サルベージの最近のブログ記事

不要な雑誌を捨てようかな、と

| コメント(0)


先日から少しずつビデオテープのデータ化を進めているのだけど、それと共に古い雑誌をさらにもう少し整理して捨てていこうと思うようになった。資料として残しておける書籍はともかく、雑誌の類は資料扱いをしようとしてもインデックス化そのものが面倒ではあるし、数年単位で手をつけていないのなら資料そのものの意味も無いのではないかと思ったり。

まぁ、例えば図書館クラスの書庫があるのなら話は別だけど、個人ベースではそれはムリ。とりあえず、資料としてのお役立ち度が低く、手をつけていない期間が長い月刊誌を数種類廃棄処分にしようかなと思った次第。

捨てていく過程で色々と見直す(メモなど何か挟まっていたらそれを取り除く)と、こんな連載もあったっけと思い返すのだけど、切り抜いて保存しておくほどの価値は見いだせなかったりする。あった方がいいかな、レベルのものはあるけど、それは当時に無くてもいいかな、というものでしかない。アワーズの方はいくつか、切り抜き保存をしておいた方がいいかもしれないというものはあるけど、それは後回し。

ビデオテープのサルベージ現状

| コメント(0)


今年の目標としてデジタル系など手元で直接出来ない系の昔の資料をデジタル化するってのがあって、先日MOやデジカメの古い版に入っていたメモリを抽出するのが終わり、VHSデッキも良いものが調達できたので、随時ビデオを再生してデータにしている。

本数は全部で100本超え。これでも以前掃除した時に捨ててしまったものがあるので、本来残しておいたものと比べるとかなり減っている。日常系のはほぼデータ化が終わり、後はゲーム関連でもらった資料映像などのテープ。写真は日常系のもののデータ化したファイルのサムネイル。なんだか懐かしいものやらよく分からないものやら色々と。

中はタイトルそのものだけじゃなくて、合間合間に入っているテレビCMなども貴重な資料だったりするけど......それを抽出するのはまた別の問題。ともあれ、テープそのものが物理的にアウトになる前に、データ化を果たしておかないと。


先日、映像入力信号を動画データにコンバートするツールと機器、さらにはビデオデッキを調達できたことで、手元のビデオテープライブラリを少しずつ動画データに落とし込んでいる。専用の3TBのハードディスクも併せ買ってデータをぶち込んでいるけど、ちょいと足りなくなるかもなあ、という感がある。

で、その過程で先ほど貯め撮りしていた古いアニメのテープにおいて、管理画面がおかしなことになっていたのでテープを止めようとしたら、すでに止まっている。巻き戻しも再生もボタンに反応せず。テープ取り出しボタンを押したら、出てきたテープがこんな感じ。どうやら再生中に物理的切断と相成ってしまったらしい。

ビデオデッキにトラブルが生じなかっただけ有り難いと思うしかないのだけど、やはりちょいと悲しいかな、と。


今年片付けたい事案のテーマは「古いデータのサルベージやデジタル化」。先日、古いデジカメやMOのデータ掘り起こしを終えて、次に大難関となるビデオテープの動画データ化に取り掛かることに。βテープはアニメ系のが多いのでCMのデータはよいのが取れそうなのだけど、デッキそのものが調達困難となっているので、とりあえずVHSだけでも......ということで、VHSのデッキをどうにか工面して、その上でデータ保存用に外付けハードディスクを取得した方がいいかなと思い、アマゾンの購入履歴を確認したところ、以前購入したものが異様な値上がり状態。

ハードディスク高騰の事案でも生じていたかなと思って確認したら、単に型落ちしただけの話でした。しかし進化が速いな、この業界。


今年は過去の資料を色々とデータ化したり価値化することに挑戦しようと決めた年。先日MOのサルベージを終え、次はテープやネガフィルムにチャレンジ、ということでまずはその実物の捜索。イベントのパンフや提供物、雑誌の付録、昔の専門誌などはすぐに見つかったのだけど、ビデオテープはなかなか......ということで押し入れなどをひっくり返してようやく場所の特定に成功。

βテープはアニメ撮りのがほとんどで価値そのものは無い(データ化しても表には出せないし、すでに公式でBDなどが出ていたりする)ので再封印。そもそも昔の掃除の時に多分を捨ててしまっている。VHSも少なからずは捨てていたのだけど、イベント配布品や自分で調達したもの、資料映像として録画したものなどが結構出てきた。これはデータ化したほうがいいだろうということて、VHSテープはデータ化決定。次のプロセスとして、処理用端末の設置とビデオデッキなどの調達、かな。


今年の目標のデータサルベージ。とりあえずMOとデジカメは終わったので、次はフィルム(ネガフィルム)とビデオテープのデジタル化。いずれにしても資料の山の中に埋もれているので、大掃除がてらに発掘をする必要がある。昨年双方ともどこかにまとめて置いた記憶があるので、無くなったわけではないのだけど...テープは一部捨てちゃったかなあ。今から考えてみれば惜しい事をした。

で、ネガフィルムのスキャン方法は数千円単位で個人で取り込みができる機器があることが判明したし、ビデオテープについても再生データを比較的安価で取り込める機器があるのを先日知った。てっきり数万円もする専用ビデオカードが必要かと思っていたのだけど、それは昔の話なのね、と。

デジカメのサルベージ終了

| コメント(0)


今年の目標としていたデータのサルベージの一つ、デジカメの発掘と精査。昨日時間を採り、一気にやってのけて見た...といっても、片付けておいた箱から掘り出しただけだけど。

現行使用中のデジカメを除くと、形が残っていたのはこの4台。半分ほどはすでに壊れており、修理するぐらいなら新品に買い替えた方がいいという結果の代物。他にもおもちゃ系デジカメとか動画専用のカメラも併せ、データの抽出が出来たのは2つ分だけ。刺さっていたメモリカードを取り出してパソコンに移すのみ。

オリンパスのC-800は内蔵メモリオンリーだったので電池を充電して入れてみたけど動作せず。そういやこれも根本的にアウトだったのか。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちサルベージカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはコミュニケーションです。

次のカテゴリはステキデザインです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30