ステキデザインの最近のブログ記事

ロート製薬株式会社(本社:大阪市、社長:吉野俊昭)は疲れ目に冷たくて気持ちの良い清涼感の'爽快系'目薬「ロートジー®」ブランドを1987年に発売し、今年で30周年を迎えます。そこで、30周年を記念して、誕生から30周年を迎えた国民的人気ゲーム「ドラゴンクエスト」とコラボし、『「ロートジー」スライム型目薬』(限定品)を2017年5月27日(土)に全国の薬局・薬店にて発売します。発売以来、使いやすさと「スクエア(四角)ボトル」で多くのお客様にご好評いただいているロートジー容器が、ドラゴンクエストといえばおなじみのモンスター「スライム」に変身!コラボを機に初めてその姿を四角から変えて、可愛らしいスライムの姿を目薬容器で初めて忠実に再現させました。その愛らしい姿、容器からは想像できないロートジーの爽快感と気持ちよさを「かいしんの一滴!」と言うキャンペーンメッセージでお客様にご提案してまいります。

ブランドが30周年を迎えるから何か面白い企画をして盛り上げたいって気持ちは分かるけど、なぜか突然ドラクエとのコラボを決めて、それを実行に移せるってのは素晴らしいの一言。内部に頭の回転が速い人がいて、すぱっと企画を決めてぐいって押し通してしまったんだろうな。大絶賛。


当方は現在はプラモづくりをしているわけではないのだけど、この発想はダイナミック素晴らしいものであるし、何か細かい作業をする時には大変役に立つ、便利過ぎるアイテムに違いないということで、覚え書きも兼ねて。

写真を見ればほぼすぐに理解できると思うのだけど、ダイソーなどの100均ショップで売っている大型の洗濯ばさみ(布団などをはさむやつだね)と、普通のピンセットが材料のすべて。洗濯ばさみは写真にあるように、はさむ中身の部分が丸っこく変形しているのを選ぶ事。

京都水族館の開業以来、いきものをかたどった可愛らしい見た目とこだわりのおいしさで人気を集めた「すいぞくパン」が、開業5周年を記念してリニューアル!京都市南区の「フルニ京都」が製造を手がけ、毎朝工場から直送します。カメ、ペンギン、チンアナゴ&ニシキアナゴ、カエル、ゴマフアザラシ、イルカ(スコーン/2種)の全7種類。

以前似たような菓子パンを紹介した記憶もあるのだけど、リニューアル云々とあるので良い機会だからということで。もっとも今件のツイートは、実のところパクツイまがいのアカウントがツイートしており、出元も明記されていなかったのでこちらで探して再ツイートした次第。 街のパン屋さんみたいな独創的な形をした「すいぞくパン」は、どれもが皆愛らしくて食べてしまうのがもったいないぐらい。ずらりと並んだその場の情景に、しばらく幸せな時を過ごせるに違いない。

ダ鳥獣ギ画がステキナイスすぎる

| コメント(0)


先日紹介した、鳥獣戯画をベースにしたフリー素材のサイト【ダ鳥獣ギ画】。ブックマーク一覧に収めてイメージカットが必要な時の検索先として登録済みなんだけど、定期的に新作が登録されるので、例のいらすとやさん同様に要注目な感じ。あの独特の筆タッチを活かしたまま現代のさまざまなビジュアルを再現していて、アクションフィギュアで作ったような面白さを覚えさせる。

これなんか元の鳥獣戯画じゃ絶対あり得ないシーンだけど、彼ら(!?)がバーに居たら絶対こんな情景になるよね、的な。黄昏うさぎとちょいと粋なバーテンのかえる。いいよね、これ。

一度でいいから、ホラー映画みたいにサメや巨大イカにがぶっと食べられてみたい...そんな妄想が簡単にかなってしまう、夢のような寝袋が日本でもご購入いただけるようになりました。

海外ネタで何度か紹介され、話題を呼んでいる、そしてアマゾンなどでも平行輸入品として取得は可能な、サメの形をした寝袋がようやく日本にも上陸した......ってまるでジョーズみたいだな。

まぁ、写真を見れば分かる通り、アイディア勝負の一品。寝袋としての機能性に問題は無く、自己満足と他人に披露するのがスペシャルな効用という感じ。旅行の際に持っていくとウケるだろうな、これ。

上海問屋は、子供も大人も大好きなおもちゃのブロックで遊べる、フルサイズのUSBキーボード(英語配列/109キー)の販売を開始しました。通常のキーボードの上部に、ブロックをはめるスペースがあります。ブロック文字やフィギュアをレイアウトするなど、楽しみながら好みのデザインにカスタマイズ出来、デスクが常に癒しの空間になります。縦サイズは約15cmと、通常のキーボードと変わりません。キーピッチは約19mmで打ちやすく、キーストロークは約2mmと、軽快に文字入力ができる薄型デザインのパンタグラフキーボードです。109キーのフルサイズで、自宅用、オフィス用どちらにもおすすめです。便利なショートカットキーも搭載。ブラウザやメールソフト、電卓などをボタン一つで起動できます。

作業場の机の上に色々なフィギュアやミニチュアを置いて癒し的効果を期待したり、ちょいと疲れた時に触れて気分転換のツールとしたりってのはよくある話だけど、キーボードの上に造形を置くスペースを作り、しかもそれがレゴ、もといブロック玩具の企画に合わせてあるとは。色々な意味で「その発想は無かったわ」というツッコミをしたい。

ファンクションキーの上側に幅4ポッチのブロック玩具向けのスペースが用意されており、そこに自由にブロック玩具を配する事ができる。先日レビューした名刺立てのような実用ツールを作ってもいいし、色々なミニ情景を構築しても良い。レゴに関しては基幹部分の特許はすでに切れているので、権利周りは問題無し。

パワーポイントと霞が関曼荼羅と

| コメント(0)


プレゼンテーション、講演をする際に説明用の映像として出力のために作り上げる解説スライド。パワーポイントで作る人が多いけど、スクリーン投影が前提の場合は小さい文字では読めないので、必然的にでかいものとなる。他方、そのスライドを手元に残すために持ち帰りたい人にとっては、細かい資料の方がありがたい。なんだか矛盾。

以前も言及したけど、投影するスライドはあくまでも概念的なもの、解説サポート的な存在で、解説そのものではそれを骨組みというか足がかり的なものとして、色々と肉付けしながら説明していく。聞き手側はおそらく同時に配られているであろうスライドと同じ内容のプレゼン資料に、講演の内容を書き記しながら補完していく。いわばスライド≒プレゼン資料は塗り絵みたいなものと思えばよい。細かい資料に需要があるのなら、別途作って提供するのがベスト。

魔改造なコンビニは実在した

| コメント(0)


先日真隣りに引っ越ししたコンビニのことについて触れたけど、昨今のコンビニラッシュは色々と考えさせられるものがある。数自身は増えているのは違いないけど、段々と無茶な場所とか元々別の店舗があった場所に強引な形で建てられていたり......建築費節約の意味合いもあるのだけど、以前はどんな建物だったのかなと考えてしまうコンビニを見つけると、古代遺跡に遭遇したような雰囲気を覚える事もある。

今件は元倉庫のファミマ。いかにもトラックが出入りするような、大型の倉庫がベースになっている感じ。改装費用も安くて済むし、駐車場も広く採れるからこのままにしたのだろうけど......なんというか、アレだな。歴史を感じさせる。


先日【鳥獣戯画のフリー素材は実在した。しかもアレンジ版もある】で紹介した、鳥獣戯画なフリー素材「ダ鳥獣戯画」。作り手がヒューマンピクトグラム2.0と同じところなので、ネタ的なアレンジが秀逸だから、色々と面白いものがあるのだろうなあと色々と検索したり、タグ機能で類似画像を探って大よそのレパートリーの把握中。昨今の情勢に合わせ......というかスピード感が否めない的なものもいくつか見受けられた。

その一つがこれ。まぁ、お近くの国の将軍様っぽいカエルだよね。というか「ダ鳥獣戯画」でアレンジして作られた新作って、ほとんどがカエルメインなんだよね。ウサギとかサルはあんまりない。作り手側がカエル好きなのかな。


今朝がたツイッターのタイムライン上に挙がってきたみじん切り器、アマゾンで確認したら結構すぐに見つかったので覚え書き。実のところ当方も電動式のちょっとしたみじん切り器は持っているのだけど、10回ほど使ってお蔵入り。いや、確かにみじん切りにすること次第は1、2分で済むぐらいに爽快なんだけど、前準備と後始末に結構時間がかかるし、事故リスクを恐れてびくびくしながら操作するのは、やはり健康によろしくないのだな。

今件商品は電気を使わず取っ手を引っ張るだけの構造。えーと、自動コマ回し機みたいな構造なのかな。確かにあれも回転運動を起こすものだけど。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちステキデザインカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはサルベージです。

次のカテゴリはソフトウェア・ウェブサービスです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31