米大統領選をテーマにしたゲームが前世紀に日本で出ていた件

| コメント(0)
32年前、プレーヤーが自ら大統領候補となって当選を目指して遊ぶゲームソフトが売り出された。その名もずばり「アメリカ大統領選挙」。なぜこんなゲームがつくられたのか。当時、ソフトの監修をした伊藤信太郎衆院議員(自民党)に聞いた

日本の選挙システムでは色々と理解がし難いところがある、米国の大統領選挙。恐らくは紙の新聞だともっと先まで書かれているのだけど、ウェブでは寸足らずな話となってしまっている。

発売元は今は亡きヘクト。パッケージはホワイトハウスをデザインしておりかなりカッコイイが、ゲーム画面はファミコンのものなので今のゲームと比べたらお世辞にも以下文字数。というか昔のパソコンゲームのようなシンプルさ。内容としてもどちらかというとゲーム機向けのゲームじゃないような感じ。ただ、純粋にホビーというよりは、教材的なものとしてなら十分以上に意義のある作品には違いない。

実のところこのソフト、以前触れたかもしれないけど手元に残っていたりする。稼動も確認ができているので、機会があればリプレイをして動画を公開する予定。遅くとも次の大統領選挙までにはどうにかしたいね(笑)。

...というか多分このソフト、攻略本はないだろうし、まともに解説している記事もほとんどないような。まるで古文書を分析していくような形になるのだろうな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年11月 7日 07:32に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ローソンのブランパンがリニューアル、もち麦パンも出るよ」です。

次の記事は「「演歌」は世代で作られる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年1月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31