新商品の最近のブログ記事

2020年12月15日(火)から、牛丼チェーンの松屋で「ごろごろチキンのバターチキンカレー」が数量限定で復活発売されます。販売期間は12月15日(火)から約1週間ほどの予定。

販売予定期間が随分と短いけどチキンの多さは魅力的だなと思って松屋の公式サイトを調べたら、まだ載っていない。サムネイル的な画像もあるしフェイクではないと思うのだけど、公式情報を掘れなくてちょっと残念。

カロリーががっつりとしてそうだけど、心底温まるカレーには違いなく、大いに期待したいところ。まぁ、来週までには告知されることだろう。

日本マクドナルド株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:日色 保)は、秋冬の人気定番スイーツ「三角チョコパイ」の新作「恋の三角チョコパイ バニラ味」を、12月9日(水)より全国のマクドナルド店舗にて期間限定販売いたします。この冬の新作「恋の三角チョコパイ バニラ味」は、バニラビーンズとシリアルが入ったミルク風味のバニラクリームソースと、ホワイトチョコパウダーを練り込んだサクサク食感のパイ生地が特長のこだわりのパイです。

あれ、以前にバニラ味って出て無かったっけ、これだけオーソドックスな味なのに...という、期待と意外感が混在した感じの、マクドの三角チョコパイの新作のお話。ふたを開けてみればバニラ味でしたとさ、というもの。確かにこれは、ウケは良さそうだし人気も出そうだ。しかも継続販売中のチョコ味との相性も良い。

2020年12月7日(月)全国で発売


株式会社ロッテは、「雪見だいふく」ブランドから食べた人の心を包み、小さな幸せで心を癒す「雪見だいふくハートのいちご」を12月7日(月)に発売いたします。甘酸っぱい味わいのいちごアイスともちもちした食感のおもちがマッチしたハートの形の雪見だいふくです。また、おもちの部分をピンク色にして見た目にもかわいらしい仕立てになっています。ぜひお試しください♪


コンビニのアイスケースには必ず顔を見せる、しかも多様な種類のがあってどれを選ぶのか迷ってしまうことも多い、冬の風物詩的なアイス菓子、雪見だいふく。お餅のもちもち感がここまでアイスとの相性のよさを示してくれるとは、よくぞ考え付いたものだな、と。

で、その雪見だいふくのハート形版が登場するとのこと。しかも色はピンク。最近は定期的に登場しているとのことだけど、これってむしろ年末年始というよりは、バレンタインデーに提供した方がいいのでは、という気がする。チョコ味も同時発売する形で。まぁ、今件をいちご味にしたというのは妥当ではあるけど。

松屋でうまとろ豚たま牛めし登場

| コメント(0)
松屋にて、2020年12月1日(火)午前10時より、「うまとろ豚たま牛めし」を発売いたします。柔らかく煮立てられた松屋の看板商品"牛めし"のお肉に特製ダレでとろとろになるまで煮込んだ豚肉、とろ〜り半熟玉子を添えた、「うまとろ豚たま牛めし」は、一杯で二度美味しい牛と豚のコラボメニューです。

ひとつ前に吉野家のスタミナ超特盛丼の話を挙げたこともあり、折角だから的な形として松屋の新商品も。こちらは鶏肉は無いけど牛と豚の合わせ技的な一品......ってよく考えたら卵が鶏肉の代わりになっているのか。まぁ、相性がよいか否かはともかくとして、リッチな気分になれることに違いはない。子供が好きなハンバーグとカレーを合わせて見るとか、カツカレーとかはいい例だよね。色々な好きなものを一度に食べたい。

「カップヌードル」の人気具材 "謎肉" をごはんに乗せた「謎肉丼」は、「カップヌードル」公式SNSアカウントの投稿が大きな話題になったことから、お湯かけ5分で簡単に調理ができる即席カップライス「カップヌードル 謎肉丼」として商品化し、大変ご好評をいただきました。今回発売する「カップヌードル 謎肉牛丼」は、これまでの "謎肉" に替えて "牛謎肉" を使用し、国民食の一つである「牛丼」の味わいを表現した商品です。タマネギの甘みが溶け込んだ甘辛なつゆに、牛のうまみとだしをきかせたしょうゆベースの "特製つゆ" を加えて仕上げることで、やみつき感たっぷりの "牛丼味" をお楽しみいただけます。

カップヌードルに入っている謎の四角いドライフードなお肉。日清では謎肉と呼んでいるのだけど、それをベースとした日清お得意のカップご飯を作ったら盛況だったので、今度は牛肉を素材とした謎肉を作って牛丼にしたよ、というお話。なんだかよく分からないがもの凄い期待ができそう。

そもそも具材の部分に「牛謎肉 (味付牛ミンチ)」とか書いてあるし、つゆには「タマネギの甘みが溶け込んだ甘辛なつゆ」という説明があるし、色々な意味で牛丼革命が起きそうな期待が沸き上がる。正直なところ、日清のカップご飯系アイテムは大好きなので、これはマストアイテム。

ペヤングソースやきそばの具材としてお馴染みのキャベツをたっぷりと使用した商品です。使用量は通常のキャベツの4倍です。

緑色のパッケージが何か色々な想像をかきたてさせる、ましましましましなキャベツのペヤング。商品写真で麺がほとんど見えないってどういうことよ...的な感じもするんだけど、そのキャベツましまし度4倍のペヤングが登場するとのこと。通常サイズのペヤングでの実装だから、麺が多すぎて食べ切れないよという心配も無用。

...というか実際、ペヤングのキャベツは魅力的であることは疑うべくものもないのだけど、これだけぎっちり入っているとありがたみが薄れるというか。

「配線の世界」なるカプセルガチャ

| コメント(0)
コードが長くなって、プラグを差し込みやすくなりました。ラインナップの家電もカラフルまたはシックにリニューアル!

配線の世界というよりはタコ足配線の世界だよね、という感はあるカプセル玩具。コンセントがある家電と、それをつなげる多口タップの組み合わせの玩具。家電は実際に稼動したりボタンを押せるわけではなく、単にコンセントに差し込めるだけ。

「タップにプラグを差し込んで遊べます」とある通り、本当にそれをするのみの玩具。まぁ、タコ足と言う状況が何かパズル的というか未来的で面白いのは否定しない。チョイスされている家電も古いものが多いし。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち新商品カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは料理・食品です。

次のカテゴリは日本国債保有者比率です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年1月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31