ノウハウの最近のブログ記事


時間はその長さで足し引きはできるけど、単純に足した時間がそのまま数字そのものの長時間の効率とイコールにはならない。その時間の中で手掛ける作業の勢いとかノリとか思考の体制とかがあり、実際にはその時間の中でも実効率の度合いに差が出てくるから。もちろん逆に、長時間ずっと同じことに注力していると疲れが生じて効率が落ちるので、連続する時間は長ければ長いほどいいってわけでもない。適切な区切りが必要。


定期的に話に上る、自炊のコスト問題。よほどうまくやらないと現状では完全な自炊はかえってコストが跳ね上がる形になるし、下手をするとQOLすら落ち込んでしまう。そもそも世帯構成人数が減少中で、一人暮らし世帯も増えているのだから、自炊万歳というのは時代遅れになりかねない。そもそも料理ってのは文化と経験によるもので、伝統工芸みたいなものなのだから、万人にそれを求めてしまうのは間違っている。

ある意味昔の主婦の料理ってのは、プロの手によるもの的な部分があったのだろうな、と思ったりもする。もっとも食卓に上るおかずの種類も今と比べれば少なかったり、漬物などの常駐品も上手く利用していたのだろうけど。

で、現状では自炊にこだわる必要は無く、個々の環境に合わせてコストや時間などと相談して最適解を求めればよいまでのお話。個人的にはパンやご飯などは自分で作って(パンは買い置きという意味。自前で一から練って作るわけではない)、おかずは多分を惣菜で、気が向いたら自前で作ることもあるかな、ぐらいが一番コスト、注力時間、手間の観点でベストの感じがする。自炊率を上げると面白いのだけど、結局割高になってしまうんだよね。しかも下手するとQOLが下がる。

加え、100均の調理機器は使い捨ての感が強いので結局コスト高になる。これは経験則。ピーラーぐらいかな、使いこなせるのは。フライパンとかお玉とか包丁とかは、少々値が張るのを買った方が、結局は安くつくし、効用を長い間実感できる。

先延ばしの見えざるデメリット

| コメント(0)


リスク云々の統計的資料が見つからなかったので裏付けとなる資料を提示することはできないのだけど、概念的にはまさにその通りとしかいいようのないお話。啓蒙系のお話としてよく先延ばししちゃえー的なものがあるけど、実際には先延ばしした事案も最終的には何らかの形で手をつけなきゃならないから、そこに至るまでの間ずっと「やらなきゃならない」という圧力が押しかかることになる。要は存在するだけでプレッシャーとなるわけだ。それはもちろん当人にとってはマイナスのものとなる。何しろ元々手をかけるのに躊躇するほどの要件なのだから。

先延ばしする事案そのものに手をかけるよりは、先延ばししている間にかかるプレッシャーの方がストレスは当然小さい。けれどそれが時系列的にかかりつづけると、総量としてはむしろ大きなものとなってしまう。一番良い例はむし歯かな。治療の痛みがイヤで先延ばししていると、延ばした期間はずっと歯痛に苦しむことになる。あとはステルスマーケティングのリスクの説明でも使える。ステマをやってしまうと、それが発覚するまでずっと「ステマがばれるかも」とガクブルしつづけなきゃならなくなる。

そしてそれが複数の事案で生じると、ストレスもそれだけ積み重なることになる。地獄。


タイトルだけで要件が終わってしまう事案。当方もWinXPからWin10に変えた時に、かなり初期の段階でコントロールパネルを探すのに無茶苦茶難儀して、こんな面倒くさいことするのならショートカット作ってしまえということで、タスクバーにぶっ刺した記憶があるし、今でもガッツリと置かれている。

システム部分の機能ではあるけど、結構コントロールパネルって必要な事態に陥ることが多いんだよね。その割に、Win10ではすぐにアクセスできないような状態になっている。一度ショートカットを作っておけば、後は使いたい時にワンクリックで表示ができるので超安心。

「安物買いの銭失い」と古い服

| コメント(0)


結局のところ今の服でも良いものを探していけばいいまでの話だけど、それを見つけるのが難しくなっているという解釈をすればいいのだろうか。安いものがよいという物差しでの商品展開が優先された結果、品質的に優れているものが流通し難くなってしまうという皮肉な状態。

そもそも品質を良くするためには一定のコストが求められるのは当然の話で、そのコストを勘案すればそれなりにお値段が高くなるのも当たり前ではあるのだけどね。安かろう悪かろうであり、安かろうよかろうというものは滅多に見つからない。技術革新でそうなることもあるし、もちろん高くてもダメダメな品質のものもあるのだけど。


要はお気持ちの問題だからそんなことないよずっと遊んでいる方が楽しいよとの意見を持つ人もたくさんいるだろうけど、個人的には色々と納得しかないという結論しか出てこないお話。

要は無制限で手掛けられるものよりは、時間を区切って手を付けた方が、面白みはかさ上げされるというもの。これってエンタメ系全般にいえることではないかな。

この考え方は締切間近になると他のあれこれ、特に自分の趣味方面のことがしたくなり、それをするとすこぶる高いゲージでの満足感が得られるのに似ている。試験勉強になると余計に遊びたくなるってのも同じようなもの。

緊迫感とかギリギリ感が堪能したい対象へのエッセンスになるのかな、という気もする。アレだ、ダイエットなどで食事制限をする時ほど、甘いものとかを食べたくなるのと同じだ。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちノウハウカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはソフトウェア・ウェブサービスです。

次のカテゴリはマスコミ・報道です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31