の最近のブログ記事

↑ まんがタイムきららキャラット2020年10月号
↑ まんがタイムきららキャラット2020年10月号


表紙は「まちカドまぞく」。アニメ第二期制作決定ということで、今朝から色々と大騒ぎ。表紙がこんな感じだから、表紙のデータが公開されればネタバレはするわけで。

原作と謎のアンソロと

| コメント(0)


作品に対する版権の概念がまだしっかりとしておらず、アンソロジーの類が比較的低いハードルでどんどん出ていた時代があった。古本屋で色々と確認すると、そういう時代の「今でも結構知られている有名な作品を題材としているのだけど、どうも見たこともない出版社のとか、対象年齢が違う区分のアンソロジーがわらわら出てくるのだけど」と戸惑うことがある。ただそういう冊子の中でも、今でも有名な、あるいは今では有名な作家先生が参加していたりするので、チェックは欠かせない。

今ではあまりそういうものは見かけられなくなったし、その類の作品が本屋側の意図によるものか、錯誤を狙ってのものか、単純に相乗効果を期待してなのかは不明だけど、原作の横に並べられることもなくなった。とはいえ、皆無になったわけではないし、作品名だけを見て、あの文字面があるからアレそのものかアレに関連するものだと思ってしまう可能性は否定できない。

なので今件は草案件などではなく、むしろ親切な気配りの結果と考えることができる。評価に値する。...というよりそういう事案が実際にあった、あるいはその可能性が高い事象が確認できたのだろうな。

↑ まんが4コマぱれっと 2020年10月号
↑ まんが4コマぱれっと 2020年10月号


定期購読刊の4コマ誌のうちの1つ。一迅社発行。表紙は「学食「ハナ」のしあわせごはん」。メリハリに弱いところはあるけどテーマが一貫しているし描写も丁寧なので成長が見込めるタイトルには違いなく。アニメ化はストーリー性を考えると難しいけど。

「チート」という言葉の意味

| コメント(0)


指摘されてみれば確かにちょっと前まではチートって、ゲームのデータを不法にいじったりインチキ技を使って暴虐なことをしたり、理不尽なパワーを使いまわす人などのことを指していた。チートをする人のことをチーターと呼んで蔑視したりとかね。少なくとも良い意味では使われていない。

けれど昨今のラノベ、特に異世界物ではチートという表現はけた外れな、異次元な能力を指すようになって、そこからは悪事を働いて云々という意味合いはまったく無くなっている。実のところ、異世界に元々いた人から見れば、異世界からやってきただけで無茶苦茶な能力や技術、発想を持っているのは、それだけで不正な行為と呼んでも仕方がない気もするけど。

「アクタージュ」の電子版の件

| コメント(1)


個人的にはジャンプは時々機会がある時に目を通す程度なんだけど、その中でも「アクタージュ」は随分と異質な作品で、それでも光るものがあったので注目していたのだけど、こんな不幸な話で突然命運を絶たれるとは...という感想しか頭に思い浮かべられない。

で、当然のことながら連載中止に伴い、色々な関連グッズやイベントも連鎖的に中止。今後発売予定の単行本はともかく、既存のものまで取り扱い中止ってのはどうなんだろうかと思うのだけど、色々と難しいところもあるのだろう。

気になるのは電子書籍版。現在の電子書籍プラットフォームはPDFなどのファイルダウンロードではなく、閲覧ができる自由アクセス権の購入だから(本屋で本を買うのではなく、図書館で本を借りられる権利みたいなもの)販売が中止になったらすでに電子版を買っていた人も読めなくなるのかな。

↑ まんがタイムきららキャラット2020年9月号
↑ まんがタイムきららキャラット2020年9月号


表紙は「紡ぐ乙女と大正の月」。表紙と巻頭カラーってことは結構推しているのか。ストーリー的にどうなんだろうという気がしたけど、百合だからプッシュなのか。巻頭カラーはフルーツタルトのアニメ情報。絵のタッチが原作とがらりと変わって「けいおん!」みたいだ。


図書館だけでなく実店舗での本屋における予約注文や問い合わせでもよくあるお話。うろ覚えレベルだけどこういう本が欲しいなと尋ねる時に、そのタイトルや作者などを言い間違えてしまうというもの。なんかそれっぽいんだけど、正確じゃないよなというものから、それって勘違いとかいうレベルじゃないよねといった酷いものまで。

感心してしまうのは、こういう言い間違いで図書館の人がちゃんと正解を導いている事。そもそも正解が分からないと、この一覧には掲載されないはずだからね。連想ゲームというか、豊富な知識を持っているというか。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは時節です。

次のカテゴリは本家ちら読みです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30