休刊・廃刊・雑誌業界の最近のブログ記事


握手会とか色紙のプレゼントとか特典とか本屋さんで色々なイベントが行われているのは、本屋経由での本の調達が相当量あるから。無論、現状の本屋への集客を手助けしているというのもある。ただ、本屋さんの数がどんどん減っているのは否めず、本の調達ルートとしても寂しいものになる。代替として......というかむしろそれが台頭してきたからこそ本屋さんが減っているのもあるのだろうけど(むしろ主要因は地域面積当たりの本の需要の減少や、需要の多様化、そして本屋の後継者不足があるのだろう)、インターネット経由での本の購入が活性化している。

ただ、指摘の通り、本の調達ルートがネット、特にアマゾン経由でのが多くなってくると、本が売れるかどうかというのが、これまでの書店で取り上げられてもらうとか実本が並べられた時に目立つからというのではなく、アマゾンやSEO対策が重要になるってことになってしまう。

もっともアマゾン(のレビュー)対策ってのは実のところすでに、情報商材系の書籍では随分と行われている。グループ内で互いにヨイショヨイショの評価を書きあったり、まとめて購入し合って瞬間最大風速的な順位を上げるとか、アマゾンキャンペーンと称して何か特典をつけるとか。結局のところ、本屋さんでの対策とあまり変わらない。媒体が変わったので様式が変化しただけ。

そしてこれまでの本屋対策は良くて、アマゾン対策が悪いってことかというとそういうわけではないよなぁ、と。しかしながら指摘の通り、経路が限定されてしまうと、その経路対策が主になってしまい、目的地となる本そのものの善し悪しがおざなりになる。それは結局のところ、ワードサラダとかスパムブログ的なものの乱造という結末になってしまいかねない。


連載開始前の第ゼロ話的な話をウェブだったかツイッター上で見て、どうも不思議な設定の話ではあるけど、これは描き手が描きたいなあと思っていた類の作品に違いなく、でも、だからこそ、売り方が難しいかもなあ、読み手を選ぶ可能性があるから特に......と思っていたら、こんな話が。

単に作品における販売能力が欠けていただけという考え方も無きにしもあらずだけど、そして好意的な解釈をすれば「よりセールスが望める作品を早く作ってほしいから、育てるのが難しそうな、現状では上手く育っていない作品へのリソース投入はストップしてほしい」という合理的な解釈による決断だったのかもしれないけど。なんかどうも色々ともやもやする。

ピンハネ商売という言い回しが適切か否かは別として。成すべきことの領域と、成していることの実情との格差がどんどん大きくなっている気が。本が売れない、利益が足りない、だから現場従業員のワークを減らして、作家に投げる。悪い意味での、日本的なリストラと何ら変わりは無く。

本日11月29日発売のanan No.2080(マガジンハウス)では、同誌初のアニメ特集が展開されている。


表紙には12月1日に公開される実写映画「鋼の錬金術師」より、山田涼介(Hey! Say! JUMP)扮するエドが登場。エドの衣装でのグラビアが掲載されているほか、曽利文彦監督、荒川弘、アニメ版でエドを演じた朴ろ美から、エド役の山田へメッセージが寄せられている。また素に戻った山田のグラビアとインタビューに加え、山田と朴がエドについて語り合う対談や、マスタング役のディーン・フジオカのインタビューも掲載された。


そのクオリティから色々な意味で物議をかもしている実写版の「鋼の錬金術師」。その特集が組まれたananの紹介。表紙にはエドの役を演じる某事務所所属のタレントが大写しになっている...はずなのだけど、サムネイルの時点では膨張するブラックホールのようにしか見えない。「人生を変えるアニメ」が別の意味に思えてしまう。

出版取次大手の日本出版販売(日販)は22日、2017年9月中間決算を発表し、卸売り事業でコミックスを含む「雑誌」部門の売上高が前年同期比8・9%減の約1037億円にとどまった。このうちコミックスの売り上げが12・7%減と激しく下落しており、紙の漫画本離れが顕著に表れた。

出版物の取次大手の日本出版販売が先日発表した、中間決算短信の内容を基にした記事。ちょいと見逃していたけど、コミックの売り上げが前年同期比で12.7%減ってのは結構大きな値。まぁ、ヒット作のある無しでコミックは結構上下するから、突然急激に減ったということではないのだろうけど......。


いつも何気なく視界に収めているけど、いざ実際にどのような形をしていたっけと思い返すとなかなか確かな形が浮かんでこない、色々な日常のアイテムたち。最近ではデジカメやスマホでの撮影が容易になったので、気が向いたらザクザク撮影しておけばよいのだけど、整理をしておかないとアレはいつ撮ったっけということになる。

絵を描く人には特に、そういう日常のあれこれなものの描写は非常に重要。その観点ではこういう図鑑は大いに役立つはず。まぁ、ざっと見だけなら例えばグーグルマップでもいいのだけど、自分が望んだアイテムを見つけられるかどうかとなると、ちょいと厳しいよね。

コンビニエンスストアチェーンのミニストップは、2018年1月1日から成人誌の取り扱いを全国店舗で中止することを発表しました。千葉市の提案を契機とする取り組みで、先行的に2017年12月1日から、千葉市内の店舗にて取り扱いを中止します。

今件は先日突然入ってきた話で、当方としてはコンビニと雑誌業界双方から色々と眺めていたこともあり、昨日色々とまとめて起きた事案の中でも一番驚いたものに違いない。

ただ、その経緯や関係者の思惑、さらには発表後にあちこちから出てきた内輪話も併せ、色々と真偽のほどが分かりにくいものや、奇妙な流れを持つものも多々見受けられるので、現時点で全貌、実情を云々するのはリスクが高い。

そこでとりあえず覚え書きとして、現時点で実際に分かっていること、こういう話もあるのだなと目に留まったものを並べおくことにする。なんか公的な発表、見解も、もやっとしている部分が多々あるのだよねえ、本音としては。裏付けが取れないレベルの話として、中学生がその系統の雑誌をトイレに持ち込んで云々ってのもあったし。

月刊BIG tomorrowの休刊が決まっていた

| コメント(0)


先ほど本家サイトで掲載した【やはり既存のスタイルでは難しいのか...ビジネス・マネー系雑誌部数動向(2017年7月-9月)】の精査をしていた時に気が付いたこと。ポジティブ系というか啓発系のビジネス情報誌月刊BIG tomorrowの印刷証明付き部数が収録されていなかったので、よもやと思って検索していたところ確認できたのが、この休載のお知らせ。

月刊BIG tomorrow本編のサイトにはまだ書かれていないけど、広告出稿周りでは色々とお問題があるので早めに告知しなきゃマズいよね、ということで掲載されていたのだろう。公式サイトにはウェブへのコンテンツ移転掲載などの話も無いので、恐らくは純粋な休刊。雑誌の部数動向を見ても、減少はしていたけれど急激ってほどでもないし、起死回生を狙うだけの余力はまだあったはず。でも休刊。

最近の記事25件

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち休刊・廃刊・雑誌業界カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは事件・事故です。

次のカテゴリは動画です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31