鉄道・交通の最近のブログ記事

国土交通省は自動運転車に関する初の安全基準を導入した。高速道路などを自動走行する際、ドライバーがハンドルから65秒以上手を離すと手動運転に切り替える仕組みを搭載することを義務付けた。2019年10月以降の自動運転機能を備えた新型車が対象。現在販売されている車種は21年4月から適用し、中古車は対象外とした。


高速道の同一車線を自動走行できる機能を備えた車が普及し始めているのを踏まえ、システムを過信した手離し運転による事故防止につなげる狙い。


多方面からの需要に応える形で急速に研究開発が進んでいる自動運転車。色々なレベルの「自動」があるんだけど、それに合わせて国際基準も作ってみんなで従おうという動きも出ている。今回は日本国内でそれに従う項目が増えて、その中の一つに「手離し65秒」が加わったまでの話。具体的には「15秒以上手離しで運転すると、運転席に警報を表示。そのまま手離し運転を続けると50秒後に自動運転のシステムが停止して、手動に切り替わるプログラムなどの搭載を義務付けた」との説明もあるのだけど......

どうもこの話、一部報道で雑に伝えられたのが災いして、国土交通省が独断で決めた的なとらえられ方をして、残念だとかバカじゃないのだとかだから日本は云々的なニュアンスが出ている。詳しい説明をしている記事(今件引用元のような)を読めば、そうじゃないってのはそれなりに理解はできるはずなのだけど。


より楽に移動ができるように、そして高齢者による運転問題への解消の糸口ともなりうる、自動車の自動運転問題。世界中で色々と検証がなされているのだけど、そこで問題となってくる事案の一つが、安全性に関わる判断。何かトラブルが生じたときの判断は、結局人間が事前に用意したロジックを元になされるわけで、そのロジックをどうするかってことになるわけだけど、その中身をどうしようかってお話。

カルネアデスの板とかもいい例だけどね。瞬時に判断しなきゃならない時、よりよい方はどちらなのか、それを色々な例を挙げて学習させようという話。まぁ、これが決定稿になるわけではなく、あくまでも参考にするためのアンケート。また、今件事例でも二者択一しかないわけじゃなくて横壁にぶつけてスピードを減速できるじゃないかという話もあるんだけど、それはまた別の話。いわゆる究極の選択の時にどうすべきかってことだから。ラーメンかカレーを選ぶときに、チャーハンが良いとか言われても......というところ。

日本の名車歴史館がスゴイらしい

| コメント(0)


福岡県の国営海の中道海浜公園ワンダーワールドにある、日本の名車歴史館という場所。山ほど日本の名車があり、その筋のファンの人には生唾ものの場所ではあるのだけど、人気が今一つ二つらしい。......というよりは存在そのものを知られていない感じだな、これ。


技術の進歩は多様な方面で生活様式を変化させる。子供の遊びの分野もまたしかりで、「ごっこ遊び」も演出が高度化しつつある。かつては自分で絵を描いたり口にしたり、よくてもテープレコーダーで録音したテープを使ったり......という程度だったのが、今ではスマホやタブレット型端末の動画を見ながら真似をするってこともあるほど。

今件で使われている子供向けのおもちゃというか絵本も、つくづく技術進歩を実感させてくれる一品。コントローラーやマイクがそれっぽい形をしているのは昔からあったんだろうけど、色々な状況のサウンドがボタン一つで出せたり、マイクがそれっぽい音を出してくれたりと。子供は子供なりに色々と楽しむのだろうけど、大人がマジで手を出すと、遊びの領域を超えてしまう。スゴイやね、これ。

経済産業省では、産業競争力強化法に基づく「グレーゾーン解消制度」によって、電動アシスト付ベビーカーは道路交通法に定める「小児用の車」に該当せず「軽車両」に該当すると発表した。


事業者から電動アシスト機能を付加した6人乗りベビーカーの道路交通法、道路運送車両法上の取扱いについて確認を求める照会があった。


昨日から騒がれていた電動アシスト付きのベビーカー......というか6人乗りとあるので世帯利用型ではなく、保育園などで用いる、大型の猫車みたいなものだな、が道交法上の軽車両に該当するから車道を走るように云々との話。ぱっと見聞きで違和感を覚えていたのだけど、自動ニュース作成Gでも話が挙がるようになって、改めてなんか変だぞという想いを新たに。

報道はいくつかなされ、専門家の憤慨する記事も出ているけど、一次資料なる経産省の発表リリースが提示されていない。これはもしかして、と調べたところ、案の定。


先日紹介した、都営地下鉄でのマナー啓蒙ポスターに、世界の名画を使ったコラージュ的なパロディネタを使う手法。その第二弾を通院の帰りに見つける事ができた......って実は第三弾なのかもしれないけど。

今作はミレーの落穂拾いを用いたもの。原作では落ち葉を拾っている様子を描いたものだけど、今件では歩きスマホをしている人が荷物を持っている人にぶつかり、その荷物がホームに転がって周囲の人が拾っている情景に描き換えている。手の部分がちょっとばかり不自然だけど、雰囲気はよく出ている。


先日の【鉄道係員への暴力行為、2016年度は712件発生】に関して、列車の遅延回数がどうとか、運休がどうとか、それらトラブルとの相関はどうとか、それらとの関連を示さずに云々するのは良くないとのご意見があった。優しみからその意見ではなく、もう一つの納得できる方の意見「報告されていないものも合わせればもっと多いはずだ」を例示しておくとして(「報告されていないのも合わせればもっと多い」ってのは万引きの話と同じだな)。

残念ながら今回の発表資料では、その類の連動性のある情報は開示されていない。というより元々集計は取られていないと思う。他方、電車の遅延や運休が暴力行為のトリガーであったとしても、暴力行為は肯定できないし、そもそも犯罪に他ならない。

最近の記事25件

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち鉄道・交通カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは速報です。

次のカテゴリは面白動画です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31