トランプ氏の記者会見とCNNやFOX Newsの反応、それに呼応する日本の報道界隈と

| コメント(0)


......ということで先日行われた、米次期大統領のトランプ氏の記者会見の中で、CNNがウソつき呼ばわりされて質問を拒否された件。この部分だけを抽出して報道の自由がとか独断行為にすぎるとか、日本のジャーナリストな方々も逆切れ状態で反発しているけれど、ふと引いて色々と会見内容を読み返したり、大統領選挙戦の時にCNNなどが何をやってきたのかを思い返してみると、今騒いでいる方々はどこを見ていたのだろうかと頭に疑問符が一ダースほど浮かんでくる。

まず米国内におけるCNNなどの全国ネットワークのテレビ局やケーブルテレビ局、新聞社などの4マスに対する信頼度はどん底状態であり、日本のような信奉過多ではないことを認識しておく必要がある。加え、CNNは極端ではあるけどそれらのメディアが大統領選において、本来「報道」たるものがやってよいとは思えない印象操作の報道を繰り返してきたことが、さっくりと騒いでいる界隈の記憶から抜けていることがある。あのような指摘をトランプ氏から受けたのは、CNNが「報道」と呼べるようなことをしていないと認識されていなかったとの発想に、なぜ至らないのだろうか。


会見に絡んで反発している日本の「ジャーナリスト」界隈を見ていると、特に強く感じるのが、「報道の自由」なる言葉のはき違えをしているということ。「報道の自由奔放、語った事には一斉責任を問わない、偏向内容もすべてオッケーで、精査すら許さない」と同義であるかのような感じなんだよね。それは違うのだけども。

もとより米大手メディアの米大統領選挙における印象操作的偏向報道に関して、メディア自身の謝罪や反省、総括、状況改善への模索の類はとんと聞いた記憶がない。むしろ無かったことのようにしたふるまいばかり見られる。今件のように。

また、FOX Newsの動きに絡んで、日本のジャーナリストや反社会的界隈も賛同の意見を述べたり、さらに日本に話を転じて、メディアと政府の関係が云々と便乗の火付けを示す動きも確認できるけど。米大統領選挙直後のPC(ポリティカル・コレクトネス)周りの動き同様、多分にあぶり出しの雰囲気があるとの感想しか出てこないのは当方だけだろうか。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年1月14日 07:59に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「勉強を怠ると陰謀論ばかり主張するようになる」です。

次の記事は「ぎょうざ15個でご飯もりもり、リンガーハットのぎょうざ定食がスゴイとの話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31