サルベージの最近のブログ記事

ビデオテープの劣化

| コメント(0)


先日のお掃除品で掘り出してきた、βテープの山。全部で段ボール二箱分で、中身は大抵がアニメだとかテレビ番組で大したものでは無いのだけど、合間合間に記録されているテレビCMが非常に貴重かな、という事で期待していたもの。

けれど写真の通り、テープ部分に随分とカビみたいなものが発生してしまっている。こうなると記録そのものが残っているか怪しいものだし、第一これでは再生しようとするとデッキが壊れてしまいかねない。VHSのよりさらに古いものだから、仕方ないといえばそれまでなのだけど、非常に残念。


連休ということで書庫的な部屋から色々と資料取り出し。保存状態が悪くて数箱ゲームソフトが箱ごと駄目になった(湿気にやられてカビだらけで復旧不可能)けど、大体精査とクリーニングは出来た次第。

どうも海外製のは箱が軟弱で劣化しやすいとか、国内でも大手はあまり劣化していないけど小さなゲームメーカーのはCDもパッケージも劣化しやすいとか、大手でも某社のはプラスチックスが随分と傷んでいるとか、材質の良し悪しがかなり明確に出たりする。


今日も今日とて週末お馴染みのサルベージ作業。いつになったら終わるのだろう、けどこれを終わらせないと、山積みになった必要品の整理作業もできやしないということで、少しずつ、確実に進めている次第。全部まとめて一括廃棄するのは色々と忍び難いし、ね。

今回はパソコンソフト詰めの箱と、フロッピーディスクの箱を精査。フロッピーは大体5インチで、データの類が大部分。再生端末はすでに無く、データもどうやらハードディスクの分割バックアップをしたものらしく、アルファベットと数字のナンバリングシールが貼られたものばかり。原稿やゲームの開発途中バージョンのも結構あったけど、それらも合わせて大体ハサミでチョッキンとした上で袋詰め。少々量があったので、来週末のそれ系のごみ回収日まで自宅に保存。

よく見てみると磁気部分が結構色あせて、これは再生端末があったとしても読み込めないだろうなあ、というのもちらほら。それでもCDと比べると劣化の度合いは低いってのは不思議なものだったりする。

まだまだ出てくるパソコンソフト

| コメント(0)


先週末のお掃除品。単にしまってあるところから取り出すだけでは無く、中身を精査して買取に回すのか保存するのか中身足らずの箱に納めるのかの振り分けをし、買取に回すものは各種クリーニングを施す必要があるので、とても時間がかかる。今回はメインがPC-9801用、かな。

クリーニングもプロセスは複数にわたる。下手をすると1本のソフトで10分以上の時間は取られてしまう。新しい持ち主が気持ちよく手に取れることを考えれば、当然の処置ではあるのだけどね。

ツール系ソフトは正直悩みどころ。フライトシミュレーターはまだしも、表計算ソフトの類は、今更持っててどうするんだということを考えると、ソフトの価値そのものは無い気がする。歴史的存在意義、ぐらい。


先週末のお掃除大作戦、まずは土曜日分。PC-9801用のパソコンソフトがメインではあるのだけど、中に入っていたものの少なからずが、保存は意味がないし第三者譲渡が出来ない対象のもの。ソフトそのものは製品版とまったく同じなんだけどねえ。やっちゃいけないよと書いてあるのを無理してやる意味はない。第一その類のは売れない。

この類の処理がし難いソフトは、そろそろ段ボール箱3つ分ぐらいになる。大方の掃除が終わったら再精査の上で破棄なり寄付なりしないと。

ニフティーサーブとかの申込用紙も。当時はパソコン通信がメインで、その勧誘のためにはゲームソフトにも積極的にこんな用紙が織り込まれていたのだな。スーパーで買い物をすると袋に入っていたりするチラシと同じ。


毎度恒例の土日の大掃除。まずは土曜日分から。時間が無かったので最小限のソフト整理のみ。見つかったものとしては、パソコンのPC-98用のMS-DOS3.3D。ってこれ、意味があるのかレベル。そしてMSX用のカラ丸珍道中。都道府県の名産物などを覚えるためのゲームだけど、結構面白かった気がする。まぁ、実機そのものが無いので、これは買取業者行きの予定。

フロッピーディスクはもう使えない

| コメント(0)


昨日は時間が足りずに書庫的なところから2箱持ち出してくるだけで終わってしまったお掃除。1箱はPC-98用のソフトの数々。随分と懐かしいものがあるけど、再生する端末はもう手元には無いんだよなあ。つくづく、カートリッジ式のゲーム機のイージーさに関心させられる。

もう1箱の方は色々なデータディスク。原稿ファイルのものとか、仕事で使ったゲームのセーブデータとか。原稿は機種転換の際に必要なものを逐次移行しているし、ゲームのデータはゲームそのものもそれを動かす端末も無いので、データディスクだけあっても意味がない。

中身を再確認した上で、大部分は裁断処理をすることになるのだろう。そのまま捨てるのは保安上の問題があるからね。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちサルベージカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはコミュニケーションです。

次のカテゴリはステキデザインです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30