レゴでオリジナルの軽トラができました。幌付きもあるよ

| コメント(0)


先週まとめて写真撮影をした、レゴのMOC(オリジナル作品)を紹介。昨年色々と作った軽自動車シリーズの車体をベースにした、軽トラック。以前創ったエルフみたいなドワーフと比べるとかなりこじんまりとしているのだけど、並べ置いているフィギュアとの比較をすれば分かる通り、小規模事業主や農家で見かけるような、自家用小型のトラックをイメージ。人の頭ぐらいの車高で荷台も小さめ。実はぎりぎりフィギュアが内部にちゃんと入れるスケール(そのため運転席の天井の部分はやや特殊なパーツを使っている)。

荷台の部分は後ろから見れば分かる通り、ちょいとインチキ。後部車輪が荷台に少しめり込んで見えてしまっている。どうにかできないかと考えたけど、それをやると車体全体が一回り大きくなってしまうので断念。何より窓枠を横倒しして荷台っぽく見せるのが優先事項。総パーツ数も50強と、かなりリーズナブルな感じに。見た目も良いので、他の色も作ってみたいな、これ。


そしてもう一つ。上の軽トラをベースに、幌付きのにしたもの。幌付きトラックは作りたいと前々から思っていたけど、幌の部分の処理をどうしようかと考えていたところ、@JOKERxxxJAKQ氏のカリオストロの城の名シーン再現の作品を見て、ああこうすればいいのかと理解納得した次第。トラック本体との調整をするためにちょいと伸ばしてみたり、トラック自身も実はちょいと手を加えて高さを調整して、それっぽく見せたりと、結局別物レベルの造形に。でも出来栄えはそこそこ良い。幌の部分を灰色にしても見栄えは悪くないかな。

一連の軽自動車シリーズはこれでオシマイ......としたいところだけど、あともう一つ作りたいネタがある。これはほとんど新規モノと変わらない形になるので、設計を一からやり直さなきゃいけないし、参考となる商品を一度作っておいた方がいいかもしれない。ともあれ、パーツの仕分けとか積みレゴの消費も併せ、少しずつこなしていかないと。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年3月11日 07:43に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「流行言葉と長年通用している言葉と」です。

次の記事は「「『金』の採掘なら任せてください」という住金鉱の広告」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31