新商品の最近のブログ記事


タイアップ企画の一環としてローソンから2月19日に発売される、キティちゃんまんじゃなくてハローキティまん。なんか色々といいにくい商品名だけど、中身がリンゴなカスタード味ってのはポイントが高い。レジ横の中華まんケースにこれがずらりと並んでいるようすは、さぞかし壮観だろうな。絶対欲しくなるよ、これ。

2019年2月19日(火)15時より、「豚肩ロース関連メニュー」を新発売!松屋の定番メニューとして大変ご好評いただいております「豚バラ生姜焼定食」が、「豚肩ロース」に変わって新登場!「豚肩ロースの生姜焼定食」の新発売に伴い、「豚肩ロースの豚焼肉定食」「ネギたっぷりネギ塩豚肩ロース丼」も同時発売いたします。

要は松屋の豚バラ系の定食のお肉を、豚肩ロースにアップグレードしてより美味しさを追及したからどうぞどうぞ、という次第。確かに味わいの追及は良い話ではあるのだけど、ポスターを見てなんか違和感があったので確かめてみたら。

サッポロポテトバーベQあじの特長である、肉のうまみと後を引くスパイシーな味わいを焼そばで再現しました。

先日ローソンの新着情報を精査していた時に見つけた、なんだか先日も似たようなものを食べたばかりだなあという印象が脳内を駆け巡る新商品。パッケージデザインはまさに例のサッポロポテトで、でもよく見ると踊っているのは焼きそば。なんだか焼きそばというよりはペペロンチーノみたいな色合いだけど、味はどうなんだろう。サッポロポテトバーベQの味わいが疑似体験できるものなのだろうか。

最近はアイスとか焼きそばとかシューマイとかラーメンで、この類の一般的な他の食材の味わいが楽しめる的なものが目立ってきた気がする(無論前からそれなりにはあったけど)。コラボで注目を集めやすいってのと、商品化が容易ってのがポイントなんだろう。

昨年初リニューアルを遂げたさっぱり生姜醤油「チキンタツタ」に加え、今年初登場となる新商品のうま辛たれチーズ「チキンタレタ」の2種類を、2月13日(水)から全国のマクドナルド店舗にて期間限定で販売いたします。さらに、今年も昨年に続き、朝マックにも登場いたします。今年新登場となる「チキンタレタ」は、「チキンタツタ」に、コチュジャンとにんにくをきかせた甘辛いタレとチーズで、チーズタッカルビをイメージして仕上げました。

チキンタツタって厳密にはハンバーガーじゃないから、牛丼屋でカレーライスを食べるようなものだよねと思いながらも、美味しければそれでいいじゃん、ラーメン屋にチャーハンやギョウザがあるが常ってのと同じでとか思ったりする。

マクドナルドのチキンタツタは正直なところ、通常のハンバーガーより好きだったりする。。さくさく感のあるチキンの旨味は、ハンバーガーのハンバーグより上。チキンサンドのゴージャス版って感じかな。

で、今年はプラスαとして甘辛いたれを加えたチキンタレタが登場する...ってあれか。たれがポイントだからタツタじゃなくてタレタってことか。たれが多すぎて食べているうちに垂れた、とかいうシャレにならない事案も生じそうだ。ああ、はちみつを使っているので1歳未満の子供は食べないようにとの注意書きがあるな。

タカラトミーアーツは、昭和時代の人気家電を現代のコンテンツを楽しむためにアレンジした、ミニチュア家電ガジェットシリーズ「ザ・昭和シリーズ」を展開。第1弾として「昭和スマアトテレビジョン」、「昭和レコードスピーカー」、「昭和ミニラジカセ」の3製品を2月28日に発売する。価格は、テレビが3,980円、レコードスピーカーが4,980円、ラジカセが5,480円。

「昭和を止めるな!」って例のあの映画のパロディかよというツッコミはさておき。平成も間もなく終わるということで、年号がさらに一つ前になってしまうこのタイミングで昭和のアイテムを色々といじってしまおうという、なるほどな企画のガジェット。単純にミニチュアとしての楽しみではなく、現在のデジタル機器としても使うことが出来る。特にラジカセはカセットテープそのものに録音機能をつけているのではなく、テープがラジカセ本体の録音機能のトリガーとなっているという、発想の転換。色々な意味で素晴らしい。


個人的にもその仕様だったらパーフェクトだったんだけど、さすがにコスト的に無理だったらしい。

「ギョウザじゃんやきそば」試食

| コメント(0)


先日世の中の恵方巻き事情はどうなってるのかと足を運んだ食品スーパーで見かけた、先日紹介もした奇妙なコンセプトの焼きそば。組み合わせからして、まぁ、人類が数回滅びるような不味さでは無いだろうということで、一つお試しに調達。


最近はペヤングもチャレンジャブルなアイテムを次々と出しているのを見るに、ガリガリ君現象なのかなあ、という感を覚える。まぁ、奇妙な組み合わせでも美味しければそれで良し、ではあるのだけど。

「ギョウザじゃんやきそば」ってのは何なのだろう、「じゃん」っていうのは何か新しい調理法か、それとも調味料の名前かなと思って説明を見てみたら「思わず「ギョウザじゃん」言いたくなる」って......そのまま「~じゃん(じゃないか)」って意味かい。

パッケージを見るに、どうやらビールのつまみとして餃子や焼きそばがあるのだから、お互いは相性がいいはずだ的な連想ゲームから作った感はある。悪くないけど、安易なような気もするし、安易だけど面白いし興味はあるよね。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち新商品カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは料理・食品です。

次のカテゴリは日本国債保有者比率です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28