「安い予算だからちゃっちゃっとやってよ」が許されない理由

| コメント(0)


創作業などの自営業者ならば何度となく見聞きするであろう、予算や時間がないから適当に力を抜いていい加減なものでもいいので、さくりと仕上げてよというアプローチ。依頼している側はラーメン屋での半チャーハン感覚で語っているのかもしれないけど、手掛ける側としては大問題。

引用元にある通り、単純に割り算でできるほど仕事は割り切れるものではない。それになりより、手を抜いて作ったものでも、第三者には自分の作業した結果作られたものとして知られてしまうし、手を抜いた・予算が無かったのでなどという裏の事情までは語られることはないので「この人はこの程度のものしか作れない」という認識を与えてしまうことになる。

要は手抜き作品が自分の看板として出回ってしまうので、大打撃を受けかねないというわけだ。報酬は酷いもので自分の評価価値も落とされてしまう。こんな話を受ける必要などどこにあるのだろうか。

そう考えると、「安い予算だからちゃっちゃっとやってよ」などという話は許されるものではないし、アプローチがあっても受けちゃいけない類のものに違いはない。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年10月28日 07:50に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ロッテリアも謎の略名セットを展開するようになったのか」です。

次の記事は「ローソンでマスクに広告をつける手法を始める」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31