料理・食品の最近のブログ記事


携帯電話のキャンペーンで牛丼一杯無料でゲットするために、寒空の中で数時間も立ち並ぶのはどうなんだろうかというお話と同様なんだけど(並ぶこと自体が楽しいと考えているのなら話は別)。節約レシピの類でよく見られる、金額的には安くつくけど、その分調理人の労力とか時間がかかるってのは、結局のところはお金を個人のリソースで代用しているだけである(しかも効率は悪い)って話。いや逆か、個人のリソースをお金で代用するってのが外食なり中食なりインスタント系の食品の購入ってことになるのだな。

お金を出して何かを買うという行為は、買ったものを自ら作るのに必要となるリソースと時間を、お金に切り替えたことになる。しかも大抵は効率化されている。100円で売っているお菓子を自分自身が100円分の材料と時間、作るだけの技術で調理できるかというと無理だから。食事における節約は、往々にして時間とリソースの浪費となってしまう。

吉野家が定食に本腰を入れる日

| コメント(0)
吉野家、「定食」を1月29日(水)から格段に強化


・11時から「牛皿」含め2種のおかずを楽しめる『W定食』を販売開始
・15時から23時は3週間限定で『夜割』を実施、「定食」全品10%割引
・24時間いつでも「定食」のご飯増量・おかわり無料に

同日11時から吉野家の主力商品のひとつである「牛皿」ともうひとつのおかずを楽しめる『W定食』の販売を開始いたします。『W定食』は「牛皿」に加え、「牛カルビ」、「牛カルビ生姜」、「から揚げ(*)」、「豚生姜焼き」、「鯖みそ」、「炙り塩鯖」合計六品からお好きな一品を選べる定食です。価格はどのおかずを選んでも698円+税、提供時間は11時から翌朝4時です。


マクドナルドのごはんバーガーだけでも随分とサプライズなのに、同日のタイミングで吉野家は定食大増強作戦を公開するという、いったい何が始まるんですかという素の驚きを隠せない。

色々なおかずに手を出したいというのは幕の内弁当などでよく知られている、贅沢な切り口とか中年以降の人が好むスタイルだったりするので、おかずを増やせるようにするってのはステキなお話。また一定時間帯限定だったご飯増量・おかわり無料のサービスがフルタイム化したのもびっくり。無論逆に少なめとかのオーダーも可能との事。

期間限定だけど夜割を実施するという点に関しては、マクドのごはんバーガー同様に夕食需要の確保を狙っているなという気がする。これ、持ち帰りは......って「W定食」はテイクアウト不可なのか。テイクアウトOKなら、中食需要を大きく取りこめると思うのに。

日本マクドナルドは28日、午後5時から閉店までのディナー時間帯に販売する「夜マック」の新商品として、人気メニューを特製ごはんバンズでサンドした『ごはんバーガー』を2月5日から全国の店舗で期間限定で販売することを発表した。マクドナルドで『ごはんバーガー』が販売されるのは史上初となる。


先日【マクドナルドで米製品が出る可能性】で紹介した、マクドナルドの公式アカウントの意味ありげなツイートの件。やっぱり伏線でしたとさ、ということでマクドにおけるライスバーガーの登場。コンセプトとしては夕食向けのメニューを既存メニューに寄り添う形でというもので、バンズをライスに変えただけ。ライス部分はどうやって調理するのだろうか、既存の調理器で対応できるのかなといった中の人の心配はあるのだけど、切り口としては面白いし、個人的には好き。味そのものがどうかとか、食べにくくないのかなという話は実食してからでないと分からないけど。

マクドナルドで米製品が出る可能性

| コメント(0)


マクドナルドの公式ツイッターアカウントによる「お米たべたい」という言及。完全ゆるふわ系なら話は別だけど、業務にそれなりに連動している話が多分の公式アカウントでこの発言は、単なる思い付きとは考えにくい、というか逆に単なる思い付きでしかなかったら、中の人は怒られてしまうかもしれない。「たいやき食べたい」「天丼食べたい」とか個人の思いを語ってどうする、的な。

と、なると今件発言は何らかの伏線と見てもいいかもしれない、というよりは面白いかもしれない。多分に単なるブラフの類なんだろうけど、伏線として考えた方が世の中面白いから良しとする。


先日発表された外食産業の2019年12月分営業報告。全体ではプラスだったんだけどファミレスが結構酷い内容で、しかもこれはここ半年ばかり続いている動き。以前は推奨していたはずだけど、禁煙で客足が落ちてると繰り返し伝えていて、何だか恨み節のような雰囲気すら覚えるのが色々とアレ。禁煙にすればクリーンなイメージもつくし、従業員の就業環境整備にもプラスとはなるのだけど、客が遠のいてしまったのでは元も子もない。

加え、景気ウォッチャー調査のコメントの話でも言及したけど、若者の忘年会離れというか飲み会離れが進んで、これが忘年会需要を縮退させているので、関連業界は大きな痛手を負っているというのも興味深い。無理強いすると辞めちゃうから任意参加にしたら人数が集まらなくて、規模が縮小してしまったり、あるいは取りやめになるという動きがリアルで起きるとは。

これは憶測の域を出ていないのだけと、禁煙に関しては、ファミレスから遠のいた分が焼き肉業態にシフトしている雰囲気もあるんだよね。料理のスタイル上、焼き肉は禁煙にすることは難しいので。無論、肉好き性向が進んでいるってのもあるけど(チェーンストアの動向でもここ数年は肉が好調)。

ペットボトルでお湯を売る自販機

| コメント(0)


ただのお湯とはあるけれど、無料で配布していないのはこれ如何に、というネタはともかくとして(よく見ると「ただのお湯です(無料じゃないよ!)」と書いてあるな)。自販機でペットボトル入りのお湯が売られていてるのを見れば、確かに首を傾げることもあるだろう。けれど実際には結構需要があるとは思っている。要はミネラルウォーターの温めた版だからね。

炭酸とかジュースではなく単にシンプルに喉を潤したい、色々な体の都合でジュース系は飲めないけど喉が渇いたという時にはうってつけの選択肢となる。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち料理・食品カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは情報です。

次のカテゴリは新商品です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31