「訴状が届いてないのでコメントできない」

| コメント(0)


あらかじめ決められたパターンを使いまわすことでミスを減らしつつコストを下げる手口、テンプレート。よく考えてみればプログラムだってテンプレートの集合体みたいなものだし、何も悪いことではない。ただ、それが適切な使い方でないと怒られるけど。

で、指摘されているテンプレは、汎用性の高いもの。思い返してみれば同じ、あるいは似たような類の言い回しは結構あちこちで使われている気がする。ちなみに追加取材がほとんどこないのは忘れているのもあるかもしれないけど、新鮮味がなくなってネタとしては面白くなくなったからという判断が働いているのが多分だと思う。報道は得てしてそんなもの。

あとは例えば「担当者が不在」。これって往々にして担当者が改めて出てきて回答したというケースを聞かない。担当者が不在なのは回答したくない、あるいは答える必要性を感じないということなのだろう。

東証から公開される適時開示情報でもこの類のテンプレは色々と確認できる。むしろそのテンプレを見つけたら、それを使わざるを得なくなった背景を探るという見方をした方が、色々と楽しめると思うのだけどね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年8月18日 07:16に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ココログでの今の展開を8月末に終えます」です。

次の記事は「「アクタージュ」の電子版の件」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31