紹介・レビュー・コラムの最近のブログ記事

↑ 「えびのせ天ぷら」(コスモ食品)
↑ 「えびのせ天ぷら」(コスモ食品)


先日の記事【カップ麺のかりかりな丸い天ぷらを自分で増強できるアイテム】で紹介した、ローソン100で販売されているという、カップ天ぷらうどんなどに入っているカリカリな天ぷらの具材が、別売りされている件。別件で西友周りをした方が良い事情もできたので、随分と手前の駅で降りて徒歩でローソン100をチェックし、確認。乾物コーナーにもりもり置かれていて、これは結構人気があるんだなと実感。


クリアランスセールのレゴを探しに足を運んだ二軒目のイオンでは結局空振り三振だったけれど、せっかくなので玩具コーナーとかを回っていたところ、カプセル玩具コーナーで目が留まる。最近はネタが飽和状態で逆に手を出しにくくなっているってのが本音のところのカプセル玩具なんだけど、これは別格。まさに一目ぼれ。なにそのはまりまくったポーズは。

1回300円なのでちょっとコスト的にハードなところもあり、1回だけチャレンジ。何が出るかなあ。


先日の【レゴ (LEGO) ネックスナイツ バトルスーツ ランス(70366)が完成しました】に続き、贈呈品のうちレゴのネックスナイツの新シリーズ、バトルスーツのクレイ(70362)が完成した。クレイってのは搭乗しているキャラの名前で、そのまま使っている武器クレイモアソードにも通じるところがある。で、今件バトルスーツが装備しているのも当然、クレイモアソードの大型版。


先日足を運んだ上野駅での話。駅構内の出店の数々をチェックしていたのだけど、その時に目に留まったのが、この上信越ガチャ。以前ここでも紹介した記憶もあるのだけど、地域の特産物をカプセル玩具に収め、記念品として手元に残しておいてほしい的なコンセプトの造形。アンテナショップ的なものの一環として配されていた。本来ならばその地域に足を運ばないとトライできないものが、上野でチャレンジできるだなんて、超ラッキー。

とはいえ1回400円ってのはちょっとハード。運試しに1回だけチャレンジ。自宅に戻ってから開けてみた。


先日から時間を見つけて積みレゴとか賜わっていたレゴを少しずつでも作り上げていくプロセスをこなしている。お掃除がある程度進んできて、そろそろレゴの仕分けができる段階が見えてきたかなという感があるので、ね。

で、先日は昨年末にいただいた、ネックスナイツの新作シリーズバトルスーツの白系統「ランス」を開けて、ざっくりと組み立てた。人より作るのが遅いので時間をまとめて取らなければならないし、一日で終わるかなあとちょいとばかり心配だったのだけど、パーツ数は100にも満たないし、構造も容易であっという間に完成。しかしながら造形は非常によくできていて、以前創ったニンジャゴーのドラゴンの完成の時のような感動すら覚えた。

まんがタイムきらら2017年2月号 読了

| コメント(0)
↑ まんがタイムきらら2017年2月号
↑ まんがタイムきらら2017年2月号


表紙は「あっちこっち」。イメージは本編に合わせる形で、ダメになるクッション。カラーリングが巧みでポップなかんじ。巻頭カラーは前回に続き「みてみてきらら」。この枠を使うのは結構もったいない気がするけど、それだけ力を入れているんだろうな。加えて「きららBAR」なる企画も始まってるし......。いったい何があったんだ。


昨年アマゾンの欲しいものリスト経由で賜ったレゴ商品の一つ、「スター・ウォーズ バトルパック「反乱軍」(75131)」。ようやく時間を確保して手掛けることができた......って思った以上にパーツが少なくて、あっけなく完成。全体で100足らずなんだけど、ミニフィグが4体あるし、銃周りの部品が結構多いので、スピーダー本体は50ぐらいに留まっていたこともあり、サクッと完成。

でもこのスピーダー、少ないパーツの中でそれっぽさを見せるために、色々と機構的な工夫がしてあるのには感心。なるほど、こうやって見せるのね、的なところもちらほら。銃そのものも手持ちのハンドガンと短機関銃の違いの表現の仕方とか、大変勉強になった。よもや蛇口を使ってストック部分を表現するとは。

ヤングキングアワーズ2017年2月号 読了

| コメント(0)
↑ ヤングキングアワーズ2017年2月号
↑ ヤングキングアワーズ2017年2月号


表紙は「ドリフターズ」。アニメは先日終わったばかりだけど、「アニメ第2期制作進行中!!」とあるので今後の動向に要注目だ。原作との兼ね合いはどうなるのかな、というか原作がいつ終わるのかも合わせ、色々と気になるところ。

↑ まんがタイムきららキャラット2017年2月号
↑ まんがタイムきららキャラット2017年2月号
↑ 「ブレンド・S」のアニメ化速報
↑ 「ブレンド・S」のアニメ化速報


表紙は「ブレンド・S」。ここしばらくの間、異様なプッシュの仕方とストーリーや絵柄的にもマッチ感が半端ないことから、恐らくそうなるのだろうなあという感のあった、アニメ化のお話が表紙と巻頭カラーで。声優の割り当てとか、どのスタジオが作品の担当するかなど、詳細は今後のお話、ということで。

ミゼットI(アオシマ文化教材) 取得

| コメント(0)


先日出先のガチャ群で見かけた、ミゼットIのガチャ。ダイキャスト製ではなくプラ製だけど、ちょっと引かれるものがある。先日レゴでミゼットⅡを創った時にも何度となく目にしたし、その独特なスタイルの愛らしさには惚れてしまう。実物を目で見たことは......小さい頃に何らかの展示会か何かであったかな? 動画などならともかく、対面した記憶はほとんどないけれど(それをいったらミゼットⅡも無いのだけどね)。

で、1回300円と結構ハードな価格設定なので、1度だけチャレンジ。

まんが4コマぱれっと 2017年2月号読了

| コメント(0)
↑ まんが4コマぱれっと 201年2月号
↑ まんが4コマぱれっと 2017年2月号


定期購読刊の4コマ誌のうちの1つ。一迅社発行。講談社の完全子会社化をしたけれど、吸収合併ではないので発行母体は一迅社のまま。表紙は「すのはら荘」。季節感にマッチしたデザインではあるけれど、正直色々と買いにくいのには違いない。新連載の「月のテネメント」が胸部に追いやられたと作者自身が語っていたけど、それも納得。


先日サンタさんのソリみたいな運送状態を表示したアマゾンへの注文で調達したアイテムの一つ、トミカの郵便配達車両。クロネコヤマトの宅急便の専用車両と共に、最近の外回りではよくみかける車両で、ちょっといいなあと思っていたもの。合わせ買い購入専用品なので、ようやく先日入手する機会を得られた次第。

可動部分はサスペンション以外は後ろの扉のみで、側面のスライドドアは固定されてしまっている。ちょっと残念だけど、この価格とサイズでは難しいかな。全体的な形状、雰囲気は十分につかめるので、これで良し。色々な意味で今後の参考になりそう。

最近の記事25件

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち紹介・レビュー・コラムカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは科学・技術・健康です。

次のカテゴリは経済全般です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31