新商品の最近のブログ記事

同じタイミングでリニューアルされる江崎グリコの人気商品「プッチンプリン」と「マックシェイク」のコラボレーションがついに実現いたしました。「マックシェイク"プッチン"できないけど プッチンプリン」は、「マックシェイク」の特長であるクリーミーでやさしい甘さを活かしながら、「プッチンプリン」のミルク感のあるプリンの味とカラメルの甘さを再現した、飲むひんやりスイーツです。「プッチンプリン」のように、つまみを"プッチン"することは本商品では叶いませんが、味の再現性は江崎グリコ社の「プッチンプリン」担当者のお墨付きですので、ぜひその風味を「マックシェイク」でご堪能ください。

ぷるるんとしたのど越しがたまらないプッチンプリンが、マックシェイクとコラボするとか、悪魔の合体技としか表現できないような旨味期待。滑らかな舌触りとか、もうデンジャーだよね。ただ、プッチンプリンそのものと比べてマックシェイクは量が多いから、結構しんどいことになるのかもしれない。

株式会社ロッテは4月13日(月)に、微細氷入りで、濃厚な味わいとすっきりとした後味が楽しめる「爽」ブランドから、『爽 純喫茶風プリン味』を発売いたします。この機会にノスタルジックなプリンの味わいを「爽」で体感してみてください。


昔ながらの固めのプリンをイメージした、たまご感の強いプリン味のアイスに、ほろ苦いカラメルゼリーが入ったカスタードプリン味の爽です。プリンアイスはこだわり卵「エグロワイヤル」を使用し、卵の味わいがしっかりと感じられます。


ちょっと固めでリッチ感のあるカスタードプリン。あれを再現した爽が登場するとのこと。プリンそのものではないからアイス感も多分にあるのだろうけど、それでも期待せずにはいられない。プリン党はダース買いだ。


第一印象は何のネタだかフェイクだかという感じではあったのだけど、公式サイトで確認したらマジだったので、ちょっと顎が外れたような感覚に。おぼっちゃまくんじゃないんだから。

で、結局のところお金持ちの象徴として前澤氏に登場してもらって、色々とインタビューをしたり、付録アイテムなどにキャラクタとして展開してもらおうというもの。ある意味、至極の喜びを得ているに違いない。何しろ子供の雑誌に憧れの存在として紹介され、キャラクターグッズまで作ってもらっているのだから。

森永の板チョコアイスが通年販売へ

| コメント(0)
森永製菓は、25年間にわたり秋冬限定で販売していた「板チョコアイス」を、2020年春から通年販売に踏み切る。今回の通年販売決定は、過去3年間で売上が1.3倍に急拡大し、夏も食べたいという声が多数寄せられたのがきっかけだという。森永製菓は2020年度、ロングセラー品の販売力が圧倒的に強いアイスクリーム市場で、まずは既存品の売上基盤を底上げし、確かな事業成長を狙っていく。

アイスと板チョコの相性の良さは卑怯と呼んでも差し支えないほどの比類なきもので、チョコモナカジャンボが人気なのは真ん中に収まっているあの板チョコの存在だよねということからも分かる通り......って同じ森永製菓か(笑)。

そういえば板チョコアイスって夏場は見てなかったと「これまでは秋冬限定で販売していた」という表現を見て初めて認識した次第。まぁ、通年発売となれば、入手はしやすいのでチョコモナカジャンボとタメを張れる存在になるんだろうな、という感はある。

色々な墓標がカプセルガチャに

| コメント(0)


発売はまだ随分と先の話だけど、色々な葬ってほしい事案とか無くなってしまった概念的なものを墓標にしたカプセルガチャが登場する。ネタ絵としては結構登場するものだけど、立体化されると色々と感慨深いものがある。フィギュアとの相性抜群というコピーもうなづくしかない。

前回の終売時「ごろチキロス」と囁かれていた『ごろごろ煮込みチキンカレー』が大復活!公式松屋カレー部企画第1弾として「ごろごろ煮込みチキンカレー」が期間限定で復活いたします!以前より多くのお客様に大変ご好評を頂いておりました通称『ごろチキ』は松屋特製カレーに、鉄板でジューシーに焼き上げたごろっごろのチキンをプラスした食べ応え満点な逸品です!

ビックリマークを多用すると知的水準が疑われる、という話はさておき。トマトカレーと並び松屋ではステキナイスなカレーとして評判の高いごろごろ煮込みチキンカレーが期間限定で復活発売するという。こう考えてみると松屋って結構鶏肉系料理でも優れているんじゃないかなという再確認ができたりする。

マスク自作ツールが発売

| コメント(0)
新型コロナウィルスの流行により、マスクの品薄状態が続いており、今後も恒常的な品薄が予想されます。A.Y.Judieとして、私たちの強みを生かし、何か社会の助けになるような製品が作れないかと考えました。そこで考えたのが、ネックストラップに使用するクリップとストラップを使った「なんでもマスク」です。


なんでもマスクは、端についたクリップを生地に留めることで、文字通りどんな生地も簡易マスクにできる、マスク用ストラップです。簡易マスクは、衛生マスクとは異なり感染リスクの軽減やアレルギー反応を防ぐものではありませんが、マスクを着用することで飛沫防止ができ、顔を触るのを防ぐ効果もあります。ストラップの色はホワイト、ブラック、ピンク、ブルーの4色展開で、お気に入りの柄やキャラクターの生地と組み合わせて、楽しむこともできます。また、市販のペーパータオルも利用できます。ストラップは日本製のゴムひもを使用しています。耳が痛くなりにくい平紐を選びました。伸縮性もあり、男女問わず使用可能です。子供用の短いサイズもご用意しております。


発表が4月1日なものだから、エイプリールフールのネタではないかと関連タグや本文説明で確認したけど、マジモノなので覚え書き。要は耳にかけるゴムバンド部分だけを提供し、そのバンドの先にクリップをつけ、クリップでマスクの布などを挟むことで、シンプルにマスクを自作できるというもの。王様のアイディアに出てきそうなものだけど、発想としては悪くない。

ただ、構造があまりにもシンプルなので、すぐに100均辺りが「かんたんマスク」とか「いきなりマスク」という名前をつけて類似商品を出してしまいそうな気がする。商標登録も特許も申請して無いようなんだよね、これ。まぁ、そこまで考えていないのかもしれないけど。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち新商品カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは料理・食品です。

次のカテゴリは日本国債保有者比率です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30