東京メトロのBGMにはこれを流したらいいんじゃないかな、という提案

| コメント(0)


先日の【電車の車内にBGMを流すという発想】に関する後日談的なお話。BGMを流すという発想自体を否定するわけじゃないけど、効果と弊害を考えたらすぐにアウトってのは分かるはずだけど......という事で色々と話がされている中で、これを流してほしいとの推挙が。どこかで聞いたことがあるんだけど、これってなんかいわくつきのものだったよね。


ということで最高音質の「4分33秒」。まぁ、要は無音でござるの巻。「4分33秒」は全楽章が休止を指示されていて、「演奏者は舞台に出場してから楽章の区切りを示すこと以外は楽器とともに何もせずに過ごし、一定の時間が経過したら退場する」とWikipediaにも説明がある。まぁ、なんだかとんち話っぽいけど、そういうのが実在するってのは確かなお話で、それを車内のBGMとして使おうとの推挙は、座布団一枚に相当するんじゃないかな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年1月29日 06:35に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「周囲環境が変わったら適切なビジネスモデルも変わっていく」です。

次の記事は「大雪の跡が自転車専用レーンを埋める」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31