時節の最近のブログ記事


注意喚起レベルではあるけど、公的機関からこういう話がさらりと流れ、それを容易に取得できるようになったのは、やはり良い事ではあるのかなあとしみじみ思いながら、春の強風に関するお話。

今件は建物周りの話での注意事項。改めて指摘されると、確かに色々と飛んだり壊れたりしかねないなと。植木とか物干しざおは特にそうだね。倒れた拍子にガラスを突き破るなんて可能性が無いとは言い切れない。


国土交通省は、今週末にかけての大雪に備え、下記のとおり、ドライバー等の皆様への呼びかけについてお知らせします。


北日本から西日本にかけての日本海側を中心に、15日頃にかけて大雪が継続し、猛吹雪となるところがある見込みです。また、14日から15日にかけては、東海や近畿等、西日本から東日本の太平洋側の平野部でも局地的に大雪となるおそれがあります。大雪や猛吹雪による立ち往生等に警戒が必要です。

不要不急の外出は控えるとともに、やむを得ず運転する場合には、冬用タイヤやチェーンの早めの装着をお願いします。大雪が予想される地方整備局においては、道路交通の確保ができる対応を24時間体制で行う予定です。


気象庁は国土交通省の下部組織であるから、リリースそのものは気象庁経由のものだけど、実は国土交通省そのものでも同じリリースを出しているし、タイトルが「大雪に対する国土交通省緊急発表」となっている以上、重要度が並々ならぬものであることが分かる。

リリースの詳細部分を見れば分かるのだけど、昨年頭、つまり前年度の同じ時期に北日本地域でダイナミックな降雪となり、大いに交通網が混乱した事例があるだけに、それを踏まえての注意喚起であることが分かる。タイミング的には13日、つまり今日から週末にかけて大雪が降る見通しとのことで、受験生は大変、余裕をもって行動し、無理はしないように、という感がある。無論受験生に限った話では無いのだけど。

成人式と「戦争法」と

| コメント(0)


昨日イオン周りをした時の話。どうも通りの混み具合が異常なほどで、これはまるで夏休み中のとしまえのプールを目当てにやってきている人達のようではないか......と思ってたら、目の前からきらびやかな服をまとった集団が。ああそうか、成人式があったんだっけと納得。目の前でも何台もの車が途中で止まって、中にいた着物姿の人たちが下りてきている。これがあるので混んでいたのだな。

で、豊島園駅の広場にいくと、待ち合わせをしている無数のグループが寄り集まってえらいことに。中には一人でポツンと立っている人がいたり、グループの構成人数もまちまちだったり、そばのコーヒー店が試供品をもりもり配っていたりと、色々な人生模様があるのだなあと実感。女性の着物姿は皆が皆、首にポメラニアンをしょっているようで興味深い(待て)。


先日あちこちを巡回していた際に確認できた、レゴの新商品情報。昨年末に複数件の公式店をめぐってようやく入手できたサンタの暖炉セットのように、公式店のみでしか販売していないスペシャルなセットの新作として、バレンタインデー向けのもの「2017 LEGO Valentine's Day Picnic 40236」が登場するという......

......というか、実はすでに海外ではお正月から販売を開始している。定価は9.99ドル。ただ、米アマゾンでは2倍以上の価格をつけて売られている。業者による中間マージン込みの価格で、コメントでも★1つと共に「定価は9.99ドルだよね」というツッコミが入っている。

初もうでとおみくじの作法と

| コメント(0)


近所(といってもそれなりに距離はあるけど)にそこそこ知られている神社があることを知ってからは毎年初もうでに出かけてお札などを調達しているのだけど、今年は昨年以上に長蛇の列ができており、一度あきらめて撤収したほどの状態だった。まぁ去年は粉雪が舞い散るほどの寒さだったのに、今年はぽかぽか模様だったので、それも多分に影響しているのだろう。ともあれ、初もうで客が増えているってのは悪い話ではない。

で、初もうでに関わるお話、注意事項をいくつかということで、覚書。ぶっちゃけるとこの類の作法は地域、さらには神社やお寺ごとに違いがある場合が多々あって、世界共通の汎用的ルールの類は存在しない(「人に迷惑をかけるな」などは常識論)。周辺の人のまねをするというのも一つの手立て。

ケーキはクリスマスの夜に楽しもう

| コメント(0)


先日ちらりと触れたクリスマスケーキのお話。独り身ではホールケーキを購入するという無謀なことはしたくないし、チキンと併せてシングルベルというのも自虐感が強いので、むしろお買い得な状態になるイブの翌日、クリスマスの当日の夜に調達するのが一番ではないかなということで、昨日25日の夜にファミリーマートに。案の定、スイーツコーナーにクリスクス向けっぽいケーキが山ほど半額セールをしていたので、その中から一人でも食べられる量のものを調達。定価税込み540円が270円に。

パックマンの人力車は実在した

| コメント(0)
株式会社バンダイナムコエンターテインメント(本社:東京都港区、代表取締役社長:大下聡)は、企業理念「アソビきれない毎日を。」をより推進すべく、日常にアソビを仕掛ける新プロジェクト「アソビモット project」を実施しています。プロジェクト第3弾としてリアルイベント『アソビモット project 第3弾「パックマン人力車 浅草ナイトクルーズ」』を12月23日(金・祝)~25日(日)で行います。これに先立ち、「パックマン人力車」紹介動画の公開と「パックマン人力車」の参加者の募集を12月15日(木)より開始しました。

実のところ数日前に、パックマンの形をした人力車が走っているとの目撃情報が複数確認されて、確かに写真などもあったのだけど、一次ソース的なものが見つからないので単なる個人的なイベントかなあということでホールドしていたネタ。公式で実施するイベントのプロモーション動画作成の現場を一般の人が目撃したということらしい。

で、その公式な話というのはパックマンの人力車を創って浅草の夜を楽しんでもらうおじゃないかというもの。パックマン人力車は量産されているわけではないので、どちらかというと大量運送的なものではなく、お披露目的なアピールイベントの香りが強い。

これら失望の声を受け、俵氏は「何か書かないと次に進めない雰囲気になっていました。だから一回だけ、その件について、私の思いを書きますね」とツイート。「『死ね』が、いい言葉だなんて私も思わない」としながら「でも、その毒が、ハチの一刺しのように効いて、待機児童問題の深刻さを投げかけた。世の中を動かした。そこには言葉の力がありました」と選出に至った背景を説明した。

「『日本死ね』には言葉の力があった」と君が言ったから12月10日は歌人の魂が失われた記念日。


...と先生の著名な詩を模してみましたが。短歌、に限らず定型詩の類は、限られた条件の中で巧みに言葉を使い、そこから広がる世界を見せることに趣、風情があるのです。例えるなら幕の内弁当とかおせち料理、さらには母親が思いを込めて作った子供の遠足のためのお弁当のようなものです。強い言葉で強引にアピールすることを是とするのは、弁当箱にブロック肉の塊を一つそのままぶち込むようなものでしかありません。

先生の説明を是とするのなら、政治的に正しいと判断されたものに対し、同様の暴言を吐くことも許諾されます。それで良いのでしょうか。目的のためには手段を選ばずの考え方は決して正しいとは思えません。

なお「ハチの一刺し」ですが、刺したハチは敵と相打ちで死んでしまいます。使い方には気を付けるべきでしょう。


さすがにタイトルにあの言い回しを用いるのは気が引けるので、伏せ文字にしたけれど。例の自称「流行語大賞」絡みであの「日本●ね」を推挙したのが歌人の俵万智氏であったこと、そしてそれを正当化したツイートを成したとの話がニュースになるに及び、色々とツッコミを入れた次第。ツイートされた時点で入れていたツッコミを再編集して、厚さ1500ミリほどのオブラートで包んでこんな感じに。

言葉を操り人に感性のうねりを起こさせるのを生業としている人が、いきなりハンマーで相手をぶん殴るような言葉を用い、それを堂々と肯定しちゃいけない。しかもそれを「目的が正しいから別に良いんだ」的な、目的のためには手段を選ばず的な話でまとめたら、テロリズムもヘイトスピーチもすべて肯定されてしまう。さすが都知事選の時に某候補を猛烈にプッシュして、某党機関紙に推挙の言葉を載せただけはある......と揶揄されても仕方がない。

株式会社ローソン(本社:東京都品川区、以下「ローソン」)は、11月15日(火)より、全国のローソン店舗(11,709店:2016年9月末現在、「ナチュラルローソン」「ローソンストア100」を除く)で、クリスマスケーキのミニサイズ3品を期間限定で発売します。


ローソンは、お客様からの「予約する前に試食したい」というご要望にお応えするため、クリスマスケーキのミニサイズを2014年より発売しています。Pontaカードデータによると、2015年のクリスマスミニケーキ購入会員数は、前年比約140%と伸長しました。またクリスマスミニケーキ購入会員による予約のクリスマスケーキ購入会員数も前年比130%に伸長しております。


リリースにもある通り、2014年に始まったローソンのホームラン級企画である、クリスマスケーキと同じ仕様のミニサイズのケーキを事前に展開し、味見的に楽しんでもらおうという、期間限定のステキナイスなケーキ群。今年もその発売時期となったことで、年末が近づいてきたのだなという実感を覚える次第。

今年はブロンドチョコ、モンブラン、スノーボンブの三種類......ってスノーボンブってなんだろうと説明を見たらクリームをもりもり乗せたケーキなのね。口どけのやさしさにほっぺたが落ちちゃいそう。


昨日はアメリカ合衆国の大統領を選抜する選挙人を選ぶ選挙(実質的な大統領選挙)が行われ、他のニュースがほとんど吹き飛んでしまった感がある。株は思いっきり売られて為替はもりもり円高にシフトしたけど、今朝色々と市場を確認したら、ほとんど戻っているので、やはり「トランプ・ショック」的なパニック状態だったと見るのが無難。FXをやっている人とか信用取引の人は大変だろうけど。

で、以前から色々と組み合わせてどうにか造形として作り上げていた、大統領候補のミニフィグ(レゴのフィギュア)で情景づくり再び。まぁ、この時点ではまだどっちかわからなかったのだけど......

数字の多くは国立社会保障・人口問題研究所が2016年9月に発表した「出生動向基本調査」によります。独身者が独身に留まっている理由に関して、18~24歳と25~34歳の2区分のみの公開ですので、反応が「くっきり分かれる」のもある意味当然です。


女性の24歳までの層では「仕事(学業)にうちこみたい」は年々確実に増加しており、これは女性の社会進出の結果とも受け止められます。同時に「自由や気楽さを失いたくない」が減っているのもその裏付けになります。

他方25歳以上では男女とも「適当な相手にめぐり会わない」がトップですが、単純に妥当線を意味する「適当」なのか、高い理想を求めた上でその理想に近しい意味を持つ「適切」も兼ねた「適当」なのかまでは判断できず(要は理想が高いのが遠因なのか否か)、解釈は難しいところです。

なお絶対値は低いものの「異性とうまく付き合えない」が継続上昇中なのも要注意です。


先日から本家サイトで逐次更新している、5年に一度の調査「出生動向基本調査」の結果を基にした記事があったので、それに関する補足コメントも合わせ。......というかニュースの記事そのものは少々首をかしげるところが。

25歳で曲がり角云々ってのが本文の趣旨だけど、公開されている検証用データが、18-24歳と25-34歳の2区分しかないのだから、25歳が曲がり角になるのは当然の話で。なんか根本的な解釈のベクトルに違いがある気がしてならない。


先日の「生存者バイアスによる経済界トップの妄言と島耕作から見た環境の変化」的な話でちらりと触れた、「OL進化論」の話。気になっていくつか精査したところ、全部がというわけじゃないけど、確かに今から読むと「これはどうよ」的なものが見受けられる。病院や銀行ではその類の単行本がずらりと並んでいて、時間があれば目を通しているのだけど、やはり違和感を覚えたよなあ、と。「三丁目の夕日」シリーズも近しいものがあったけど、あれはあれでちゃんと「当時は云々」という説明がなされていたので、客観的な読み方ができるので、良い作品には違いない。

広告代理店周りのネタを集めた「気まぐれコンセプト」は、その最たるもので、恐らくは時間の経過とともに感じる違和感がもりもりあるのだろう......というか、当時ですら感じていたのだから。そしてそれが多分に膨らませたネタではなく、実在した話だったりするから、冷や汗がリットル単位で出てくる。当方も以前の職における飲み会で、間接的にあれと同じような話を聞いていたから、リアリティはあるのだよね。

最近の記事25件

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち時節カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは旧サイト記事です。

次のカテゴリはです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28