新商品の最近のブログ記事

60周年を迎えるチキンラーメンとのコラボレーション商品。独特のしょう油のロースト感が香るからあげクンです

色々と事情があってローソンに足を運ぶ機会がめっきりと減ってしまったのだけど、ローソンは店舗数でファミマに追い越されてからちょいと地味さが出てきてしまっているってのは否定できないけど、商品開発の観点では他の2社にも負けない位の頑張り度がある。正直、PBの冷凍食品はもうちょっと気合入れてほしいなあ、というのはあるけど。

で、そのローソンの新作ラインアップで目に留まったものを。チキンラーメンとからあげクンのコラボってどんな味なんだろう。確かに双方ともチキンだから、外れな味わいってことはないんだろうけど。発売は8月21日から。左側のからあげクンな縫いぐるみも別途販売されていたら良かったのだけど。

夏の定番商品としてご好評いただいている桃を使った「マックシェイク」に、今年は新商品「マックシェイク もも3種いれちゃいました」が登場いたします。2017年に販売した「マックシェイク もも&もも」は白桃と黄桃の2種の果汁を使用していましたが、今年はさらに進化し、3種の"ももづくし"の贅沢なおいしさをお楽しみいただけるひんやりスイーツです。

ドリンクのようなスイーツのようなデザートのような、不思議な食感のマックシェイク。定番のバニラやチョコなど以外に、季節季節で色々な味わいが出てくるのは嬉しい限り。今回は夏の定番ということでピーチが登場......って先行記事のハーゲンダッツの新作で「ピーチが出るといいな」と言ったばかりだな。

で、定番の桃味ということだけど、今回は前年の2種類を混ぜた以上の混ぜ合わせとして、3種類、具体的には白桃、黄桃、ネクタリンの3種類を入れているという。ただし名前は昨年の「もも&もも」から「もも&もも&モモ」ではなく「もも3種類いれちゃいました」に。まぁ、ももを並べるだけだと注文するとき大変だし、ね。

ストーリータイムは、童話から着想を得てハーゲンダッツ流にアレンジしたアイスクリームデザートです。童話の世界観を思わせるパッケージや、フタを開けたときの驚きにもこだわった、ハーゲンダッツを食べる時間をこれまで以上に価値のあるひとときに演出した新シリーズです。

ハーゲンダッツの新しいシリーズとして展開を開始したのは、童話をスイーツやフルーツなどの食品でイメージさせ、それをアイスクリームに含めることで、童話を語らせる的なアイスを作り上げるというもの。要はストーリー仕立てのアイスというわけだ。有名な作品となれば必ずと言ってよいほど何らかの食品が登場するし、それにスポットライトを当てるってのは悪くない。

今回では「不思議の国のアリス」で紅茶とクッキー、「白雪姫」でりんご。なかなか悪くない選択ではある......のだけど、パッケージデザインがあまりにも抽象的過ぎて(一応影絵でそれっぽいのは出てるけど)、分かりにくいかもしれないなあ、というのがちょいと残念。

ハウス食品は和風デザートの素「わふーちぇ」を期間限定で発売しました。牛乳と混ぜるだけで作ることができるお手軽デザート「フルーチェ」の姉妹ブランドで、「抹茶」「黒蜜きなこ」「あずき」の3種類をラインアップしています(オープン価格)。和の素材として宇治抹茶、沖縄県産黒蜜と丹波黒種黒豆、北海道産あずきを使用しています。

フルーチェといえば牛乳と混ぜて冷やしてすぐに作れる、イージーで不思議な食感のスイーツ。ババロアというかシェイクというかプリンというか、それらと似ているようで違う、作る際のボリュームがボール1つ分ぐらいなので、一人暮らしだと止められない止まらないで非常にリスキーな一品(笑)。時々ハウス食品の優待にも入ってくるので、今度の優待ではこれが同梱されているといいなぁという淡い期待もあったりする。

で、そのフルーチェの和風テイストということでステキナイスなネーミング「わふーちぇ」なるものが8月13日から期間限定で登場しているという。パッケージも大人しめで好感触だし、味わいに問題が無ければ通年アイテムとして発売してもいいんじゃないかな、という期待。


先日巡回中に見かけたローソンの新作限定アイテム。プレスリリースの類は見つからなかったけど、すでに発売中とは。スペシャルな氷あずきでミルクがけが再現されているとか、もうヤバみを覚える組み合わせ。

ローソンでもチョコミント系攻勢

| コメント(0)
株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役 社長:竹増 貞信、以下「ローソン」)は8月14日(火)より順次、夏から秋への嗜好の変化に合わせて、濃厚な味わいのクレームブリュレ風アイスや、昨今人気を集めている"チョコミント"アイス、チョコ本来の味わいを楽しめるアイスの3品を、全国のローソン店舗(13,439店:2018年6月末時点、「ローソンストア100」除く)で発売します。記録的な猛暑が続く"平成最後の夏"をアイスで美味しく楽しく過ごしていただけるよう、バラエティ豊富なラインナップで彩ります。

先日のセブン-イレブンに続き、今度はローソンでもチョコミント系の冷え物の攻勢が行われるよ、という話。...いや、なんか微妙だな。リリースでは8/14からと書かれているけど、チョコミントは「ウチカフェ 初摘みペパーミント香るチョコミントワッフルコーン」「ウチカフェ The濃密チョコレートバー」の二品だけで8/21と8/28発売。8/14発売なのは「花畑牧場 クレームブリュレまるごとりんご」で、これはアイスではあるけどチョコミントでは無い。ややこしい。

カップ焼きそば「ペヤング」を販売するまるか食品は、ペヤングのソースの味を再現したボトル入り液体ソース「ペヤングボトルソース」を発売しました。8月6日から関東の一部で限定販売し、27日から全国で展開する予定。内容量200ミリ、オープン価格です。

先日からちらほらとツイッター上で見かけた、誰でも気軽にペヤングを作れちゃう、ペヤングソース焼きそばのソースのボトル入り商品。記事にされたということで、ネタとかフェイクでは無いと確認できたので覚え書き。ただ、公式リリースの類が一切ないので、詳細のスペックとかメーカーからのコメントが得られないんだよね。

ぶっちゃけるとカップ焼きそばの旨味ってのは、麺の味わい以外はソースで決まるといっても過言では無い。ソースが旨けりゃそれこそラーメンの麺でも冷やし中華の麺でも相応に美味しい焼きそばができる(なんだかバグッてる)。で、ペヤングのソース焼きそばのソースは最高級の味わい(当方談)。これがあれば何でも旨しになること間違いなし。ああ、ほしい、当方の行動領域内で手に入らないものか。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち新商品カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは料理・食品です。

次のカテゴリは日本国債保有者比率です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31