スーパーファミコンの稼働を確認

| コメント(0)


昨日はようやく取得できたクリーニングビデオを使ってどうにかベータのビデオデッキを回復させ、だましだましテープをデータ化する作業。それと並行する形で、お蔵入りとなっていた家庭用ゲーム機の再点検作業に。

自宅にはテレビがないので、コンポジットなどの映像出力は一度コンバーターをかましてパソコンに入力し、パソコンの画像として出力しないと見ることができない。ただこのコンバーターって当方の手元には1つしかないので、現時点ではビデオテープのデータ化を行っている、サブの古い端末につけられている。

とりあえずその状態のままで動かしてみたけど、少なくともスーパーファミコンは正常に稼働した。写真はコーエーの「独立戦争」と「提督の決断2」。下の方がちょいと暗めになっているのは、一度動画として撮影して、その動画を再生した上でキャプチャしたから。

ビデオテープのデータ化がすべて終わったら、コンバーターをメイン端末に差し替えて、さくりとプレイができるようにしたいところ。

それにしても結構な時間が経過しているのに、色あせていないのが驚きではある。というか、光磁気媒体だとカビとかデータの劣化が生じて読めないものばかりとなっているのに、ROMだと堅甲だよなあ、と。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年5月 7日 06:58に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「緊急地震速報の音が焦るのでヤメレ」という意見で音の正解ぶりを認識」です。

次の記事は「夏のマスクの代わりとなるもの」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31