サルベージの最近のブログ記事


少しでも時間のある時にお掃除をしていかないと部屋がモノで埋まってしまうってことで、ちまちまと休みの日は時間を取ってストック品の再整理。なんでこんなものを保存しておいたのだろう的なものとか、歴史的価値はあるのだろうけど換金化はどうすれば的なものとか、まあ色々と。

今回見つかったエアリスのに続きティファのフィギュアもその類。当時としては随分と斬新なスタイルのフィギュアだったけど、今となってはアクションフィギュアの先駆けだったのかなあという程度で、特に目新しいものでは無し。年代物には違いないけど、価値があるのか否かというと正直微妙。とはいえ廃棄するのはさすがにもったいない。


昨日も時間を見つけて少しずつお部屋のお掃除。昔の「とりあえず取っておこう」としたものをモリモリと必要なもの・必要でないものに選別し、要らないものを廃棄処分にしていく作業。昔の珍しい飲料の瓶やら缶とか、容器に使えるだろうということでまとめて保存しておいた円筒形の入れ物とか、すでに変色してしまった紙袋とか、次々にさようならモード。

で、そのようなお掃除の中で見つけたのが、これらの資料。2005年分の日経新聞で、大学生の就職希望ランキング。今と同じように上位にある会社とか、今とは随分と順位が違うよね的な会社とか、もうすでに別の名前になっちゃってるよねという会社とか。盛者必衰の理を表す、的な。


先日のお掃除の際に発掘したオールドアイテム。随分と汚れていた......というか油汚れがひどくて、洗剤をしみこませた雑巾でガッツリと拭いて、それでようやくここまできれいにできた。買った時の記憶が無いぐらいに古いものなので、なんで買ったかはまったく分からない。衝動買い的なものなのだろうなあ。

今流行りのアクションフィギュアの先駆けみたいなもので、ごく一部分が稼働するけど、実質的にはディスプレイをするだけのフィギュア。造形もぶっちゃけると今一つ二つで、エアリスの顔は鉄仮面状態。でも当時としては萌えたんだろうな。


先日某戦記漫画家の先生の質問ツイートに答える形で、朝方に書庫部屋をひっくり返して確認したけれど、空振り三振だった次第。それに合わせる形でいくつか見つかった書籍を、ちょいと写真に収めたのがこれ。秋田書店発売の、厚表紙の軍事モノシリーズの一つ、「太平洋戦争図鑑 栄光の名機・名鑑・名戦車」。うん、まあ、その、なんだ。太平洋戦争中の日本軍の兵器がメインなので、名戦車っていっても帝国陸軍のそれは、同時期の他国のと比べると、戦争初期はともかく中期以降になると......。

中身は子供向け図鑑って感じでビジュアル多し、イメージイラスト多しと、結構贅沢な作り。考察などが前世紀のものなので今から見ると首を傾げるところも少なくないけど、非常に読み甲斐のあるものに違いない。今発売しても......と思ったけど、この類の本は今では子供向けとして出そうとすると、妙なツッコミを入れてくる方々がおられるのか。子供の教育に云々とか。

SHOP99 の割りばしをサルベージ

| コメント(0)


先日のお掃除の過程で発掘した、かつて存在したコンビニ「SHOP99」でお弁当を購入した時などについてきた割りばし。ラベルなどはまさに「SHOP99」だけど、中身はごく普通の割りばしで、特に変わり映えはしない。2009年にローソングループに吸収合併されて2011年には全店ローソン100に改称したから、少なくとも5年前のなんだな、これは。

紙の部分が随分と変色しているのも、少なくとも5年は経過しているから。意図的に保存していたわけではなく、たまたま偶然ではあるのだけど、収めた時にはよもやSHOP99が「かつて存在していたもの」となるとは思わなかった。こんなものでも歴史的価値があるアイテムになるとはねえ。


先日は通院のためその後直帰だったので、ちょいと撮影し損ねていた素材をいくつかチェックしながら写真に撮った。その一つがこの「ニンテンドーパワー」の公式ガイドブック。本体は以前紹介したと思うけど、任天堂の据置型家庭用ゲーム機スーパーファミコン用の、ソフト提供のスタイルの一つである「ニンテンドーパワー」の説明書。ゼロ号ってことからも分かる通り、本サービス開始の際に無料配布された......んだっけ? 有料だったかな。ともあれ、そんな感じ。

ちなみに「ニンテンドーパワー」ってのはまだインターネットが普及しておらず、ソフトをカートリッジスタイルでは無くデータとして提供するための一手法として模索されたもの。コンビニに専用端末を置いて、ゲームそのものを保管するためのメディアカートリッジを販売。専用端末にカートリッジを差し込んでお金を入れて、好きなゲームを選んで書き込むという仕組み。今ではインターネットでダウンロードして、自分のゲーム機にそのまま保存ができるのだけど、当時はそのような仕組みが使えるはずも無く。


以前にも言及した通り当方の手持ちのMOやらフロッピーディスクには少なからずの、過去の自前で取得したデータなどが残っているはずなのだけど、サルベージする機会が得られなくてうずもれたままになっている。今使っているハードディスクにもその一部があるのだろうけど、正直どれがどれやら分からない状態(笑えない)。後はネガフィルムもあるのだけど、これはもう書庫にぶちこんだままでさらにどうなっているか分からない(汗)。

そのような状況ではあるのだけど、先日別の探し物をしていた時、偶然にも数枚ほど、昔の秋葉原を撮った写真が出てきたので、リサイズして挙げてみた。実際にはもっと大きい。


ここ数日は体調があまりすぐれず(肩こりとか貧血とかが重なってえらいことになっていた)、週末のお掃除も最小限。下手に気合いを入れて体を壊したら身もふたもない。ってことで、サルベージできたアイテムもちょっとだけ。

まずはソニーの家庭用ゲーム機プレイステーションとの連動性アイテム、ポケットステーション。たまごっちみたいな造形......というか今はむしろiPodの変型判と見られるかもしれない。一時期、家庭用ゲーム機と「つながる」形でこのタイプの小型端末が流行った時期があったんだけど、いまいち必要性・訴求力に乏しいところがあり、あまり長続きはしなかった。携帯音楽プレイヤーが大盛況の現状を見るに、ちょっと時代を先取りしすぎたかな、という気はする。

ちなみに電源は入らず。ただ、電池を入れ替えれば稼働はするはず。機会があればチャレンジしてみましょうかね。


先週末のお掃除タイム。昔のパソコンの層にぶちあって(化石の発掘みたい)、その大きさと微妙な価値の有り無しにどのような措置をとるべきか頭を抱えていたりする。片づけたまま手をつけていないってことはデータはサルベージした後で、再起動の必要性も無く廃棄して構わないはずなんだけど、なんだか捨てるには忍び難い気もする。ともあれまずは整理して、外付けハードディスクの類だけでも処分しないと......ということで、少しずつ分解して物理的にデータを消す作業。廃棄サービスを使う手もあるけれど、ちょっとコスパが、ね。

外付けハードディスクの類は、大抵容量不足か、トラブルが生じてしまったか、音がうるさすぎて使い物にならなくなったなど、どのみち使いようが無いもの。中には250メガバイトってのもあったからねえ。いまやUSBメモリの容量にも足りない。


写真は一番後ろにあるのが8インチフロッピーディスク、その手前が5インチ、そして光磁気ディスク(MO)。3.5インチとかZIPとか抜けている気がするし、さらに手前にSDカードなどが入るともっとそれっぽいのだけど。確かにこうやってみると、技術の進歩でメディアに収められる一定面積内の容量が濃厚化すると共に、サイズは小さくなっていく。圧縮化技術のスピード感で、より大きな容量を、より小さな物理サイズに収められていく。

先日もちらりと触れたけど、現行の主要モデルの2倍ほどの大きさを持つ外付けフロッピーディスクの容量が500MBで、一瞬500GBの見間違いかと思ったほど。復旧させても使い道がないのは明らかなので(USBメモリですら数十倍の容量がある)、分解して物理的に破壊して中身のデータを抽出できないような措置を実施中。


昨日のお掃除では古いパソコンやら外付けハードディスクが大量発掘されて、そのまま投棄するわけにもいかず頭を抱え、とりあえず外付けのハードディスクを一台試しに分解した上で、中身の部分だけを取り除き、後は処分、中身はしばらく何かの処理をして読み込めないようにした上で砕いて廃棄処分にしようかと色々考え中。

パソコン本体は...汚れているけど、デスクトップは文化遺産になりかねないので(笑)しばらくそのままにしておいて、ノートパソコンはやっぱり同様の措置をした上で捨てようかなと考えている。スペック的に使い物にならないし、アップグレードの余地がないからね。そもそも昔のノートは熱処理関係で今と比べてスペシャル低性能なので、2時間ぐらい連続使用するともうアウトだったりする。

で、それらの電子機器にまじって見つかったのが、このソニーのアトラクションマイクロホン SAM-1 Mr.あいのて。一時期ハンディカラオケが流行った前後に出たのかな。カラオケ機能は無く、さまざまな合いの手をしてくれるボタンやボイスチェンジャー機能が実装されている。当方は歌が歌えるような声の持ち主でもないのに何でこんなのをと思い返してみたら、イベントや災害の時に使う、ハンディマイクの代わりに買ったんだっけ。

具体的に何時発売だったのかはもう記録が残っていない。ただ、箱が変色しているので相当古いのは確か。オークションにもいくつか確認できるけれど、値が数千円前後なので珍しいものではないのだろう。いや、珍しいかもしれないけれど、需要が無い(笑)。


ゴールデンウィークはサルベージを兼ねたお掃除がはかどるかなと思ったら、他のタスクが山盛りで結局普通の時と変わらないじゃんって感じの今日この頃。それでも何とか昨日も1時間ほどお掃除に割り振ってアイテム探し、じゃなくて片付け。それなりに捨ててはいるのだけど、もったいなくて段ボール箱に再整理ってのも多い。

まず今回見つけたのは、11年前のチキンラーメン。これ単独で見つかったのではなく、陶器製のひよこちゃんの丼と一緒に梱包されていた。丼はそのまま使えるので保存に回したけれど、さすがにチキンラーメンは封を開けるのもはばかられる。そのまま速攻でゴミ箱行き。後で「せめて封を切って中身を確認しておけばよかった」と思ったけれど、後の祭り。

最近の記事25件

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちサルベージカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはコミュニケーションです。

次のカテゴリはステキデザインです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31