ステキデザインの最近のブログ記事


最近の印刷証明付き部数動向を見ても、これはどう考えても付録効果によるものだろうという部数増加が著しい「幼稚園」。その最新号、4月1日発売予定の5月号に、公衆電話そっくりの付録がついてくるという。

造形としては高さ30センチで実物よりは小さめでややスマートな形ではあるけど、コピーにもある通り本物そっくりと評価してもよい状態。ボタン部分はプラスチックス製で本物と同じサイズのテレホンカードの見本(紙製)もついてきて、電話をかける真似事をして受話器を置くとちゃんとテレカが戻ってくるというこだわり。コイン投入口には10円玉が入るようになっていて貯金箱としても使える。受話器のコード部分はウレタン製。やばいな、これ。

日清食品が"置く"専用のおにぎり「置(お)にぎり」のプレゼントキャンペーンを開始しました。置く専用なので食べることはできません。ランチ中にカップスープなどを食べているとき「お昼、それで足りる?」「糖質制限中?」と言われないために開発されたという需要激狭の一品。パッケージのリアリティ、お米の質感、サイズに至るまで完璧に再現されており、初見で「置にぎり」であることを見抜くのは不可能だと思われます。

要は本当に騙されるのならオッケーで、置物である事に気が付いてもツッコミ不要のアピールができるというアイテム。まぁ、置物と気が付いたら気が付いたで、色々と茶々を入れてくる筋はあるのだろうけど。

コンセプトとしては非常に面白いし、自分の状態を他人に知ってもらうためのマークの類(マタニティマークとか)とコンセプト的には近しい気がする。こういう発想って当方は大好き。

「下に落ちたら死ぬ」遊びのツール

| コメント(0)


サメが出てくる映画ではよくあるシーンだし、漫画でもこの部分だけをつけて他人を脅かす的なジョークアイテムは出てくる。海外の面白グッズの中にはこんなものもあったような気がするけど、ともあれネタとしては最強の部類。

ぱっと見、競争用ボートのようにも見えるけど、想像力をフルスロットルさせればあっという間にサメのひれの部分。やべぇ、囲まれてるよ、という感じになるよね。ごっこ遊び用としては最強アイテムかもしれない。落ちたら命を落とす白線ぐらいのパワー。

ポテトバーガーという発想

| コメント(0)
米ファストフード大手バーガーキングがニュージーランドで、フライドポテトだけをはさんだバーガーを売り出し、ソーシャルメディア上で話題を呼んでいる。


バーガーキングは最近、植物性の代替肉を使ったハンバーガーなどを販売しているが、新商品の「チップ・バティ」はバンズの間にマヨネーズとケチャップ付きのフライドポテトをはさんだバーガーで、価格は2NZ(ニュージーランド)ドル(約140円)。これにベーコンを加えた商品もある。


たまたまの失敗で発明した的な説明はあるけれど、発想としては結構前からあるものだし、特段珍しいものでは無い。ただ以前にそういうものが無い系列のものにとっては珍しい話に違いない。感覚的には普通のバンズでマフィンを挟むようなもの、かもしれないから。そういや先日、カレーパンをサンドイッチのパンで挟むという商品があったよな。

個人的には悪くないアイテムだと思う。賛否両論とはあるけど、全員が嫌っているわけじゃないし、賛否という時点で賛同する人が相応にいるのだから商品としては成功に違いなく。第一、例えば餃子定食とかお好み焼き定食とかグラコロとか、似たような性質の食品はいくらでもある。


タイトルがよく分からない状態になっているのだけど、津留崎先生の『教えてFGO! 偉人と神話のぐらんどおーだー』はFGOを遊んでいない当方にも色々とためになるしきっかけを作ってくれるし何よりも面白いということで、連載更新が楽しみだったりする。先日からは葛飾北斎の話が始まっているのだけど、そこで気が付いたのが、この変顔。

葛飾北斎の作ったスケッチ画集「北斎漫画」の話で、その話の流れの中で実際の「北斎漫画」っぽいものが背景に描かれているのだけど...3コマ目に描かれている変な顔の一覧に思わず吹いた。

指を鼻と目にやって釣り顔を作ったり、鼻にひもをつけてみたり、挙句の果てには割りばしっぽいのを鼻と歯茎に刺してみたり。最後のは最近の芸人のネタじゃないかって感じで、北斎漫画っぽいのを自作して追加したのかなあ、と思っていたのだけど。


最近のウェブサービスやアプリの類は、ソーシャルメディアのアカウントを持っていることが前提だったり、連携できることが強みの一つであることから、ソーシャルメディアのアカウントを流用して使うことができるようになっているのが増えている。わざわざそのサービス利用のために新たに登録しなくてもいいよ、ということにすれば面倒くささが無くなるので利用ハードルも下がるだろうという配慮的な面もある。

一方でそのようなスタイルのが増えてくると、自分がどの方法でログインしたのか忘れてしまうことがある。ツイッター、フェイスブック、インスタグラム、それとも独自の登録ID?

ということで前回ログインしたのはどの経由でなのかが分かるといいよね、というのは然りとしか言いようがない。まったくもって同意。


EU離脱で何かと話題の大英帝国ことイギリス。そのイギリスを代表するベッグベンになってしまったアヒルの造形。うん、自分でも何を書いているのか分からないけど、写真を見れば分かるはず。

これを作った人が何を考えているのかまでは推し量れないけど、なんか有名なものとゴムのアヒル玩具を合体させるといいんじゃないかな、というぐらいの軽い気持ちだったことは容易に想像できる。ただ、それを実際に成してしまったのは勇気がある。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちステキデザインカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはサルベージです。

次のカテゴリはソフトウェア・ウェブサービスです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31