クランベリーとホワイトチョコのビスケット(ローソン)試食

| コメント(0)


先日【ローソンの新商品で「クランベリーとホワイトチョコのビスケット」がステキナイスな香り】で紹介した、ローソンの新作ドーナツだかクッキーだかビスケット、「クランベリーとホワイトチョコのビスケット」。出先のローソンで目に留まって、そういや新発売してたっけなと頭にイメージがぽーんと沸き、せっかくだからと一つ購入してお持ち帰り。

サイズは縦横7センチ、高さ5センチでこれまでのビスケットと同サイズ。見本写真の通り、クランベリーとホワイトチョコが外からもほどよい混ざり具合で見受けられ、全体もほんのりピンクががっているように見えるのだけど、これ実は中身の生地の部分がほぼ全面薄いピンク。しまった、その部分の写真を撮り忘れた。

で、そのピンクの生地の部分のわさわさとしたパン生地のような部分と、外壁部分のクッキー感の強い堅さとの組合せ、ベリーの柔らか堅い歯ごたえ、チョコの甘味が色々と混ざり、興味深い。

また香りの良さも楽しめるので、コーヒーよりはむしろ紅茶の方が似合うような気がする。ローソンのドーナツ系アイテムはこれに限らず、そのいくつかはコーヒーとの組み合わせを前提としていないものが登場しているので、これがまた面白いところではある。

ちなみに先のゴジラの景品と合わせ、今回から撮影用の照明を増強し、白背景でもちょっとマシに映るようになった。まだまだ調整が必要で、場合によってはもう1セットそろえる必要があるかもしれない。日々精進は続く。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年3月17日 07:21に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「フリーの方への仕事の打診は「時間を買った」との認識が必要」です。

次の記事は「経歴詐称と「報道」の意味合いと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31