レゴみたいな組み立てモデルは実在する

| コメント(0)


最近のレゴ商品は版権物は特に、特殊パーツを濫用して無理やり似せようとするあまり、ブロック玩具の領域を超えてしまっている雰囲気があるのと、後にばらした時に他の造形に使える汎用性の高いパーツがあまりないのだよなあ、レゴというよりは、プラモデルの接着剤不要な組み立て版みたいな? ということを感じつつ。似たようなコンセプトのプラモデルがガンダム系で結構出ているので、あと10年ぐらい経てば両者はさらに似た者同士になるかも......と考えているのだけど。その未来的なアイテムがすでに実在したとは。

まさにこれ、将来こんな感じに変わっていく系統もあるのだろうなあ、というスタイル。迷彩部分をそれぞれの色のパーツで形成し、それを組み合わせて迷彩を形作るとは。発想としてはアリだけど、現実のものとして見ると、感銘を受けるものがある。


このクイックビルドシリーズなるもの、別に迷彩限定ってわけではなくて、他にも色々と存在を確認できる。パーツの組み込み方を見せる写真は、まるで分解過程にあるようで、何らかの変身の最中みたいで、興味をそそられる。

ホント、色々なことを考える人はいるし、それを体現化できる人もいるもんだなあ、と感心させられる次第ではある。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年9月17日 06:44に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「対北朝鮮政策の米国民のホンネ」です。

次の記事は「マウスカーソルはなぜ傾いた矢印なのか」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31