「とんでもなくクリスタル」な図書館での覚え間違えタイトル

| コメント(0)


図書館だけでなく実店舗での本屋における予約注文や問い合わせでもよくあるお話。うろ覚えレベルだけどこういう本が欲しいなと尋ねる時に、そのタイトルや作者などを言い間違えてしまうというもの。なんかそれっぽいんだけど、正確じゃないよなというものから、それって勘違いとかいうレベルじゃないよねといった酷いものまで。

感心してしまうのは、こういう言い間違いで図書館の人がちゃんと正解を導いている事。そもそも正解が分からないと、この一覧には掲載されないはずだからね。連想ゲームというか、豊富な知識を持っているというか。


ネタ話としてはよく使われるフレーズが、本当に間違いの事例として登場しているものもある。ネタ話を覚えていたのが、いつの間にか本当の本の名前とごちゃまぜになってしまったのかもしれない。記憶の混濁...と言うと表現が変だけど、「これはやっちゃいけない」と繰り返し注意していると、かえってそれをやってしまうというパターンに近いのかな。

この辺りの照合をAIなどができるようになるといいのだけどね。検索エンジンでも似たようなことはされているけど、精度的にまだまだだし。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年7月27日 07:39に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ヤフオクで段ボール箱ごとのゲームソフトとか」です。

次の記事は「「大企業公式or行政公式>企業公式>個人ドメイン」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年1月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31