料理・食品の最近のブログ記事

ガリガリ君の新作はレモンティー

| コメント(0)
この商品は、レモンティー味のアイスキャンディーの中に、ガリガリとした食感が特徴のレモンティー味のかき氷を入れたアイスキャンディーです。イタリア産レモン果汁とスリランカ産ウバ茶の紅茶エキスを使用し、みずみずしく華やかな味わいに仕上げました。乾燥する季節にぴったりの飲料系ガリガリ君です。

一対一の割合位でネタ的な味わいとジャストミートな旨味の商品展開を行うガリガリ君。今度は後者の方かな......と思わせる一品。味そのものはサプライズ的なものではなく、氷をガッツリと入れて冷たさフルスロットルなレモンティーを再現したモノ......ってなんでこの時期に、もったいないという気はするけど。当方、レモンティーは大好きなんだよね。


プレスリリースは出ていないけど、ローソンの「星のカービィ」とのコラボキャンペーンとして展開中な数々のイベント......って今のところはグッズ販売しかないけど。11月21日からいくつかの新商品の展開やコラボ店舗の限定オープンがなされるらしい。

で、新商品として発売されるのが、このカービィまん。元々カービィってまんまるだから、中華まんの素材としてはバッチグー。マキシムチキントマト味ということで、チキンががっつり入っているんだろうなあ、という期待が。しかも顔が違うバージョンもあるという。......まぁ、顔が違う云々以前の問題として、実商品だと結構顔のパーツが面白いことになっているのだろうなあ、と。それはそれで期待したいところ。沖縄のローソンでは取り扱われないのがちょっと残念。

昨今、共働き世帯や単身世帯の増加により、生活者のライフスタイルが変化し、店内でゆっくりと過ごすことに対するニーズが高まり、"食"に対するニーズも多様化しております。そのニーズに対応すべく、この度、『ミスドゴハン』というキーワードを打ち立て、新たに軽食事向け商品を導入し、ミスタードーナツで食事をする文化を醸成していきます。


今回導入するアイテムは、利用動機や気分によって様々な組み合わせが可能で、朝食やブランチ、ランチタイムなど、幅広い時間帯でご利用いただけます。


コンビニドーナツの普及でドーナツ専門店のミスドが財務的に窮地に立たされているとの話は以前からあった。元々ドーナツ市場がそれほどの拡大を望めるはずも無く、コンビニが一気に展開したことで飽和状態に。市場まで伸ばしてくれればよかったんだけどねえ。最近では最大手のコンビニ某社では専用のケースを取り払ってベーカリーコーナーに並べるようになっちゃったし。

行き着けのミスドも先日閉鎖してしまって、ちょっとショックだったのだけど、ミスド自身の焦りは思った以上のレベルのようで、色々と手を打ち始めているのが分かる。その手の一つが今回の「ミスドゴハン」。元々ミスドでは飲茶ができるのが売りだったんだけど、それにとどまらずドーナツ部門でも食事として選択できるものを出そうというもの。吉野家で飲みもできる吉呑みを始めるような感覚。

日本マクドナルド株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役社長兼 CEO:サラ・エル・カサノバ)は、2017年11月1日(水)から販売し、大好評をいただいている、「アメリカンデラックス」キャンペーン第1弾の「デラックスチーズ」に続き、待望の第2弾として、「デラックスバーベキュー」を2017年11月22日(水)から販売開始いたします。第2弾「デラックスバーベキュー」は、"盛りすぎ"をコンセプトに開発し、合計8種もの具材を大胆に"盛りすぎ"、大きさだけでなく8種の具材でうまさも"盛りすぎ"、過去のアメリカンシリーズの中でも最大級の"盛りすぎ"商品です。

 第2弾「デラックスバーベキュー」は見た目も味わいもハンバーガーの本場アメリカを感じられる商品で、現在アメリカで人気のチポトレソースや、定番のバーベキューソースを使用したやみつき感満載のダイナミックな味わいに仕上げました。


最近マクドナルドが復調してきた理由の一つとして、同社が消費者から求められていた需要「思いっきりジャンクなファストフード」を適切に把握した商品の開発がなされているってのがある。無論、安全性に問題があるのは別だけど。

日本人がイメージするアメリカーンな、大胆不敵なまでのボリュームなメニューは、そのすべてが憧れではある。それを手に取り食せるのだから、まさにアメリカンドリーム的な。

今企画では具材を思いっきりぶち込むってことで、第一弾はチーズ、そして第二弾はバーベキューソースを利用したってことになるのかな。加え、シリーズ共通具材としてベーコンがプラスαされている。

断面図が堪能できるケーキカタログ

| コメント(0)


なぜ断面図があるとスケベなのかはご想像にお任せするとして。ケーキはスポンジの上に飾りをちょこんと乗せたシンプルなものではなく、色々な層に多様な具材を織り交ぜており、フォークやナイフを刺した時の驚きと、口に含んだ時の色々な味わいの楽しみが、大きな魅力ではある。その観点では、単に原材料として何を使っているのかだけでなく、切り取り断面図を見せてくれるのは非常にありがたい。

マクドでクレカが使えるようになるぞ

| コメント(0)
日本マクドナルド株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼 CEO:サラ・エル・カサノバ)と三井住友カード株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:久保 健)、株式会社ジェーシービー(本社: 東京都港区、代表取締役兼執行役員社長:浜川 一郎)およびアメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.(本社:東京都杉並区、日本における代表者:清原 正治)は、全国のマクドナルド店舗(約2,900店舗) ※1に おいて、2017年11月20日(月)より、クレジットカード※2による決済サービスを開始するとともに、電子マネー決済サービスの取り扱いを拡大いたします。


これまでマクドナルド店舗では、電子マネー「iD」、「WAON」、「楽天Edy」、「nanaco」、「Suica」等の交通系電子マネー※3の決済サービスをご利用いただけましたが、今回、お客様にさらに便利にマクドナルドの店舗をご利用いただくため、6つのクレジットカードブランドおよび電子マネー「QUICPay+」での決済を導入いたします。これにより、お客様のお支払い方法の選択肢が広がり、さらに利便性が向上します。


マクドナルドではこれまで多数の電子マネーを使えるようなサービスを展開していたけど、今後はクレジットカードも使えるようになるよ、というお話。他にNFCも来年以降に利用可能とするとの話。

マクドナルドで万円単位の使用をするわけじゃないから、電子マネーはともかくクレジットカードの必要性はどれほどあるのかという感もするのだけど、少しでもクレカ利用額を高めてポイントを稼ごうとか、家計の掌握に役立てようという観点ではプラスとなるのかも。まぁ、使えない場所よりは使える場所の方が利用する意義は高くなる。現金の持ち歩きが今まで以上に少なくなるかな、と。

株式会社吉野家(本社:東京都中央区、以下吉野家)は、2017年11月16日(木)より全国の「吉野家」にて、吉野家の「晩ごはん」第二弾として「牛鯖味噌定食」の販売を開始いたします(販売時間15時-24時)。定番の「牛皿」と組み合せた「牛鯖味噌定食」はボリュームたっぷり、吉野家ならではの"晩ごはん"です。ご飯大盛も無料ですので、しっかりお召し上がりいただけます。


吉野家の客層拡大政策として始めた吉呑みに続く夕食需要の取り込み策「晩ごはん」。午後3時以降の限定メニューとして、夕食を吉野家で済ませてしまおうという人たちに向けたメニュー展開。鯖味噌ってのは正直驚いた。需要は確かに高いかもしれないけど、厨房のリソースは随分と取られてしまう(他のメニューとの共有化はできない)し、好き嫌いがあるから香りなどの点で逆に引いてしまう客もいるかも(納豆などと同じ)。

ただこれで、和風の夕食客をどうにかして確保したいという思惑は確定。牛牛定食でがっつりボリューム、鯖味噌系であったりというところかな。代わりに「おろし牛カルビ定食」が無くなったあたりも、がっつり・あっさりの二本立てて攻めたいという思惑がよく分かる。

最近の記事25件

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち料理・食品カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは情報です。

次のカテゴリは新商品です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30