画像の最近のブログ記事


先日外回り先のデパートのガチャコーナーで見かけた、どこかで見たようなアイテム群......って確かこれ、2月1日付で展開開始だから、初日から導入したのかとちょいとばかり驚き。ここってこんなに導入スピード速かったのかと感心しながら1回だけチャレンジ。時間があまりなかったし、1回300円なので、複数回トライはちょっとためらってしまうだ。

そこで同誌では、インターネット上の写真に関する著作権問題にクローズアップ。「どこまでが引用になるのか」といった基本的な疑問に答え、実際に写真家が盗用の被害にあったケースを検証する。同誌によると、多くのケースでは、サイト管理者に支払いを申し入れると、訴訟に至らず使用料が支払われたという。


加えて、盗用に対する対処方法も紹介。弁護士監修のもと、抗議や使用料の請求を行うための「文書サンプル」を作成し、掲載している。


動画や写真などのマルチメディア系コンテンツ(要はテキストで無いタイプ)は改ざんが難しい、独自性が高いなどの理由で、作品としての保護が成されやすく、権利も主張しやすい。多分にそれ単独での訴求力もあり、商品価値が高いってのも要因かな。一枚の写真でも大きく心をとらえ、色々と想いを馳せてしまうってのはよくある話だし。

一方、昨今ではデジカメやスマホで誰もが写真や動画を撮れるようになったことで、その媒体としての価値が軽いのではないかとの認識も少なからずある。沢山ある中の一枚だし、俺だけじゃないし、別にいいよね、的な。

で、昨年末のDeNAにおけるWelq問題で、その辺りの無断使用(引用にあらず)の話が大きくクローズアップされたわけだけど、実のところこの辺りの問題は以前から多方面で指摘されていて、それがたまたまスポットライトを浴びて社会問題化したのがWelq問題だっただけに過ぎない。


これは多分に自戒の意味も込めてなんだけど。先日もそれっぽい官公庁の出典として表記された上でそれらしいグラフが添付され、それを元に経済面でのあやしい主張がなされていた。で、普通の人は「公的機関からの出典データということだし、グラフに間違いはないだろう。そのグラフに裏付けされている主張だから間違いないだろう」と、何の疑いも無くすっと信じ込んでしまい、それを他人にも教え広めてしまう。

で、語られている文言に何となく違和感、そして同時に既視感的なパターンの香りを覚えたので、グラフを抽出した上で画像検索をしたら、案の定、某政治団体の機関紙「レッドフラッグ」だった次第(ツイートでは「フラグ」とあるけど、こちらの方がよりわかりやすい)。

ここって一例を挙げても、以前【「軍事費の推移」というグラフで思うもの】で解説したように、防衛費絡みでやらかしをご披露したところ。先日の池上氏のグラフによるお話と、本質的には何ら変わりのない、唾棄すべきレベル。そして語られている文面も、その辺りのバイアスをふっ飛ばしてじっと読み直してみると、首を傾げるレベルだったりする。ごく一面しか語られていなかったりとかね。


昨日は半ドンでしかもキャラットの写真撮影をする必要があったため、良い機会でもあり、自分のオリジナル的なレゴの作品の写真を撮っておくことにした。2016年の総決算的な。既製品は原則、組んだ後にばらしてパーツにしてしまうけど、自分のオリジナルのは極力残すことにしている。大部分はLDD(レゴのCADソフト)にデータとして残しているので、パーツさえあれば再構築はできるのだけどね。

で、まずは車両編。一部実商品からの転換(模倣品の上、色変え)もあるけど、ほぼオリジナル。シニアカーは車......といえるのかな。コメントで指摘しているけど、普通乗用車の類が無かったりする。


先に触れたけど、ミゼット2を設計した時に色々と調べものをしている中で、セブン-イレブンが宅配に利用している、トヨタのコムスが目に留まる。共通点は多いし、なんだか親近感がわいてきた。設計は困難だろうけど、チャレンジしてもいいかな......ということで、色々と資料探し。

以前写真を撮って画像素材はあるし、何なら近所のセブン-イレブンでさらに追加資料を撮れば良い。ただ、やはり手元に実物あるいはそれに近いものがあると、よりわかりやすいよねということで、昨年限定発売された、セブン-イレブン仕様のトヨタ・コムスのトミカを探しに店舗をはしごしたけど、もう一年も経過しているので、当然在庫の類は無し。スターウォーズのトミカとかばかり。

アマゾンに在庫はあるのだけど、いずれもプレミア価格。まぁ仕方ないといえばそれまでだけど、ちょいとシャク。仕方が無いので通常版のコムスなトミカを調達して、それで構想用の素材としよう、的な。


昨日はアメリカ合衆国の大統領を選抜する選挙人を選ぶ選挙(実質的な大統領選挙)が行われ、他のニュースがほとんど吹き飛んでしまった感がある。株は思いっきり売られて為替はもりもり円高にシフトしたけど、今朝色々と市場を確認したら、ほとんど戻っているので、やはり「トランプ・ショック」的なパニック状態だったと見るのが無難。FXをやっている人とか信用取引の人は大変だろうけど。

で、以前から色々と組み合わせてどうにか造形として作り上げていた、大統領候補のミニフィグ(レゴのフィギュア)で情景づくり再び。まぁ、この時点ではまだどっちかわからなかったのだけど......


ようやく必要なポイントが貯まったこともあり、クロネコヤマトメンバーズのポイントを消費して、非売品のミニカー(ダイキャストカー)のクロネコヤマトミニカー・ウォークスルーW号車とクール宅急便車を注文、と記事にしたためたのは先日の話。注文自身は5日だったけど。

で、先日それがめでたく到着。えーと、2週間ぐらいかかると思って身構えようとしたら、構える前に懐に入ってきた感じでちょっとびっくり。でもこれはうれしいサプライズ。箱そのものも車を模していて、駄菓子の付録的な感じになっていてステキナイス。


それこそ毎日更新するようなペースでネタを提供してくれるいらすとやさん。また新しいネタはないものか......とアクセスしたところ、ぱっと見でちょいとした違和感。よく目を凝らしてみると、なんだか新しいサイトへのリンクっぽいバナーが。ハッキングだの埋め込み広告で怪しげなものでもなさそうなので、確認したら出てきたのがこのサイト、ねんがや。

名前からすぐに分かる通り、年賀状向けの多様なテンプレートを公開しているサイト。もしかしたら昔から存在していたのかもしれないけれど、少なくとも当方は先日初めて知った。......ってインターネットアーカイブで確認したら、一応【2013年の時点で既に存在していたみたいだ】


Twitter for iOSまたはTwitter for Androidアプリやtwitter.comを使って画像付きのツイートをする際、目の不自由な人にもその内容が伝わるよう、説明を追加できます。

先日ツイッターの機能に加わった、画像へのキャプション機能。実のところキャプションそのものは表示されることは無く、専用のツールで読み上げられることになる。ウェブサイト構築用のHTMLタグにおける「ALT」みたいなもの、と説明するとわかりやすいだろうか。動画にはその機能はまだ実装されておらず。


そういや先日ちらりと、他人のイラストの上に自分のポエムを描き、そのイラストも含めて自分のものだと主張する話が目に留まり、そのような事案もあるのだなあという関心をしたことがある。それに至らなくても、他の人のイラストを抽出して自分で描いたと主張する話は結構見受けられる。フリーミアム文化を誤解釈してしまったのか。イラストを描く方においては最近では自分のアカウント名やハンドル名を配するケースが増えて来たので、安心はできるのだけど、その部分を削ったり何かを上書きする例もある。

それをされないためには、商品パッケージの告知で良く使われる「SAMPLE」みたいな文字をどーんと上に薄くかぶせるのもありだけど、これはこれでちょっと興ざめしてしまうこともある。いや、興ざめというか、披露のための絵の公開なのに、こんなことをしなければならない現状に、悲しみを覚える、的な。

で、そのような状況の対抗手段の一つとして提唱されたのがこれ。透かしみたいなものだけど、この発想は無かった。以前、某教授のグラフを色々と精査したら消した線が出てきた時の話と似たようなものだけど、ぱっと見では分からないような薄い色でアカウント名などを配するというもの。


この類のムーブメントってのは、流行り廃りが早いので、恐らくは来月までは持たないのだろうなあとは思うのだけど。個人的には長きにわたって使っていけそうな感じもあるから、覚え書きとして。

何らかの造形画像の下側に、それっぽい白文字を説明調に書くと、いかにもシン・エヴァ、じゃなくてシン・ゴジラっぽい感じになるというもの。まあ、東宝系の映画の伝統みたいなものだし、エヴァシリーズも半ばオマージュ的な感じでやっていたよね。で、その文字ってのがちょいと特殊な本明朝EIIってものだった。これ、単独でフォントとして発売されているのだけど、あらかじめ端末に組み込んでいる人ってそれほど多くない。普段からこれを使う機会ってさほどないからね。存在する事に違いは無いのだけど。

で、それの代用として使えるのが、HGP明朝E。これはMS Officeには最初からついてくるもので、ほとんどの人が手持ちにあるはず。当方も確認できた。まぁ、それっぽいものができればそれで良いので、これでOK。あとは文字そのものを少々縦長にして、文字間隔を狭めれば良い。


例のレゴのCADソフトLDDがいまだに立ち上がらず手の打ちようが無いこともあり、レゴの新作製作のモチベーションがどん底まで落ちている昨今。早いところウィンドウズアップデートで奇跡が起きないかなあ......っていうのはともかくとして。

ヤフー個人ニュースの記事で高齢者周りのお話の構築をする予定があり、それのイメージカットを探していたのだけど、適切なものがなかなか見つからない。あのいらすとやさんにも無い。そこで、というか元々当方がレゴをはじめた主目的である、自前でイメージカットをレゴにて作ることにした。上記は泥棒さんが逃げている様子。足をもう少し躍動感のあるようにしたかったのだけど、そうすると立たなくなるのだよね。これは今後の課題。

最近の記事25件

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち画像カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは猫・犬です。

次のカテゴリは科学・技術・健康です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28