新商品の最近のブログ記事

夏がいよいよ本番を迎えます。夏といえばハワイ!!でも、「ハワイに行きたいけど、今年は行けない・・・」そんな方に楽しく夏を満喫していただけるように、マクドナルドからこだわりのハワイアン「超ハワイイ!!!」商品が登場します。ハワイの鉄板グルメをテーマにし、ハワイ州観光局から公認をいただいた本格的な味わいのバーガーを是非お楽しみください!


「チーズロコモコバーガー」は、肉厚ビーフパティとたまごに、フルーティーな特製バーベキューソースとチェダーチーズが絡む相性抜群なおいしさの夏の風物詩です。2015年の初登場から改良をしながら5年連続の登場の人気商品です。また、今年初登場となる「ガーリックシュリンプバーガー」はぷりぷり食感のえびカツに、ロースト感のあるえびの旨味とガーリックの食感が効いたスパイシーなソースがやみつきになる一品です。「ハワイアンバーベキューポークバーガー」はポークパティとたまご、トロピカルでジューシーなベーコンと特製バーベキューソースがマッチした、食べ応えのあるおいしさです。朝マックにぴったりなマフィンの「チーズロコモコマフィン」も登場いたします。ハワイ州観光局公認のこれら4商品のほか、サイドメニューでは「シャカシャカポテト 旨辛ホットチリ」も登場し、夏のおいしさを一層盛り上げます。


ツイートでは「リリースはまだ無い」と書いてしまったのだけど調べ直したら【ハワイを味わおう!鉄板グルメがバーガーで登場!「超ハワイイ!!!ハワイアンバーガーズ」7月3日(水)から】という形で昨日の時点で出ていたりする...ってメールで着信してないな、これ。あるいはフィルタにかかったのかも。

ともあれ今やマクドナルドの夏の定番アイテムと化したハワイアンなバーガーが今年も登場。実際にハワイに行ったことの無い身にとっては、ハワイアンか否かってのは確認のしようもないのだけど、そういうものだよと教え諭されると、なんとなくそうなんだなという認識になってしまう。この類のは気分だからね。第一、美味しいのだから、それはそれで良し。

無印から辛くないカレーが登場

| コメント(0)
無印良品を企画、開発する株式会社良品計画(東京都豊島区/代表取締役社長 松﨑 曉)は、現在30種類以上を販売しているレトルトカレーシリーズに、新たに「素材を生かした 辛くないグリーンカレー」、「素材を生かした 辛くないほうれん草のキーマカレー」を6月26日(水)から全国の無印良品とネットストアで発売します。今回の「辛くないカレー」シリーズは、カレーは好きだけれど辛いカレーは苦手といった、「食べたいけれど食べられない」方にも楽しめるカレーを目指して開発しました。

カレーって老若男女に受け入れられるステキナイスな食材ではあるのだけど、辛味度合いで結構好みが分かれたりする。最近は中辛以上の辛さのが増えてきて、甘口ってあまり見かけなくなってきたのが残念。辛いのは好きなんだけど後でお腹が大変なことになる可能性があるので、つい避けてしまう当方にとっては、好きなカレーを辛味だけで選べないってのは地獄ですらある。

今回登場するカレーは辛くないがコンセプト。単に甘口ってだけでなく(というか甘口=子供向けってわけじゃないんだけどねえ)まろやかな旨味をコンセプトとして、辛さを感じる香辛料を抑えて作ったとのこと。ちょっと作る側としては面倒ではあるのだろうけど、こういう気配りで創ってくれるのってありがたいよね。

「ぶっこみ飯」シリーズは、ラーメンを食べた後のスープに"ご飯をぶっこむ"という、背徳感にさいなまれながらも、ついついやってしまう"罪深き、うまさ"を、日清食品が真面目に作り込んだ商品です。


今回、「カップヌードル シーフードヌードル」が今年7月で発売35周年を迎えることを記念し、この夏限定で「カップヌードル シーフードヌードル ぶっこみ飯」を発売します。


元々日清ってカップラーメンに加え、カップライスの開発技術と経験にも長けているわけで、それらを合わせて例の「ラーメンを食べた後のスープと具材の残りにご飯をぶち込んで出来るやわいねこまんま的なもの」を最初から作り上げるってのはさほど難しくない次第。例のすき焼き飯は薬品臭さが強くてあまり評判は良くなかったようだけど、今回のシーフードヌードルはどうかな、という期待と不安が入り混じる。

けど元々シーフードヌードルのスープって旨味の強さがポイントで、さらに具材をそのまま残した形でぶっこみ飯にするという贅沢ぶりだから、その辺はあまり心配しなくてもいいのかな。うん、写真を見る限りでは非常に贅沢なおじやというかおかゆに見える...のでもしかしたらこれ、体調が悪い時の非常用食品としても意義があるのかもしれない。こてこて感が強いかな?

日本マクドナルド株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:日色 保)は、子どもたちに大人気の「ポケモン」のおもちゃと、"マクドナルドごっこ"が楽しめるミニチュアおもちゃがそれぞれセットになった、ハッピーセット「ポケモン」、「マックアドベンチャー なりきりマクドナルド」を2019年6月28日(金)から期間限定で全国のマクドナルド(一部店舗除く)にて販売いたします。


ハッピーセット「マックアドベンチャー なりきりマクドナルド」は、マクドナルドのカウンターでの注文や商品作り、提供シーンを再現できる、かわいいミニチュアのおもちゃです。まるでマクドナルドの店員になったかのような"なりきり体験"を楽しむことができます。


実のところマクドナルドでは子供向けの体験学習プログラムをはじめ、色々な方面で社会貢献的なものをしている。企業責任ってのもあるし、自社のファンを創生していくって意味もある。プロスポーツが子供向けの講習会などを開くのと同じ考え方で、非常に理にかなっている。

今回登場するハッピーセットのうち、「なりきりマクドナルド」は非常にツボをついた、体験学習的なアイテムとしてはもちろんだけど、単純に子供向けのごっこ遊びツールとしても優れた存在。クルーサンバイザーとか欲しすぎでしょ。キャッシュレジスターとかサーバルちゃんとか言われそう(違うそうじゃない)。

「ガツン、とシリーズ」は、2019年春より21年目を迎えるブランドです。フルーツの果汁、果肉を入れたアイスキャンディーで、長らく皆さまより愛されてきたブランドとなっています。


この度の新商品は、みかん味のアイスキャンディーにみかん果肉を詰め込んだアイスとなっています。前回発売時から果肉量を1.3倍に増量し(当社比)、ガツン、とシリーズの特徴的な果肉部分をより満足いただける仕様に。この夏、赤城乳業から発売される本気の『ガツン、とみかん』を是非お楽しみください。


果肉入りのアイスは単純に果汁入りのと比べると食感のよさとかお得感があってとても好き。タピオカの話のように、実はコスト軽減にも役立つって話があるのかどうかはさておくとしても、美味しさアップならそれでいいじゃん、的な。実のところ冷凍した果物をそのまま食えば一番ではというツッコミが脳内を駆け巡るけど。

今回の「ガツン、とみかん」では前回比1.3倍のみかんが入っているとのこと。1.3倍も3割増しも30%増量もすべて意味は同じではあるけど、どれが一番多く入っているような印象が得られるのかなと考えると、それはそれで興味深い。

丸美屋食品工業株式会社(本社:東京都杉並区、社長:阿部豊太郎)では、タレごはんが手軽に楽しめる、「タレふりかけ」シリーズより、「タレふりかけ<うな丼味>」「タレふりかけ<ビビンバ味>」を2019年7月4日(木)から新発売いたします。

先日「ウナギのかば焼きって結局はタレの旨味がポイントなんだよね」という話をしたところ、良いタイミングでこんな商品が発表された。シリーズのコンセプトは「タレごはんが手軽に楽しめる、"特製タレ"と"具"がセットになっている新感覚のふりかけ」。元々ふりかけってそれだけでご飯が食べられるってものなんだけど、それにたれご飯的な感覚をプラスしちゃおうという贅沢な物。

たれをたっぷりとかけたおかずをご飯にのせて、たれご飯的なものとして食べると超うんまいってのがあるけど、だったらたれだけでいいじゃんというもの。でも直接たれをかけると行儀がよろしくないので、ふりかけにしちゃおう的な。食べられるしょう油ってのが以前流行ったけど、それに似ている。個人的にはこういう合理的なアイテムは大好き。

株式会社ダスキン(本社:大阪府吹田市、社長:山村 輝治)が運営するミスタードーナツは、6月21日(金)から、幅広い時間帯に利用していただける軽食事メニュー『ミスドゴハン』として「トッピング・ホットトースト クロックムッシュ」と「セイボリーサンド・ドーナツ ハムグラタン」を発売します。


この度発売する商品は、ハムとクリーミーなホワイトソース、仕上げにチーズをトッピングした「トッピング・ホットトースト クロックムッシュ」と、ハムとクリーミーなホワイトソースを組み合わせた「セイボリーサンド・ドーナツ ハムグラタン」の2種類です。店内飲食の際は、一部店舗を除き、専用のオーブンで再焼成し、外はサクサク、中は熱々の状態で提供します。


ミスタードーナツって元々飲茶などの軽食メニューは存在していたし、主メニューのドーナツもまた考え方次第では軽食のアイテムに違いは無いのだけど、少し前から「ミスドゴハン」というカテゴリを新設して、明らかに軽食をお気楽な形で提供するよ的な方針を打ち出しメニュー展開を始めるようになった。これってコンビニのドーナツでは難しいスタイルの提案ってことでもあるし、ミスドへ来店して軽い食事をしましょうというアピールにもなるよなあ、と。あるいは中食需要へのアプローチかもしれない。ミスドの飲茶は持ち帰りを想定しているのは一部に過ぎないし。

今回登場するのは「ミスドゴハン」の新作メニュー群。お菓子みたいなピザパンとか、ドーナツっぽいグラタンパンとか、まさにミスドならではのステキメニュー。総菜パンのオシャレっぽさもりもりって雰囲気。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち新商品カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは料理・食品です。

次のカテゴリは日本国債保有者比率です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30