休刊・廃刊・雑誌業界の最近のブログ記事


インターネットの普及、さらにはスマートフォンの浸透に連れて、本が売れなくなった、本離れが進んだ、文字離れが進んだとの意見は定期的に持ち上がるし、該当業界の業績が下がる毎にそれらのせいだから仕方が無い云々との説明を耳にする。子供関連の業界が少子化云々と説明するのと同じで、大きな因果関係は見当たらないし、仮にそれなりの影響があるにしても数年単位での話ではないのだから、対応して無きゃ業界側の怠慢でしかない。むしろ同時期に起きた別の要因がメインだと考えなきゃならないのだけど。

で、文字離れとか読む行動離れに関しては、指摘の通り、むしろ文字は、情報はより巷にあふれかえり、手に届きやすくなった。内容の品質や信ぴょう性はともかく、文字情報量はけた違いに増えている。「常に点滴が入っているみたい」ってのはなんだか色々と複雑な気分になるけど、まさにそんな感じ。

文庫本は同社の収益の30%強を占める最大の収益事業であり、「週刊文春」など雑誌も上回っているという。同社は、月平均で20点の単行本を発行しているが、黒字になるのはそのうち2~4点(10~20%)とごくわずか。最大の収益源である文庫本の売り上げ低迷は「版元にとって死活問題」であり、「作家にとってこの上なく深刻な事態」と訴える。

 その上で、公共図書館に対して「どうか文庫の貸し出しをやめてください」と懇願。「それによって文庫の売り上げが大幅に回復するなどとは思っていない」が、「図書館では文庫は扱っていない、それなら本屋で買うしかない,文庫くらいは自分で買おう。そんな空気が醸成されていくことが何より重要」だと訴えている。


先日から図書館周りの話が急に騒がしくなり、ちょいと漁ってみたら文芸春秋の社長が「文庫本が売れなくなってる、図書館で貸し出しているからだ、だから図書館では貸さないで&借りてる人は自分で買って」なる話を公知したとのこと。第一報ではそういう話をするかもというレベルだったけど、発表予定稿が公開されていたので確定、と。

同じ分科会の資料では「んなこたぁない」というツッコミ的な報告もなされているけど、文庫本を取り扱う会社のトップが堂々とこんな話を公言するのは、色々な意味で危機的状況では無いのかな、と。その会社にとって。居酒屋での酒飲んで酔っ払いながらの戯言ではなく、公知文書として出された上での発表となれば。エビデンスは無いけど自分達の商売がアレなのはお前が悪いから、お前はそれを止めろと会社のトップが堂々と語るのは、最悪の状況ではある。

小学館は3日、読み聞かせ絵本雑誌「おひさま」が来年1月15日発売の2/3月号をもって休刊することが決まったと発表した。同誌は1994年に「読み聞かせお話雑誌」としてスタートした、読み切りの短編絵本作品を掲載する唯一の定期刊行誌(当初は月刊、後に隔月刊)

現時点で小学館の公式サイトに関連するプレスリリースは見つからないのだけど、これって出版関係向けのものとして出されたのかな。文面によると「出版と書店を取り巻く環境の変化は激しく、昨今では絵本を求める読者のニーズに充分にお応えできない状況となっていました。今後は雑誌という形に縛られずに新しい絵本作品を発信していく方針のもと、『おひさま』を休刊する決断に至りました」とあるけど、やはり絵本を紙媒体のままで提供するという需要が落ち込んでビジネス的に成り立ちにくくなったんだろうなあ、と。


技術の進歩は多様な方面で生活様式を変化させる。子供の遊びの分野もまたしかりで、「ごっこ遊び」も演出が高度化しつつある。かつては自分で絵を描いたり口にしたり、よくてもテープレコーダーで録音したテープを使ったり......という程度だったのが、今ではスマホやタブレット型端末の動画を見ながら真似をするってこともあるほど。

今件で使われている子供向けのおもちゃというか絵本も、つくづく技術進歩を実感させてくれる一品。コントローラーやマイクがそれっぽい形をしているのは昔からあったんだろうけど、色々な状況のサウンドがボタン一つで出せたり、マイクがそれっぽい音を出してくれたりと。子供は子供なりに色々と楽しむのだろうけど、大人がマジで手を出すと、遊びの領域を超えてしまう。スゴイやね、これ。


もらったよ、というよりは山ほど置いてあってご自由にお持ち帰りくださいモードだったのでもらってきたまでのお話なのだけど。レイアウトの変更で雑誌置き場が縮小したとか無くなったとかいう話が出ている、セブン-イレブンの雑誌お取り置きサービスのパンフレット。書かれていることは以前から公知している情報とさほど変わりはないのだけど......

改めて見てみると、かなり種類が多かったりする。アマゾンの雑誌一覧とか、本屋さんの雑誌コーナーを見ているような感じ。でも立ち読みはできないのだけどね。


以前触れたような記憶もあるのだけど、最近のラノベやコミック界隈の業界話としてよく聞くのが「読者層はツライ展開が嫌いで、そのようなストーリーは望まれないから作品としてウケにくいので、企画そのものも通りがたい」という話がある。そういや最近ちらほらと目にしているラノベやなろう系の小説を原作にしたウェブコミックも少なからずがそんな感じで、でもだからこそ「ちょっと面白そう」「原作目を通してみるか」「ナニコレ無双で話に起伏がない、つまらない」「コミックも先が見えてるからブックマーク取り消し」ってケースが増えていたりする。

ツライ展開がイヤだ、自分がそれを体験しているかのようになるからという主張は理解できる。でも無敵状態のシューティングゲームやロールプレイングゲームがすぐに飽きてしまうのと同様で、お話が一直線のものに楽しさを見出すのは難しい。

ではなぜツライ展開が嫌われているのか。無論、これが唯一の回答では無いのだろうけど、ああ確かにこれは、という指摘があった。ツライ展開そのものが嫌われているのではなく、そのツラサが報われない、裏切られる続き、結末が嫌われている。それが繰り返されるので、経験として「また報われないのだろう」と判断してしまう。


日本の公開企業の情報を取得する際には欠かせないとされていた二大専門誌、会社四季報と日経会社情報。中身に関して色々と両誌間でいざこざもあったよなあという記憶も掘り返しつつ、最近では証券ツール経由で取得できることから購入そのものをしていなかったりする。数十年分のチャートを集めた圧縮版的な本も、データから直接取れるようになったし、ね。

ただ、上場廃止をした企業の動向などを知るためには、手元に残しておいても良い資料の類ではあるのだけど......まぁ、その筋の専門家でない限りは必要ないわな、というレベル。

で、その二大専門誌のうち、日経会社情報が休刊していたとの話。知らなかったよ、そんなの。

最近の記事25件

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち休刊・廃刊・雑誌業界カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは事件・事故です。

次のカテゴリは動画です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31