おかしな発言をする専門家のような人を見つけたらアマゾンを使おう

| コメント(0)


ニュースやインタビュー記事で登場する、あるいはネット上で確認できるおかしな発言を目にしたら、その発言者の名前を検索して経歴なり過去の文筆物をチェックするのは基本中の基本のお話。ソーシャルメディアのアカウントを探し、まずはそのプロフィールやら普段のツイートもチェックってのも。

他方、色々な検索結果からチェック項目をたどるのも面倒だというケースもあるだろうし、今回例示されている「アマゾンで著書を確認する」ってのは案外分かりやすくてイージーな方法ではないかなという感はある。特にインタビュー系の記事とか専門家としてだらだらと語っている場合、本人がメディアに出たがりの傾向があるので、執筆も積極的にしている可能性は高いし。まぁ、いわゆるお察し案件というやつだ。

こういう話をすると「検索するな」「本を出すのは自由だろ」と斜め上の反発をしてくる筋がある。そういう方向でキレることこそが、対象者の問題を裏付けることになるのだけどね。そもそも検索するしないはする側の自由であるし、本を出すことは誰も止めていないけどその本の実情を勘案して判断するのは探す側の自由である。判断するなとでもいうのかい? 的な。

まぁ、アマゾンで名前を使って検索すると、まったく別人のものが出てきたり、同姓同名の別人による著書が出てくる可能性は否定しないので、要注意ではあるのだけど。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年12月 9日 07:20に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ミロが再び販売休止に、注文量が7倍とか」です。

次の記事は「人気本は人気そのものが商品価値となる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31