暗室関連のあれこれ

| コメント(0)

①通常はUnityでVRMをVRC用に転換する際、必要なマテリアルのシェーダーについて、MToonで調整できるものはLightColor Attenuationを0.5~0.6にする。ただし拡張子にfaceがあるもの(=顔で使われているもの)はマイナス0.1の値を。どうも顔の部分だけ元々少々明るめの感。これならアドオンなどの追加無しに、数字をいじるだけで調整可能。

↑①での撮影サンプル
↑①での撮影サンプル

②①で効果が無い場所で必要な時は、シェーダーにSunao Shaderを導入し、マテリアルのうちシェーダーにVRM/Mtoonが適用されているものに対しShaderに差し替える。種類は元のVRM/Mtoonのと同じ(大体はCutout。時々Transparent)。差し替えたマテリアルのOthers内のMinimum Light Limitの値を0.2ぐらいにする。

↑②での撮影サンプル
↑②での撮影サンプル

ただしごく一部(眉毛など)で差し替えをすると表示が化けることがあるので、その場合はそのマテリアルのみVRM/Mtoonのままにしておく。

本当はもっと賢い方法が山ほどあるのだろうけど、イージーでテンプレ化できて自分でも可能なものとなると、たどり着いたこんな感じで精いっぱい。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2022年2月11日 16:52に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「V-Roid スタジオでっぽくないように」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2022年2月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28