短期債権)を含めた場合の保有者内訳や額面状況を公開している。

↑ 国債等の保有者内訳(比率)(一部)(国庫短期証券+国債・財融債) (参考図表より)
↑ 国債等の保有者内訳(比率)(一部)(国庫短期証券+国債・財融債) (参考図表より)

↑ 国債等の保有者内訳(兆円)(一部)(国庫短期証券+国債・財融債) (参考図表より)
↑ 国債等の保有者内訳(兆円)(一部)(国庫短期証券+国債・財融債) (参考図表より)


先に本家サイトで内容の更新をした【日本の国債の保有者内訳をグラフ化してみる】。記事作成の際に使ったデータ「主要部門・取引項目残高表」と同じタイミングで、日銀では関連情報の参考図表を公開している。その図表の中には国債関連のデータもあり、国債・財融債に国庫短期証券(償還期間が1年未満の短期債権)を含めた場合の保有者内訳や額面状況を公開している。


先日【セブン-イレブンで2日からおそ松さんキャンペーン実施】で紹介した、セブン-イレブンのおそ松さんに絡んだキャンペーン。対象のお菓子を購入すると缶バッジやクリアファイルがゲットできるというもの。絵柄もオリジナルでスタイリッシュだし、お手軽感もあるし、何より昨今のおそ松さん人気を考慮するに、結構なスピードではけていくのだろうなあという感が。週末のお買いものの時間を少々前倒しにして、行きがけのセブンに足を運んでみようかということで、午前9時過ぎにチェックをしてみたら。

すでにこんな状態。クリアファイルは全滅。対象となるお菓子の棚もすかすかで、缶バッジも一松はすでに無く。もとより全部を調達するつもりはなかったのだけど、予想以上のスピード感にちょっと驚き。

色々なデザインを載せてちょっとカッコイイアクセサリ的な缶バッチを自分で創れる「缶バッチメーカー」。個人創作をしている人にはステキナイスなアイテムに違いないのだけど、日本ではバンダイからいくつか発売されていたものの、ラインアップ上で何度か進化改定した後、ほとんど放置状態に。正直、このタイミングで新商品が登場したのは、スペシャルなサプライズに違いない。

まぁ恐らくは、スマートフォンの普及と共に自撮り写真の文化が浸透して色々と自分の画材を披露する機会が増え、さらにLINEのスタンプなどアイコン的なビジュアルへの需要が相当あると認識されたのだろう。自分のソーシャルメディアのアイコンやスタンプを、そのまま缶バッチに仕立てたら、なんだか素敵じゃん? 的な。また、自分のペットや創作品の披露をしている人は、それをそのまま物理媒体である缶バッチとして創り、ギフトとして配るのもあり。

↑ 沖縄県における新聞販売部数(2015年後半期)
↑ 沖縄県における新聞販売部数(2015年後半期)
↑ 新聞世帯普及率(2015年後半期、沖縄二紙は沖縄県、他紙は全国)
↑ 新聞世帯普及率(2015年後半期、沖縄二紙は沖縄県、他紙は全国)
↑ 沖縄県における新聞販売部数(2015年後半期、前年同期比)
↑ 沖縄県における新聞販売部数(2015年後半期、前年同期比)


本家サイト記事【新聞の販売部数などをグラフ化してみる】などと連なる形で掲載している、沖縄の大手二紙の動向。要は【沖縄の新聞二紙の現状、最新情報(2015年前半期)】ではあるのだけど。

実のところ沖縄の二紙に関しては前半期と変わり映えは無い。元データは日本ABC協会「新聞発行社レポート 普及率」をベースにしているのだけど、どうやらこのレポートでは沖縄紙は対象外となっているようだ(なぜ対象外なのかは不明。元々日本ABC協会に非加入なのか、公開を拒んでいるのか)。ともあれ、沖縄二紙のデータに関しては自社公称部数となっているため、年ベースでの更新しかなされていない次第。しかも公称部数なので、恐らくは実売数より少なからぬ底上げがなされている。

最近の記事25件

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちnoindexカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはLEGO等です。

次のカテゴリはPRC・GALLUPです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31