時節の最近のブログ記事


先日の「10連休に備えて色々と準備しなきゃいけないよ」という話に絡んで。どうも巷ではちらほらと「有給などを当てはめたりして休む人はいるけど、うちは暦通りの営業だから10連休なんてとてもとても」という人がいるらしい。そういう人達はえてして4月30日から5月2日が平日だとの認識がある。

で、改めて確認したら、5月1日は即位の日ということで臨時の祝日。そして4月29日と5月3日も祝日なので、祝日法に則って4月30日と5月2日も休日となる次第。要はオセロゲームのように、5月1日に黒が入ったので、4月30日と5月2日も(それぞれ前後が国民の祝日だから)ひっくり返って黒になるよ、というイメージ。


これは指摘されて当方も初めて「そういう考えをしている人がいるのか」と気が付かされた件。先日も郵便局の窓口業務が10日ほど使えないので買取手続きが大変だなぁ、という話はしたけど、連休ともなれば対人業務はその間ずっと閉鎖されるのが原則になるわけで、これは公的機関でも変わらない。まぁ、水道や電気が止まるとか、電車が動かないって話ではないけど(担当の方々には頭を下げたい)。

一方でこの一連の連休は、代休とかせっかくなので平日も併せて休日にとかいう話ではなく、純粋に暦の上でのお休みによるもの。色々騒いでいるけどお役所やら銀行はいつも通りのものだろうと考えているとえらい目に合う。

新元号の所感と色々な動きと

| コメント(0)


まずは新年号に関するちょっとしたテクニック。平成でも12を引くと西暦の下二桁になるという覚え方があったけど、令和の場合は18を足すことで西暦になる。逆をいえば、西暦の下二桁から18を引けば令和の年数が分かる。

しかも令和は「れいわ」と読み、「018」と当て字ができるので、18のキーワードはすぐに思いつくことが出来る。これは多分に偶然なんだけど、非常に覚えやすい。まぁ、R18云々ってのはどうだろうと思うのだけど(笑)。

前回の改元の時の雰囲気

| コメント(0)


これは当方はまだ生まれてすらいないから分からないのだけど(うそ)、じゃなくて記憶にないのだけど、ちょいと調べてみると確かに昭和から平成に変わった改元の時には、今回のようなドタバタ感とかお祝いムード的なものでは無く、色々と自粛モードが浸透していたようだ。何しろ改元の理由が、昭和天皇の崩御なのだから。

すぐに崩御なされたわけでなく、容体がよろしくなくなってからしばらく色々と伝えられ、もしかしたら的な雰囲気も多々あったため、その辺りから自粛ムードが浸透していった。テレビCMも大人しいものとなったり、そういうように解釈されるからとの理由で音声が切られたものもあったのだそうな。

最近でなら、指摘されている3.11.後の自粛ムードの時のようなもので、けどインターネットがあったからまだ情報の取得とかエンタメ方面での時間の費やし方があったけど、当時はそんなものは無く、せいぜい雑誌やらビデオぐらい。で、レンタルビデオでのエピソードも結構記録に残っていたりする。

今日は平成最後の日、ではない

| コメント(0)


先日から「今日は平成最後のプレミアムデー」「今度の日曜で平成はオシマイ」的なお話がちらほら見受けられるので、念のために覚え書きとして。

2019年4月1日はあくまでも新元号発表の日であって、その瞬間から新元号に切り替わるわけでは無い。切り替えが行われる、つまり改元は5月1日から。なので、平成のプレミアムフライデーは4月中にもう一度あるし、今日が平成最後の日では無いのである。恐ろしい集団誤解である、的な。

確定申告の書類作成が終わりました

| コメント(0)


毎年この時期、建国記念の日かそれに連なる土日に行うことにしている、確定申告の書類作成。今年は2月9日の土曜日に前倒しする形で作成作業を実施。雪が降るという予報があったので、どのみち外には出られないのなら、自宅で作業しちゃえばいいやあ、という考えではあったのだけど、いざふたを開けてみたらほとんど雪は降らずに少々肩透かし。まぁ、どのみち日曜か月曜にやらなあかんかったし。

主な前作業は昨年末に終えていたので、書類作成作業は手元にあるデータや書類を一つずつ打ち込んでいくだけ。昨年入力したデータから基本部分は引き継げるし、分からないことがあったら昨年の完成版と見比べればいいから、随分と気は楽ではある。


そういや行きつけの某100均系食品ストアでは「2月3日に恵方巻を販売します」とわざわざ貼り紙があって、当日のみの販売とすることで余剰品の展開を極力抑えるつもりかなという感想を得たり、締め切り前のクリエイターには忙しい時でも楽に食することができるサンドイッチ的なバランス食じゃんとかいう指摘があってなるほど感を覚えたり(ステックタイプの栄養食品でもいいんだけど)、今日の節分に向けて色々と恵方巻の話が出ていたりする。

個人的には半ば以上作り物のイベントであったとしても、特定の日に時節のネタと結び付けて何か食べようって話は嫌いじゃない。むしろ好き。バレンタインデーもそうだけど、世の中が色々と面白くなるからね。他方、コンビニやスーパーで本部が実店舗にノルマを強要して押し付け、販売しきれなくて廃棄してしまうってのは問題ではある...というかそれ、単に市場マーケ部局が無能なだけだろという感は強い。

で、この構図って、郵便局の年賀はがきとか、新聞の押し紙と構図は同じなんだよね。その点では少なくとも、新聞社は恵方巻に関して云々語る資格は無い。おまゆう元気でチュウ状態。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち時節カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは旧サイト記事です。

次のカテゴリはです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30