届いた郵便物の写真を上げる時の注意事項

| コメント(0)


届いた郵便物をソーシャルメディアにアップする人は結構多い。懸賞の当選とかプレゼントとか官公庁からのお知らせとか。

掲載自体は個人の自由だからどうしようが勝手ではあるのだけど、気を付けないと痛い目にあうよというのが今件のお話。要は具体的な文字部分を隠すだけじゃダメだよ、ということ。バーコード部分もざくりと消しておかないと、このコードを読み取って解読し、プライバシーが侵害されてしまう。なぜバーコードがあるのかと考えてみれば容易に理解はできるはずなのだけど。

ということで写真をアップする時にはくれぐれもバーコードなどを消すのを忘れずに。

これってゴミを捨てる時にもいえること。例えばアマゾンなどからくるお荷物には、住所などのラベルシールの他に、箱の側面にも整理用のバーコードが貼ってある。これもしっかりと剥がして細断した上で捨てること。そこまで気にしないし、そもそもゴミを拾ってストーキングするような存在なら、住所などはすてに掌握しているから意味は無いだろうという意見もあるだろうけど。

一方で写真でもこれだけ特定されるのだから、動画など言語道断。細心の注意を払って処理をした上でアップしようね、と。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年6月 2日 07:52に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「消防庁による熱中症の救急搬送者数動向は6月1日から」です。

次の記事は「厚み2倍のローソンのプレミアムロールケーキ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30