米アマゾンのハンドメイド販売が結構活用されていたのに気が付いた件

| コメント(0)


先日の【工場で創られた新たな鉱石「フォーダイト」とは】執筆の際に、教えてもらった米アマゾン上のフォーダイトの販売ページを眺めていた時の話。ちょぃとした違和感を覚えてじっくりと見直して気が付いた。これ、以前【アマゾンでもハンドメイドの商品を販売できるようになった、まだ海外での話だけど】で紹介した、米アマゾンで先行開始した、ハンドメイド製品をアマゾン上で販売できるようになるマーケットプレイス「Handmade at Amazon」の仕組みが使われている。

背景色とかちょっぴり違う部分もあるけれど、大よそはアマゾンのテンプレートをそのまま流用しているので、まるで品質保証がされているような感じ。威厳があるというか、正直ちょっと威張れるよね、これ。

無論アマゾンの商品コードも発行されているので、アソシエイツプログラム周りも使えるはず。色々な意味で「強い」仕組みには違いなく。決済の上でも利用者側の便宜性も向上する。日本にも導入されるといいなあ、と思うのは当方だけではあるまい。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年1月25日 07:10に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「水道管周りの話と「お湯が出ない」と」です。

次の記事は「「技術より努力に対価を支払いたい」すごくわかる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30