ノウハウの最近のブログ記事

時間がお金で買えるなら

| コメント(0)


先日触れた幼児用液体ミルクの話はつまるところ、こういうもの。同じ成果が得られるならば、プロセスを簡略化して労力を減らし、時間を短縮できるものがよいに決まっている。機械や道具なんてのは、人が楽をするために作られているわけだから、そういうものを否定するってのは人らしい活動をするなっていうのと同義。

まぁ、必要とされる労苦で得られるものが、労苦によって失われるもの以上で有れば話は別だけど。トレーニングとかね。...ああ、そうか。ふんだら反対している人達は、その労苦以上のメリットがあると考えているわけか。

確定申告の相談をいつしようか

| コメント(0)


当方も以前は利用していた、確定申告の時期における税理相談...というか事実上の申告書作成の補助願い。分からない、不安なところは専門家に聞きたいし、けれど税理士さんを雇うほどのものでは無いかなと思ったり予算がとれない場合、一番手っ取り早い選択肢ではあるのだけど、これって無茶苦茶混むんだよね。

朝一、それこそ税務署が開く前から並んでおかないと、数十分どころか数時間待たされるなんてことも当たり前の話。今年の確定申告でも数時間待ちを伝えられて逆切れするシニアを目撃しただけに、色々と複雑な気分に。ノウハウが蓄積できたのと、ウェブで入力が可能になったので、当方は自分で作れるようになったから、もう相談を受けることは無くなったのだけどね。

で、そういう待ちがイヤンな人は、指摘されている通り、空いている時期に相談をするといいよ、というお話。繁忙期よりも閑散期の方が楽に話を聞けるのは間違いない。税務相談ってのは年中やってるからね。


販売時には当然の措置ではあるのだけど、購入側からしてみれば、そして後から考えれば理不尽極まりないのが、この防犯シール。パッケージに直貼りした粘着性の強いシールで、この配線部分が出入り口にあるアラートと反応して、必要な措置を取らないと「会計して無いのに外に持って行っちゃだめよ」のお知らせをしてくれる。

昨今ではプラケースなどが主流となって、またそうでないものもシュリンクしてからその上に貼り付けているので購入した後にさくりと外せるのだけど、昔はその辺りが結構雑で、しかもスーパーファミコンのソフトのような紙のケースにももりもり貼って、後から見てみたら剥がせないよ、的なものが多分にあった。

しかも今回は随分と時間が経過した後なので、剥がせない度合いがさらに強化された感じ。このまま買取に出してもいいのだけど、改めて買った人はいい気持ちにならないだろうなあ、ということで、いくつかの方法を用いて、でも上手くいかなかったってのが先日のお話。

確定申告で創る、役立つ自分伝承

| コメント(0)


所得税の確定申告の通常の締め切りは本日3月15日なので、色々と申告関連の話が出ている今日この頃。指摘の通り、毎年やってることはほとんど同じで、税制がダイナミックに変更するってことも滅多にないので、行程が変わることもまずないから、「昨年と同じことをしていれば大体オッケー」のはずなのに、年一の話でしかないので、ついつい忘れてしまう。お前は去年のひな祭りの日の朝に食べた食事のことを覚えているのか、的な。

ということで未来の自分に向けて、確定申告の作業にかかわるプロセスを覚書にしておいて、託しておくことで、該当時期になったらそれを開封し、過去の英知に感謝をするってお話。これ、前も記事にした記憶もあるのだけど、本当に便利。

できることなら毎年毎年気が付いたことをもりもりプロセス表に追加しておき、手順を事細かに書き足す。間違いそうなところや失敗した・後悔したことも加えておく。数年もすれば、モノスゴイ役立ち書が出来る。

「年一での話なんだから、別にそこまでする必要は無い。面倒くさい」と思うかもしれないけど、その考えでいると毎年確定申告の時期に後悔することになる。

水まわりの業者を頼む時には

| コメント(0)


台所や洗面所、お風呂などの水回りは、ある日突然イヤンな感じでのトラブルを引き起こす。はた目には異常部分が分からないし、素人の手ではどうすることもできない。こんな時には素直に施工業者に頼むしかないのだけど、賃貸住まいの場合は大家さんとか管理会社に連絡を入れると、大抵はそこ経由で専門業者が派遣されて、ロハで修理をしてくれる。何しろ借り物が自然な利用で壊れたのだから。

でも面倒くさかったり、持家でのトラブルの場合は、自分で業者にアプローチをかけることになる...のだけど、インチキとかペテンとか悪徳業者に引っかかったらどうしようってはある。当方も収集しているけど、マグネットシートで宣伝をしてくる業者は山ほどあるからねえ。この中でどれほどが誠実な業者なのか、スットコな業者なのか、それは誰にも分らない。

で、そういう時には何を基準にすればいいのかってことで、その一つとして公的機関が承認しているところを使うというもの。今回は東京都内だったけど、他の都道府県でも似たような仕組みはあると思うし、お役所に聞いてみるのもありだろう。

半年ごとの防災チェック

| コメント(0)


明日は3月11日ということで東日本大震災を思い返す日ではある。これは何度か以前から指摘している話だけど、防災の日が関東大震災の9月1日に当たるため、それと合わせて東日本大震災の3月11日にも同じように防災チェックをすれば、ほぼ半年に一度の周期でチェックできるようになる。ある意味、都合のよいインターバル。

まぁ、乾電池とか医薬品とかは年単位で日持ちをしてくれないと困るのだけど、食料品の類は下手をすると1年は際どいなってのもあるからねえ。半年単位でチェックを入れで、賞味期限がマズいようなら差し替えをってことを考えると、半年一度の内容精査は悪い話ではない。


引越し業者の確保が大変ナリー、という話はよく出てるけど、その引越し業者を使って一人暮らしをはじめる人も多いはず。で、色々と一人暮らしにかかわる注意喚起がなされているし見聞きしている人も多いだろうけど、個人情報の取り扱いにはあまり注視がされていない。要注意ってことで覚書。

特に地方から出てくる人は(決して馬鹿にしているわけでは無い。周辺環境の違いというまでの話)、人口密集地帯での注意が必要。外で見かける人がすべて自分の知り合い、近所の人ってことは無い。だから指摘されている通り、自分の住処に関して他人に悟られないようにするとか、自分が目を離したすきに何かやられないようにしなきゃならないとか、玄関のドアを開ける際には周辺に気を付けるとか(動画は上げないけど、そういう注意喚起的な動画もあったよね)。オーバーかもしれないけど、一歩外に出たらそこはもう戦場。

ゴミにしてもそう。個人を特定できるようなものは、ごみであっても気軽に捨てちゃダメ。アマゾンで荷物が来たらそのラベルとかも。銀行の支払い明細とかはもってのほか。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちノウハウカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはソフトウェア・ウェブサービスです。

次のカテゴリはマスコミ・報道です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31