経済全般の最近のブログ記事


「勉強会しましょう」「意見交換を」といううたい文句で足を運んだら、ほぼ一方的に情報提供をするだけで、こちらは何の益も無かったし、下手すると昼食代も電車賃も得られない。仮に対価が約束されていたとしても、有耶無耶にされてしまったり。新技術とかちょいと珍しい方向性の知識を持っていたり経験があると、結構な確率で遭遇する。

これって例の報道界隈による、突然アプローチをかけてきてお話をお伺いしたいからの素材を寄越せ対価は出さぬとか、資料を出せお話を聞かせろお礼は無いけど・あっても雀の涙とか、用意したけど「やっぱり使わなくなっちゃった、てへぺろー」でその後音信不通とか、そういう話と性質的には似ている気がする。

米国のゴールドラッシュで一番儲かったのは、金鉱掘りの人達の生活をサポートするジーパンを作った人だ云々という逸話を思い出すけど、それだってちゃんと物的な意味での支援をしているから、今件よりはかなり格が上になる。

誤解があるのであらかじめ書き記しておくけど、起業の際には多様な法的・書類事務が必要だし、手続きも雑多に及ぶ。業態ごとに起業後に色々とやらなきゃならないことも多い。そういうノウハウのレベルなら、大いに役立つし、そういうことをするための士業な人達もたくさんいる。

今件ではそういう類では無く、テナガザルだかコンサルだかよく分からないような、山師的なアドバイスをする人たちを指すのだろうし、そういう人達は得てして自分では経験が無かったりする。多分に「自分はしたいけど出来なかったので、せめて口出ししたい」とか「適当な話をして小銭をゲットだぜ」のレベル。困ったことにそういう人達においては、それを意識せずにやっているケースがあったりする。

要は「無料であんたのリソースを寄越せ」なんだよね。搾取という言葉がぴったりかも。


米国のゴールドラッシュで一番儲かったのは、金鉱掘りの人達の生活をサポートするジーパンを作った人だ云々という逸話を思い出すけど、それだってちゃんと物的な意味での支援をしているから、今件よりはかなり格が上になる。

誤解があるのであらかじめ書き記しておくけど、起業の際には多様な法的・書類事務が必要だし、手続きも雑多に及ぶ。業態ごとに起業後に色々とやらなきゃならないことも多い。そういうノウハウのレベルなら、大いに役立つし、そういうことをするための士業な人達もたくさんいる。

今件ではそういう類では無く、テナガザルだかコンサルだかよく分からないような、山師的なアドバイスをする人たちを指すのだろうし、そういう人達は得てして自分では経験が無かったりする。多分に「自分はしたいけど出来なかったので、せめて口出ししたい」とか「適当な話をして小銭をゲットだぜ」のレベル。困ったことにそういう人達においては、それを意識せずにやっているケースがあったりする。


今では条例や法が厳しくなって低層の集合住宅とかでもエレベーターは必要不可欠的な雰囲気になってるけど(さすがに2階建てのではあまり見られないけどね)、昔はもう少し話としては緩やかで、6階以上ならともかく5階ぐらいまでは階段でOKという感じだった。

団地とか集合住宅的な分譲マンションなどでは4階や5階建てで、上記写真にあるような対面の住宅向けの階段があるのみってパターンのが結構多いんだよね。同じ階を共通の廊下でつないで両端と中央に階段があるというのは、一棟が大きなタイプでないとあまり見受けられない。

で、そういう集合住宅における今のトレンドは1階なのだそうな。理由としては、その集合住宅に長年住んでいて年を取り、地域環境に慣れ親しんでいるのでその場から離れる形での引っ越しはイヤだ、でも上の階だと行き来が大変なので1階がよい、とのこと。エレベーターをつけるにしても負担が大きいし、共通通路で同一階がつながっていないタイプだと必要数が多くなる。それらに手をつけるぐらいなら、建て替えた方がマシということで、最善策が「1階への引っ越し」となってしまう。

これまでは3社とも「つゆ自慢」だったり「基本ダネのブラッシュアップ」だったり、共通したトレンドが明確に見えたのですが、これらはもはや改良のマストポイント。今年は通常よりも各チェーンの個性が色濃く出ていると感じます。ただし、おでんそのものよりも、近年顕著になってきた「買う側」の変化は3社とも同じ意見です。「おでんを購入する女性やシニアのお客様が増えました」

先日はセブンの中華まんに他社のが追随できない云々という話もあったし、そろそろコンビニのカウンターフーズが中華まんとおでんでにぎわいを増す時期になったのだなぁと実感する話。

今記事ではコンビニ各社がおでんに力を入れ、他社との違いを明確化しているとか、需要層が幅広くなってきたという話が書かれている。まぁ、それはそれで間違っちゃいないのだけど。コンビニのおでんってのはざっと要点をまとめると「おかずや軽食、小腹満たしとして最適」「ヘルシー感があり、属性別のハードルが低い」「バイキング的な満足感も得られる」などのアピール点、メリットが多い商品ではある。無論店舗側としては「管理が大変」「販売時の手間がかかる」「匂いや衛生面の注意も欠かせない」という負担も大きくなるのだけど。


方程式のような決まり事では無いし、この考えに当てはまらない事例も多々あるのだろうけど、自分の経験則でもおおよそこれは正しいような気がする。

十分な利潤がある仕事だからこそ、色々な観点で余裕があり無茶な話は無く、トラブルリスクも小さい。ただしそういう話はすぐに引き受け手が決まってしまうだろうから、すぐに遭遇できるようなものでは無い。

逆に、条件が悪くて誰も手をつけないようなものは、段々と時間が経過してますます状況が悪化していく。条件もさらに厳しくなるので、結果として対価はイマイチだし口出しも多くなるし内容もトンチンカンなものとなってしまう。逆の意味での生存者バイアスの結果といえるかもしれない。バイキング料理で時間が経過してから足を運ぶと、空のお皿ばかりで残っているのも、何だか端切れとか形崩れのものばかりだったような。


東日本大震災の後にも似たような話をした記憶があるのだけど、北海道電力管轄における節電問題で、世帯ベースでの手っ取り早い節電に関するお話。先日紹介した節電タップを導入して待機電力とおさらばするのも一つの手だけど、テレビを消してしまうってのもありではないかな、と。

ずっとつけっ放しで環境映像的な感じで流しているのなら、ラジオの方が節電になる。というかラジオなら節電が求められている時間帯以外に電池の充電をしておけばいいわけだから、ベストではある。テレビをつけない、ではなくコンセントを抜く。

以前震災の際に色々と調べていた時に知った事だけど、前世紀のオイルショックにおいては、節電のために...というか省エネのために、テレビ放送の終了時間が前倒しになっていたという話があったという。それと同じでは無いかな、と。緊急事態のための情報の受信ならばラジオで十分。その上で必要ならば改めてつければよいまでの話。


無論これがすべてというわけじゃないだろうし、これが理由だとしてもそれを「はい、そうです」と公言する事は滅多に無いだろうけど、かなり納得させられる解説ではある。つまり、企業にとって体の良い、リスクが極めて低いスピーカーを、しかもアイドル的な人気を有することができるものを、内作することができるってこと。

人間のタレントは自社社員では難しいし、事務所からの任命ってことになると金はかかるしリスクがある。自前で準備できれば楽ではあるし、実在する人間で無ければスキャンダルなどのトラブルで頭を抱えることも無い。しかも好き勝手にキャラを作ることができる。アニメのキャラをイメージキャラクタとして作るってのと同じこと。しかも人間のように自在に動かせる。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち経済全般カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは紹介・レビュー・コラムです。

次のカテゴリは自作動画です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30