ノウハウの最近のブログ記事

日傘がATフィールドに

| コメント(0)


新型コロナウイルス対策の一環として、他人との距離を2メートルほど開けるというものがある(ソーシャルディスタンスというのだそうな)。大体大人の身長ぐらいだと考えればいいのだけど、ぱっと見でその距離を維持するのは結構大変...というか普段はそんなことしていないので感覚がつかめない。

で、引用ツイートの指摘にある、日傘をさして他人との距離感を自然に取れるようにという発想。非常に面白いしシンプルで楽に実現できるし、実用的ではある。日傘そのものは直径1メートルあるかないかだけど、そこに隣接する形で近寄る人もいないから、自然にそれなりの距離は確保される。2メートルとまではいかないだろうけど、それなりに距離は取れる次第。うん、大変よろしい。


個人的にはこのような用途の時には両面テープを使うのが常だったのだけど、こういう接着剤もあったのだなという感心を抱きながら覚え書き。いや、ゴリラのフィギュアの方ではなく。

使う機会がどれほどあるのかと考えるとレゴで...というのは基本的に無いから(最近はポッチで接続せずにそのまま置くだけという指定が結構あるので、その固定には役立つかも)、むしろあれかな。転倒防止のための仮接着みたいな使い方が賢いのかもしれない。


例の流言で生じた需給バランスが崩れた件で、どんなに頑張ってもトイレットペーパーの消費量ってそれほど変わるわけでは無いのだから、買い占めても意味ないじゃんという話をしているのだけど。指摘されている通り、普段から備蓄をしていれば、それほど慌てることは無かったという感は強い。

以前【イレットペーパーの消費量】で記事にもしたけど、二人以上世帯でも一か月に消費するであろうトイレットペーパーは精々1パック=12ロールで、多めに見積もっても2パックぐらいで十分なはず。それこそピラミッドができるほど貯めておけというわけじゃないんだから、普段からしているのが普通では、と思ってしまう。

普段の備蓄品

| コメント(0)


恐らくは多分に一人暮らしを想定してのものだろうけど、普段から自分が病気になってあまり動きが取れないような非常事態に陥った時に役立つアイテムのあれこれ。あくまでも一例であとはケースバイケース、個人の環境次第で足し引きをしていけばいいのだけど、ベースとなるものがあると勘案はしやすいに違いない。

無論、ラインアップされているものの多くは耐久年数とか賞味期限があるから、定期的にローテーションを組んで差し替えをする必要がある。防災袋の中身のチェックと考え方は同じ。似たような話は新型インフルエンザの時には繰り返し記事にした記憶がある......というかあの記事を書いたことで、自分自身も色々と学んだんだな。


形そのものの維持の観点でも本は平積みにした方がいいのだけど、一方で下の方にある本が取り出しにくくなって結局化石のようになってしまうという難点がある。けれど今回紹介されている平積み本棚を使えば、そのような心配など無用というステキナイスな話......

...のように見えるのだけど、それぞれの棚の重量制限が少々不安だし、第一こんな置き方をしたら横からするりと落ちてしまったり、ふらついてぶつかったり地震が起きたら大変なことになりそうで、ステンレス製の本棚を素直に買って収納した方が良さげな感はある。むしろこれ、フィギュアとかレゴとか置く棚に向いてないかな。

水は廉価な重し

| コメント(0)


先日備蓄用の商品とか水の話が出てきた時のついで話として。以前触れた記憶が無きにしもあらずだけど、当方の自宅には今でも2リットル入りペットボトルの水が6本入った例の箱が10箱ぐらい山積みされている。転売するためとか箱舟に積み込むためとかいう酔狂な話ではなく、部屋の大掃除の過程で出てきた山積みの雑誌とか本のうち、収納の仕方がアレでよじ曲がってしまったものに対し、重しを乗せて少しでも形を矯正するためのアイテム。

重しそのものは別に何だってかまわない。それこそ塀に使われているようなコンクリートブロックの方が適切かもしれない。けれど個人ベースでそれを取得するのは結構難儀だし(ホームセンターで売っているけど1つ2つならともかく1ダースとかだと自動車がないと無理)、何度かに分けて購入するのも間抜けだし、第一重しとして使い終わった後の使い道がまったくない。

廉価で調達もしやすく、使い終わった後に役立たずにならないものってなんだろうということで至った結論が、ペットボトル入りの水だったという次第。12キロぐらいの長方体な重しが気軽にいくらでも手に入るとならば、使わない手はない。


先日のお薬手帳の記事でちらりと触れた件。何か記事タイトルだけで終了してしまいそうな話だけど、結構ツボを突いている感はあるので、別途覚え書きとして。

実のところお薬手帳をコピーして持ち歩く云々ってのは結構面倒くさい。システム手帳とか名刺入れ、定期入れに挟んでおけばいいのだろうけど、薬の内容が更新されるたびに再度コピーするとなると、面倒くさいから別にいいや、なんてことになっておざなりになるのは容易に想像ができる。

だったら今の人は必ずといってよいほどどこに行くのにも持ち歩くスマホに、コピーを貼り付けておけばいい...というのは無茶があるので、カメラ機能で撮影してデータを保存しておけばよい。これなら面倒なことは無い。薬の内容が更新されたらそのたびに撮り直し。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちノウハウカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはソフトウェア・ウェブサービスです。

次のカテゴリはマスコミ・報道です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30