休刊・廃刊・雑誌業界の最近のブログ記事


アマゾンで注文した「異世界放浪メシ」の最新刊が先日届いたので読み進めていたら、中に入っていたのがこの「世界は終わっても生きるって楽しい」の試し読みペーパー。確か前巻ではスイの大冒険ということで比較的本誌と関係のあるものが入っていたはずだけど、その辺はもう関係がなく、単純にプッシュしたいものを挟むようになったのかな、と思いながら。

ネットではリーチができないような層向けに、ウェブ展開のお試し版のようなものを紙媒体化してまくというのは悪くない話。費用対効果を考えるとどうなんだろうというのはあるけど、同じ出版社の本ってことで買うかもしれないということを考えれば、少なくとも単に本屋で配布してもらうよりは効用はありそうだ。

新型コロナで電子出版が伸びた件

| コメント(0)

出版科学研究所のまとめによりますと、ことし1月から6月にかけての紙の出版物と電子出版の売り上げの合計は、推計で、前の年の同じ時期より202億円、率にして2.6%多い7945億円となりました。

このうち電子出版は前の年の同じ時期を28.4%上回る大幅な伸びとなっていて、研究所は、新型コロナウイルスの影響で多くの書店が休業した一方、自宅で過ごす時間が増えたことで、電子コミックなどの需要が高まったとみています。


新型コロナウイルスの流行による巣ごもり現象は、人の消費性向に大きな変化を与えている。これほどまでに明確な数字の動きが生じたのは極めて珍しい状況で、色々と面白い話が出ているのだけど、今回の出版市場の動きもその一つに違いない。

要は紙媒体の落ち込みは相変わらずだけど、電子書籍や電子コミックは巣ごもりに伴う出版物の需要拡大で大きく伸びたというもの。ただ、電子コミックに関しては「鬼滅の刃」効果も多分に底上げ要因になっているのだろう。他方、紙媒体はこんなものかなという気もするけど、一部はアマゾンなどでの流通上の在庫問題も影響していたのかもしれない。買いたくても買えない状況だったからねえ。


要はフォロワー数を増やして一定数にすることで、その喧伝力を使って宣伝をしてくれればそれなりに本が売れるだろうから、部数の底上げが期待できるので、それなら出してあげてもいいよ、そうでなければ自分達の広報宣伝では売れる自身が無いのでダメだよ、というお話。具体例は挙げないけど、そういうアプローチを受けたと吐露する漫画家先生の話はちらほら見聞きするようになった。

確かに出版業界関連はリソース不足でしかも環境がどんどん動いていくから対応も大変なので、できることなら作家に丸投げしたいという気持ちは分かる。しかし寅さん風にいえば「それをいっちゃぁおしめぇよ」というレベルの話に違いない。作家側としてはそこまでして書籍化してもらう意味はあるのだろうか、と考えることだろう。費用対効果を考えたら、他の出版社にアプローチするなり、自分で電書化や自費出版化した方が早いのではとの結論に至る可能性は否定できない。

「ラノベが売れてない」という話

| コメント(0)


ぶっちゃけると「需給バランスが崩れて飽和状態になって、その状況を見て醒めた人も出てきて市場が縮小しているってのがあるから。売れている作品は相変わらず売れている」としか言いようがないのだけど。そしてそのような状況はラノベに限らず、どのような商品でもありうることで。

で、個々の作品に関していうのなら、指摘されている通り、知られていない作品は読者が買おうか買うまいかという判断の対象にすらならない。スーパーで食品を買っている人は、そのスーパーに並んですらいない食品は買おうか否かを判断することすらせずに、買わないという結論に至るわけで。むしろ買えない、だよな。種類が増えてくると、この「知らないから判断のしようがなく、結果として買えない」という対象が増えてくるのが、市場の供給過多、飽和状態における実情。

かつての架空戦記小説ブームとか、付録本ブームの時にも似たような話があったような......というかこの類のって、エンタメ系コンテンツには得てしてありがちなお話。

株式会社主婦と生活社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:髙納勝寿、以下 主婦と生活社)が発行する月刊アニメマガジン「PASH!」の2020年7月号(6月10日発売)が発売前に注文が殺到し、1万部の緊急重版が決定。重版分は、6月23日頃、店頭に並ぶ予定です。


PASH!7月号の表紙は、2020年3月に配信が始まったスマートフォンゲーム『ディズニー ツイステッドワンダーランド』。本作の初表紙・巻頭特集ということで大きな話題を集め、表紙画像が公開されると同時にネット書店等に注文が殺到。Twitterでも「PASH」がしばらくトレンド入りしていました。


単行本などなら特に重版は珍しいものではないけど、雑誌の重版ってのは結構レアな話になってきている。それが発売前に決定となれば...まぁ、元々雑誌の印刷数自身が減っているから、変動に対応するだけのキャパが無いってのもあるけど。

今回の「PASH!」の重版はスマホゲームとのコラボ&表紙ということで話題を集めたとの話。例の「妖怪ウォッチ」的な動きで、結構興味深い。

この度、「週刊少年サンデー」(小学館)が夏までに二度の臨時合併号を発行することを決定いたしました。連載作家への新型コロナ対策のためとなります。27・28臨時合併号が6月3日発売、31・32臨時合併号が7月1日発売となります。

先日もジャンプが作者陣や編集の新型コロナウイルス対策のために業務が遅延することから、臨時の合併号の展開をしたわけだけど、今度は週刊少年サンデーが同様の対応をするとの発表。早めに公開して現場にもスケジュール上の余裕を持たせようという配慮なのだろうな、と。

状況が状況なだけに、対処そのものは仕方がないという感じではある。漫画の作成にVRでスタッフに集まってもらうとかいう未来の手法を使うわけにもいかないし。

数g単位の軽さを追求するレーシングホビーのパーツの重量チェックから、ペットフードの計量、コーヒーや 調味料の準備、郵便物の重さ確認まで、DIME7月号の付録「デジタルポケットスケール」は、実に様々なシチュエーションで重宝するスグレモノ。手のひらサイズで気兼ねなく携帯でき、電源をオンにすれば準備完了。計量時に容器の重さを0gにできる「風袋引き」にも対応する。数量を数えるのに役立つカウント機能もあり、ビーズなど小物の管理にも便利。この「デジタルポケットスケール」を使って、趣味の楽しみを広げたり、仕事の効率化にトライしてみよう。

実のところ当方の手元には0.1グラム単位で量ることができ上限が2キログラムのデジタル秤があるので、直接的な必要性はさほどない。ただ、無駄に高精度なことと、手持ちでさくりと持ち運べる機動性が魅力的。何より無駄っぽいギミックアイテムって、ロマンじゃん?

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち休刊・廃刊・雑誌業界カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは事件・事故です。

次のカテゴリは動画です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30