DIME7月号の付録は0.01グラム単位ではかれるデジタル秤

| コメント(0)
数g単位の軽さを追求するレーシングホビーのパーツの重量チェックから、ペットフードの計量、コーヒーや 調味料の準備、郵便物の重さ確認まで、DIME7月号の付録「デジタルポケットスケール」は、実に様々なシチュエーションで重宝するスグレモノ。手のひらサイズで気兼ねなく携帯でき、電源をオンにすれば準備完了。計量時に容器の重さを0gにできる「風袋引き」にも対応する。数量を数えるのに役立つカウント機能もあり、ビーズなど小物の管理にも便利。この「デジタルポケットスケール」を使って、趣味の楽しみを広げたり、仕事の効率化にトライしてみよう。

実のところ当方の手元には0.1グラム単位で量ることができ上限が2キログラムのデジタル秤があるので、直接的な必要性はさほどない。ただ、無駄に高精度なことと、手持ちでさくりと持ち運べる機動性が魅力的。何より無駄っぽいギミックアイテムって、ロマンじゃん?


というわけでアマゾンでさくりと見つけて即注文。いわゆる衝動買いという奴だけど、これぐらいならいいだろう。そういうことにしておく。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年5月12日 07:22に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ジャンプの連載陣に休載増える見込みとの話」です。

次の記事は「ダイソーでの入場制限」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年11月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30