あの事案はテロである

| コメント(0)


政治的要望が無い無差別攻撃事案をテロと呼ぶのか否かは微妙なところがあるのだけど、最近では政治的要望のある無しにかかわらず、無差別な攻撃事案全体をテロと呼ぶように言葉の意味が変わっているようなので、先のアニメ制作スタジオへの攻撃もテロと呼ぶことにして。

所詮アニメ関係のが対象だからという雰囲気が少なからず報道などで見受けられるのだけど、その部分を差し引いて実情を考えてみれば、今件が非常に怖いものであることは容易に理解はできるはずだ。狂気の存在の行動で大きな損害を当事者が、そして社会全体が受けてしまう。太平洋戦争時に特攻隊の攻撃を受けた米軍の恐怖感に近いものがある。いや、それ以上か。

警備を厳重にしたり、過剰なぐらいに防御策を講じるしか手が無いのだろうけど、先の選挙演説の際の妨害事案への対応に色々なお方が御意見を語られているのを見ると、何かと難癖をつけて対応自身が妨害されそうな気もする。


かつての「ガソリンプール」を思い起こさせるのだけど。ガソリンへの引火は灯油などへの着火とは違い、事実上爆発。たとえはダサいけど、液化爆弾のようなものなんだよね。テレビに登場するコメンテイターが素人でそのあたりが分からないのは仕方がないけど、ならばその場で専門筋の人が正しい事を教え諭すのが、公共の電波を用いるものとしての最低限の義務ではないだろうか。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年7月21日 07:33に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「変わるハード、置いて行かれる再生対象」です。

次の記事は「マスコミ、お前だったのか。普段から糾弾をしている悪い忖度をしていたのは」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30