ステキデザインの最近のブログ記事

マジでやばい」「何でも切り抜いてくれる」「二次絵もいける」──AI技術を活用し、画像をアップロードすると被写体だけを切り出し、背景を削除してくれるWebサービス「remove.bg」がネット上で話題を呼んでいる。以前は人間のみに対応していたが、動物やアニメキャラクターなども切り出せるようになり、驚きの声が上がっている。

先日ツイッター上で目に留まったサービス、remove.bg。任意の画像をアップロードすると、その中から注目対象となる人物や造形を自動で選択して、それ以外の部分を削除して出してくれるという、未来を実感させるもの。商品写真やらコラを作る時には欠かせない技術で、色々な教本サイトとかアドバイス集が出ているテーマを、ウェブサービスでさくりと実装してしまった。

雪が降ったらアヒルを量産しよう

| コメント(0)


道路などで見かけるステンレス製のアーチの上にちんまりと置かれていることがある、小型のアヒルちゃん。あれと同じようなものを雪玉として、もりもり作ることができるアイテム。大型のペンチみたいなものでざくりと雪を挟むと、それがそのままアヒルちゃんの雪玉になるという。

だからなに、と言われるとそれまでなんだけど、ちまちま作ってもりもり並べると、なんだかいとおかしって感じだし、ほっこりしちゃうよね。


お弁当のような「すぐに食べたいから足を運ぶ」ような食品はいざ行ってみたら無かったりすると超がっくりするもの。待っているのもお間抜けだし時間がかかる。コンビニが商品交換・補充のローテを高頻度にしているのも、機会損失を極力減らすってのが大きな要因だったりする。

そのような損失を減らすため、お店の在庫状況を自宅からでも確認できるようにしたのが、今件の話。YouTubeの生配信機能が使えなければできない話だけど、リアルタイムで店内を配信しつづけ、お弁当の在庫状況を公開した次第。何か意味があるのかと最初は思ったのだけど、在庫のある無しが分かるから、お店を利用できる距離にある人は様子を見て、買うタイミングを見極められる次第。見方を変えれば在庫を常に豊富にしておけば、お客を誘うためのアピールにもなる。

万引きが減るという話もあるけど、そもそもお弁当を万引きする輩がいるってのにはちょっと驚いた。店内に人、いないのかな、これ。まぁ、それが減るのならよいことではある。

鉄道好きな子供のおもちゃ箱に

| コメント(0)


普通の箱にだと片付けを億劫がっても、片付ける行為自身もまた楽しいものとしてしまえば積極的にやってくれるだろう。そういう発想の転換として評価したいのが、このコンテナボックス。確かに名前の通り、コンテナの形をした箱に違いなく。

段々と飽きがくるかもしれないけど、それでも好きなジャンルの造形をしているものを使っていることの優越感や行動の後押し感は強いことに違いは無い。確かにプラレールの入れ物としては最強伝説だろう。

コンビニのミニシールド

| コメント(0)


無論すべてのコンビニがこのスタイルというわけでは無いけれど、防犯アイテムとしてこの形の手持ちのミニシールドを実装しているのは結構昔からのお話。かなり以前に、某セブンでこれを実装していたことを写真付きで説明した記憶もある。まぁ、防犯との絡みもあるので、あまり表に出てこない情報だけど(防衛問題と同じ)。

で、よくよく考えてみたら、レジが休止中にお知らせボードとして用いられる、あのつい立って、このミニシールド(小型防護盾 レニーガード)とスタイル的に似た部分があるので、流用するってのは大変効率的。この発想は無かったわ。

お祭りとかコメディとかで登場しそうな、息を吹きかけるとピーという音と共に伸びていく笛が多数多方向に向けて装着されている笛。商品名が「地獄のピーヒャラ」と見た目とはギャップがありすぎる名前なんだけど、確かに真面目な場でいきなりこれを吹かれたら、色々な意味で終わってしまう感じではある。モンティパイソンとかドリフでよく出てきそうだよな。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちステキデザインカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはサルベージです。

次のカテゴリはソフトウェア・ウェブサービスです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30