新型コロナウイルスと自殺者数の減少と

| コメント(0)
先月の全国の自殺者数が前の年に比べおよそ20%減ったことが、厚生労働省などのまとめでわかりました。厚労省などによりますと、先月の全国の自殺者数は前の年の同じ月に比べ359人少ない1455人で、19.8%減ったことがわかりました。少なくとも最近5年間では最も大きな減少幅だということです。

新型コロナウイルスの流行とそれへの対応で、世の中は色々と大きく動いている。直接的な対応だけでなく、その対応による副作用的な話も色々と出ている。例えば毎冬流行するインフルエンザの報告数が、今回の冬ではやたらと少なかったこととか。

今回明らかになった自殺者の減少も、恐らくは副作用的なものとして評価されるのだろう。記事では「家族ら同居する人が外出せず家にいることや、職場や学校に行く機会が減り、悩むことが少なかったことなどが要因」との見解があるけど、実際はどうなんだろうか。


念の為に一次資料をたどってみたけど、確かに2月以降は有意に、大幅に減少している。速報の段階では年齢階層別の数字や対象者の属性、理由などは明らかにされていないので減少した原因をこの速報値からのみで検証することは難しいけど、減少しているのは事実。

学校や会社に行く機会が減っているのは確かで、それに絡んだ人間関係での悩みによる衝動が減るのは間違いないけど、家庭問題や健康問題、経済・生活問題は逆に増加しそうな感じではあるのだけどね。確定数が出たら、検証に値する動向には違いない。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年5月13日 07:25に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「MSXパーフェクトカタログなるもの」です。

次の記事は「5月の熱中症」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年11月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30