東京ウォーカー・横浜ウォーカー・九州ウォーカーが6月刊行分で休刊

| コメント(0)


そろそろ例の印刷証明付き部数の2020年1~3月分が公開されるはずという状況下なだけに、かなり大きなサプライズとなったのがこのニュース。一気に東京ウォーカー・横浜ウォーカー・九州ウォーカーの3紙が休刊するとは。不定期刊化ではなく、完全に休刊化するあたり、覚悟のほどが見て取れる。ウェブにシフト云々とあるけど、ポータルデータベース化+解説記事コーナー的な構成になるのだろうな。

元々低迷は続けていたってのは否定できないけど、やはりここにも新型コロナウイルスの影響が色濃くにじみ出るということになってしまった感。色々と世の中を動かしていくよなぁ、と。新型インフルエンザの時には、ここまで色々とお騒がせってほどではなかったのだけど。

しかし一方で東海ウォーカー・関西ウォーカーは紙媒体として維持されていくという。愛読者にはこれ幸いという感じだろうけど、作り手側にとっては針の筵かもしれないな。ちょいと落ち込んでもすぐにウェブ化へとシフトって話も出てきそうだし。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年5月12日 06:43に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「マスクは以前から販売されていた場所で」です。

次の記事は「液状ノリの有名なアレが見た目そのままではちみつに」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年11月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30