「アクタージュ」の電子版の件

| コメント(1)


個人的にはジャンプは時々機会がある時に目を通す程度なんだけど、その中でも「アクタージュ」は随分と異質な作品で、それでも光るものがあったので注目していたのだけど、こんな不幸な話で突然命運を絶たれるとは...という感想しか頭に思い浮かべられない。

で、当然のことながら連載中止に伴い、色々な関連グッズやイベントも連鎖的に中止。今後発売予定の単行本はともかく、既存のものまで取り扱い中止ってのはどうなんだろうかと思うのだけど、色々と難しいところもあるのだろう。

気になるのは電子書籍版。現在の電子書籍プラットフォームはPDFなどのファイルダウンロードではなく、閲覧ができる自由アクセス権の購入だから(本屋で本を買うのではなく、図書館で本を借りられる権利みたいなもの)販売が中止になったらすでに電子版を買っていた人も読めなくなるのかな。


これについては周知文がすでに公開されていて、すでに購入していた人は読めなくなるってことは無いよ、とのこと。ただ、新規購入はすでにできなくなっている。

一方でアップグレードと称して表現がいつの間にかさしかわっていたという話はよく聞く。アプリケーションみたいなものだから当然なのだろうし、解像度が上がっていたとかなら歓迎すべきものだろうけど。何か色々と複雑な話ではある。

関連記事             

コメント(1)

Kindleコンテンツをアップデートするとシオリやハイライトも吹っ飛ぶので困る(当然吹っ飛ぶか……)。

コメントする

            

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年8月18日 07:28に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「訴状が届いてないのでコメントできない」」です。

次の記事は「GDP速報値の話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31