鉄道・交通の最近のブログ記事

シェアバイクの採算性

| コメント(0)


バイクっていっても実際には自転車だけど。中国で流行り出した時に日本叩きにも使われたシェアバイク。要は複数拠点に駐輪場を用意しておいて、借りた場所と別の場所で返却できるようにしたレンタサイクル。単純なレンタカーのように借りた場所に返さねばならない仕組みと違って利便性が高まるので使ってくれる人も多いだろうなあ、便利だし、利用してくれる人が多くなればビジネスとしてバッチグーでは的な思惑。カーシェアリングより面倒が無くて土地も有効活用できるし、的な感じで、自販機を置く感覚で運用されている雰囲気もある。

けど実際には登録が面倒くさいし、駐輪場もさくさく利用できるほど多くないし、第一自転車を使いたい人は自分の自転車を持っているってのが通常パターン。観光地での運用ならともかく、日常生活においては需要はさほど無いのだよねえ。これがまだ荷物の持ち運びが楽な三輪バイクとかならともかく。

で、中国ではビジネスモデルとしてはコケ始めているし、日本でも正直人口密集地帯とか観光地とかで無いとかなり難しい、あるいは採算性を無視して環境整備としての提供で無いと難儀しているだろうなあ、というのが実感。

その観点ではドコモのビジネスが一番まともっぽいという話。個人的にはドコモですらも、実証実験というかノウハウやらデータの取得のために利用している雰囲気が強いのだけどね。むしろオリンピックに向けた需要拡大と、その後の......そうだな、例えば地方の高齢者向けのビジネスとして、みたいな。

りんかいSuicaなるものがあるらしい

| コメント(0)
<


「あるらしい」とタイトルで書いたけど、実物はこうやって写真に出ているし、裏付けも取った上で記事にしているのだから「あるぞ」にした方がいいかなと思ったけど、それはさておき。JR東日本管轄での鉄道系電子プリカのSuica。普段見するのは例のペンギンのだけど、りんかいSuicaはいるかみたいなキャラクタが登場している。色も緑じゃなくてエメラルドグリーン。なんかカッコいいぞ。

東京駅でのAI案内人・さくらさん

| コメント(0)


昨日は時間を取って東京レゴ専門店周りをしてきたのだけど、その際に遭遇した、未来を感じるアイテムを。東京駅構内に設置されていた、駅案内のAI「さくらさん」。色々なガイドをAIがやってくれるというもので、タッチパネル方式で選択すると回答を示してくれるというもの。【プレスリリースを確認すると】実証実験の段階で日本語・英語・中国語・韓国語の4カ国語に対応し、音声入力にも対応しているとのこと。

場所の問題もあるのだろうけど、音声出力が行われているのかどうかは分からなかったし、音声入力をしたくてもあの騒がしい中では難しいだろうなあ、というのが実感。

猫バンバンで足りぬなら

| コメント(0)


この時期になると暖を求めて猫が自動車のボンネット内に潜んで、それに気が付かない運転手が自動車を運転して......という悲劇が生じ得る。単なる都市伝説ではという話もあったけど、実例が色々と出てきたり、公的な機関もそういうことがあるから注意しようという注意喚起をするようになり、今では当たり前の注意事項として定着しつつある。

他方、運転前にボンネットをバンバンと叩いてその音で、中にいる猫たちを追い出すという方法では足りないとの指摘もある。音だけでは逃げない、気が付かない猫もいるよ、というものだ。ボンネットを開けて指差し確認をした上で走らせないとダメだね、というもの。これは理にかなっているし、面倒だろうけど是非ともやってほしい。

その一方、単なるバンバンで足りないなら、もっと叩けばいいやん、バンバンってフレーズを使ったものが確かあったよね、ということで探したのがこれ。何となくこういうフレーズの曲はあったよなあというネタは知っていたけど、具体的にどういう曲なのかを探し当てるのには苦労した。チキチキバンバンはもう知ってるよね。

まぁ、叩くだけではだめだというのだから、何度叩いてもあまり効果は変わらないと思うのだけど。

デリバリーバイクのトミカが出るぞ

| コメント(0)


セブンイレブンの電気自動車もそうなんだけど、特定の業務に特化した・改造された、小回りの利く車両ってのがとても好きだったりする。日常生活の中に溶け込んでいる、自分自身もよく見かけるってのもあるけど、小さいボディーで一生懸命働いている様子は、なんだか色々と励まされる感がある。

今回登場するのは、ピザーラのデリバリーバイク。三輪タイプのこのバイクって、ピザーラに限らずファストフード系が結構使っているけど、ダイナミックお気に入り。いいよね、これ。

出口で立ち止まる現象を何とかしたい

| コメント(0)


もしかしたら行動科学的な話として何らかの固有名詞があるのかもしれないけど、そして以前似たような話をした記憶もあるのだけど。確かに電車に限らず、何らかの場所に入る、あるいは出るという、環境の変化が生じると、その到達で安心してしまってそこから先に進まずに止まってしまうってのはよくある話。エスカレーターの出口付近でお喋りを始めるおばさんとか、エレベーターから出た場所でお喋りを始めるおばさんとか(複数回体験しているので、そういう傾向があるのだろうなあ、と思ったり)。

あれって結局、安心感というか達成感で周囲への配慮が吹き飛んでしまうってのがあるのだろう。「乗る」という動作のゴールをもう少し奥にというのは、色々と考えられそうな気もするけど、結局それが容易に出来るのならばすでにやっているわけで、実情としては難しいのだろう。

例えば車内のドアの床に奥へと誘導する矢印を書いておくとか、だまし絵みたいなものを創るとか、少しばかり勾配をつけるとか。でも立ち止まる人はそもそも周囲の迷惑などを考えない、注意力が足りない人なのだから、そういうギミックを創っても気が付かないのがオチかもしれない。

東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)は、東京駅・新宿駅・品川駅の構内で、1人が籠れるほどのシェアオフィス空間「STATION BOOTH」を実験提供すると発表した。内部の広さが1.21~1.44平方メートルほどのキューブ状のブースを、各駅に4ブースずつ設置。あらかじめ専用サイトで利用予約した個人や法人が使えるようにする。デスク、椅子、照明のほか、無料Wi-Fiや電源、USBポート、暖房、モニター、アロマも備えられており、不特定多数が行き交う駅構内においても、秘匿性のある情報を扱うような資料の作成やテレビ会議を伴うテレワークなどを安全・快適に行える。

オシャレ系のIT会社ではよくありがちなガッツリ仕切り分けされたオフィスの一人分のスペースを駅構内(改札入った側)に用意するというもの。防音性が気になるけど、「不特定多数が行き交う駅構内においても、秘匿性のある情報を扱うような資料の作成やテレビ会議を伴うテレワークなどを安全・快適に行える」とあるので、その辺はあまり気にしなくてもいいのかな。色々とナニがアレなものに使われてしまうかもという心配は、会員専用のサイトで予約をした上で入室できるってことで問題無し。登録した上でお痛をするリスクは否定できないけど。

また、利用時間は1日30分までなので、あくまでも短時間での時間調整的な場所としての提供みたい。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち鉄道・交通カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは速報です。

次のカテゴリは面白動画です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28