普通の日本製サージカルマスクが定価で売っていた件

| コメント(0)


出回り先のドラッグストア。ちょっと前に開店時のマスクやらトレペやら消毒液の販売を止めてしまっていたのだけど、昨日巡回の帰りに立ち寄ってみたところ、日本製のちゃんとしたメーカー品のサージカルマスクやら布マスクやら体温計が売っていた。ちょっと驚いて声が出てしまった。まぁ、クレベなんとかいう自称ウイルス最近除去のアイテムが置かれているのはさておくとして。

当方はといえば体温計は昔買ったのがあり使っている最中だし、マスクはサージカルもN95もそれなりにあるので問題はないのだけど、せっかくだからとアイリスオーヤマのサージカルマスクを1つ調達。ごく普通のマスクでした。あとで公式サイトで確認したけど、大体定価。

これ、注意書きをよく見ると「マスクの購入はお1家族様1点」の横に、追加する形で「1日」とあるので、どこぞのスットコが繰り返し何度も来店して買いあさるというケースがあったのだろうなという推測。


当方の観測領域でもいきなりマスクを販売する怪しげなところがちらほら見受けられるし、中身を見ると大体は怪しげな日本語表記の中国製。無論安全性の検証についても無かったり、あったとしてもこれは正しいのだろうかと首を傾げてしまう以下文字数。

もっとも、繰り返しになるけど、普段マスクを販売していなかったところの商品は、衛生管理面での裏付けに期待ができないし(販売店舗レベルと流通業者、製造業者いずれの面でも)、国内生産品も出回り始めたので、手をつける必要性は無いと思う。原材料の高騰云々だって結局は無茶な増産のせいなのだから、黙っていれば然るべき価格に落ち着く。巷で出回る怪しげなものが山積みになっているのを目に留めるたびに、仕手戦の最終局面に似た香りを覚えるなぁ、という次第ではある。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年5月 4日 07:18に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ダイソーがお休みだった件」です。

次の記事は「シャープのマスクの今後」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年11月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30