紹介・レビュー・コラムの最近のブログ記事

まんがタイムきらら2018年8月号 読了

| コメント(0)
↑ まんがタイムきらら2018年8月号
↑ まんがタイムきらら2018年8月号


表紙は「けいおん!シャッフル」。ビックリマークは1つ。果たしてあのブームから結構時間が経ち、社会の需要も変化しているけれど、再び受け入れられることはありや否や。

↑ まんがタイムきららキャラット2018年8月号
↑ まんがタイムきららキャラット2018年8月号


表紙は「ブレンド・S」。テレビアニメのBD・DVDが発売中ということで「お待たせ!」的なキャッチ付き。カラーリングも併せ、表紙のデザインとしては秀作。ああ、でも図書カードだと背景が黄色と白の水玉模様になっちゃうのね。

まんが4コマぱれっと 2018年8月号読了

| コメント(0)
↑ まんが4コマぱれっと 2018年8月号
↑ まんが4コマぱれっと 2018年8月号


定期購読刊の4コマ誌のうちの1つ。一迅社発行。表紙は「すのはら荘の管理人さん」。アニメ放送直前ということで大プッシュ...だけど色合いがなんだかパステルっぽくてちょいと薄い。アニメタッチにシフトしてるのかな、これ。巻頭カラーなどのビジュアルを見ても、それっぽいな。それにしてもキャスト追加が随分と多いこと。


実はゴールデンウィーク前後から色々とどたばたしていて、精神的にも時間的にもリソース面でも色々と辛い状態にあったりする。元々メンタルが強い方では無いので、心の揺らぎがすぐに体に出てしまい、それが心配でさらに心身ともにダメージを受けるという、ネガティブスパイラル状態。心配性の度合いが強いってのもあるし、これは元々の本性というか性質的なものなので、仕方が無いところではあるのだけど。

その影響もあり、最近食事が上手く取れないでいる。先日もちらりと触れたけど、空腹なのに食欲がわかないとか、食事を作るモチベーションが出てこないとか。かといってとびきりの御馳走を食べたいわけでも無く、外食をしたいという思いも無い。

で、そういう時にうってつけ...というか食べないとまずいだろうなあという方向の想いが働いた時の頼もしい存在が、セブンイレブンの冷凍食品。いや、冷凍食品は一般スーパーにも色々とあるし、コンビニに限ってもローソンとかファミマもあるのだけど、やはり品ぞろえと味の安定感、シリーズ内の統一性という観点では、セブンイレブンか一番頼れる存在だったりする。

以前から注目していて時々頼っていた存在が、この冷凍パスタシリーズ。電子レンジがあればお気軽に作れる。水を足す必要すらない。しかも思った以上に美味しいので、食欲がわいていない時にでもするりと口に入る。これはありがたい。量も多く無く少なく無く、ちょうどよい塩梅。足りないと思ったら、やはり冷凍の餃子を調達すればいい。下手にお弁当を買うよりも確かだったりする(ご飯はあまり喉を通らない時ならばなおさら)。

まんがタイムきらら2018年7月号 読了

| コメント(0)
↑ まんがタイムきらら2018年7月号
↑ まんがタイムきらら2018年7月号


表紙は「スロウスタート」。アニメ版はすでに放送は終わっていて、DVD版が逐次発売されるということで、その紹介やらプッシュやらが巻頭カラーでもりもりと。

↑ まんがタイムきららキャラット2018年7月号
↑ まんがタイムきららキャラット2018年7月号


表紙は「Aチャンネル」。発売時は梅雨入り期間ということで、梅雨の情景を。雰囲気が出ていて大変よろしい。巻頭カラーはキルミーベイベー10周年。でもまだ終わりじゃないよ、的な。

まんが4コマぱれっと 2018年7月号読了

| コメント(0)
↑ まんが4コマぱれっと 2018年7月号
↑ まんが4コマぱれっと 2018年7月号


定期購読刊の4コマ誌のうちの1つ。一迅社発行。表紙は「サキュバスさんのはつしごと。」。色合いのせいか表紙に限れば、随分と絵柄が変わったような雰囲気。巻頭カラー特集は「すのはら荘」。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち紹介・レビュー・コラムカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは科学・技術・健康です。

次のカテゴリは経済全般です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31