コミュニケーションの最近のブログ記事

これは"discord 出社"の検索結果だ。見ての通り、この検索結果のうち情報量は最初の1記事しかない。


読者としてはITmediaの記事は本家本元であるITmediaの記事だけ表示されればよく、後はまた別の人がDiscord出社について所感を綴ったものが検索に出てくることを期待している。が、実際にはそうならない。

しかも、この結果はまだマシなほうだ。なにしろ大元の記事がITmediaの真っ当な記事であるし、オリジナルの記事がちゃんと上に来ている。酷いやつだと、オリジナルの記事をYahooやまとめサイトがぶっ飛ばしていたり、あるいはもはや何がオリジナルなのかもよくわからないコピーサイト同士でコピーし合っている地獄絵図みたいな状態になっていることすらある。どこまでいっても無益。

歯がゆいのは、どんな話題でも、このインターネット上には必ず骨のある分析やまとまった意見を書いている人がいるはずということだ。が、そういう記事にリーチしづらくなっている。

個人的には2000年代後半くらいからこのような傾向が顕著になってきて(いわゆるまとめサイトが流行り始めた頃)、形は変われど同じ問題を十数年抱えて今に至る、という感触だ。なんだろうね。


ここ数年のグーグルの仕様は結果と過程をはき違えているというか、自身の技術力の無さの責任逃れにばかり長けるようになっているとかいう話について、同じようなことを思っている人もいるのだなあ、ということで覚え書き。

SSLとか法人ドメインの権威強調とかは、結果論としては正しいのだけど、それを前提として動いても、それ自身は何の保証にもならない。それらは保証するに値するコンテンツを裏付けるものではないからだ。お菓子などでよく見かける、何とか賞の金賞とかと同じ。ただ、対外的にはそういう権威を基にして云々と主張しておけば、大義名分は成り立ってしまうので、そうしているまでの話。オマケに検索エンジン技術関係者の論評者(SEOがどうとかいう専門家)の多分も、グーグルの太鼓持ち状態となって久しいから、外部から変化をもたらすような力も生じ得ない。

まぁ、そういう状況では、ツイッター検索の方がマシという話も理解できる。探るのに労力がいるし、選り分けも大変だけど、掘るだけの価値はあるものが出てくる可能性は高い。


新型コロナウイルスの流行による社会の変化の一つとして挙げられるのが、在宅勤務の急速な浸透とそれに伴って必要性が急激に増したビデオチャットやらビデオ会議の利用。ちょっと前までは超先進的な企業とかが一部で使っているぐらい、あとはニュースのインタビューとして利用されているぐらいだったのに、あっという間に無いとマズいよという話になっている。

ただそれとともに、指摘されているような「要望」が生じているというのはちらほら見聞きする。要は自分の権威を強調したい人にとっては、自分よりも下にいる人と同格に扱われるのが勘弁ならないのだろう。面積でしか自分の権威をアピールできないという可愛そうな心持ちをアピールしているだけなのに。

アマゾンのレビュー問題

| コメント(0)


確かに趣味系のアイテム、特にゲーム関連では、偏見に満ちあふれた批評というか難癖レベルのレビューを多々見受けることができるし、それは商品の問題では無くマケプレ業者とか配送業者の問題だろうという筋違いの話、さらには購入者自身の問題を転嫁しているものもあったりする。本質的にはアマゾンのレビューとてブログの紹介記事と何ら変わりは無いはずなんだけど、商品販売ページと直にリンクして、しかも不特定多数からの評価マークなどがついてしまうので、信ぴょう性の高い評論家・専門家の言及と同じように扱われてしまうってのが問題ではある。

口コミの問題点は、すべての参加者が善人であるという超性善説の上で成り立っているけど、実際には世の中そういうものではなく、むしろネガティブなスタンピードが発生しやすいのが実情。さらに人のモチベーションはポジティブよりはネガティブに大きなエネルギーが投じられやすいってこと。

結果としてレビューにはネガティブなもの、風評被害的なものが多く並ぶようになってしまう。一時期はそういうものに対して「違うそうじゃない」的な投票をすることもできたのだけど、それを悪用してまともなレビューをどんどんマイナス評価するムーブメントが生じたので、今では機能が外されてしまっている。

いわゆるvineシステムとか、先行購入者評価システムだっけ? 的なものも出てきてはいるけど、根本的な解決には至っていない。人の性だから仕方がないとは思うのだけどね。


ソーシャルメディアとて他人への意思疎通ができるツールに過ぎないのだから、それが仮に独り言とか単なる覚え書きだと認識していても、第三者や内容の相手に伝わる可能性を考えねばならない。ましてや引用リプライや直接リプライ、さらにはダイレクトメールで送ろうものなら、120%その人に向けたアプローチだと思われても仕方がない。

その類のルートで来る嫌がらせというか強要というか脅迫の類。発した側がどのような認識をしているかはともかく、もし来たらこんな形で返すのもありだし、考えてみればこれはまったくもって正論に違いない。

何しろ相手はこちらに対して、行動の制約、あるいは新しい行動をするよう求めている。ならばそれに従うことは相応の対価が生じて当然。それだけ自分のリソースを浪費、もとい消費するのだから。

佐川急便を名乗り「伝票がぬれて読めない」といって個人情報を聞き出す電話を受けたという体験談が、ツイッターに投稿されています。佐川急便でも、宅配事業者の社名を名乗る不審な電話について注意を呼びかけています。


ツイッターに投稿された内容によると、"080"で始まる電話番号から着信があり、佐川急便だと名乗ったそうです。「伝票がぬれていて見えない」「送り先と差出人が同一」などといって、家族構成を聞き出す内容でした。不審に思った投稿者は、電話を切り、佐川急便の営業所に連絡。かかってきた電話番号は、同社のドライバーのものではありませんでした。


インターネットによる情報の本質の劇的な変化については何度となく解説しているけど、情報の紐付けが容易にできることになったことで、ヒントのパーツの組み合わせで完成図を作り上げる、少なくとも全貌を認識することが可能になった。昔ならそれぞれ単独の情報として「なんだそんなもの」程度の話だったのが、ネットで調べて組み合わせると、あら不思議、そういうことだったのね、というもの。この類の話、本来はその筋の専門家が時間とお金と足をかけてじっくりとやって初めてできるものだったのだけど。

で、そのような情報の本質を悪用する形で、個人情報を盗取しようとする筋がいて、そのような人達は手を変え品を変え何でもやらかすよ、というもの。今回の宅配便の業者のふりをするってのもその一つ。書かれているような個人情報を取得すれば、そのまま犯罪にも利用できるし、他の情報と組み合わせてヤバいものも見出せるし、そういう情報をセットにすれば高値で買い取るところもある。

・感染症影響下において、家族の重要性をより意識したり、地方移住への関心が高まる等、意識の変化がみられる。

・就業者の3人に1人がテレワークを経験したが、さらなる利用拡大には、仕事の仕方の見直しなどが課題。
・子育て世帯の約7割で家族と過ごす時間が増加。夫婦間の家事・育児の役割分担を工夫する動きがみられる


大きな出来事があるとそれに影響される形で社会の意識や生活様式、色々な行動のパターンが変化することがある。けれどその類はまとまった形で統計を取られることはあまりなく、定点観測的な調査の結果の中から見い出していく場合がほとんど。先日の家計調査で袋麺の消費量が増えたとか、そんな感じ。

今回の内閣府の調査は、定点観測を利用し、特別調査を加えて行ったようなもので、色々な意味で価値のあるデータ。新型コロナウイルスの流行という状況下で急激に変化を強いられた人々の思惑や社会行動が色々な形で見えてくる。

社会全体とか仕事とか社会とのつながりとか生活の楽しさの満足度が減ったってのは仕方がない。規制ががっつり生じて好きなことができなくなったんだから。そういう状況もあってか、新しいことへの挑戦をする人が増えているし、家族の重要性を意識する人が増えてる。また、地方への移住希望者も増えている...ってこの辺り、東日本大震災後の心境変化と似ているな、という感はある。

「押印なくても契約は有効」

| コメント(0)
押印がなくても契約書は有効です―。


内閣府と法務、経済産業両省は19日、押印に関するQ&A形式の資料を公表した。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、企業にテレワークが広がる中、押印のためだけに出社するのは非効率との指摘を踏まえた対応。押印省略に企業の理解を促すことで、働き方改革を推進する狙いだ。


新型コロナウイルスの流行で巣ごもりやらリモートワークやらが急速に浸透する、というかせざるを得ない状況となった中で、大いに問題視されたのが判子問題。判子は物理的なものだから、仕事そのものはネット経由でできるのに、判子を押すためだけに出勤しなければという、どこのコントだよと言う冗談話がネタでも何でもない状態で頻発する形となり、さすがにこれはまずいだろうということからか、こういう話が出た次第。

要は判子が無ければダメだというこれまでの話から、判子でなく他の手段でもいいよ、ということになった次第。判子を使ってはいけないというわけではないので、これまで通り判子で証明をしても何の問題もない。ただ、「判子で無ければダメだ」という強制力が無くなったまでのこと。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちコミュニケーションカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはゲーム(類)です。

次のカテゴリはサルベージです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31