ローソンの新商品で「クランベリーとホワイトチョコのビスケット」がステキナイスな香り

| コメント(0)
クランベリーの爽やかな酸味とミルク感のあるホワイトチョコを練り込んだバランスのよいビスケットです。春らしい桜色で売り場に華やかさを添えます。

ローソンの新商品ラインアップが更新され、3月15日発売予定の商品が掲載された中で、一番最初に目に留まったのが、この「クランベリーとホワイトチョコのビスケット」。ローソンではドーナツに関して「粉もの系でそれっぽいのならば全部ドーナツ」という割り切り方をして、実に多種多様なアイテムを続々と投入し、お客の反応をはかっているようで、ドーナツの専用ケースの彩りも実に美しい。オシャレ感が強いんだよね。

まぁ、あとは注文する時にちょっとこっ恥ずかしい名前のものもあるので、セブン-イレブンのようにレジカウンターで指差すだけで注文できるプレートを用意するとか、ケース側にナンバリングをして「3番と5番を1つずつ」的なことができるシステムを共有化してほしいなあ、と。あるいはカードを出して注文することもできるとかね。

で、そのローソンドーナツの中でも個人的に気に入っているのが、このビスケットシリーズ。名前がビスケットってあることから、すでにドーナツではないのだけど、気にしない。ほどよいぎっしり感と味の濃厚さ、具材の食感のアクセントの良さ、そしてコーヒーだけでなく紅茶にも良くマッチするその完成度は、称賛に値する。できるなら同社の御自慢のホイップクリームにつけて食べるという、スペシャルな贅沢ぶりも試してみたい。

CoCo壱番屋のカレーをイメージしたからあげクン。ジンジャー・ガーリックを加えおいしさを引き出したスパイシーでピリリと辛めなカレー味。

ドーナツとは異なるけれど、同日3月15日に発売予定のからあげクンは、なんとCoCo壱番屋監修のカレースパイス味。唐揚げカレー的な味わいが楽しめるとのこと。ああ、これはヤバい。単品で食べるというよりは、ご飯のおかずとしてスペシャルチェック状態。素敵なひとときを楽しめそうだ。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年3月12日 07:08に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「細菌そのものは見えないけれど...歯ブラシに細菌を増殖させない方法」です。

次の記事は「松屋の新作定食は卵と坦々ソースと牛皿の組合せというお子様ランチ的な素敵感」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31