経済全般の最近のブログ記事

タンザニア発行の独島硬貨の話

| コメント(0)
韓国・ソウルの繁華街にあるビルの一室にその店はある。独島硬貨はすでに売り切れていたが、サンプルとして1つだけ保管されていて、実物を見る事が出来た。手に取ってみて驚いた。大きい。そして重い。サイズは手のひらにギリギリ納まる直径65ミリ、重さ155.5g。純度99.9%の銀製で、表面には竹島が正確かつ立体的に再現されている。「韓国領」と刻まれた岩が置かれている場所には、ご丁寧にクリスタルが輝く。裏側には「TANZANIA」「3000SHILLING」の文字と紋章が描かれている。価格は49万5000ウォン、日本円で約4万5000円と高額だ。


コインショップの担当者はカメラ撮影NGという条件付きで取材に応じてくれた。

「私たちの会社はあくまでも硬貨を販売するだけ。独島硬貨を製作したのはヨーロッパの硬貨製造会社だ」「タンザニア独島硬貨」は、何とアフリカではなくヨーロッパで作られたという。担当者は2018年11月、この「ヨーロッパの会社」から、こんなことを持ちかけられたというのだ。


先日話題に上ったタンザニアが発行したという公式を自称する独島のコイン。韓国の公共放送KBSが実映像付きで伝えたということもあり、信ぴょう性がある内容ではということで本物かどうかについても色々と物議がかもされたわけだけど、結局当時は該当品そのものの一次ソースが見つからず、ホールド。報道では実通貨として流通するものとかともいってたのだけどね。

で、先日色々と急展開。今件の報道で色々と実情が分かって来た...というか全発行枚数が777枚とか。


この類の話は統計の取り様がないし、実例を探せばごく少数はあるかもしれないけど、正直なところ誤差の範囲でしかないし、要は無視できるレベルのお話。

煽る形で論理的、物理的、科学的な裏付けも無く、「そうだと思うのならやってみろ」と脅してくる界隈は多分に、実際に飲んでみても頭を下げたり主張を取り下げたりすることは無い。今ちょっと見つからないのだけど、どこかの記者だかが官僚に処理水を飲めと強要して報道勢の前で飲ませて、それをドヤ顔で戦果のように語ったという話が昔あったような記憶もある。で、そのライターとかが「それなら安心だな」と考えを改めたという話は無いので、結局は相手を攻めたり留飲を下げるための主張でしかなかったわけだ。

結局今件で指摘されている、トリチウムで騒ぐお騒ぎ組的な人達は、何があってもお客さん的な立場にはならない。そしてお客さんになる可能性はゼロに等しい。元々難癖をつけるのが目的なのだから。だからそんな人たちを相手にする必要は無いし、そういう見込みゼロ客が見込みのある客に向けて風評の被害を出してしまうような行動をしている場合、それこそ営業妨害として認識してもよいのだろう。

ネットと手元のお金の違い

| コメント(0)


人によってはこういう感覚を持たない人もいるだろうし、持っていても額面によって違ってくるって場合もあるだろうけど、多くの人は共感をするはず。手元のお札を勘定しての買い物と、ネット上で数字だけであれこれしての買い物は、たとえ同じ金額だったとしても、踏ん切りというか、支払の判断基準が違ってしまう。

やはりこれはお金が単に数字として、しかもデジタルな存在でやりとりされるのか、自分の目の前で実体化した紙幣としてのもので、しかも手に取る形で存在しているかの違いなんだろうな。認識できる方法が複数なので、それだけ大きなウェイトを感じてしまう。

この現象って現金払いとクレカ払いの違いでも生じているのだけど、ネットでそれを行うと拍車がかかる気がする。

「1円玉の悲しみ」

| コメント(0)


色々と問題があるので直接のツイートの引用は止めておくけど、ツイートしているように「1円玉の悲しみ」というタイトルで、1円玉75枚を使って支払おうとしたら店員から文句を言われ、それが悲しいという内容の新聞での読者投稿記事があった。四国新聞ではとの指摘もいただいたけど、原本を確認できないのでホールド。

で、結論から言えば、お気持ちとか悲しみとかいうのは別として、法的には1円玉1種類で20枚を超える数を出されたら、お店側は受け取る義務はないし、出す側は受け取りを強要することはできない。通貨1種類につき20枚までしか一度には出せません、使えませんという法令があるから。こういう決まりを作っておかないと、お店でトラック1台分の小銭を持ってきて「これで支払う」とかいうおバカな嫌がらせが生じかねない。

高齢者の数と2.09という値

| コメント(0)
同日時点で前年比32万人増の3588万人と過去最多となり、総人口に占める割合も28.4%で最高を更新した。この割合は世界201の国・地域で最も高い。超高齢社会を見据え、医療、介護、年金といった社会保障制度改革や労働力不足などの課題に早急に取り組む必要性が改めて浮き彫りになった。

先日統計局から発表された敬老の日にちなんだ各種データのお話。夕方以降はこれへの対応でどたばたしまくって今日もいくぶん寝不足ではあるのだけど、ともあれ高齢者が増えていることは事実で、さらにいえば例の団塊の世代の影響で、高齢者の中でもさらに高齢な人達の数の増え方が盛り上がる気配がある。

で、コメントにもあったけど、高齢者を現役世代が支える度合いを算出したのが次の一覧。

100兆ジンバブエドルの紙幣

| コメント(0)


ツイッターのタイムライン上に聞いたことの無い地方の観光促進機構がどこかのイベントに参加して賞金をもらったけど、ドルはドルでもジンバブエドルでした、的な話を見て。その機構を検索してもまともなサイトは無いし、ツイッターのアカウントは怪しさの香りがシュールストレミングなレベルだったし、YouTubeのアカウントも取って付けたような内容だったので、これは君子危うきに近寄らずのアラートだな、と放置した上で。

そういやこういうネタ的な話として使われるジンバブエドルって、実物を持っていた方がいいんだろうかということでアマゾンで検索したところ、出てきたのがこの100兆ジンバブエドル。ハイパーインフレとかどんだけー、という感じ。

韓国は12日から旧盆の大型連休に入りました。例年、この時期には韓国人観光客が日本に殺到するのですが、今年は日韓関係の悪化で観光客が激減し、日本各地に影響が広がっています。

ということでタイトルでは「韓国からの来日客が減って日本は大打撃」、本文でもいくつかの例を挙げて韓国からの来日客が減って大打撃的な話を挙げ、全体的にヤバいよ、だからユー、韓国に頭下げちゃいなよといった雰囲気がもりもり状態の記事。

発信元がテレビ朝日なので、また朝事案かな、という感はあるし、先日観光庁の資料を挙げて云々した話のように、確かに韓国からの来日客は減っているけど、それ以外の国からの人は増えているので、合計すると増えているよね、とか。数字では直で出せないメリット・デメリットとかあるよね、とか。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち経済全般カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは紹介・レビュー・コラムです。

次のカテゴリは自作動画です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30