2022年2月アーカイブ

暗室関連のあれこれ

| コメント(0)

①通常はUnityでVRMをVRC用に転換する際、必要なマテリアルのシェーダーについて、MToonで調整できるものはLightColor Attenuationを0.5~0.6にする。ただし拡張子にfaceがあるもの(=顔で使われているもの)はマイナス0.1の値を。どうも顔の部分だけ元々少々明るめの感。これならアドオンなどの追加無しに、数字をいじるだけで調整可能。

↑①での撮影サンプル
↑①での撮影サンプル

V-Roid スタジオでっぽくないように

■リムライト
「ルック」から「リムライト」。髪、顔、体、それぞれの全項目をゼロにする

■顔のテクスチャ
「顔」から「肌」で「テクスチャを編集」、スポイトで一番薄いところを抽出し、その色で顔を全部塗る(耳と目の上・眉毛ぐらいまででもOK)

■アウトライン
「ルック」から「アウトライン」。
髪を0.060
顔を0.100
体を0.050
アクセサリを0.000

■陰影
「ルック」から「陰影」
顔の
 やわらかさ 0.000
 かげの入り幅 -1.000
 かげの硬さ... 1.000
髪の
 かげの入り幅 -1.000
 かげの硬さ... 1.000
体の
 かげの入り幅 -1.000
 かげの硬さ... 1.000

■目の可動域
「ルック」から「目の可動域」
 4項目すべて5.000

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

このアーカイブについて

このページには、2022年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2021年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2022年2月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28