トランプ氏の当選後初の記者会見の内容でいくつか

| コメント(0)


大統領選挙で勝利してからは初となる、日本時間では1月12日深夜から行われた、米次期大統領のトランプ氏の記者会見。CNNの記者とのやり取りが注目されて、日本のジャーナリストな方々が色々とお騒ぎ遊ばされているのだけど、先日【トランプ氏の記者会見とCNNやFOX Newsの反応、それに呼応する日本の報道界隈と】でも言及したように、これまでの背景や実情が無視されていたり、日本国内で伝えられている内容も少なからず首を傾げるところが多く、大統領選の際の偏向報道よ再び感が否めない。

で、全部を精査して日本語訳の全訳を作り、米報道機関や日本の報道のあれこれと見比べて、おかしなところをツッコみまくるのは時間がいくらあっても足りないので、気になるところをいくつか。まずはCNNの記者とのやりとりについて。日本では「気に入らないから拒否した。報道の自由の侵害だ」と逆切れしている方々がおられるけど、こんなことも言っている......というか、これがあるからこそ、結果としてああなった。

都合の良い部分を切り貼りして印象付けさせるってのは、偏向報道以外の何モノでもないよね、的な。


で、BBCに掲載されている「全文」の記者会見の内容と動画は、機会があれば是非とも一読を。グーグルの機械翻訳でも結構よい線までやってくれるので安心。偏向報道があるけどどうよ? との質問に、「そういう不正なものは存在するが、それは仕方が無いし、共に生きていかねばならないものだと考えている」とした上で、上記のように「自分のように反論できる立場にある人はいいが、できなくて人生をダメにされてしまった人はたくさんいる。それは大変に不公平な話であり、だからこそ求めているのは正直な記者である」云々という話につながっている。


もう一つ。BBCがえこひいきされた云々という件に関して。全文、話の流れと当時の映像を確認していればそのような誤訳は出てくるはずはないのだけど、これは指摘されている通り、当てつけ的な意味での評価。要は皮肉な次第。例えられているけど「ぶぶづけ食べていきなはれ」と言われ、にやりとしながら「いやあ、ありがとうございます。でも今はお腹いっぱいですので失礼させていただきますよ」と返事をしたようなもの。

大統領選の時にも似たような偏向報道は成されていたのだろうし、日本に限れば普段からこのようないい加減な伝え方は日常茶飯事なのだろうな......と思われても仕方が無い。

今件で「報道の自由」と騒がれている方々もいるけど、そもそも「報道」の仕切りがあいまいになっていませんか? 都合の良いように書き換えた上で同じ権利を求めていませんか、という感じなんだよね。プレスとオピニオンは別なんだからさ。混ざったら、保護される権利はむしろオピニオンレベルにまで落ちるのが当然なのに、ね。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年1月15日 07:56に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「病院内の呼び出して番号を使うべきか実名を使うべきか」です。

次の記事は「酉年にめでたいトリのケーキたち」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31