MSXパーフェクトカタログなるもの

| コメント(0)
家庭用レトロハードをハードウェア、ソフトウェア両面から徹底解剖する好評シリーズ「パーフェクトカタログ」、第12弾は家庭用ゲーム機ではなく、まさかのMSX。1983年にマイクロソフトとアスキーから提唱され、国内14社もの家電・エレクトロニクスメーカーが集結して立ち上がった世界初のパソコン共通規格。開発経緯から当時の世相に至るまで徹底的にしゃぶり尽くします。

かつて存在していた日本の廉価版パソコン的なポジションの規格MSX。専門誌も登場して多様なソフトも展開され、家庭用テレビに接続できる機種も多く、当時登場した多様な廉価版パソコンの中でもちょっと大きな勢力を持っていた(他の規格のは大抵特定メーカーのみでのものだったからね。PC-6001シリーズとかベーシックマスターシリーズとか)。

そのMSXにかかわるあれこれを収録したというのが、今回登場するMSXパーフェクトカタログなるもの。224ページで納めるってことは、どれだけ入ってるんだろうな、というどきわく感がある。ただ、当時発売されたソフトは結構なボリュームになっていたはずで、かなり怪しげなところのものもあっただろうから、完全網羅は難しいかもしれない。


ともあれアマゾンでの収録は確認できた。発売後の読み手の感想を待って、検討をしてみるかな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年5月13日 07:16に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「吉野家のポケ盛、テイクアウト限定で復活」です。

次の記事は「新型コロナウイルスと自殺者数の減少と」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年11月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30