新商品の最近のブログ記事

ブシロードクリエイティブは、オリジナルカプセルトイブランド「TAMA-KYU」より、「鈍器のようなもの」を全国のカプセルトイ自販機にて1月27日より順次発売する。「鈍器のようなもの」は、殺人現場にありがちな"あの鈍器"が、空気ビニールのマスコットになったカプセルトイ商品。空気を入れることで、最大約65cmもの大きさに膨らむ。

ニュース報道などで時折見聞きする、まだ実情がはっきりと分からない殴打武器に対して使われるフレーズ「鈍器のようなもの」。ちょっとだけ詳細が判明してくると「バールのようなもの」とかになることもあるけど、それをカプセルトイにしたというのが今回の新商品。

もちろんそれそのものをカプセルに納めるわけでは無いし、小さなサイズにしたらそれはそれで面白いけど今件ではそのようなものでは無く、空気ビニールのマスコットとして生成したもの。空気を入れて膨らませると実物大になるという、海で遊ぶビニールボールみたいなもの。

雪見だいふく抹茶が復刻発売

| コメント(0)
株式会社ロッテは、2019年4月に実施した#平成の雪見だいふく復刻総選挙で「もう一度食べたい味」として皆さまに選ばれた「まん中も、もちもち雪見だいふく抹茶」を1月27日(月)に発売いたします。ふっくらやわらかいおもちで抹茶アイスを包みました。まん中には、もちもちのあずきソースが入っていて、まさに和の味わいをお楽しみいただけます。5年ぶりに復刻した雪見だいふくをぜひこの機会にお楽しみください。

そういやそんな選挙もあったっけと思う一方で、それにしては選挙と実売の間が随分と空いているよなと思いながらも、やはり抹茶ってのは強いんだなと改めて感心させられる。しかもこれ、中に入っているのがチョコではなくあずきソースという、最強の組み合わせとなっており、美味しくないはずないだろうというレベルのもの。

株式会社ブルボン(本社:新潟県柏崎市、代表取締役社長:吉田康)は、環境問題に対応しストローのように吸い上げ機能もあるトッピングクッキー「コロネクッキー」を2020年1月21日(火)に業務用ルートから供給を開始いたしました。

廃プラによる環境汚染も実のところストローはほとんど影響が無く、昔の割りばしのように「自分もエコロジスト活動ができる」というお気持ち感情を充足させるためのプロパガンダだったんだろうなあ、という話はさておき。プラ製のストローが使いづらい昨今において、食べられるストローを開発したというエイプリールフールのような本当の話。

「トッピング用クッキーとしてご使用いただけるほか、ストローとしてシェイクやスムージータイプのドリンクにお使いいただけます」「コールドドリンク専用」「クッキーで出来ていますのでプラスチック製よりも耐水性は劣りますが、ストローとしての使用後はお召し上がりいただくことができます」などとのことで、何か特別な仕様で創られたわけではないとの話。また「プラスチックやアルミ包装材で密閉された容器に突き刺して使用することはできません」とのことで、個人ベースでは使いにくい。

おならの臭いを消すマット

| コメント(0)
季節を問わず持ち運べるのが特徴です。「おならフィルター吸着能力試験」で「優れた吸着能力あり」との評価を受けました。

おなら消臭パンツの販売をはじめとして、臭いの悩みに応え続けてきた株式会社Body & Beauty(所在地:東京都新宿区、代表取締役:ジェフリー・マイケル・サムズ)は2月1日(土)、お尻の下に敷いておならの臭いを強力に脱臭できる「おならマット」を発売します。季節を問わずどこにでも携帯できる脱臭マットが、「臭いの不安」を気付かれる前にケアします。


なんだかドラえもんの未来道具に出てきそうな、放屁(ほうひ)の香りを消してしまうという不思議なマット。実情としてどれほどの香りをバスターしてくれるのか分からないので(リリースには色々と書いてあるけど)実用性がどこまであるのかはてなマークではあるのだけど、発想としては面白い。

例えば飛行機の座席のように、身動きが取れない状態でしばらく体制を維持する必要がある場面で活躍しそうな気がする。映画館とかもいいかもしれない。

壊れたパイロンがカプセルガチャに

| コメント(0)


パイロンってのは要するにカラー●ーンのこと(商標なのでアレ)。道端などでよく見かける、置き去られたり不法投棄されたりして劣化し、朽ち果てた感じのパイロンがそのままカプセルガチャになったというもの。実物を見ると「ほしい」と思うのは必至だけど、いくつか買いそろえて並べると、「何でこんなもの買ったんだろう」と後悔すること必至。でも止められないのが小物好きの性。

個人的には「穴あきパイロンと割れたパイロンウェイト」が一番よく見かけたりする。周辺に割れた破片が散らばっていたりするんだよね、結構。

日本マクドナルド株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼 CEO:日色 保)は、1月7日(火)から期間限定で「ダブルチーズバーガー(通称:ダブチ)」と「てりやきマックバーガー(通称:てりやき)」をお楽しみいただく「ブアツく生きよう」キャンペーンを実施しております。この度キャンペーンの集大成となる第3弾として、「アツ!ニクダブチ」と「アツ!てりやき(倍てりやきマックバーガー)」、そして「ぜんアツ!ダブチ」の3商品が、1月29日(水)今年最初の"肉の日"から期間限定で登場いたします。

正直なところマクドナルドの方かなで圧縮された商品の愛称は好みではない、純粋にダサいと思ってしまうのだけど、それはさておくとして。ダブルチーズバーガーとかてりやきマックバーガーに色々と乗せたり増やしたりしたボリューム感アップの商品が期間限定で登場するという。枚数を増やすのは色々と大変なのでパティを肉厚にするとか、言葉通り苦肉の策という感じがして、好き。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち新商品カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは料理・食品です。

次のカテゴリは日本国債保有者比率です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31