の最近のブログ記事


具体的にどこの雑誌のかはあえて触れないでおくけど、誰もが知っている超メジャーな週刊誌の広告資料での話。大体この類の資料では自称の発行部数が掲載されているのだけど、この雑誌では印刷証明付き部数が載っていた。ほほう、確証度が高いのを載せるってのは、色々と分かっているな...と思って数字を確認したら、どうにも違和感がある。

先日発表された最新の2019年Q2のデータをそのまま載せろというのはムリにしても、あまりにも現状と乖離している。過去のデータの履歴をたどって確認したら、資料掲載の印刷証明付き部数は4年前のものだった。他の部分は最新の値にしてあるのに、印刷証明付き部数だけ4年前。

ハッピーセット「ミニオン&ペット ルービックキューブ」は人気の「ミニオンズ」と「ペット」のキャラクターがデザインされたルービックキューブのおもちゃ全8種が揃います。一面ずつ絵柄を揃えて遊ぶ立体型パズルのルービックキューブのおもちゃが、今回ハッピーセットに初登場。正方形に加え、半楕円形や長方形など様々な形が登場します。親御さん世代にもなじみのあるおもちゃのため、家族全員で一緒に頭を使いながら遊んでいただけます。ぜひ、ご家族で協力して「ミニオンズ」や「ペット」のキャラクターを完成させてみてください。


ハッピーセット「すみっコぐらし」は、中にステーショナリーが入った「すみっコぐらし」のおもちゃ全6種が揃います。中にはメッセージメモの他、定規やスタンプ、しおりなどキャラクターごとに異なるステーショナリーが入っており、それぞれのステーショナリーにはおもちゃと同じキャラクターがデザインされています。さらに、それぞれのおもちゃは積み上げて遊ぶことができ、かわいい「すみっコぐらし」の仲間たちの世界観をお楽しみいただけます。


すみっコぐらしはまだ分かるんだけど、ミニオンってそんなに人気なのかな、関連グッズもちらほら見受けられるけど、引きの動きはあまり見られないのだけど...という話はさておくとして。

今度のハッピーセットはミニオンのルービックキューブとすみっコぐらしのおもちゃ。すみっコぐらしの方はキャラの造形そのものをベースに、色々な文具が用意されているという、そりまま飾っても使っても楽しめるという結構センスのあるアイテム。こういうのって、ずらりと揃えたくなるものだよね。

一方のミニオンはルービックキューブ。とはいっても3×3×3の通常のものではなく、基本は2×2×2とか1×3×2という簡易型。難易度を考慮したものだろうけど、耐久性の方は大丈夫かな。昔ルービックキューブが流行った時に出てきたパチモノが、すぐに壊れたって話はよく聞くのだけど。

↑ まんがタイムきららキャラット2019年10月号
↑ まんがタイムきららキャラット2019年10月号


表紙は「まちカドまぞく」。7月11日からテレビアニメ放送がスタートしているということもあり大プッシュ。表紙の絵柄がちょっとテレビアニメ寄り。付録は小物入れ。結構珍しいパターン。

↑ まんが4コマぱれっと 2019年10月号
↑ まんが4コマぱれっと 2019年10月号


定期購読刊の4コマ誌のうちの1つ。一迅社発行。表紙は「スターマイン」。裏表両方ともってことで大ゴージャス。配置を見るに、やはり志染さんと風見が主人公ポジションだったのかなあ、と。アンケートの景品テレカもこのデザインなんだけど、2枚一組の提供ではないってのが問題だな、これ。巻頭特集もスターマインだけど、この扉絵のままでテレカにしてほしかった。

Q.電子書籍を読んで感想文を書いてもいいの? A.紙媒体での書籍に限りますのでご応募いただけません。

大会主催の意図など色々と確認したけど、紙媒体の販売を後押しするとか、実店舗の本屋の応援のため云々という話は無く、本を読むことを推奨する的な純粋なお話だったので、その読書感想文の対象に電子書籍は対象外とするってのは、理不尽というか正当性に欠ける気がしてならないのは当方だけだろうか。

「紙媒体での書籍に限ります」とあるけど、その理由はどこにもないんだよね。


実のところ無料ユーザーは多分に話題集めのためだとか、データ収集に利用されているとか、広告収入の対象だとか、コンパでの女性客のようにサクラ的な存在として認識されているとか、色々な存在意義があるので、本人にとっては無料かもしれないけど、企業側はそれなりに対価を得ていたりする。携帯電話利用者の牛丼とか100均アイテムなどの無料キャンペーンも似たようなもの。

けれどそこまで深読みできないと、単に自分はタダで色々なサービスを利用できるんだという認識を当たり前のものとしてしまい、勘違いをしてしまうことになる。これを助長しているのが例のフリーミアム的な発想だとは思っているのだけど。

↑ まんがタイムきららキャラット2019年9月号
↑ まんがタイムきららキャラット2019年9月号


表紙は「まちカドまぞく」。7月11日からテレビアニメ放送がスタートしているということもあり大プッシュ。付録のクリアファイルもしかり。巻頭カラーにも特集があるけど、ビジュアル的には漫画とさほど違いは無し。そして「恋する小惑星」がテレビアニメ化。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは時節です。

次のカテゴリは本家ちら読みです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30