サルベージの最近のブログ記事

昔の教科書や百科事典の価値

| コメント(0)


世の中の常識や歴史的事実というのは少しずつ変化を遂げていくわけで、現時点での正しい情報を取得するのに過去の情報を引用したのではトラブルの元になる。それ故に、ベースとなる情報が載っているタイプの本は、買取することは滅多にない。これはここ1年程の間、書庫などの片付けと買い取りをしてもらっている当方にとっては痛いほどよく分かる話。見方を変えて、その本を古本屋で買うかどうかを考えれば一目瞭然。

ただ一方で、当時の「事実」「正しいと思われていたことの認識」を知る意味では、非常に高い価値を生み出すこともまた間違いない。ただし、そういう情報が必要な人ってのは限られているので、一般市場では値の付けようがないから、散逸してしまいがちだったりする。


先週末のお掃除戦利品、とはいえおおよそ引っ張り出して処分判断をするものは終わったので、今回は買取業者に出すかどうかの区分をしている段階で見つけたものなんだけど。まずは土曜日分で日本クラリーシステムのスーパーファミコン用ソフト「イルバニアンの城」というゲームの前哨戦的な紹介コミック。一応電撃系の編集がタッチしているけど、付録となった雑誌名が書かれていないので、販促用として無料配布されていたものらしい。昔は随分と気合が入っていたものだな。

D&Dとか昔のゲーム本体とか

| コメント(0)


週末のお掃除アイテム群。残っていたボードゲームの類から。D&Dの初心者セットとアバロンヒルのミッドウェー。どちらも比較的状態は良好なんだけど、D&Dの方は特殊サイコロがどこかに行っちゃってるし、ミッドウェーは当然コマを切り離してしまっているので、果たして売り物になるかどうか。

キャラクタシートも1枚だけ出てきて、くだらないダジャレをこの当時から使っていたことが判明。というかこのネタ、何年引っ張ってきているんだろう。

ゲーム雑誌がざくざくと発掘された件

| コメント(0)


先週末は連休ということもあり、お掃除も少々ながらははかどった次第で、色々と発掘することができた。これは日曜に発掘した分で、段ボール箱に差し込む形で収納されていた、電撃スーファミとN64、64ドリームとドリキャスファン。ただこれ、長年の収納ってことで、自重やら上に乗っていた他の箱の影響やらで、ぐにゃりとよれてしまっている。収納量が減ってもいいから、平積みしておけばよかったなと今更ながら後悔。収納時はこんなことになるとは思わなかったものなあ。


昨日の発掘作業の中で教科書や書類に紛れ込んでいた新聞たち。年代が合わないし号が飛んでいるし、新聞の種類も違うものが多々あるので、仕事先かどこかでの掃除の際にもらったものか、新聞のバックナンバー的なものを買い集めていたような気がする。世界的なイベントのものが残してあったので、後で精査するために取っておいたのかも。


先日のお掃除品。メディアワークスの電撃セガサターンや電撃ドリームキャスト。要はセガの家庭用ゲーム機の専門誌。一部は捨ててしまった記憶もあるので、並びの号だけ取っておいた可能性がある。

ただ自重やら上に乗っていた別の段ボールの関係で、一部がかなり形を変えてしまっているので、現在10キロ単位の重しを乗せて矯正中。もっともこれで元通りの形になるかというと、かなり怪しい。しかもメディアワークス系のゲーム専門誌って需要が極端に低い(コア層向けなので、そういうコアな人はすでに買っている)らしく、買取価格がかなり厳しいことになっている。苦悩。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちサルベージカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはコミュニケーションです。

次のカテゴリはステキデザインです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30